10周年のSPコンテンツ!
29
らきむぼん @x0raki
僕がミステリ読む時 まず本を開く前に以下を注意する。 ・叙述トリックではないか ・タイトルや章題が真相を表していないか ・バールストンギャンビットではないか ・暗合や暗号は仕込まれていないか ・語り手が犯人じゃないか ・探偵が犯人じゃないか
らきむぼん @x0raki
中盤に差し掛かったら、以下を気にする。 ・誰が犯人なら面白いか ・最も疑わない真相はなにか ・序盤の何気ない描写や伏線にリンクする要素は何が考えうるか
らきむぼん @x0raki
並行して幾つか自分ルールがある。 ・兄弟や双子は入れ替わりを疑え、ただし大抵犯人ではない ・毒殺されたら、一番最初に駆け寄った人間を疑え ・共犯の可能性を一時も忘れるな ・違和感はとりあえずトリックと仮定しろ ・損壊は、誤魔化しか入れ替え ・不要な描写は伏線
らきむぼん @x0raki
これでだいたい犯人くらいは当たる。逆に言うとこれだけ疑ってもせいぜい犯人っぽいやつがわかるだけで真相とか根拠に至れない可能性のほうが高い。
らきむぼん @x0raki
いやそんな古典的な犯人もはやいないだろうと思うかもしれないが、そのとおりで、裏を返せばこうやって疑った上でそれではかえって王道すぎるのでは、という逆ベクトルの疑いと天秤にかけて真相に近い方を採る
らきむぼん @x0raki
最近よく刺さるのが犯人以外の人間がさっき行ったような行動を取るという、王道逸らし。これも最近は疑う。
らきむぼん @x0raki
いまのところ結構これで商業ミステリは当たりやすくなる。
らきむぼん @x0raki
結構ねー、「不要な描写は伏線」が万能だよ。 これ別にいらない説明では?って思ったらその前の項目「違和感はトリックと仮定しろ」とのコンボで犯人に一直線ってパターンある。 プロ作家だと余計なことあんまり書かないからね。
らきむぼん @x0raki
驚きたい人はこれ全部無視すれば気持ちよく騙されることができる。
らきむぼん @x0raki
ミステリの読み方は 1 解かずに騙されたい 2 解こうとして騙されたい 3 作中の情報で解きたい 4 メタ推理も含めて解きたい 5 ネタバレ調べて全部知ってから読みたい とか色々あるけど、僕が今回まとめているのは、四番目の人向け。

コメント

玉川あるい @EvnY9Yc548xH51j 8日前
昔、PSPのトリック×ロジックって推理ゲームやってた時は、不要な描写は伏線ってのがよくあったなあ。ゲームで夜更かしして寝不足ってワードが、犯人に至る筋道だったりとか。
呉紋@おっさん @gomonz 7日前
清涼院流水「そのメタ目線で俺のトリックが解けるかな!?」  顔のない死体のトリックについては、横溝正史も黒猫亭事件で金田一と作者っぽい人が作中で語り合うとかメタいことやってたなぁ
nekosencho @Neko_Sencho 7日前
だってほら、推理小説って「犯人を当てさせないための小説」じゃなく「読んで面白いための小説」なんだから、書くほうの技を多少知ってればたいがい当たるよ、タネを知ってる手品を見るようなもんだ。 逆に言って書く側としては、犯人当てよりも読者をどう楽しませるのかを解析するのが楽しめるのでは?
スズメ @suzume002 7日前
この地上において、およそミステリの犯人を当てる能力ほど無意味なものはないのではないか
くにたちの幼生 @uJuypjYCMaxFNIz 7日前
たまにミステリ作家が遊びで「絶対に犯人がわからないミステリ」みたいなのを書くけど、あれはギャグもしくは勘試しとしては最高なんだけど、普通の読み物として読むと恐ろしいほど面白くないしなあ。
マステマ@バルドゥーク @mastemama 7日前
読者は探偵目線でなく読者目線でいくつもの仮説をたてて、それが少しでもかすってたら「俺の推理通り」って言うって某作中で語らせていた
どんちゃん @Donbe 7日前
俺は「主人公サイド以外での3人目の登場人物」に注目する。その主人公サイドの定義が難しいとこだけど。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする