日々の暮らし 2011年 6月

経済は体と同じ。風邪を引く前には予兆がある。
政府 経済 国債 民主党 日本 財政
0
トラン @lightcruiser
国債とかクレジットの話しか。 
@asset_mg
ポルトガルアイルランド国債保証コストが上昇、過去最高-CDS - ブルームバーグ http://bit.ly/mvXP9X
@asset_mg
ドバイ国債の保証コストが低下、09年以来の低水準-CDS取引 - ブルームバーグ http://bit.ly/l6z1Sq
hajime @marufleur
ギリシャ国債の大半は外国の人が持っていた。ギリシャ破綻時は、ユーロ加盟国各国が少しずつ積み立てたお金から援助。一番多額の援助をしたドイツは、車などの貿易黒字で儲かっていた。それで国民の税金を下げようと思ってたけど、ギリシャ援助にまわしたもんだから、国民からはブーイングが起こった。
hajime @marufleur
日本国債の大半は日本人が持ってる。今日聞いた話だと9割近くとのこと。実際どうなの?
証券アナリスト 武田甲州 @takedakoshu
財政状態から判断される日本国債の利回りは米国債より高くなるはずだが、実際にはそうではなく実力以上に高く買われている。日本国債の実力がわかるようになるのはこれから数年後。国内消化ができなくなったときである。そのときには米国債よりはるかに高い利回りでしか評価されな #kabu#tk
shinomi @tyajyo
RT @olivenews: 内閣不信任案をめぐる政局の混迷で、政府の財政運営が行き詰まり、東日本大震災からの復旧・復興に深刻な支障が及ぶ懸念が強まっている。平成23年度予算の財源の4割を占める赤字国債の発行に欠かせない「特例公債法案」は、成立のメドが立たないままで、秋にも予算執行が停止しかねない。
ケッツアール @lain4125
日本の赤字国債の増加が非常に危ういのは周知のことだが、現実的にこれを帳消しに出来る禁じ手も存在する。円の消滅と新しい通貨の誕生、この禁じ手を使うようになるのはいつになるのか。財政破綻は、見えないところで現実化している。
yukari fujiu @puchia
お金の貯め方について考える…(´・ω・`)誰か国債とか詳しい人、空から舞い降りてきて!!!
みずぴょん@自主制作アニメゆうくんちゃん製作中 @mizupyon
家庭の経済には国債とかないでしょう?社会の経済のお話しようね。」
ファジー、おしぼり屋、その他 @cotton_buds
政局モード→財政再建不能→財政破綻orインフレ(たぶんインフレの道)→円・日本国債暴落→大型倒産の連鎖
@ttdsiyo
ユーロ圏金融・債券市場・終盤=独連邦債価格が下落、スペイン国債入札受け http://dlvr.it/TsrDT
(V)o¥o(V) @kawachinokami
震災や原発の予算は単年度会計の話。 デフレや年金、財政再建は恒久財源の話。 一緒くたにしないで貰いたい。 前者は無利子国債で十分。 後者は人口減少が原因。 無利子国債を批判する人は全て換金されると思いこんでいる。 換金されにくい制度にすれば、課税したのと同じである。 #seiji
man-chan @manchan_account
RT @night_in_tunisi: 日銀が国債を市中で消化できるって言ってるのはまぁいいサインなんじゃない?増税ではなく国債で賄えよ、っていう意見へのサポートなわけだし、金利が上がるようなら日銀が市中に出てる分を買ってくれるってことでしょう。
たぁ~2 @tah414141
まだ【消費税をいじる時期ではない】公務員給与、既得権の整理など「適正化」する件が山積してい。。大震災は建設国債でゆっくり償還すればよい。。天下り先確保しか考えていない様なふざけた財務省官僚に乗せられてはいけない!。。 #naikaku #kanryo #amakudari
tomikuji @tomikuji66
不信任決議案何だったの。無駄な時間とお金を使って国民無視。政治災害による風評被害。国債は格付けが下がりそうだし、政治家により日本が沈没するのではないか。国民ももっと怒ろう。
Eka @Ekatelna
今日さぁ~変動金利の個人向け国債発売日だけど、売れ行きどんなもんだろね?いつもなら毎回すぐ売り切れだけど。ムーディーズさんの格下げ後だし
馬場友也 @this_is_tomoya
すでにユーロは市場流通量でドルを上回っているイランも石油の決済通貨をドルからユーロに変更。プーチン大統領はルーブルを基軸通貨と談話。国連はアメリカ国債の評価を弱含みに引き下げ。アメリカ財政はいつまで持つか。本当に時間の問題。
CHIHYA @CHIHYA_P
久しぶりに経済の話。震災復興債の件もあるが、日本のマネーサプライの改善計画が先延ばしされた件で、格付け会社の評価が下がり価格低下を防ぐ為に国債金利が切り上げられた。これは中期的に国債が下落する可能性を示唆している
CHIHYA @CHIHYA_P
@CHIHYA_P 国債そのものは償還時に金利付きで返金される債権であるし、持ち続けていれば大きな損失とはならないが、ち続ける間は自由資金ではない為、現金が必要な際は誰かに貸し出したり、市場取引などで途中で手放して現金に変える。
CHIHYA @CHIHYA_P
@CHIHYA_P 当然、今後国債の増発によって市場に国債が余り取引がだぶつき始めると、急場の資金が必要な人々は、償還額より安い価格でも国債を求める人がいれば売るなり貸すなりするしかなくなる。
CHIHYA @CHIHYA_P
@CHIHYA_P そうした懸念を総合的に判断し、格付けが変化したわけだが、国債を買う為にはその国の通貨がいる為、円高は低下する国債を外資に買い占めさせない防波堤の役割を期せずして果たしてい金利の上昇も高い円を借りる障壁にはなっている
CHIHYA @CHIHYA_P
@CHIHYA_P ただ、ここでも問題となるのが、国債の増加見込みであり、ドルに強く円との連動性が高い、しかも円の暴落時にその連携を切り離せる通貨、即ち日本経済に影響を受けにくい通貨(例えばロシアや中東諸国、ユーロ圏など)を経由して円を借り、国債に介入する事で円を低下させ、
CHIHYA @CHIHYA_P
@CHIHYA_P その上で円安になったドル市場から円を借り国債を叩くといった戦術を取られた場合、非常に面倒な状態になる可能性がある。金利が上がり輸入価格が上がる中、消費税を引き上げられ海外日本企業での売上が下がるような状況になる事があれば、そこから立ち直るのは困難だろう。
CHIHYA @CHIHYA_P
@CHIHYA_P 海外における日本製品のニーズはまだ高くバランスは崩れにくいだろうが、競合の増加によって緩やかに各企業の売上が分散、収縮していく事にはなる為、そうした日本売りの局面潤う国の消費その国の国内における日本製品の消費を支えない限り先に述べた杞憂は現実的にはなる
残りを読む(24)

コメント

CHIHYA @CHIHYA_P 2012年11月22日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする