10周年のSPコンテンツ!

ポットいい旅 2019年10月 会津旅行 3/3 ~会津若松をもう少し堪能し、遠回りで会津に別れを告げる~

10/21(月) 晴れのち曇り 旅程:向瀧(東山温泉)→鶴ヶ城→吉し多(昼食) →七日町→会津若松駅(会津鉄道・お座トロ展望列車)→会津田島駅(会津鉄道・野岩鉄道)→鬼怒川温泉駅(SL大樹)→下今市駅(東武日光線)→東武日光駅(徒歩)→JR日光駅(JR日光線)→宇都宮駅→(宇都宮線)→上野駅 続きを読む
旅行
4

2日目のまとめ

ツイートまとめ ポットいい旅 2019年10月 会津旅行 2/3 ~会津若松散策のち、東山温泉の名旅館で五感に感動をもたらす~ 10/20(日) 曇りのち晴れ 旅程:和泉屋旅館→会津田島駅(会津鉄道)→会津若松駅(徒歩・レンタサイクル)→なかじま(煮込みソースカツ丼)→御薬園→飯盛山(白虎隊・さざえ堂)→旧滝沢本陣→東山温泉向瀧 #会津田島 #和泉屋旅館 #旅館の朝ごはん #家族経営ゆえの暖かさ #会津田島駅 #会津鉄道 #リクライニングシート #渓流 #ダム湖 #会津若松駅 #会津若松 #赤べこ #レンタサイクル.. 575 pv 1 2 users

ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
おはようございます。会津若松は晴れ模様。 旅の最終日もいいものにしたいですねえ(ノД`) pic.twitter.com/1ndsXXyQ3g
拡大
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
忘れてた。昨日呑んだ酒の数々。 会津の酒蔵、榮川酒造が手がけた向瀧オリジナルの銘柄「美酒佳肴」。左から辛口の新酒、淡麗な熟成そして、ウイスキーのごとくまろやかな大古酒。どれもそれぞれ違ってそれぞれの美味を味わえる。 どれ買おうかな(小声 pic.twitter.com/xMNKjzGGHL
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
旅館の朝ご飯なう。 朝の美しき部屋と美しき景色とともに。 pic.twitter.com/HZG2WQ55BO
拡大
拡大
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
そして完食なうw ごはんもなんとすっからかんに。 どんだけだよ((((;゚Д゚)))) pic.twitter.com/TzhhhgxUbe
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
この窓を開けると、この部屋でしか楽しめない風景がここ。 \角部屋万歳/ pic.twitter.com/ZAWCl9ItFI
拡大
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
朝風呂は旅館の一番奥にあるさるの湯で。 源泉から近いきつねの湯から遠いこともあって、適度な暖かさ。 浴室は大理石に囲まれた裸婦のレリーフ、そして外にはこぶりな日本庭園も。 戦後昭和の後付けとはいえ、一切の手抜きは見られない。 人が多くて撮影できなかったので、参考資料をどうぞw pic.twitter.com/WWyHVhvQO6
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
向瀧が誇る広大な日本庭園。そのパノラマも撮っておいたw pic.twitter.com/RZpOHD7BuH
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
東郷平八郎の豪快な書に背中を押されながら、百合の間を離脱なう。 楽しくも儚いひとときをありがとう(ノД`) pic.twitter.com/k7JZJVQCJb
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
こちらは明治末~大正初期に造られた舞台つき80畳の大広間。 舞台は足を踏みつけるといい音が響きわたるw 以前は結婚式場として使われていたが、現在は宴会場としてつかわれているとのこと。 pic.twitter.com/s80x4oaaqz
拡大
拡大
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
離れの間も見学させてもらいました。 部屋も風呂も広くて豪快だった。 ここに泊まるのが人生の目標のひとつになりそうw pic.twitter.com/LiPJJUvdJu
拡大
拡大
拡大
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
というわけで、赤くないけどあかべえのバスにらいどんして東山温泉を離脱なう。 向瀧さん、最高の和室に最高の温泉に最高の食事に最高のおもてなし…向瀧さん、本当に最高のひとときをありがとうございました。 pic.twitter.com/c1M8DZhXR7
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
東山からのバスを降りて、会津若松が誇る鶴ヶ城、その三の丸から入城なうw pic.twitter.com/GquzgqdA1Z
拡大
拡大
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
会津若松鶴ヶ城の天守閣に入城そして、登頂なう! 東北の方角には、昨日訪れた飯盛山が見えた。 pic.twitter.com/pggMezCuV2
拡大
拡大
拡大
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
鶴ヶ城の天守閣はコテコテの昭和鉄筋建築ということで、その雰囲気を少なからず楽しむことができる。 なんと土産店まで備え付けられていたw pic.twitter.com/dEFnwsrkuZ
拡大
拡大
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
近年木造復元された、南走長屋と干飯櫓の中に入ってみた。 VRシアター #とは pic.twitter.com/QdcLnd9beh
拡大
拡大
拡大
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
こういう構図に日本独特の木造建築の機能美を感じさせられる pic.twitter.com/FjB6jEaLXJ
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
次は麟閣を見学だん。千利休の子、少庵がこの若松に造った茶室である。 外見に目を通すと、茅葺き屋根に小さな窓数々の造りが面白い。 中は少庵自身の茶室と、主客をもてなす小さな三畳間からなっており、三畳間は細かい意匠の数々に目を引かれるばかり。 pic.twitter.com/lGYD94zA1T
拡大
拡大
拡大
拡大
ポットフィールド@秩父宮・國學院たまプラ @potfield1979
表門とダイナミックな天守閣を背にして、鶴ヶ城を離脱なう。 pic.twitter.com/33jWWnilL9
拡大
拡大
残りを読む(52)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする