3
木村草太 @SotaKimura

首都大学東京教授(憲法学専攻)です。 『平等なき平等条項論』『憲法の急所』『キヨミズ准教授の法学入門』『憲法の創造力』『憲法学再入門』『未完の憲法』『テレビが伝えない憲法の話』『憲法の条件』『集団的自衛権はなぜ違憲なのか』『憲法という希望』『子どもの人権をまもるために』『社会をつくる「物語」の力』など。

blog.goo.ne.jp/kimkimlr
木村草太 @SotaKimura
メディアが話をしたがる側だけを取材するのは、極めて危険。 だからこそ、裏付け取材を怠らないことが重要。 非監護親が起こした違憲訴訟の報道で、 監護親が、共同親権にしたがらない理由を取材し、報道したメディアはあっただろうか?
木村草太 @SotaKimura
非監護親は、メディアやSNSで「自分は悪くなかった(DVない、自分が主たる監護者だった等)」と発信したがる傾向がある。 また、DV加害者は自分の加害性に無自覚なことも多く、言い分が歪みがち。 一方、 監護親・DV被害者は、子どもや自分の安全やプライバシーを守るため取材に応じないことも多い。
ted-dora @teddora555

弁護士(女)です。最近,面会交流の問題でいろいろ制度の不備を痛感しており,感じたことを書いていきます。同居親・別居親,どちらの味方というわけでもありません(どちらの依頼も受けてるので。でもどちらの立場でも面会は重要だと思ってる)。

ted-dora @teddora555
タレントではなく憲法学者が本業なら,DV保護等の行政処分が「一方の話しか聞かずに行われている現状」も,せめてメディア論の半分でいいから問題視して欲しい。 一方の話を聞いただけで事後的にも告知聴聞の機会を与えない行政処分なんて,極めて危険な人権侵害なのに。 twitter.com/SotaKimura/sta…
木村草太 @SotaKimura
この「自称弁護士」には、絶対に頼まない方がいい。 DV保護命令の申立書が届いても、相手方の意見聴取のための審尋期日に答弁書も準備しなければ、即時抗告もしないのだろう。 twitter.com/teddora555/sta…
山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベン @otakulawyer

日英バイリンガル弁護士(東京弁護士会&State Bar of California)@リンク総合法律事務所 linklaw.jp /日本脱カルト協会理事/霊感商法対策弁護士連絡会/世の中を良くするために声を上げる/e-mail yama_benアットnifty.com

yama-ben.cocolog-nifty.com
山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベン @otakulawyer
DV保護法14条1項但し書きには「その期日を経ることにより保護命令の申立ての目的を達することができない事情があるときは、この限りでない。」という条文があり、裁判所は、相手方の言い分を聞かずに「不意打ち」で保護命令を出せるし、発令されることもよくあります。 @SotaKimura twitter.com/SotaKimura/sta…
弁護士杉山程彦5東慶應三丁目 @r34CXRsvHnOj2GB

悪いのは家庭裁判所と人権派弁護士です。 奥さまもまた家庭裁判所と人権派弁護士の被害者です。 238-0007 横須賀市若松町3-4 プレミア法律事務所 神奈川県弁護士会所属

弁護士杉山程彦5東慶應三丁目 @r34CXRsvHnOj2GB
@SotaKimura ted弁護士は、DV保護命令とは書いていない。 保護処分と説明している。 この違いもわからないのに、適当なこと言うな。 曲学阿世の徒。
ワーキングプア弁護士 @sokudokubengosi

3億円前払いしてくれたら3年間無料で顧問をします。ただし法令違反行為避止説得義務がありますので少しでも違法なおそれのある依頼は全てお断りしております。今年中に成仏します。どんとこい除名処分。働けど働けど…

ted-dora @teddora555
@SotaKimura DVの「保護命令」って行政処分? これは裁判所関与のもの。 問題視したのは,DV保護の名の下行われる一方を加害者扱いした上での支援措置や情報非開示等の「行政処分」。 おそらくその点を誤解されたか,皆が問題視しているDV保護等に関する行政運用の問題点を十分理解されていないのですね。
木村草太 @SotaKimura
こちらの「自称弁護士」、不当な「行政処分」があっても、それぞれの法的根拠に基づいた、異議申立、審査請求、取消訴訟を打たないようだから、やはりやめた方がいい。 twitter.com/teddora555/sta…
木村草太 @SotaKimura
取消訴訟やる時に一番最初の論点は、原告適格と処分性。 「行政処分」だと言い切っておいて、「事後的にも告知聴聞の機会を与えない」なんて、法学を体系的に学んだ者の発言として信じがたい。 twitter.com/SotaKimura/sta…
ted-dora @teddora555
@SotaKimura やはり問題の本質を分かってないようですね。 住民基本台帳事務に基づく支援措置は,事務処理要領(通知)で多大な波及効果が認められているが,支援措置自体は「被害者に対する処分」に過ぎないとして,加害者扱いされた側には争う手段が「存在しない」。 あなたの言う原告適格と処分性の問題です。
ted-dora @teddora555
@SotaKimura そして,支援措置に基づいて行われた行政機関による個別の処分も,「警察等の意見を信じてなされた支援措置の存在を確認すれば行政機関に落ち度はない」と言われています。 更に,支援措置実施に関して意見を言う警察等には「被害者の申告内容の真偽を確認する調査義務はない」と言われています。
ted-dora @teddora555
@SotaKimura すなわち,最初の「支援措置」自体を覆さないと,枝葉の処分で争う機会があるように見えても「負け」が決まってるんです。 もし憲法学者として「支援措置自体」を加害者扱いされた者が争う方法をご存じであれば教えて下さい。 形式論ばかりで実体が伴ってない話は何の参考にもならないので。
川村真文 @K_masafumi

大阪の弁護士。 稲盛和夫を尊敬。 箕面高校・京大法学部卒。 大学時代は空手道部。 留学経験(シカゴのノースウェスタン大学ロースクールでLLM)と海外勤務経験(シンガポールの法律事務所)あり。 仕事のことはつぶやきません。

simpral.com
川村真文 @K_masafumi
@teddora555 @SotaKimura 木村先生、今、支援措置について、必死にググってる気がする(笑)。
バギー @buggymarin
@K_masafumi @teddora555 @SotaKimura いやご存知の上でしょう。 でなかったらテレビまで出て専門家面できませんから。
川村真文 @K_masafumi
@buggymarin @teddora555 @SotaKimura 知らなくても専門家面する人は、たくさんいますよ。そもそも、木村先生は、家族法の専門家でも、実務を知っているわけでもありませんしね。
バギー @buggymarin
@K_masafumi @teddora555 @SotaKimura いやいや、いいとこの国立出で、教鞭まで取られている人が『まさかそんな恥ずかしい知ったか振り』しませんよねえ。 厚顔無恥ならぬ厚顔無知じゃないですか(棒)
残りを読む(41)

コメント

ろんどん @lawtomol 2019年12月7日
学者の先生が「実務を知らない」のはよくあること
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2019年12月7日
憲法学者って9条教の神学者のことでしょ?
Daregada @daichi14657 2019年12月7日
タネンバウム教授「Linuxは時代遅れだ」 ライナス「なんやてアンドリュー」
杢ボンド @mokkoyou 2019年12月7日
憲法学者の人の高圧的な対応はDV加害者の対応に似てるなあ
55gentaro @gentaro_55 2019年12月7日
誰かと思えば「九九ができない」ことで有名な自称「憲法学者」サマですね
まかべたかし @bakashinu 2019年12月7日
サヨクの重用する「新進気鋭の若手学者様」なんだから手荒なことしちゃダメだよ。
せるりあん @kdkwshine 2019年12月7日
パヨクは本当にバカだな
ケイ @qquq3gf9k 2019年12月7日
持て囃されて調子にのったのか地が出てきたね。
権力の狗 @daken3gou 2019年12月7日
日本の憲法学者なんて全員実務ガン無視のアホばっかりだから、この先生が特別アレなわけじゃないよ