アプリで作成

消費税増税の正反対!負の消費税の可能性

まとめました。
消費税増税 純粋機械科経済 消費税 経済 デフレ 負の消費税
3
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
消費税マイナス%について考えよう。下記まとめによれば、消費税廃止すると24兆円の可処分所得の増加が生まれ、デフレ脱却が見込まれる数字となる。 消費税廃止では生ぬるい。消費税マイナス%を掲げてこそ消費減税は実現しうる。 - Togetter togetter.com/li/1413203 @togetter_jpより
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
消費税マイナス%の性質は消費に対する褒賞であり、消費税の逆進性を逆手に取ったもの、富の再分配を実現するもの、とある。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
現状のデフレを脱却するだけであれば、消費税マイナス%はインフレ圧力効果が強すぎ、有権者に対する政治的メッセージ以上のものではない。しかし、私は消費税マイナス%の意義は現在ではなく将来にあると考える。すなわち純粋機械化経済の世界で、だ。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
純粋機械化経済では、供給能力、すなわち潜在GDPの成長率が幾何級数的に向上する。つまり成長率が2%→5%→10%→17%→26%(数字は適当)と年々向上していくのだ。そこで政府が何の対策も打たなければ、到来するのは超デフレ経済である。ここで消費税マイナス%の導入が威力を発揮する。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
消費税マイナス%は消費に対する報奨である。つまり消費をすればするほど得をする。幾何級数的に向上する供給能力に対して対処するには、需要側も幾何級数的に向上させる必要がある。具体的には消費税のマイナス税率を段階的に上げていくのだ。これでデフレ圧力は大幅に緩和される。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
ということで井上智洋先生@tomo_monga 、純粋機械化経済を活かすために消費税マイナス%の導入を考えてはくれないでしょうか?
井上 智洋 @tomo_monga
@sorata311 負の所得税ならぬ負の消費税ですね!面白いです。検討してみます!笑
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
ネーミングは「消費税マイナス%」より「負の消費税」の方が分かりやすいですね。これからはこちらを使います! twitter.com/tomo_monga/sta…
ゆっくリベラル(びっくり) @yukkuri_liberal
うーん、どうだろう…金持ちの方がもらえる額が多いから、やっぱり富裕層がトクするような… twitter.com/sorata311/stat…
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
@yukkuri_liberal 贅沢品には負の消費税をかけないという手段もありますね。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
@yukkuri_liberal というより、贅沢品は希少な商品ですから、商品の購入を促進する負の消費税は掛けてはいけませんね。
nyun オカシオコルテス @erickqchan
というわけだから、訓練された経済学Dを誘惑するような考え方はセンスが悪いんじゃいかとまずは疑った方がいいと思うんですよ。BI、マイナス金利とおんなじで
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
@erickqchan これは私が煽った訳なんですが、この話は今の経済でするべき政策では無く、純粋機械化経済というある種の異常な経済状況で国民が生き残るための手段なんです。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
@erickqchan なお、これは消費をしなければ利益を得られないので、低所得者が一番得します。 さらに、贅沢品は希少なので税率はゼロにしなければなりません。つまり、高所得者には恩恵が少ないシステムです。
nyun オカシオコルテス @erickqchan
@sorata311 しかし所与の格差が搾取をドライブする構造があるからピケティルール+JGPの方が優れているのでは
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
@erickqchan ピケティルールはまだ検討していないので分かりませんが、JGPはむしろ必須だと思っています。いくら得になるといっても、確かな所得がなければ消費できませんし、JGPによる最低賃金の引き上げもセットでなければ、供給能力の幾何級数的向上に対応できないのではないかと思われます。
nyun オカシオコルテス @erickqchan
@sorata311 ああわかった。どうやら「的を絞らない」ことに違和感を覚える感じです。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
@erickqchan なるほど、確かに!そういう意味で言うと負の消費税はターゲット・スペンディングではなくJGPと類似の政策ですね。これは(純粋機械科経済の下では)生活の3要素の内の衣食が保証されるのも同然の政策ですから。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
先に供給能力の幾何級数的向上に対抗して負の消費税の税率を上げる必要があると言及したが、実際にはどこまで上げられるのだろうか? 税率100%だと無限に商品を買えてしまうので、少なくとも100%未満になること確かだ。 供給能力の伸び率に従って、100%に漸近するように税率を上げることになるだろう。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
なぜ純粋機械化経済や負の消費税の話をするかというと、安全保障問題に直結するからである。先の太平洋戦争では、原因が日本にあったとはいえ、連合軍の圧倒的な供給能力を背景に戦争を吹っかけられ敗北した。もう二度と戦争を吹っかけられない、戦争に負けないためにも供給能力の強化は絶対なのだ。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311
純粋機械化経済の時代に早く突入した国が、そして供給能力の伸び率がより高い国が、他国を安全保障面や外交面、通商面で圧倒する。そして供給能力の伸び率を高めるには需要面を供給能力より高めることが必須。だからこそ、需要をダイレクトに促進する負の消費税に注目しているという訳だ。

コメント

ニートその3 @apribi 2019年10月13日
ベーシックインカムでいいじゃんw
夢乃 @iamdreamers 2019年10月13日
もしかして、これ《 https://togetter.com/li/1413203 /消費税廃止では生ぬるい。消費税マイナス%を掲げてこそ消費減税は実現しうる。》と同じヒト? .
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11 2019年10月13日
へえ、面白いですね。 実は似たような仕組みを考えている人もいます。 その方法は「現金にだけマイナス金利を適用し、電子マネーには適用しない」というものです。 ↓ http://agora-web.jp/archives/2038993.html
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11 2019年10月13日
Kim_Kaphwan11 こうすれば現金を持っていると自動的に目減りするので、電子マネーへ切り替えが進みます。 電子マネーは各種ポイント還元があり、使うほどお得なシステムなので、消費が活性化するという理屈です。 まあ実現は難しく、ほとんど「机上の空論」ですが・・・。 ↓キャッシュレスポイント還元制度を理解する https://no-genkin.com/entry/cashless-syouhisyakangen-point/
aioi_au @aioi_au 2019年10月13日
昔ラノベであったな、マイナス消費税。 タイトル忘れたけどヒロインが日本の大統領になるみたいなやつ。 そこで示されてたメリットは、資産隠しにデメリットが生まれてくるってのだったな。 使った方がお得なのにインフレ傾向になるから持ってると目減りするという。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311 2019年10月13日
apribi ベーシックインカムだと貯蓄に回されるお金か必ず出てきます。それに対して負の消費税は消費をすればするだけ得になるので、供給能力の増大化に追いつくことができます。
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311 2019年10月13日
iamdreamers まとめの一番上にそのリンクが貼ってあります。ちなみに私とは別の方によるまとめです。
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2019年10月13日
デフレだったら効果あるかもだけど、もし、ハイパーインフレに陥ったらどうなるんだろう?
sorata31@財務省から国民を守る党 @sorata311 2019年10月13日
manaby76 純粋機械化経済は供給能力が極大化するため、まとめで言及しているようにとんでもないデフレになることは十分あり得ますが、ハイパーインフレになることは考えられません。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする