【憑依:強制】小話「ものぐさな魔神と」

まとめました。
0
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「じゃあ、こういうことか?  おまえは、"三つの願いを叶えてくれる"――と」 「まさにその通りです、ご主人」

2019-10-03 03:12:17
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

ひょんなことから手に入れた、ホコリまみれの骨董品。 気まぐれの手慰みにひたすら磨いてみたところ、魔神を名乗る奇妙な緑色の女が現れた。

2019-10-03 03:12:44
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

その魔神は、3つの願いを叶えてくれるという。 お誂え向きじゃないか。 せいぜい、いい願いを叶えてもらうとしよう――

2019-10-03 03:13:21
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「――ですが、注意事項が一つだけ」 「なんだ、それは」 「"願いは三つまで"、これだけはルール上変更できかねます」 「……ならば、例えば――"1つ目の願いは、叶える願いを5000兆個にしろ"――とすれば、どうなる?」

2019-10-03 03:13:21
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「対象となる"願いの数"が変更不可の値となりますので、第1の願いは立ち消えます。あなたの願いの残りは2つとなります」 「……融通の効かない魔神め。他に、禁止事項はないのか?」

2019-10-03 03:14:03
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「ありません。あなたが望むのなら、死者蘇生でも、横恋慕の略奪愛も、極めて邪悪な無限のパワーでも、あなたは願うことができます」 「……おまえ、本当は悪魔かなんかじゃないのか?」 「そんなものは、あなた達の尺度の問題です。わたしはわたしなのですから」

2019-10-03 03:14:34
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「そうか、無粋だったな。とっとと願うとしよう」 「でしたら、1つ目の願いをどうぞ」 ――決まっている。 ヒトは"それ"を生み出して以来、尽くその魔力じみた魅力に取り憑かれ続けてきたのだ。

2019-10-03 03:14:54
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「――この俺に、生涯掛けても使い仰せぬ程の、途方も無い富を授けよ!」 「――受理されました。2つ目をどうぞ」

2019-10-03 03:15:25
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「……まて。一つずつ叶えてみせるのではないのか?」 「わたしは同僚ほど要領がよろしくないので、ひとまとめに3つ全てを叶えるのが精一杯なのです」 「チッ……まあいい、構わん。2つ目の願いだが――」

2019-10-03 03:15:34
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「はい、どうぞお願いくださいませ」 これも決まっている。 雄々しきもの、素晴らしきもの、それらを討ち滅ぼす、もっとも恐るべき、素晴らしき宝とは何か?

2019-10-03 03:15:55
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「女だ。この世で最も美しい――少なくとも、この俺の基準でそう感じる女だ。それを我がモノとしたい」 「はい、俗物ですね。受理されました。」 「俗物、結構じゃあないか。だが俺の俗物根性はそんなものではない」

2019-10-03 03:16:19
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「3つ目の願いをどうぞ」 富と、愛。 もちろん、それだけでは足らぬ。 ――足りるものかよ!

2019-10-03 03:16:43
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「命――それも永遠に近いそれだ。もちろん不老と健康と、好きなときに死ねる権利もつけてもらう」 「全くもう、欲張りさんですね。嫌いじゃありません。受理されましたよ」

2019-10-03 03:17:08
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「……」 「……」 「……おい、どうした。願いはまだ叶えられんのか?」 「もうすぐですよ、お待ち下さいな」

2019-10-03 03:18:08
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「う……なんだ、視界が――」 急激な眠気、微睡みゆく意識。 水底へと沈みゆくかのように、俺の意識は闇の中へと落ちていく。 ――う……ぁ……

2019-10-03 03:18:21
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「――はっ!?」 柔らかな日差し、囀る鳥の鳴き声で、俺は穏やかに目覚める。 真白く揺れるカーテンは、穏やかな風を部屋の中へと招き寄せる。

2019-10-03 03:21:19
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「ここは……?」 見覚えのない、白い部屋。 塵一つ無いほどに磨かれ、見事な調度品に彩られた、あまりに美しく見事な部屋だ。

2019-10-03 03:21:34
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「おお! これは、つまり――!」 魔神によって叶えられた、富の願いということか。 屋敷まで付いてくるとは、思いのほか気前の良いやつじゃないか。

2019-10-03 03:21:48
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「これなら――うん?」 ふと、違和感に気付く。

2019-10-03 03:22:04
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「声が――妙に、高いな……」 出しなれた渋く低い声ではなく、妙に甲高い、風を引いたような声。 思わず喉に手を伸ばそうとすると、動かした右手は。 その前に、なにか"やわらかいもの"に触れる。

2019-10-03 03:22:27
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「なっ!?」 ふにゅんと柔らかく弾き返すその感覚は、今まで一度も味わったことのない奇妙なものだった。

2019-10-03 03:23:07
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「こ、これは――?」 見れば、己の胸元に、柔らかな二つの膨らみ。 大きすぎず、小さすぎず、手のひらにすっぽりと入るほどの大きさ。 吸い込まれるように手を伸ばすと、その膨らみは、弾力と刺激を以て応えた。

2019-10-03 03:23:13
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

「ぁんっ!!」 脳髄が雷霆に打たれたかのような瞬間の刺激。 それは即ち、一度も味わったことのない"快感"で―― 「……まさかっ!!」 あわてて、"大事なモノ"がある筈の、股の間へと手を伸ばす。 伸ばした腕は空を切り、何一つ掴むことはない。

2019-10-03 03:23:41
九重七志@憑依特化 @yorishirosama

探し回り、跳ね回る指は、不意に何処かの部位に触れ―― 「ひゃぁあああんっ!!?」 先程の"快感"の、更に強烈なものが、体全てを駆け巡る。

2019-10-03 03:24:07
残りを読む(20)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?