10周年のSPコンテンツ!
6
国際ドローン協会【公式】 @IDA_drone1115
【空撮ツアーレポート-1】 日曜日に100名山の1つ、安達太良山に登ってきました。 許可も得て山の中腹よりドローンを飛ばして、紅葉や市街地を空撮しました。 中の人も初登山してきました。 Mont-bellのジオライン(Tシャツ)は着ていますが軽装です。 8合目までリフトで行けるのでまだ楽ですね。 pic.twitter.com/FSHJajhNkI
拡大
拡大
国際ドローン協会【公式】 @IDA_drone1115
【空撮ツアーレポート-2】 私はド素人ですが、代表理事の榎本は登山も経験豊富です。日本だけでなく、世界中の山も登っています。 そんな榎本プロがこだわるのは、装備です。 持っていく道具も大事ですし、ウェア次第で登山の快適さが全然違います。 写真で着ているのはMAMMUTのウェアです。 pic.twitter.com/eKoXru0PU0
拡大
拡大
国際ドローン協会【公式】 @IDA_drone1115
【空撮ツアーレポート-3】 ウェア以外にも、初心者向けの山ですが万が一の時のことを考えてGPSなどの装備も持っていっています。 このGPSはボリビアで5,000mの山に登って空撮した時にも持っていっていたもの。 時計もGPSをログできる時計だそうです。 pic.twitter.com/eFsULAhhJ2
拡大
拡大
国際ドローン協会【公式】 @IDA_drone1115
【空撮ツアーレポート-4】 そして、何と言ってもこれです。 今回の登山では、世界初となる安達太良山の6K空撮を行いました。 約20kgのInspire2を担ぎ上げて、山から空撮しました。 これがInspire2を背負っている所です。 すれ違う人からは、ランチボックス・BBQ・重箱などと言われました。笑 pic.twitter.com/wBbOW7eD2m
拡大
拡大
拡大
国際ドローン協会【公式】 @IDA_drone1115
【空撮ツアーレポート-5】 安達太良山は8合目までロープウェイを使って登ることができます。 このおかげで山頂まで1時間半ほどととても優しい登山ルートになります。 生憎、前日の雨でぬかるんでいる場所もあり、注意が必要な登山になりました。 pic.twitter.com/S6SMbvrqeE
拡大
拡大
拡大
国際ドローン協会【公式】 @IDA_drone1115
【空撮ツアーレポート-6】 ぬかるんでいる場所はこんな感じ。 写真を撮れませんでしたが、もっと粘土っぽい場所もありました。 登山初心者の方も多く、休憩をはさみながら山頂を目指します。 pic.twitter.com/EHAFuOWAmb
拡大
拡大
拡大
国際ドローン協会【公式】 @IDA_drone1115
【空撮ツアーレポート-7】 山頂に近づくにつれて、残念ながら霧がかっていて、見通しは良いとは言えませんでした。 山頂でお昼を食べましたが、風が強く寒かったですね。 晴れた暖かい日であれば、もっとゆっくり出来ましたが簡単な食事を済ませたらすぐに下山し始めました。 pic.twitter.com/tB2TRBaQ1P
拡大
拡大
拡大
国際ドローン協会【公式】 @IDA_drone1115
【空撮ツアーレポート-8】 そして、メインの空撮です。 Inspire2×Zenmuse x7の6Kで安達太良山の紅葉を撮影しました。 世界初の撮影です。 20kgを背負って登山した甲斐のある空撮になりました。 またその時の動画は公開します。 pic.twitter.com/NQz1tC99M9
拡大
拡大
拡大
国際ドローン協会【公式】 @IDA_drone1115
【空撮ツアーレポート-fin】 そして、最後帰ってくるInspire2です。 山は風の影響もありますが、離着陸のために広い場所を確保できないので、より高度な操縦技術が求められます。 誰でもできることではないですね。 下山したあとは温泉に入って、帰宅しました。 pic.twitter.com/QKGKQ6u72Z
国際ドローン協会【公式】 @IDA_drone1115
【空撮ツアーレポート-おまけ】 空撮前日は、福島県に前入りしてホルモン焼きと餃子を食べました。 ノスタルジックな雰囲気の通りにある老舗店で頂く料理は絶品でした。 空撮だけでなく、食事や土地の雰囲気も楽しめるのがドローンの良い所ですね。 pic.twitter.com/xVCdy8g120
拡大
拡大
拡大
拡大

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする