菅原潤『上山春平と新京都学派』読書メモ集

菅原潤『上山春平と新京都学派』(晃洋書房、2019)の読書メモをまとめました。
2
荒木優太 @arishima_takeo

菅原潤『上山春平と新京都学派の哲学』。今西錦司を西田幾多郎からではなく田辺元(種の論理)から読んでいる。重要な方向。同時に、今西もまた「種」概念の危うさと無関係ではない。

2019-11-09 16:31:36
荒木優太 @arishima_takeo

つまり、日本文明史の展開は、拝外によってどこか排外の意識が、排外になっても拝外な意識が残存しているのであって、そうした裏腹な心情を上山は「ネガ(負)の極致」と表現したのだろう。by菅原潤『上山春平と新京都学派』

2019-11-09 17:43:15
荒木優太 @arishima_takeo

そういや、私は文章で「裏腹」って言葉使ったことないな。今度やってみるか。

2019-11-09 17:43:51
荒木優太 @arishima_takeo

同じような意味で私が選びやすい単語だと「表裏一体」とか「裏表」とかかな。「裏」と「腹」だと対のイメージがうまくつくれないから避けるのかもしれない。

2019-11-09 17:45:42
荒木優太 @arishima_takeo

「埴谷雄高と上山春平――故郷としての台湾」という論文を誰か書いてください。

2019-11-09 17:56:34
荒木優太 @arishima_takeo

梅棹忠夫は研究倫理として引用したい発言は、発言者の許可をわざわざ得るそうだ。すごい。死んだ人の場合はどうすんだろう。遺族?

2019-11-09 18:07:06
荒木優太 @arishima_takeo

いうまでもなく、私のは勝手にやってください。

2019-11-09 18:07:28
荒木優太 @arishima_takeo

「ある人文系の教員が教え子の結婚式に呼ばれて祝辞を述べるなかで、死亡した高名な学者を話題にしたという、当事者からすればとても笑い話にならないエピソードを最近耳にした」(菅原潤『上山春平と新京都学派』)。よく分からん。

2019-11-09 18:12:50
荒木優太 @arishima_takeo

「考えようにってはこの教員自身が学会ギルドの犠牲者かもしれないが、こうした世間的に見て非常識な言動が、人文系教員の首を自ら絞めているのが実情だということを真剣に受け止めてもらいたい」(菅原潤『上山春平と新京都学派』)。なんの話をしてるのか、まったく分からん。

2019-11-09 18:14:46
荒木優太 @arishima_takeo

「死亡した高名な学者」の話を結婚式の祝辞ですることがなんで「非常識な言動」なのかが分からん。死亡が悪いのか? 高名が悪いのか? 学者が悪いのか? 分からん。

2019-11-09 18:16:14
荒木優太 @arishima_takeo

菅原潤『上山春平と新京都学派』読了。勉強になった。日本プラグマ論を改稿するときは積極的に取り入れよう。特に田辺元の講演「死生」からの影響(合田正人『田辺元とハイデガー』とセットで読みたいところ)、そして『弁証法の系譜』におけるプラグマとマルクス主義の差異のほう。

2019-11-09 18:24:13
荒木優太 @arishima_takeo

『弁証法の系譜』の特筆性は、私はパース&デューイ論理学と弁証法との良相性を発見したことにあると思うが、違いから発想することも可能なんだなと思った。パースと上山との関係でいうと、文明史論までアブダクション論が波及するような論述だが、ここはもう少し細かく知りたいと思った。

2019-11-09 18:27:12
荒木優太 @arishima_takeo

あと文句でいうと、引用が長すぎる。影響関係があるんだかないんだかフワッとした周辺論者との比較も、私だったら二行か三行かで済ませるなと思った(まあこれは好みの問題でもあるが)。

2019-11-09 18:30:00
荒木優太 @arishima_takeo

上山春平に関しては、仕事量のわりに認知度が低いので、まずはベーシックな仕事の紹介だけで十分意義があるように思える。なんでカントのカテゴリーとかやってた人が文明の歴史とか天皇制についてあーだこーだ言ってたんだろう、という素朴な疑問を解きほぐすだけで一冊の本になる気がする。

2019-11-09 18:32:26

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?