10周年のSPコンテンツ!
45
ツイートまとめ 平成の終わりの性犯罪無罪判決と弁護士(まとめのまとめ) 2019年3月12日の福岡地裁久留米支部判決から、4件の無罪判決が立て続けに報道され、大きな批判を受けました。 Twitterでは、判決書が公開されていない無罪判決への批判について、弁護士の慎重論が多くみられました。そして、4月11日に東京駅で実施された「性暴力と性暴力判決に抗議するスタンディング」を契機に、デモ参加者・賛同者と弁護士の対立ともいうべき事態に至ります。 その.. 4785 pv 142 2 users
問題の記事

少なくとも4点の法的間違いが指摘されています

  • 暴行概念の解説が不適切
  • スウェーデン法の条文を恣意的に切り取って引用
  • スウェーデン法の誤訳
  • フィンランド法の条文を恣意的に切り取って引用
リンク Yahoo!ニュース 82 性犯罪の刑法改正、欠けた視点 伊藤和子弁護士「日本は性的自由が軽く見られている」(弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース 2019年3月、性犯罪事件の無罪判決が相次いで4件報じられ、批判が広がった。性犯罪の規 - Yahoo!ニュース(弁護士ドットコム)
訂正前の記事

暴行概念については訂正が入りましたが、外国法についてはそのままほったらかしです。

暴行概念の不適切な解説
山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベン @otakulawyer
伊藤和子先生のコメントは間違い。 強制性行等罪の暴行脅迫は最狭義の暴行脅迫よりも弱い「被害者の抗拒を著しく困難ならしめる程度」で足ります。 >最狭義の暴行は、人の反抗を抑圧するのに足りる程度の人に対する有形力の行使で、強制性交等罪のほか、強盗罪などに適用 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-…
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
はい、既に複数の弁護士から指摘が入って、記事も訂正されていますが、これは「嘘にならない狡猾なミスリード」だと思いますね。 (2019年10月7日21時05分:伊藤弁護士と協議のうえ、最狭義の暴行の部分について、表現を改めました) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-…
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
訂正前は、こうなっていました。 「刑法では同じ「暴行」という用語でもランクがあり、最広義、広義、狭義、最狭義と程度が分かれています。
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
最狭義の暴行は、人の反抗を抑圧するのに足りる程度の人に対する有形力の行使で、強制性交等罪のほか、強盗罪などに適用されます。強制性交等罪では、暴行が非常に強い程度であることが求められているのです。」
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
強盗の暴行は「反抗を抑圧する程度」 強制性交(旧強姦)の暴行は「反抗を著しく困難ならしめる程度」 で、程度が違うと教科書的には解説されています。強盗罪の方が強い暴行、強制性交は(強盗と比較すると)軽い暴行でよい、というわけです。
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
訂正前の伊藤記事を読むと、どっちも同じかのように書いてますね。 実は強盗の反抗抑圧程度の暴行と、強制性交の著しく困難にする程度の暴行は、歴史的経緯から、いずれも「最狭義の暴行」と呼ばれているのです。 いわば、最狭義の暴行(強)、最狭義の暴行(弱)みたいな感じですね。
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
なので、 強盗も強制性交も、どちらも「最狭義の暴行」、最高ランクの暴行が必要とされます と書いても、一応、ギリギリ嘘にはならないのです。非専門家を誤解させますが。
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
あえていうと、訂正前伊藤記事の 「最狭義の暴行は、人の反抗を抑圧するのに足りる程度の人に対する有形力の行使で、強制性交等罪のほか、強盗罪などに適用されます。」 は間違いです。 「最狭義の暴行」=反抗抑圧程度の暴行ではないですし、反抗抑圧程度の暴行は強制性交罪に要求されませんから。
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
それもいい抜けできるようにということでしょうが、訂正前の伊藤記事は、 「過去の判例では、この「暴行または脅迫」が「被害者の反抗を著しく困難ならしめる程度」である必要があるとされています。」 と、強制性交の暴行の定義を、前の方にさりげなく書いているんですね。「書いてますよ!」って。
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
予備知識のない一般人が読んだら、強制性交(旧強姦)に必要なのが、反抗抑圧程度の暴行なのか、それとも、反抗を著しく困難にする程度なのか、分かりませんよね。 もちろん、伊藤和子は全部理解していますよ。 理解した上で、あえてギリギリ嘘にならない線を狙って、印象操作をやってるのです。
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
いや、もちろん、「著しく困難にする程度」の暴行が要求されるという「解釈」が妥当かどうかっていうのは、問題なんですよ。 それを問題にする前に、いちいち「最高ランクの暴行が必要だ」とか、嘘ギリギリの印象操作をやって、読書をわざと誤解させる必要はないんです。やめましょうよこういうの。
スウェーデン法を恣意的に切り取って引用
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
もちろん、伊藤記事のミスリードはこれだけではありません。 私が気づいたのはスウェーデン法の紹介のところで、ミスリードというより、あえて間違った引用をやっていますね。
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
引用 「スウェーデンでは、被害者が自発的に参加しているかどうかがレイプ罪としての認定に関わりますが、被害者が「無意識、睡眠、深刻な恐怖、酩酊その他薬物の影響、疾患、身体障害、精神障害もしくはそのほかの状況」の場合は自発的関与がないとしており、非常に明確です(刑法第6章第1条)。」
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
伊藤和子が事務局長をしているHRNでまとめた報告書から、スウェーデン法の条文の訳文を引用してみましょう。 hrn.or.jp/2019_sex_crime…
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
「以下の場合は、自発的関与があると認定することは許されない。 1 …… 2 無意識、睡眠、深刻な恐怖、酩酊その他の薬物の影響、疾患、身体障害、精神障害もしくはその他の状況により特別に脆弱な状況に置かれていた状況を行為者が悪用した場合」
弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会) @kyoshimine
「特別に脆弱な状況」と「行為者が悪用」を引用から明らかに落としてます。特に「特別に脆弱な状況」を落とすと、全然意味が変わってしまいます。 スウェーデン法は明確だと主張してますが、「特別に脆弱な状況」の立証がハードルになるかもしれません。自分の主張に不利な文言を無視してるわけです。
残りを読む(51)

コメント

ケイ @qquq3gf9k 2019年10月22日
この人、本当に弁護士なの?
manner_mana @ManaManner 2019年10月22日
首と顔の肌の色が違いすぎん?
ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん @sengodebu 2019年10月22日
qquq3gf9k 日本の弁護士は頭が欠缺してる人間がなるものです。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年10月22日
こいつ単なるデマゴーグなのは今に始まった話じゃないしな
蜂須賀 @mocolly 2019年10月22日
不利なエビデンスは隠すと言う上野メソッドを本業にも持ち込むのはアカンでしょ…
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2019年10月22日
間違いじゃなくて意図的なミスリードや虚言でしょ。HRNはいつもこう。この団体に所属する伊藤弁護士や後藤弘子教授はそういうことを平然とやる。
オタクモドキと化したぜるたん @the_no_plan 2019年10月22日
屑が弁護士になられるとほんと困るよな
毒眼鏡@ゼウス欲しいマン @poison_crawler 2019年10月23日
太田弁護士もそうだけどこの人ももう「活動家・煽動屋」だよね
blade0@オッ㌠ @blade0 2019年11月24日
そもそもスウェーデン法自体が実運用できてねえじゃん。そんなできてない法をもってきて金科玉条的に言うのおかしいじゃん。レイプの暗数を量産してる国を指さして「こうよ!」じゃねえじゃん。https://hokuou.online/archives/875
取鳥族ジャーヘッド/CMDR INABANIUS @torijar 2019年11月25日
まあ現実の性犯罪者にはとことん甘い伊藤和子とHRN、 最早人権とか投げ捨てて本業化した秋葉原バッシングの為なら何でもやるわな