0
timekagura @timekagura
頭の中で 2重スリット実験を思い浮かべたときは 与えられた教科書絵図の 電子射出器 2重スリット スクリーン の 相対的位置関係だけに注目し pic.twitter.com/goGFgrVHUd
拡大
timekagura @timekagura
電子だけが 古典力学のボールのように 通常空間を移動すると思って その電子が 2つのスリット(穴)の 「どちらか1方の穴(窓)だけ通過した」 と 言えない現象に遭遇し 量子の世界は 不思議な世界ということが 20世紀の物理業界の常識になった。
timekagura @timekagura
実験テーブルを基準慣性系にした場合 動くのは 射出された電子だけ。 電子は 多分 ほとんど光速で進み スクリーンにぶつかる。途中経路 不明。 bit.ly/Huygens_Fresne… pic.twitter.com/XRqkwPiEUA
拡大
timekagura @timekagura
1秒毎に電子を1つずつ発射しても スクリーンにホイヘンスの波の原理 回折で 山と谷ができる感じでスクリーンに特徴的 斑(まだら)模様を残す まるで同時に電子複数を発射したみたいに。 bit.ly/doubleslit_wik… pic.twitter.com/WByr4V3qBE
拡大
timekagura @timekagura
ガリレオ先輩の数学レベルの相対性原理 使って 「実験テーブルを基準慣性系座標」にする絵図から 射出された電子、多分 真っ直ぐ進むであろう 射出された直後の電子を想定し 「射出された電子を基準慣性系座標」にした絵図 は紹介した。 pic.twitter.com/3N5s7A3zp2
拡大
拡大
timekagura @timekagura
それでは 本番に入る。 ガリレオ先輩や ニュートンは 数学レベルで 世界を記述した。 アインシュタイン氏は、失敗(ズッコケ)したが 最初の先駆者として
timekagura @timekagura
敵を光学観察する戦場の 現象学レベルで 世界を記述しようと 光速を有限な速度として扱った。 アインシュタイン氏が 一歩 及(およ)ばなかった 気付かなかった 「奥行きの世界」へ 入り込もう。
timekagura @timekagura
シャーマン(呪術師)は 鳥の羽を頭に付けたり 熊の毛皮を纏(まと)ったり して 動物能力を疑似的に たぶん これが動物能力なんだろうと 想像の世界に没入する。 ヒトのする あたりまえの手続き。模倣。
timekagura @timekagura
電子が 何をしているか探(さぐ)るには 電子さんの 「ぬいぐるみ」纏う。 電子さんは 世界を どう見ているか。 敵司令官の思惑を推測(妄想)する 同レベルのゲームプレイヤーや 女が何(なに)考えているか想像(幻想)する 不可能事じゃなく 中性的に。
timekagura @timekagura
一枚の写真(静止画像) ズームインして スクリーンショット 建物と建物の間(あいだ)と 秋葉原の総武線イエローの 高架橋補修工事足場と 道路に挟まれた 向こうが見える隙間を デューラーグリッドの1つの格子に見立て 2重スリット実験の比較対象 スリット穴 1つに見立てる。 pic.twitter.com/X6DdzSwN5H
拡大
拡大
timekagura @timekagura
ズームインして道路が 写真フレーム枠外になって 見えなくなった。 中央本線 万世橋駅が 大昔 存在したレンガのとこが 写真フレームの下側になった。 この写真フレーム枠外の左や右。  いまは mAAch マーチ エキュート 神田万世橋 ecute.jp/maach pic.twitter.com/KdV0RBBZfB
拡大
zionadchat @zionadchat
元 万世橋駅。 pic.twitter.com/dtw2WjfSXY
拡大
拡大
拡大
拡大
timekagura @timekagura
穴1つに注目した場合と pic.twitter.com/baVSxjP6GA
拡大
拡大
timekagura @timekagura
穴2つに注目した場合。 pic.twitter.com/ctuiqyWAvU
拡大
拡大
timekagura @timekagura
ここで思考を散らして 逸(そ)らして 新宿 TIFANNY の 時計を背負った ヒトらしきものに注目しよう。

アトラスとは、ギリシャ神話に登場する神のことです。その神話によれば、アトラスはティターン神族の一人で、ゼウス達との戦いに敗れた彼は、そのゼウスによって天空を背負わなければならないという役目を与えられてしまい、それからずっと天空をその背に追い続けている、という悲劇の神でした。
チャールズ・ルイス・ティファニーは、そのアトラスに天空ではなく時計を背負わせ
©2018 Country Gentleman
http://bit.ly/2nKpmYA


timekagura @timekagura
天空という空間的なものから 時刻・時間の象徴、時計を背負わせた。 東洋圏なら、餓鬼。踏まれてる餓鬼かな。

足元を見ると、餓鬼が踏まれています。顔がゆがんで苦しそうですが、四天王の忠実な部下なので、喜んで踏まれているそうです。

神仏欲な日々
http://bit.ly/32jUNba


残りを読む(100)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする