2019年11月30日

北海道温泉巡り(2019年9月)

5
shelly @shelly1129

湯の川温泉 大盛湯 温泉銭湯。64.1度、pH6.8、総計8.968gのナトリウム-塩化物泉をかけ流しで利用。熱交換による温度調整ですが加水用蛇口もあります。3つの浴槽のうち右側がかろうじて入浴できる温度で左と中央は激熱すぎて残念ながら浸かれず。青みがかった透明、塩化物臭、弱塩味、弱スベスベの湯。 pic.twitter.com/mhWTsMz78r

2019-10-22 22:07:14
拡大
拡大
shelly @shelly1129

恵山福祉センター 51.9度、pH7.0、総計7.416gのナトリウム-塩化物泉をかけ流し利用。加水なしとのことですが、加水用蛇口が設置されています。黄褐色濁、金気臭+鉱物臭(モール臭とアブラ臭の中間位)、強塩味+苦味+金気味、スベスベの湯。恵山温泉旅館のほど近くですが、泉質は全く異なります。 pic.twitter.com/taViO9tZjH

2019-10-23 22:13:57
拡大
拡大
shelly @shelly1129

恵山温泉 恵山温泉旅館 約2年ぶりの再訪。アルミニウム含有量が日本一と言われていますが、今回は分析表も湯使い掲示も見当たりませんでした。無色透明(に見える)、弱酸性臭、酸味+渋味(グレープフルーツの強い苦味がある感じ)でぬるめのお湯がザコザコとかけ流しされています。素晴らしいお湯。 pic.twitter.com/ZqZZzteasV

2019-10-24 21:34:22
拡大
拡大
shelly @shelly1129

恵山温泉 恵山温泉旅館(続き) 動画編 pic.twitter.com/b0hvOWNpbc

2019-10-24 21:44:36
shelly @shelly1129

川汲温泉旅館 かつて土方歳三が、当時「山中旅館」と言われたこの宿の前身で宿泊入浴し、行軍の疲れを癒したという温泉。自家源泉で46.1度、pH9.0、メタケイ37.2mg、総計0.725gのアルカリ性単純温泉を恐らくかけ流しで利用。湯使い表示は見当たらず。無色透明、無臭、味は微かに硬水感があるお湯です。 pic.twitter.com/HdTdc6hHil

2019-10-31 22:31:17
拡大
拡大
shelly @shelly1129

ホテル恵風 恵風と書いて「けいぷ」と読みます。水無海浜温泉の近くで、恵山に面している函館市の公共施設。今後民営化を検討とのこと。日帰り入浴施設「とどぽっくる」を併設し、宿泊者は併せて宿泊者専用の展望浴室も利用できます。温泉は、水無温泉4号井と恵山岬温泉5号井の2本の源泉を別々に使用。 pic.twitter.com/pFjtjtZCKV

2019-11-02 21:37:16
拡大
shelly @shelly1129

ホテル恵風(続き) 水無温泉4号井はとどぽっくるの内湯小浴槽で完全かけ流しで利用しています。平成24年の分析表で、55.3度、pH7.1、メタケイ188.5mg、総計10.23gのナトリウム-塩化物泉。無色透明、弱塩味、塩化物泉臭、スベスベの湯。熱めの湯なので、水風呂との交互浴で楽しみます。 pic.twitter.com/OLreh0weRQ

2019-11-02 21:49:16
拡大
shelly @shelly1129

ホテル恵風(続き) 恵山岬温泉5号井はとどぽっくるの露天岩風呂で完全かけ流しで利用しています。同じく平成24年の分析表で、62.5度、pH6.6、メタケイ222.8mg、総計1.853gのナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉。薄緑半透明、微芒硝臭、微かに粉っぽい味、スベスベのお湯です。 pic.twitter.com/FyVeyRvh4d

2019-11-02 22:01:33
拡大
shelly @shelly1129

ホテル恵風(続き) 宿泊者専用の展望浴室。内湯で水無温泉4号井、露天風呂で恵山岬温泉5号井を利用。こちらの湯使いは、湯の入れ替え時にのみ加水ありで、その後は完全かけ流しとのこと。こちらには水風呂はありませんが、恵山を望む眺望が良い浴室になっています。 pic.twitter.com/hW0XwzT3gU

2019-11-02 22:06:56
拡大
拡大
shelly @shelly1129

水無海浜温泉 恵山の熱で海底から湧き出る温泉。干潮時のみ姿を現し、満潮時には海に沈む秘湯です。入浴可能時間は函館市のサイトに掲載されてます。分析表はなく詳細不明ですが看板に約50度のナトリウム-塩化物・硫酸塩泉と記載あり。無色透明、微潮臭、微塩味、スベスベで気持ちいい。フナムシ多め。 pic.twitter.com/SPIEd6WEPY

2019-10-22 22:56:00
拡大
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

水無海浜温泉(続き) 満潮時は海に沈みます。 pic.twitter.com/vHBxV1xFXA

2019-10-22 23:00:42
拡大
拡大
shelly @shelly1129

鹿部温泉 亀の湯 しかべ間歇泉公園近くの温泉銭湯。鹿部で午前中から営業しているのはここだけのようなので立ち寄りました。平成30年分析表では自家源泉「亀の湯」、92.8度、pH7.2、総計3.626gのナトリウム-塩化物泉を水道水による加水かけ流しで利用。薄黄色透明、微塩味、微潮臭、スベスベの湯です。 pic.twitter.com/OxTEMBArzl

2019-11-03 17:50:17
拡大
拡大
shelly @shelly1129

濁川温泉 元湯神泉館にこりの湯 神泉館6号7号の混合泉を使用。平成16年の分析表では、49.4度、pH6.7、総計2.754gのナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉と記載。これを完全かけ流しで利用。内湯は高温・中温・低温と温度が異なる3つの浴槽があります。暗緑濁、弱アブラ臭、微重曹味のお湯。 pic.twitter.com/Qi7NAF05oh

2019-11-03 20:11:01
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

パシフィック温泉ホテル清龍園 銀婚湯のお向かいにある温泉宿で日帰り入浴も可能。平成14年分析表では、98.0度、pH8.4、総計7.200gのナトリウム-塩化物・硫酸塩泉と記載。これを完全かけ流しで利用しています。内湯は緑褐色濁、露天は緑色を帯びた黄褐色濁、微塩味、清涼感のある弱アブラ臭のお湯。 pic.twitter.com/tDbuEcJM2C

2019-11-03 20:36:30
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

上ノ湯温泉 銀婚湯 約2年ぶり2度目の宿泊。日本秘湯を守る会の会員宿で、郡司さんの「名湯宿60選」、松田教授の「新日本百名湯」、山田べにこ氏の著作でも紹介されています。5本の源泉と宿泊者専用の貸切露天風呂を含む11の湯舟を持つお宿。今回は「トチニの湯」をメインにしてゆっくり過ごしました。 pic.twitter.com/Jl5Ok0ub6z

2019-11-19 23:08:43
拡大
拡大
shelly @shelly1129

銀婚湯(続き) トチニの湯、奥トチニの湯 一番人気の貸切露天風呂。前回は無かったはずの熊鈴を渡されて、ビクビクしながら向かいます。源泉は川向2号。49.9度、総計8.622gのナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉をかけ流し利用。暗緑濁半透明、弱アブラ臭、金気味+甘塩味、スベスベの湯。最高です。 pic.twitter.com/KXKM4EpTXf

2019-11-19 23:26:14
拡大
拡大
shelly @shelly1129

銀婚湯(続き) 母屋露天風呂 母屋にある浴室は夜12時で男女入れ替えとなります。写真は「こもれびの湯」の露天風呂。 川向1号と川向3号の混合泉。平成15年4月の分析表では、74.5度、pH7.3、総計7.606gのナトリウム-塩化物泉をかけ流し利用。薄白濁半透明、弱アブラ臭、金気味+甘塩味のいいお湯です。 pic.twitter.com/ddrDumXk9q

2019-11-20 00:05:31
拡大
shelly @shelly1129

銀婚湯(続き) 母屋内湯 写真は同じく「こもれびの湯」の内湯。川向1号、川向3号、源泉1号、源泉2号の混合泉。平成15年4月の分析表では、60.2度、pH7.5、総計6.708gのナトリウム-塩化物泉を加水かけ流しで利用。ほぼ無色透明、微アブラ臭、微甘塩味の湯。加水のせいか、香りや味は薄くなっています。 pic.twitter.com/xwb6RBSiDu

2019-11-20 01:02:37
拡大
shelly @shelly1129

二股らじうむ温泉旅館 約2年ぶりの再訪。石灰華ドームで日本温泉地域資産に選定され、郡司さんの秘湯珍湯怪湯でも紹介された施設。44.3度、pH7.1、総計9.190gのナトリウム・カルシウム-塩化物泉をかけ流しで利用。緑ががった茶褐色濁、微潮臭、弱金気味+弱甘塩味。内湯のぬるい浴槽が堪りません。 pic.twitter.com/aW7tlh3bCW

2019-11-20 20:55:06
拡大
拡大
shelly @shelly1129

ちはせ川温泉旅館 島牧村にある温泉旅館で日帰り入浴も可能です。39.2度、pH6.5、総計5.416gのナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉を加温かけ流しで利用しています。赤茶褐色濁、ほぼ無臭、弱甘塩味の湯で、内湯の床は析出物で棚田状になっています。ぬるめのお湯ですが、温まりが良く汗が引きません。 pic.twitter.com/3qhmekUcx9

2019-11-20 21:25:35
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

宮内温泉旅館 旭山動物園にいた象の花子が昭和46年に湯治をしたという温泉宿。48.5度、pH7.6、総計1.281gのナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉をかけ流しで利用。湯使い表示は見当たりませんが加水はしていないそうです。薄黄色透明、ほぼ無臭に近い微かな湯の香り、金気味+微重曹味、スベスベの湯。 pic.twitter.com/Ore954mF6W

2019-11-21 23:13:56
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

長万部温泉 ホテル四国屋 長万部はどこも共同源泉の長温R2号を使用しているらしいので一湯だけこちらに宿泊。47.9度、pH8.0、総計10.02gのナトリウム-塩化物泉をかけ流しで使用。湯使い表示は見当たらず。ほぼ透明に近い薄茶色、アブラ臭、甘塩味、スベスベの湯。食事もボリュームがあってコスパ良好。 pic.twitter.com/MnWuYyz1n9

2019-11-23 09:55:32
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

昆布川温泉 幽泉閣 自家源泉「幽泉閣4号泉」、53.4度、pH8.2、総計1.496gのナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉を使用。露天は加水循環ろ過消毒あり、内湯のあつ湯は消毒ありのかけ流し、主浴槽は加水かけ流し消毒あり。薄黄色透明で、あつ湯は微鉱物臭、無味、スベスベ。主浴槽は微消毒臭、スベスベ。 pic.twitter.com/aYc9qKiF3U

2019-11-23 12:30:19
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

ニセコ昆布温泉 甘露の森 松田教授の新日本百名湯で紹介されたお宿。50.6度、pH6.3、総計2.634gの含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、加水あり循環あり消毒ありの表示。たまたま露天は吸水口が作動しておらずかけ流し状態でした。青みがかった薄白濁、硫化水素臭、ほぼ無味。撮禁 pic.twitter.com/YuPkgwtnIf

2019-11-23 12:50:32
拡大
shelly @shelly1129

いこいの湯宿 いろは 58.9度、pH7.2、総計1.976gのナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉を使用。湯使い掲示は見当たりませんがHPでは露天で源泉かけ流し、内湯で加温循環と記載あり。黄緑色に見える透明、弱芒硝のような香り、ほぼ無味の湯。露天の居心地が良くて気に入りました。撮禁パンフ引用 pic.twitter.com/2Po19BMeIg

2019-11-23 13:53:25
拡大
拡大
残りを読む(12)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?