1
齋藤 雄志 @Yuusisaitou
#映画思い出話 VHSでの録画は当然だったが、自室にテレビがなかったので、昔は「#カセットテープ に録音」もやっていた。 録画した作品をテレビで流し#ラジカセ でその音声を録音するのである。 そして、自室で音声だけ再生して楽しむのである。映像は脳内再生だ。 #映画好きと繋がりたい pic.twitter.com/wGLr2mE3OX
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou
テレビの音声を「カセットテープに録音」は自分よりちょっと上の世代にはお馴染みである。カーチャンの声が敵だった経験もした。息を殺して音を立てずに録音するのだ。 夏場にこれをやると地獄だった。は当然開けられないし、エアコン、扇風機などもってのほかだからだ。
齋藤 雄志 @Yuusisaitou
しかも自分がこれをやっていたのは00年~2002辺りである。 なぜこの時期なのかというと、CDやMDコンポの登場で「家族の間でラジカセが必要なくなったから」だ。 つまり自分の玩具になったので、そうやって遊んでいたわけだ。 pic.twitter.com/xRbGwDhiCC
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou
この手の話は昔の映画・アニメファンにはお馴染みだ。 #宮崎駿 監督もロシアの「#雪の女王」を録音したテープを仕事中にテープが伸び切るまで聴いていたという話を聞いたことがある。 その手の道に進んだ人間の過去にはこういう変なエピソードが山盛りでなのである。
齋藤 雄志 @Yuusisaitou
ラジカセを玩具にして友達とかくれんぼをやったりした。鬼がラジカセを持ち運んで流しながら探すので、接近がわかって怖い、というものである。 家の裏山の廃棄された墓場で録音した #BTTF の挿入歌「#パワーオブラブ」を流しながらかくれんぼをした。 pic.twitter.com/25rX8DpbVQ
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou
#墓場でパワーオブラブ 世界広しといえども、こんな体験をしたのは自分と参加した二人だけだろう。 しかも一、二歳下の後輩である。 「昔先輩に無理やり墓場でパワーオブラブかくれんぼさせられた」という知り合いが居たら自分の昔の友達だ。 1000円くらいなら慰謝料を払ってもいい。 pic.twitter.com/IqDVWQJqPq
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou
子供というのは妙な遊び方をするものだ。 どうしたら「朽ちた墓の穴の中に隠れる」なんて発想をするのか(さすがに墓穴に隠れたのは一回だけだが) そんな悪い子#BTTF じゃなく#ナイトオブザリビングデッド」を見せてしつけるべきだった。 #エクソシスト#オーメン は見ていたのだが。 pic.twitter.com/8fCpInu1Lx
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou
今はネットでの動画再生も当たり前になりこんな苦労話はなくなっただろう。 今の小学生も、もしかしたらスマホを使って「墓場でパワーオブラブ」してるクソガキが居るかもしれない。 そういう奴がいたら早急に「#ナイトオブザリビングデッド」を見せるべきだ。 #エクソシスト#オーメン ではなく pic.twitter.com/dW7hqAqfh4
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする