杏子について本気出して考えてみた

つぶやいている人はさやか×杏子派です。 悶々としています。 カップリングとか言っていますが、単純に杏子について本編から(妄想や希望も含めて)考えられるだけ考えている感じでやってるだけですので、あまり気にならないかと思います。
26
@keta_chop

ところで、いま私の中でさやかと杏子の決着をつけるためにノートに色々書き出してるのですが……あの子らむずかしいなあと改めて感じております。

2011-06-01 14:28:51
@keta_chop

杏子が家族に先立たれた(しかも原因は自分)なのに魔女化しなかったのって本当にすごい……というよりかはかなしい?

2011-06-01 14:30:00
@keta_chop

杏子は、理想を追い求めるさやかが本当にそれを叶えてくれたらそれはそれで救われたんだろうし、だけれども同時に挫折して隣にいて欲しかったろうなあと。

2011-06-01 14:31:55
@keta_chop

んで、さやかは絶望して魔女になってしまったわけだけれども、実は杏子にとってそれはある意味うらやましい事だったんじゃないのかな。彼女は家族が死んでも「生きる」ことを選んでしまったひとで、それはつまり「人として生きる」ことをやめたと言えなくもない。

2011-06-01 14:33:53
@keta_chop

人を喰らうものを喰らう、という意味で。人の悲しみを見過ごすという意味で。

2011-06-01 14:34:57
@keta_chop

だから、さやかが「絶望"できた"」というのは、杏子には羨ましかったんじゃないかなって、そう思った。でも、それは本当にほんの少しで、それよりも杏子は魔女である(=杏子)さやかが救われて欲しくて、それでがんばったのかなって。

2011-06-01 14:39:19
@keta_chop

@tricken ええ。ストーリーを追っていて不思議だったのが、さやかが魔女化したあと、表面上杏子がさっぱりしているように見えたんですね。それでなんでだろうって考えていたのですが、そもそも彼女は家族が死んでも生きてきた。ある種の割り切りのよさがあるんだろうなと。

2011-06-01 14:41:13
@keta_chop

自らの魔法少女としての特殊能力(幻惑)を封印してしまうほどのトラウマであるにもかかわらず、家族が死んだ時に死ななかったし、魔女にもならなかった。そのあと、さやかのように投げやりになるわけでもなく、盗みをしてまで生きてきた。どういう気持ちだったんだろう。

2011-06-01 14:43:16
@keta_chop

こう、色々と考えてみて、私はあまりにも杏子のことがわからなくてどうしようかと思ったよ。

2011-06-01 14:45:01
@keta_chop

マンガだと、杏子が父親が生きているときでも林檎を盗もうとしているシーンがあるんだよね。その辺と、父親の説法に対する杏子の考えがどうなってるのかも知りたい。まあ、説法自体どんなのかわかってないわけですがw

2011-06-01 14:51:08
@keta_chop

んでもってさらに、そんな風に生きてきた杏子がさやかと心中するっていうのはどういうことかってね。

2011-06-01 14:52:51
@keta_chop

やっぱり、さやかが魔女化したのがこたえてるのかなあ。だって、別に杏子だって生き残れたじゃないたぶん。あのときいったん逃げて、体制立てなおしてからほむほむとふたりがかりでやればさあ。それをわざわざああしたっていうのは、やっぱり自殺で心中だよね。

2011-06-01 14:55:33
@keta_chop

自分の魔女化を防ぐのは当然念頭にあっただろうけれど、神さまは夢も希望も見せてくれなかった。だから、せめて自分が側にいることで、世界の誰もさやかを見ていないなんてことはない。ちっぽけな救いをあげたかったのかなとか。

2011-06-01 15:00:08
@keta_chop

まどかは魔法少女ではない。絶対に同じ立ち位置での救済はできなかった。だから、あたしが隣にいる。あんたを見ているよ、と。

2011-06-01 15:01:19
@keta_chop

カップリング語りなんだからポエミーなのとか当然ですしおすし

2011-06-01 15:01:52
@keta_chop

父親に魔女と罵られ、自らが呪いを振りまく存在であると思いながら生きてきた杏子にとって、絶望を続かせないための死は輝いて見えたのかもしれない。

2011-06-01 15:05:58
@keta_chop

結局、杏子は最初から最後まで「魔女」に振り回されていたのかな。

2011-06-01 15:07:48
@keta_chop

ほんときょうこがすきすぎてつらい

2011-06-01 15:08:41
@keta_chop

杏子は魔女を殺す英雄だけど、その英雄は魔女と呼ばれて一度殺されていたんだよ。

2011-06-01 15:13:26
@keta_chop

おそらく、杏子父は、杏子が契約した時に杏子は死んだのだと思ったはず。

2011-06-01 15:14:25
@keta_chop

じゃあ、さやかは杏子をどう思っていたのか?

2011-06-01 15:17:39
@keta_chop

基本的には作中で何度も言っていたように、相容れないと思っていただろうけれど、あの割り切りのよさを少しは羨んだんじゃないかな。

2011-06-01 15:19:16
@keta_chop

そう……さやか→杏子がむずかしすぎて……

2011-06-01 15:19:34
@keta_chop

だって公式で描かれてる感情はどう見ても杏子→さやかしかなくってさ…………

2011-06-01 15:19:53
@keta_chop

だめだ。ちょっともうやめておこう。しかし私の愛の証としてとぅぎゃっておく。

2011-06-01 15:21:14
残りを読む(7)

コメント

@keta_chop 2011年6月1日
大したことのない追加。
0
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2011年6月2日
杏子の根底にあるのは「生きる」っていうことへの肯定なんじゃないかなぁ、と。だから家族が心中した時に、精神的に袂を分かつことで魔女化しなかったのかも。そしてソウルジェム投げ捨て事件で「自分は実は死んでるのと大差なかった」ってことを知って、それでも自分を否定しないために「死んでない部分」を探した結果が、その後のさやかへの態度に出てる気がする。最終的に魔女化したさやかを戻そうとしたり、駄目だと感じて心中したのも、同類と感じてるさやかが「魔女化」という形で「死んだ」ことを否定するのと、自分が将来的に「魔女化」とい
0
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2011年6月2日
(続)「魔女化」という形で「死んだ」ことを否定するのと、自分が将来的に「魔女化」という形で「死ぬ」のを回避する手段として、「死ぬ」ではなく「消える」を選んだんじゃないかなぁ、とか。
0
遠野九重@『起きたら20年後』2巻 6/12発売! @Six315 2011年6月2日
「魂がソウルジェムにあって、体はそこから遠隔操作で動かしている」って状態を「ゾンビ」って解釈してしまったあたりから、杏子の転落が始まったかな、と。さやかもさやかでその解釈に引っ張られて「キスしてなんて言えないよ」と絶望してしまったわけで。
0
こうもりねこ @bat_cat_dat 2011年6月5日
ちょっとご報告が遅れてしまったのですが、こちら(http://togetter.com/li/143199)の冒頭で引用させていただきました。
0