10周年のSPコンテンツ!
0


これの続きです

KUMI_Kaoru @KaoruKumi
図書館で中1~3科学教科書を閲覧。覚悟はしていたのですがだんだん気が沈んでいくのでした。 東京書籍(某ミズ・ベーカーの所属先)の『新しい科学』シリーズ三冊です。 pic.twitter.com/x56YOvnnA2
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
中1から順にコメントしていきましょう。小学校理科と同じく4月は植物ネタから。春ですしね。樹木には維管束があって導管と師管のふたつにわかれていて、葉の気孔より水蒸気が放出されて…懐かしいです小1でもうそういうの本で読んで頭に入っていたから。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
樹木を剥いで師管を胴体部で切断し導管は残して四か月そのままにすると、やがて剥いだ上部が膨らみだして…この実験は面白いですね。しかし学ぶ生徒さんにすれば「いいからさっさと答えを教えろよ」だと思う。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
「葉っぱって水道でいうくみ上げポンプの役目があるんだ」と切り出した方が生徒さんにはイメージしやすいのではないかな。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
中学に私があがったとき、まわりの子(同じ小学校出身)から「こういうの得意なんだよね」とうらやましがられたのですが、とんでもない、私一人のものだった宝物が、授業でみんなに配分されてしまって私の存在価値が無くなっていく気がした。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
『まんが道』で主人公の男の子が学級内でただひとりまんがが上手で、そこに転入してきた子がやはり同じくまんがが上手で、仲良しになる一方で焦りも感じるところを思い浮かべてください。 あの感覚に近い感覚を感じたのでした。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
そういうわけで中学理科の教科書を眺めていくのは、忘れかけていたあのときの自分の感情と向き合う作業です自分にとっては。 イタタタタタ...
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
植物系はあまり好きではなかった。なんとかソウとかなんとかバナとかをさっと言い当てることができなかったから。 男の子だと鉄道車両でキハなんとかとか昆虫でなんたら͡コガネとか一瞬で判別する系の子、同級生に必ずひとりはいました。懐かしい。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
おとなになってから気になりだしたこと。ああいう分類はどこのどいつがいつ始めたんだろう。リンネの名は北杜夫のマンボウシリーズで目にしたことがあります。詳しくは検索でどうぞ。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
さかのぼればアリストテレスが動物について有血と無血のふたつに分類していたと、小学生のとき理科の本で読んではいましたが。 つまり血が赤いかどうかです、今のことばでいうと。昆虫は緑色の液体が流れるから無血の生物。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
どっさり読んだ理科の本。しかし中学ではそれがどういうわけか私のなかで教科書や授業とうまくシンクロしなかった。 和算と洋算の違い…とはおおげさな比喩かな。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
中1理科教科書、化学ネタに。ベーキングパウダーを使って二酸化炭素を作る実験が出てきますが、この時点では化学式は出てこない(中2でデビュー)。そのためどこかお料理教室のノリが残る。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
水に砂糖がとける(電解質ネタ)のをモデル図で解説してる。大き目の赤いつぶつぶと、小さめの青いつぶつぶが、ビーカー(の絵)のなかにぎっしりつまっているイラスト。 こんなんもう実験では確認できない。覚えやがれお前らに軸足が移っていく。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
それから計算式が出てくる。水に砂糖や塩を溶かした時の濃度をパーセントで算出するあれ。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
小学校理科では計算式って出てきたかな。中1ではここが初出。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
液体が冷えると固体になる話に進む。御神渡りの写真を見せながら「水は例外的に、凍ると体積が増える」と説明。しかし温度によって氷の体積が変わることに言及がないため、御神渡り現象を説明しきれていない印象。 pic.twitter.com/VuqF00Lbwn
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
計算式といえば圧力をPa単位で算出するのが出てきます。N(ニュートン)もデビュー。私の時はNなんて中1で習ったかな?思い出せない。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
断層が生ずるしくみを、石鹸に万力でゆっくり圧力をかけてヒビをいれる実験で見せるのは面白いです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
中2。原子くんデビューです。元素記号もデビュー。分子さんもデビュー。それから化学反応式さんも。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
2H2 + O2 → 2H2O つまり水素と酸素の化学反応で水が生じる実例として日本のH2ロケットが紹介される。あれは液体水素と液体酸素で飛び上がるから。ただ、ほかのロケットは違う推進剤を使ってたのでは?
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
唾液にアミラーゼが混じっているおかげででんぷんが口の中で麦芽糖に変わるネタ再登場。小6でもちょっと出てきた覚えがある。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
電流のお話、中1にて再登場。W=VA(電力=電圧×電流)登場。エネルギー概念も登場。ここでデビューなのかな。単位のジュールもデビュー。 エネルギーの理解はやさしくはないのですが、いいのかなこういう扱い方で。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
中3。イオンさんデビューです。電解質の話に続く。もはや実験で確認できるレベルの話でなくなっていく。そのせいでしょうか「班ごとに議論してみましょう」なんてイラストで煽ってくるの。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
おおっイオン化傾向(「貸そうかなまああてにすんな酷すぎの借金」と高校で暗記させられるアレ)が中3でデビュー。私の時は中3では習っていなかった気がする。
残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?