2019年11月22日

書店から出版元に「本文の上の部分がギザギザしているとお客様から問い合わせがあったのですが…」と電話→それ、わざとですから!

223
Yuka Takamatsu 夕書房 @yuuka_tkmts

ひとり出版「夕書房(せきしょぼう)」。『家をせおって歩いた』(村上慧)『山熊田』(亀山亮)『新版 宮澤賢治 愛のうた』(澤口たまみ)『失われたモノを求めて—不確かさの時代と芸術』(池田剛介)『彼岸の図書館—ぼくたちの「移住」のかたち』(青木真兵・海青子)『Station』(鷲尾和彦)。12月刊『したてやのサーカス』。

sekishobo.com

Yuka Takamatsu 夕書房 @yuuka_tkmts

朝イチで書店様からお電話。「『彼岸の図書館』を購入されたお客様から本文の上の部分がギザギザしているとのお問い合わせがあったのですが…」。ああ、やはり私たちは「天アンカットの美」についてもっと声を上げていかねばならない。カットしてないのはわざとですから! pic.twitter.com/aoiRs92zFY

2019-11-21 09:48:37
拡大
Yuka Takamatsu 夕書房 @yuuka_tkmts

ここに「天アンカット」のいじらしさに気づいた方のすばらしいブログがあります。→bloodandsugar.hatenablog.com/entry/2018/11/…

2019-11-21 10:00:09
Yuka Takamatsu 夕書房 @yuuka_tkmts

予想をはるかに超える皆さまに「天アンカットの美」が伝わった感動に震える朝です。夕書房で刊行中の天アンカット本は『家をせおって歩いた』(ソフト上製)と『彼岸の図書館』(フランス装)。他もさりげなく意匠を凝らした本ばかりなのでよろしければぜひ!yukatakamatsu001.stores.jp

2019-11-22 08:27:04
Yuka Takamatsu 夕書房 @yuuka_tkmts

造本にまつわるニッチな愛を語りまくるトークイベントとかやりたくなってきました…。11/30中目黒のブックフェア #ブクサム2019 でどうだろうか…

2019-11-22 12:40:37
乙画廊 → 12時〜17時(時短中) 大阪北 古美術街/大正十年築(1921) @oto_gallery

@yuuka_tkmts わあ。知らない人多いんだねえ。 本の虫の私から言うと、天アンカットは古書、古本、新刊でもたまたま手にしたら、ニンマリしてじっと暫くみてますね。

2019-11-21 22:56:37
Yuka Takamatsu 夕書房 @yuuka_tkmts

@oto_gallery 密かに楽しんでくださっている愛読家の皆さまの存在に救われます…!

2019-11-21 23:01:29
かずみ @uenoich

@yuuka_tkmts 元印刷会社勤めとしては、製本を考えると震えがきます。の、納期は長めに設定くださってますよね?(涙目)

2019-11-22 09:26:54
Yuka Takamatsu 夕書房 @yuuka_tkmts

@uenoich そうですよね、現場で作業される方には神経を使うひと手間ですよね…。その分換算した納期で逆算し、入稿時期を設定するようにしています。

2019-11-22 09:31:15
すらいりぃ @YRS_62

@yuuka_tkmts 天アンカットは、しおりを付けるのが難しいとどこかで読んだことがあります。それでも出版社は天アンカットにこだわっているとも書かれていました。

2019-11-21 23:20:20
びばのん/馬鹿家元 @kawaviva

@YRS_62 逆です。 しおり紐を付けて製本した本の天をカットすると紐が切れてしまうので、しおり紐付きの本は必然的に天アンカットになるんです。

2019-11-22 07:44:29
変態なぺんぎん( ᐛ )و @H_KS1545

@yuuka_tkmts 知らなかった。そんな美学があったなんて。私も様々な本を日頃から読ませて貰ってますが、天アンカットを見ても、「何かギザギザしてるなぁ、見栄えはアレだけど触ると気持ちいいし何か意味あるんだろうなぁ」って思ってるだけでしたが、ワザとで、しかも手間まで掛けてやっていたのですね。脱帽です!

2019-11-22 02:13:33
ぱる @fr6pa4e

これぇぇえ!状態が悪いって言って交換・取り寄せし直し言ってくる常連がいたなぁ。 twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 16:03:00
ろみ☺︎ @clover_techo

何でもかんでも綺麗になってるの、怖いと思うですよね私…人間もそうしたい感あるよね最近。こわー… twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 15:47:59
チホタロス @0220candy

紐のしおりがついている本は、こうなってるよね twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 15:42:38
そな @usg00

知らんかった…製本雑だなあって思った時あった…今年一びっくりした…知って良かった twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 15:31:38
ぶたお@もてラジ @kentlow

本を読まない人が増えてくるともっと知られなくなってくるんやろね。スピンも「なんなんだこのヒモ!?」と言われるようになったりして…。 twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 15:21:19
もんた。 @catmonta

これ新潮文庫かなんかも意図的にやってたような。。。本といえば最近読書もゲームも積んでるのでそろそろ時間を捻出して片付けたいのぅ。。り twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 15:10:17
うに @Uniya_now

引用>ヨーロッパでは、産業革命の時代から「アンカットで簡素な表紙の本を買い、読み終えたら自分好みの豪華な装丁に製本しなおして蔵書する」という文化があったらしい<引用終 何それ✨ やりたい!やりたい! あのドシっと重い装丁の本、大好きな永久保存版の本で作りたいなぁ。 twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 14:58:47
しょこらろ @schoko_tante

見た目あまり綺麗じゃないけど、指でなぞると気持ちよくて、閉じた本をずっと触ってしまうんですよね。 詳しい理由は最近まで知らなかったけど、子どもの頃から見てるので、そういうものだと思ってました。 わざわざクレームいれる人いるんだ😨 twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 14:41:45
黒コメ @stcomets

中学時代、現代文の教師からこのギザギザについて熱く熱く語られたのを覚えている。「新潮文庫はギザギザだからホコリがついても掃除しやすいんだ。だからといってホコリが積もるような扱いはするな。読め。」と。 twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 14:14:01
高級コーヒー豆 @kohi_mame_chan

知ったこと言えないけど、物作りはピタっと整えればいい物になる訳じゃないよね 何でもバランスだと思うんです。 twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 13:57:09
錆田鉄男 @sabitatetsuo

新潮文庫や星海社文庫の本は天アンカット。これにより紐栞の標準装備が可能。星海社のリボンの栞はお洒落。紙でも皮でも余ったらなんでも切ればいいというわけではない。ただし、溜まった埃が掃除しにくいのが玉に瑕。 twitter.com/yuuka_tkmts/st… pic.twitter.com/ole6E2qZqE

2019-11-22 13:41:57
拡大
拡大
るふぉあ @lufang_lufang

埃が積もりにくくするために本の天はギザギザしていると聞いたことがあったけど、それは間違った知識だったのかな? にしても、レスについてる「切ない話」が素敵で切ない。 twitter.com/yuuka_tkmts/st…

2019-11-22 13:34:02

コメント

まんまるまるまいん @manmarumarumain 2019年11月22日
(紐つけれるっていう機能性があるようではあるが)おしゃんが理由ならそれは自己満足だし、知らないのも仕方ない知識に感じるなぁ。そういう問い合わせはあり続けるだろうなぁ。
154
Nowayout @randomwaIk 2019年11月22日
アンカットの本の天に溜まりがちなホコリ掃除には平筆がいいよ。ハードカバーの背との際あたりのホコリも取りやすいし小さいほうきみたいな感じで使える。
37
ハナヤマドリ @hanayamadori 2019年11月22日
天アンカットはどうでもいいですが、小口研磨は買わないのでやめてくださいね?
14
ろんどん @lawtomol 2019年11月22日
40数年生きてても、「目から鱗」とはあるものですね
1
kusano @t_kusano 2019年11月22日
しおりが切れるから、とは知らなかった。知らないことはいっぱいあるなあ。
8
海苔 @mayu_ri00 2019年11月22日
しおりの紐使わないから普通に裁断してくれ、何も知らない人なら本の上の部分ガッタガタじゃん!不良品!って思ってもおかしくない
84
ヒート<ぱんだぱんだ>マシン @heat_machine 2019年11月22日
え?天アンって「おしゃれだから」ではなく「スピンをつける都合上、どうしてもそうなる」って構造であって、それにわびサビおしゃれを感じるのはともかく「天アンカットはおしゃれのために存在する」って言っちゃうのは普通にデマでは?
169
すずしろ @SimsCainRuric 2019年11月22日
天カットののち栞付きって、単行本だと普通にあるよね
46
草冠に西 @cuervo9 2019年11月22日
客が知らないのはまあ普通だが、そのまま版元に伝えて来る書店酷いな。プロでしょ。もちろん99%は書店で説明してて、版元まで届いていないのだと思うけど
5
BORUBIKU @borubiku 2019年11月22日
heat_machine 必ずしもそういうわけではなく、新潮文庫はスピンにこだわりがあるから裁断できないと言ってるけど、岩波文庫はヨーロッパ風の雰囲気づくりのためにアンカットにしていると言っている(実際スピンついてないし)。
63
tsukina @tsukina_ttt 2019年11月22日
どちらかというとピシッと揃ってることに美を感じるタイプだからちょっとわかんない感覚だな…
118
天龍父 @dragonsky_say 2019年11月22日
天アンカットということはページの頭側は紙の端になるように割付しなきゃいけないよね?結構面倒なのでは?
10
y @y90612323 2019年11月22日
しおりの紐用なのは知ってたんだけど、それはそれとして不揃いの天アンカットは好き。無駄にギザギザ部分撫でまくる
2
エテメンアンキ @ws54red76rf8778 2019年11月22日
100円ショップで買った文庫本ノート、天カットされてる上に栞紐も付いてる。 これを100円で出来るならそうしてくれ。 天アンカットはこだわりとか言われても、普通にガッタガタにしか見えないし、余計にコストがかかってるとか馬鹿じゃないのとか思う。
77
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2019年11月22日
そんなことでクレーム付ける客も理解できないけど、これが美しい!こだわりなの!っていうのも理解できない。
71
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2019年11月22日
普通に本読んでれば天がガタガタしてる本なんて珍しくもないからそんなことで書店にクレーム付けるのは自分は本は読まないけど見た目にはこだわるんです!って公言するようなもんだとは思うけど。
18
nico @nicokaeru2 2019年11月22日
天アンカットも好きなんですが、裁断の時の加減なのか、小口がくっついちゃってる本も大好き。あれをぺりぺりーって剥がしながら読むとき、おまえに触れるのは私が最初なんだな、ふはは!って気分になる(作業工程で誰か触ってます)。
46
masano_yutaka @masano_yutaka 2019年11月22日
dragonsky_say 「面倒だけどわざわざその手間をかけましたよ」って言う美学。
4
Tadashi @tadashifx 2019年11月22日
私は「どうでもいい」と思う人なのだけれど…『「今でも「格調高い本はアンカット」「アンカットが本の本来あるべき姿」という美学』はなんとなく気持ち悪い。(「あのざらざらが好き」「そろってない感じが良いんだよ!」とかそういう人に対しては「へ~そうなんだ~」としか思わないけれど。)
99
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2019年11月22日
読書側は「天アンカットな完成品」なのか「天カットするつもりだった不良品」なのか区別できないのよ。乱丁落丁はお取り替え〜の所に書いておいてあれば別だけど。
63
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2019年11月22日
「わあ。知らない人多いんだねえ」←(超大声で)知らねえよっ!!
91
かにかま @kanikama_surimi 2019年11月22日
こういうことで"知らない方もいらっしゃるんですねぇ…""今の方は、本なんて読まないから…""フッ"みたいな語りする人とは友達になれないなあ。
97
はる @saho_haru 2019年11月22日
栞紐付けると天アンカット出来ないってtweetがあるけど、ざっと本棚確認したら、栞紐付きの単行本で天アンカットされてないのは無いけどな~?(栞紐付きで、天アンカットされてないのは新潮文庫ぐらい)
7
Tadashi @tadashifx 2019年11月22日
saho_haru (言いたいことは伝わっているのでどうでもいい突っ込みですけど…カットとアンカット混同されているように見えます…。)
12
虎次(とら🐯つぐ) @tora_2com 2019年11月22日
表紙と目次の間ぐらいの目立つ位置に注意書き(ギザギザの理由の説明)でも入れといたほうがいいのではないかな。
5
denev @_denev_ 2019年11月22日
不良品の言い訳してるだけにしか見えない。
9
はる @saho_haru 2019年11月22日
tadashifx すみません、書いてる内に逆にしてました。凸凹の状態=天をカットしない=天アンカットですね。(恥)
3
asuraneko @読書垢、勉強垢 @asuraneko 2019年11月22日
アンカットとか初版とか、そういうことにこだわる感じの方々は、畢竟、本などなくても生きられるんだろうなというような具合の偏見というものが、ボクにはあります、です、はい。
27
ham68616d sub @ham68616dsub 2019年11月22日
どっちでもいい派だけど、交換を申し出るような人はその歳までアンカットの本見たこともなかったのかと思うと悲しくなる。
17
北風と太陽 @leave_to_say 2019年11月22日
小口研磨しないとなると、買い切りで返品不可にしたうえで価格も少し上がりそうな気がする
0
kartis56 @kartis56 2019年11月22日
言わなければ伝わるはずがないんだよな
65
愚者@勇者部満開17No.19 @fool_0 2019年11月22日
天安門カットの略かと思ったら違った(ぉ
3
BORUBIKU @borubiku 2019年11月22日
saho_haru 上製本の単行本は並製本の文庫とは作る方法がまた違うので、ここで言っているのとは別の話なのです。
5
そそ @quiseitaiho 2019年11月22日
紙の本売れないって業界の人嘆いてるけどそもそも売る気ないよね。こういう態度の人いるんじゃ。読書なんてほとんどの人はコンテンツが好きなんであって本なんてどうでもいいって考えてるでしょ。
67
堕天し王国を籠絡するいつき @ituki_s 2019年11月22日
ついこの間も 十二国記の新刊の天がガタガタ?これは栞の紐をつけるためで新潮文庫はみんなこうです って話題になってたよね。
6
どくみしも @dokumishimo_sub 2019年11月22日
ホコリ積もりやすいって奴と積もりにくいって奴両方いて草
5
五月雨山茶花蝉しぐれ @taken1234challe 2019年11月22日
個人的に真の好事家は、門外漢に対し「知らないんだねぇ」などと易しいことは言わないイメージだ。「分かる」人にだけ伝われば良く、そうでない人が不快に思うのなら敢えて指摘することは無い。そこに価値を見出すのはあくまでも買った人だけに許された特権であり、自らでその価値を見出した同志にだけ伝わればいいのだという気持ちこそ「酔狂」なのではなかろうか。
26
*ゆっっっけ🍙🐸 @CNANGyukke 2019年11月22日
めくるとこがガタガタだったら読みづらいから気になるけど、天地の小口が揃ってるかどうかって一切気にしたことなかったから知らなかったな…。
4
一華 @anemone_Ichige 2019年11月22日
新潮文庫のアンカットはどうでもいいけど、文庫カバーに入らないハヤカワ文庫のトールサイズだけは許さん
47
ひよりんだったんじゃないかなぁ @QPFKAH 2019年11月22日
ずっと講談社文庫ばっか読んでたから天アンカットの本買った時は違和感バリバリだったなぁ
3
chanmio ⛳️._/⌒ヽ💥🏌️‍♂️💫 @chanmio_man 2019年11月22日
カットされてた方が手触りが気持ち良いんだが...
28
ナイススティック @nicestickmilky 2019年11月22日
美学とかこだわりは感じてなかったけどガタガタ部分に落ちる陰影で絵に描いた本みたいにページのラインが見えるの好きだし、きれいに裁断されてる本のカチッとしたブロック感もよい
8
viv. @viv93591719 2019年11月22日
本に限らず文書が電子化の一途を辿っているのを見てると今の30・40代の孫世代あたりには製本そのものが伝統工芸になってそう。
2
fishburgerman @fishburgerman 2019年11月22日
作り手の隠れたこだわりを「わざとですから!」みたに言っちゃうのって興醒めしない? そういうのめっちゃ格好悪いと思う。
30
viv. @viv93591719 2019年11月22日
anemone_Ichige あれね。大体の書店って店員が暇な時に紙を折ってカバーを量産するんだけど(違う方法の本屋もあるかも)ハヤカワだけ別サイズで作らないといけないんだよね…
15
viv. @viv93591719 2019年11月22日
fishburgerman こだわってるのにユーザーである客に不備だと思われてるのは所詮制作側の独りよがりって事になりますね。客の手に馴染まない工業デザインは良いデザインではないと思う。
56
しろの @zoshirono 2019年11月22日
まあ知らないのは仕方ないよね。きちっとしているのもギザっているのもどっちも良いのだけどどちらにしろ電子にはない書籍の魅力の一つだしもっと伝わると良いなあ。
5
Ayako.Y @Symbiodinium_a 2019年11月22日
小口研磨知らなかったけど多分それなら割と好きな手触りな気がする、紙のざらっとしたの
1
柳川弥生 @pibililaspa 2019年11月22日
横とか下がカットされてるからこそでしょうな。上だけってのは、理由はあるけど理由を知らないと意味が分からないとは思う
5
ワス @wsplus 2019年11月22日
紐しおりは背側を接着する際に付け、その後裁断、という工程になるため、上側はカットできないのよね
3
せんたく @senn_taku 2019年11月23日
他人から見たらくだらないものがおしゃれなんだよ
6
tibigame @tibigame 2019年11月23日
同人誌を自家製本するとこんな感じに
1
ミーム @meme_jinrou 2019年11月23日
ヒモのしおり邪魔だし、いらねえわと思わなくも無い。
11
ゆり死ぃ @a88942740804 2019年11月23日
こういうのにいちいち目くじら立てたくないので電子書籍買います
10
aomakerel @aomakerel1782 2019年11月23日
好き嫌いはともかく結構日常的に見かけないかなこれ
3
blade0@オッ㌠ @blade0 2019年11月23日
古本屋「知らねえよズシャァアア」
12
青列車@letrainblue81号 @letrainblue811 2019年11月23日
え?これは製本上の都合で必然的にこうなるって…むか~しむかし、NHKTVのクイズ番組[ホントにホント?](だったかな?タイトルはうろ覚えだけど、4人のパネラーが最もらしい説を唱え解答者がどれが正解か?を当てる番組)でやっていた記憶があってそういうものだと思ってたんだけど…
1
eco bag( L_5yen) @ecobag_free 2019年11月23日
まあ、そういう問い合わせがあるので星海社の本には「こういうことでこういうふうになってるよ」って説明がのってるんだろうね。
3
ネジヤマ(ブロックノイズガール) @nejinejiyama 2019年11月23日
デニム地の端っこの部分を残したままズボンにする(いわゆる赤耳とかセルビッジってやつ)事にこだわる…みたいな事ですね。
6
Tadashi @tadashifx 2019年11月23日
anemone_Ichige www 私も許せないです! (きっと「SFファンが高齢化してるから」とか言って字を大きくしたせいだと思うのだけれど…何とか若い人を取り込もうという方向の物ばかり増えてて「お前は何がしたいんだ?」と言いたくなります) 自宅の本棚の中でも中途半端に高さガタガタになってるし…。
8
E音 @strains_e 2019年11月23日
そのこだわりはともかくとして、この版元さんの何十歩も手前に新潮文庫角川文庫創元推理文庫があると思うのだが。
3
E音 @strains_e 2019年11月23日
anemone_Ichige 徳間デュアル文庫が出来た時は「SFは何か書店員に恨みでもあんのか!?」と思ったもんです…。
6
涼みたいみどり @verdi_horimoto 2019年11月23日
「天アン/カット」かと最初思ってなんか色っぽく感じた(脳内ピンク)。
4
kartis56 @kartis56 2019年11月23日
むしろ左の本ののり付け部分が隙間空いてるのが気になる…
4
シンデン @Shinden28 2019年11月23日
てか、まぁ。例に出てきている写真の本が、全部「紐の栞がついてるから天アンカット」じゃね?て状態なので、このまとめでは、どうしても「今はヒモ付けるからアンカットなだけじゃない?」と思えてくる今日この頃。そして紐は、読み返す時なんかに紙の栞はタマにどっか行っちゃってたりするので非常に便利である。落ちんしな。
4
mkr @Hurusinbun 2019年11月23日
古本だと、天をカットしたりヤスリでこすって状態を良く見せたりごまかすケースがあるんで玄人は出版当時のを入手するには出版時にカットされてたかどうか、紙の大きさはどれくらいだったかまで気を使うことがあると聞いた。 めっちゃ稀覯なものだけの話だろうけど。
5
窓辺 @madopen 2019年11月23日
天アンカットなんて用語も由来も知らないし、まったくお洒落だとも思わない。しおりの紐が切れるとか言い訳してないで裁断しつつもしおりの紐付ける努力すりゃ良いのに。
32
まさかず @mskz_iwmr 2019年11月23日
手間もコストもかかってて・・・って話らしいけど、その手間やコストを省く事で価格が抑えられるのであれば、その方がより多くの人に読んでもらうための一助になるとは考えないのかな?
24
武峰珪志 @kg_tkmn 2019年11月23日
下手くそな製本だなと思った。そういうことだったのか。
12
ムジン@無尽 @mujinken 2019年11月23日
ここまで読んで何がいいのかさっぱり分からん。ググったけど、昔の名残り位しかわからん。ガッタガタな段差の何が良いの……。
37
ウラリー㌠ @urary777 2019年11月23日
分からないのは分からないで良いし問い合わせるのも良いけど、作者さんであり出版社の拘りであり受け継いで来たものなのだから「無駄な手間・コスト」だとか「自分には良さが分からない」だとかはそれこそ貴方のお気持ちでしかないですよね、という話で。それを言っちゃあおしまいな部分なんじゃないの、とは思いますけど。
14
みかん @togemikan 2019年11月23日
上がガタガタなことで読者がページ捲りやすいようにしてると聞いたけど。 実際にツルツルより捲りやすい。
3
F414-GE-400 @F414_GE_400 2019年11月23日
正直理解できない美学。しおりをつけるために裁断できないっていう実用上の理由は分かるけど。既に言われているけど、見た目が良いという理由じゃなくて、昔はアンカット本を自分で装丁するという文化があって、その流れから高級というイメージを持たれているというだけの話だった。歴史的文脈ありきなのでただそれだけを見ていいなぁって思うことは稀でしょう。
24
F414-GE-400 @F414_GE_400 2019年11月23日
本好きにも2種類あって、文字情報が好きな人と、本という物体が好きな人がいる。アンカット本とかにこだわる人は後者。
19
双馬 凜 @rin_souma 2019年11月23日
中身がちゃんと読めれば別にどうでも……
8
viv. @viv93591719 2019年11月23日
urary777 そうは言っても制作側がそういう感性で開き直ってるなら消費者側は紙の本買うの止めるだけで、製本産業は衰退してくだけだと思いますよ。
10
Chariot @BLACK_RX_24 2019年11月23日
「本の上側がガタガタなんだけど」→「スピンを付ける工程の関係でガタガタになっちゃうんです」ならスッと「せやな」となるけど、それを「作る側のこだわりなの!天アンカットの美学!!しらないの?ふーん」って来られたらイラっとくるよね
47
mr_harlock @mr_harlock 2019年11月23日
これ見てから平置き横積みでカラーボックスにぎゅうぎゅう詰めの文庫本を見たら全部そうだった。以前に揃っていないな、とは思ったことがあるけどそこまで気にしたことは無いな。
0
フローライト @FluoRiteTW 2019年11月23日
アンカット、所詮自己満でしかなかった。世の中には通用しなかったという事実をちゃんと受け止めるのが誠意だと思うよ。
31
フローライト @FluoRiteTW 2019年11月23日
「スピン付けるとカットできないから」は技術的未熟さの言い訳に過ぎず、それ口にするの糞ダサいので黙れ小童と思う派です
15
Yeme @yer_meme 2019年11月23日
紐の栞付きで綺麗にカットされてる本って結構昔からなかったっスか?
13
たけ爺 @take_ji 2019年11月23日
単なる”工程省略とコスト削減”からの産物に美を見出すのはいいが、それが万人に通じる美だとは限らない。 まあ、個人のこだわりとしてはアリ。
4
クイバチカ @quibachika 2019年11月23日
クレームで書店に迷惑かかってるんだから奥付に(弊社は天アンカット推しなのでギザギザは仕様です」くらい書いておけばいいのに
12
ウラリー㌠ @urary777 2019年11月23日
viv93591719 天アンカットが文化として継承されてきた事は事実で、それを問い合わせることも説明することも自分は否定していませんが、「天アンカットが不満だから本を買わなくなる」層はそう多いとも思えませんし、顧客の大半は「言われるまで気づかない」と思いますよ。だとすると、確実に本を購入してくれる愛好者に合わせた天アンカットを続ける事は意味があると思いますが。
3
nesus-B @NesusB 2019年11月23日
『埃が積もりにくくするために本の天はギザギザしている』の意味が全く判らない。
28
のこのこ @nokonokokamet 2019年11月23日
天アンカットっていうのは知ってたけど、アンってunか。
0
ufo_cat_games @ufo_cat_games 2019年11月23日
個人的にはやめて欲しい風習 本は上がきっちりしてた方が美しいし、気持ちが良いよ あの不揃いの紙束みたないな断面見てるとゾワゾワする…(煽りとかでなく、本気で)
12
kirte @k1lz73 2019年11月23日
そんなことないだろと本棚見たら栞紐付きで平らにカットされた本が当たり前にあった
11
k9cycle @__hage 2019年11月23日
新潮文庫など栞がついてるのはぎざぎざで、角川文庫などついてないのはビシッと揃ってるから、栞が切れちゃうから揃えられないんだろうなとなんとなく思って30年、思ったとおりだったので少しびっくりしました。思っただけで調べてすらいなかったので。あれを「天アンカット」というのも初めて知りました。
3
iksk @ikskC1F 2019年11月23日
初版がー帯がースピンがー小口研磨がー天アンがーとか言ってる奴はまともな本屋や利用者からは全部迷惑だと思われてるだろうよ
3
ハムハム @8ham6ham8ham6 2019年11月23日
天アンカット言い出したら装丁オタ
1
げん@7曲目 徒然草 @gen_1973 2019年11月23日
私は綺麗に整ってるほうがいいとは思うけど、所謂ワビサビだろうとは理解できる。それを楽しめる余裕が有るか無いかで見方が変わってくる。
4
フローライト @FluoRiteTW 2019年11月23日
yer_meme 手元の集英社のハードカバー、天面まっすぐでスピンつき。10年前刊行の本多孝好「WILL」
7
ウラリー㌠ @urary777 2019年11月23日
問題は、「天アンカットだから買わない」層がどれくらいいるのか、「天カットなら買う」層がいるのか、なのではないですかね。「天アンカットに風情を感じる層」+「カットがどうだろうと気にしない層」が「天アンカットにクレームを入れる層」を無視出来るほどに多いのなら文化として残るでしょう。このまとめが出来るまで天アンカットの存在を認識していなかった人は「どうだろうと気にしない層」に入るでしょうし。
5
五月雨山茶花蝉しぐれ @taken1234challe 2019年11月23日
今更ながら両さんの「青、いいよね・・・」「うん・・・」だけで言葉少なに伝わるあの感じがよく分かる。何が良いのかどこが良いのかは見出した本人にしかわからない。だけれども、同じ「良さ」を感じた誰かがいる。そんな「誰か」に伝われば良いのだという「裏地の美学」こそ好事家のライトスタッフだと思ふ。
1
footpeas2 @footpeas2 2019年11月23日
そういうもんだと思ってたし、読む分には支障ないし、出版側がこだわりあるのも良いんじゃないと思うので、こんなに批判的な人がいるというのがむしろ意外だった。
4
VRAM01K @VRAM01K 2019年11月23日
個人的にアンカットがおしゃれだというのはピンと来ないなぁ。コストかけてまでやらんでもいいのではと思うけど、こだわりあるのならば尊重したい
3
たばかりがち(level:69) @CzkCLQVLpVW7MSL 2019年11月23日
良さがわからないのは人によるし仕方ないが、別に知らない人煽ってる訳でもないのに批判するのは違うだろ
0
ゆうき @F001Yuki 2019年11月23日
リンク先に「コンクリート打ちっぱなしのデザイナーズマンション」みたいな美学って表現があって物凄く納得した。もちろん感想は、バカじゃねーの?だった。
9
バレルロール @zoahunter 2019年11月24日
古い断裁機使ってる所でも、木槌と木尺でコンコン!て叩いて揃えてカットしてたわ。レーザーのやつなら、ギリギリまで出来た筈。ここまでガッタンガッタンしたのはちょっと、日本の技とは思えない…。
2
ひるね @mzWo1y3xA2WWs7K 2019年11月24日
新潮文庫の編集部はスピンをこだわりとしており、スピン取り付けのため断裁ができないと説明している。文庫本や新書などの並製本の場合、スピンは工程の最初にカバーに取り付ける必要があるためである。 <https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アンカット本>; スピン取り付けのために天アンカットにするのは並製本の場合の話らしい。上製本(ハードカバー製本)の場合は天アンカットにしなくてもスピンを取り付けられるのでしょう。
1
深水 央:福岡・糸島の編集/ライター @hirofukami 2019年11月25日
なるほど、あえて天をカットしてない本があるのにはそういう理由が。うーん製本までタッチすることが少ない雑誌ばかりやっていると、知らないこともあるもんだ。そして、「紙の書籍」というものはだんだんとこの方向に深化していくんだろうなと思いました。ビブリオマニアのためのコレクターズアイテム、つまり機能ではなくモノとしての本ね。ヴァイナルとハイレゾ音源をセットで売る、みたいな時代が来るのだろう。
2
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2019年11月25日
そもそも「埃焼け」を知らない、見たことがない人が結構いそう。なんで埃が溜まらないようにするかというと、埃が溜まってさらに時間が経つと、埃が湿気を溜めてその部分が変色したり、紙虫(“しみ”と読みます…これも知らない、見たことない人が増えてる?!)がわいて紙を食べてしまったりするのです。知らない人がどんどん増えているのか?
0
Knappertsbusch @Knappertsbusch 2019年11月25日
アンカットは工数を省いた物だと思っていた。因みに半世紀前はどの出版社の文庫本も栞紐が着いていて、40年位前だったか、どんどん消えて行った。
1
Vostok @vostok7777 2020年9月29日
そもそも本物のアンカット本って上側が袋になってて、天アンカットのように地の紙の凸凹が存在するのって下じゃないか?と思うのだが…。
0