10周年のSPコンテンツ!
9
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
ダイヤモンドオンラインで私の裁判を記事に書いてくれた福原麻希さんから温かいメッセージをいただきました。ありがとうございます。素晴らしい記事なので、お読みいただけたら嬉しいです。 m.facebook.com/fukuhara.maki/… pic.twitter.com/xjRK1qudoV
拡大
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
小学校の先生が埼玉県に「残業代」請求、わざわざ裁判を起こした理由(ダイヤモンドオンライン) diamond.jp/articles/-/189…
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
仕事を行う時間を与えられないのに評価を下されるという、このようなことが平気でまかり通っている学校の常識はおかしいのではないでしょうか。 #18 授業準備の時間を与えられていないのにその授業を評価されるというおかしさ trialsaitama.info/?p=720
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
明日、宜しくお願いします。報告会の場所ですが、前回までと違う場所で行います。裁判後に案内いたします。 twitter.com/trialsaitama/s…
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
本日はお越しいただいた皆様、ありがとうございました。 本日の私の書面・埼玉県の答弁書の全文は、下記サイトにアップしましたので、お読みいただくことができます。 話題にしていただき、皆さんにも考えていただけると有難く存じます。 trialsaitama.info/?p=730
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
昨日、裁判所に提出した『担任教師の毎日の勤務状況』です。 これは、「勤務時間内において、事務作業を全て終えることが不可能な状況とは言えない」と主張する県に対し、膨大な業務量を行う時間が確保されていない状況を主張するためにまとめたものです。 trialsaitama.info/?p=730 pic.twitter.com/ZE8jNH6E4S
拡大
拡大
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
県は給食や掃除の時間に他の仕事ができると言っています。私はそれはできないと主張しています。詳しくは、私の書面、県の答弁ともにサイトに公開するので、ぜひじっくりと読んでください」 第5回裁判資料 trialsaitama.info/?p=730 pic.twitter.com/6unFex0zI3
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
全文読むのが厳しい方はこちらのブログに要旨がよくまとめられていますので、こちらをご覧いただけたらと思います。 【速報】第5回埼玉県教員超勤裁判の原告先生と県の主張の要旨をまとめた makomako108.net/2019/09/20/sai… @makoto_touwaから
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
私は、学校教員における超過勤務問題の一義的な責任は誰にあるのかについて、ずっと考えてきました。 昨年、裁判所で初めて意見陳述をした時に、「民間企業ならば社長が責任者であることがはっきりとしているが、私達教師の場合は責任者がはっきりとしない」と訴えました。
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
あれから一年間が経過し、今、段々と考えがまとまりつつあります。 学校教員の労務管理の責任は、校長にあります。 なぜなら、校長は労働基準法上の使用者であり、学校管理規則等でも勤務の割り振りを職務として明確に定められてるからです。
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
このことは、文科省のホームページ「教育委員会と校長の職務権限について」にも記載があります。mext.go.jp/b_menu/shingi/…
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
身近にいる学校長を訴えることは、心が苦しいです。 反対に離れている存在である教育委員会が相手だと少し気が軽くなる気がします。 しかし、労務管理の責任者である学校長を訴えていかない限り、超過勤務問題は解決しません。
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
埼玉県では既に校長により超勤問題を改善し始めている学校が出てきています。私が訴訟を起こした学校でも職員の退勤時刻が昨年度に比べて平均1時間以上も早くなっていると聞いています。(異動させられたので伝聞です) つまり、校長の労務管理の仕方で超勤問題が解決していくのです。
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
文部科学省が悪い、教育委員会が悪い、それもあるでしょう。しかしそれだけでは、私が経験したように、労働環境は悪くなる一方です。 これからは、自分たちの職場は自分たちでつくっていくことか大切です。
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
そのためには教員自らが、校長に対し、しっかりと労務管理を行うよう要求していくことが必要です。その際、教員同士の団結や職場同士の情報交換がキーとなるでしょう。
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
改めて繰り返しになりますが、学校現場の労務管理の責任者は校長です。校長に労務管理の責任があるのです。 私は、ここに来て、このことにやっと気づくことができました。皆さんにも考えてほしいと思っています。
埼玉教員超勤訴訟・田中まさお @trialsaitama
給食指導は、校長によって命じられていた業務であり、担任は給食指導の業務に集中しなければなりません。 先日の裁判で私は、県の主張のように給食時間中に事務作業をすることは不可能であると主張しました。 #19 給食時間中に事務作業をすることは不可能である trialsaitama.info/?p=747

コメント

臼沢沙英 @Sae_anime 2019年9月29日
埼玉県って教育関係でおかしな話が比較的多いと思う。なにかあるのかな
ꫛꫀꪝ✧‧˚ @25nmAI 2019年9月29日
残業代出るのも大事だけど、もともとの作業の量が減らないとなあ 小学校も科目ごとで先生が変わればまだいいんかな
遠藤 @enco2001 2019年9月29日
飯食う時間は休憩に含めない前提なのかよ
おつらら @otsuraraa 2019年9月29日
県側も勝ち負けにこだわらず、適正な職場環境を確保していかないと本当に教員がいなくなるぞ
ネオニダス a.k.a. 2Pac @Neonidus 2019年9月29日
これでも裁判沙汰にしてる人がたまたま埼玉の人ってだけで全国あらゆるところで起こってる問題じゃねーの
I-zy @digitaleazy 2019年9月30日
学生時代にも体育会系のちょっと陰鬱とした雰囲気を感じていたけど、大人になってから思うにあたらずとも遠からずなんだと感じる。環境が特殊な上にクローズなんよね。教員の質と量の確保は全世代の課題の一つ。裁判の支援は断り・・・って書いてあるけど応援したいぜー。
こねこのゆっきー @vicy 2019年9月30日
教育委員会もクソなんだけど、組体操関係の記事を読んだばかりだから、ブラック思考は教師が主因なんじゃねーの?と思っちゃうよ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする