10周年のSPコンテンツ!

コミュニケーションのためにコンテンツを消費する時代、近い未来アニメもゲームも消滅する!?

6月3日深夜の『MAGネット』でアニメ実況しているシーンを見て「何のためにアニメを見ているんだろう?」と疑問に思ったことを発端とした支離滅裂なお話。 ・全てはは「コミュニケーション」に収束していく? ・コミュニケーションに偏重化した未来を妄想 ・「コミュニケーション=快感」説 ・重厚長大なゲームはもういらない? 続きを読む
社会学 SNS コミュニケーション 考察 ゲーム Twitter アニメ
89
MAGネットの「SNSとアニメ」特集を見て
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
アニメをリアルタイムで見ながらTwitterするやつはアニメを見たいのかコミュニケーションをしたいのかどっちなんだ。呟いてる最中は画面見れないだろう。 #magnhk
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
少なくとも自分はアニメ見てるときはアニメに集中するかな。まあ録画だから実況しても意味ないんだけど。 #magnhk
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
『タイバニ』、キャラに広告を貼ることでコミュニケーションのタネになると。なるほど。 #magnhk
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
アニメも、アニメそのものを楽しむのではなく、そこから生まれるコミュニケーションを楽しむものにシフトしつつあるってことだな。俺個人の意見を言わせて貰えば、非常に寂しいと感じる。アニメ自体を見てない、ってことじゃないか。 #magnhk
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
おれが最近のアニメをあまり見ないのはコミュニケーション中心になりつつあるからなのかもな。いま一番見てるアニメは『らんま1/2』だからな。一人で正座して見てるよ。間違いなくオールドタイプだな。 #magnhk

くすのき @kusunoki7100
@R_Nikaido 正座して観てるコアな人の数自体は減ってはないんじゃないじゃないですかねえ。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@kusunoki7100 んー、自分の印象では、正座して見るようなアニメ自体が減ってきたかな-と思います。なんというか、内容が無いアニメが増えたような。
くすのき @kusunoki7100
@R_Nikaido 僕はあまりそうは思わないんですねえ。アニメの「内容」を何とするかにもよると思いますが。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@kusunoki7100 キャラクターやネタの仕込みがメインで、脚本や演出などを重視しないというか。もちろん例外もあると思いますが、大半がそんなアニメじゃないかなと。ちなみに『まどマギ』は例外に当たると思います。脚本が非常に練られていた。
くすのき @kusunoki7100
@R_Nikaido 総数が劇的に増えてるのと、夕方番組が中心だったのが、深夜番組に移行してることでの変容みたいなのはあるように思います。個人的には良作の総数は減ってないけど、総数に希釈されてる印象ですねえ。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@kusunoki7100 アニメには「芸術」の要素も含まれてると思いますが、その「芸術」の要素が最近のアニメからは感じられないというか。例えにくいのですが、「魂」とでも言い換えましょうか、そういった見えない何かが決定的に欠落してるように思うのですよね。
全ては「コミュニケーション」に収束してくんじゃないかな
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
結局、アニメもゲームもなんでもかんでも「コミュニケーション」に収束されていく運命なのかね。そのうち「話題さえあればアニメ(ゲーム)本体いらなくね?」みたいな事にみんなが気づきはじめ全ての娯楽は終息を迎えることになる。という未来はどうだろう。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@negitoro503 実際そうなりつつあるので本気で恐い。
きむらー🐥 @negitoro503
@R_Nikaido なるほど、海賊版やタダ見の心理の裏付けになりそうな。
とびい @toby_yasu
@R_Nikaido その一端がゲーム実況かなって気はしますね。
ハワード・P(探索者見習い) @Howard_P_L
@R_Nikaido 只<話題のための話題作りが必要な世界に。劇場型犯罪や自作自演が横行?
ふくろうせんせー@東京 @sue_owl
@R_Nikaido むしろ触媒が無いとコミュニケーションが出来ない。という方向に向かってる気がする。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@sue_owl そんな気もします。ただ、その「触媒」がもっと手軽な方向に行くのかなという雰囲気があります。
ゴリラアパートメント @SpaceFujisan
一昔前の音楽なんかも、学校で話す話題なだけだったりしましたよねぇ。 RT @R_Nikaido 結局、アニメもゲームもなんでもかんでも「コミュニケーション」に収束されていく運命なのかね。そのうち「話題さえあればアニメ(ゲーム)本体いらなくね?」みたいな事に…
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@SpaceFujisan コミュニケーションのために音楽を聴く、コミュニケーションのためにドラマを見る。ゲームやアニメ、なんでも言い換えられますが、そういう本末転倒がむしろ本来の姿になりつつある感じですね。
コミュニケーションに偏重化した未来を妄想してみる
残りを読む(41)

コメント

maru-mochi @aikike 2011年6月4日
つまりココロ踊る華麗なパッケージさえ作れれば本編はいらないと。鮫島みたいなものを作ってきゃーきゃーいわせればいいわけですか。100人のオピニオンリーダーを掌握・配置できれば本編なしグッズありでマーケティング可能とは・・・!新しい時代の予感!!
ヒグチ @yokoline 2011年6月4日
ヒトラーの例もあったけど、一時期のロック・パンクミュージック、社会主義思想、小説、あらゆるコンテンツ一定期間ののち「○○を語る、でなく、○○で語る」にシフトしてるような。それはごく最近の話でなく。これを「コンテンツの『あがり』」と呼んでもよくて、そのスピードが体感速度として速まってる。
ヒグチ @yokoline 2011年6月4日
MMORPGって、SNSのリッチなシミュレーターだと思います。mixiなんかも、コミュニケーションの合間に遊ぶためのゲームは実装されてて、用語を入れ換えるだけで、SNSは容易にオンラインゲーム化するのでは。逆は想像できないですけど。
きゃしゃん@てつや @chasyan 2011年6月4日
「センチメンタルグラフティ」ってゲームが正にこんな感じだったなあ。あの頃から色々おかしくなっていった気がする
@izanamu 2011年6月4日
コンテンツは調味料。あくまでも主食なのは「おしゃべり(コミュニケーション)」の方。大昔からそうなのに、やっぱり知らない人は多そうですね…。
たかしまよしお @takashimayoshio 2011年6月4日
とくに子供、女性にとっては昔からテレビ番組、ゲームその他ってのは会話のテーマのひとつだったと思うけど。それがそのコンテンツを楽しむことが目的なのか、コミュニケーションが目的なのかという区別は今も昔もそれほどはっきり区別できるとは思えない。コンテンツそのものを一人でじっくり楽しむなんてのはそれこそ少数派のいわゆる「オタク」と呼ばれる層じゃないか?今、人間の何かが変化しているように見えるのは、単にインターネットを中心としたコミュニケーション手段が爆発的に発達したからだと思う。
蚩尤 @tabarzin 2011年6月4日
ソーシャルゲームのソの字も出てないのが意外。
メモ @sigotonikkiy 2011年6月4日
ファミコンも何だかんだで小学生の集いありきだったなぁ
ニカイドウレンジ @R_Nikaido 2011年6月4日
あ、「人類補間計画」ってそういうことなのか。
石膏粉末P@12/29冬コミ南ア11b @sekkou_p 2011年6月4日
そういえばニコニコ動画でも、動画そっちのけでコメント(あるいはコメントによるやりとり)に夢中になる事がありますね。
TPOまとめブログ管理人 @tpo2009 2011年6月4日
カラオケブームの時CDを貸し借りしたり、音楽は話のネタでコミュニケーションツールとして機能するものしか売れない、と思っていた時期がありました。同様にアーティストは「仮想恋愛対象(この人と付き合いたい!)」として機能しないと売れないと思っていました。音楽がすたれた今アニメ・ゲームまですたれるとコンテンツ業界はもう終わりでしょうね。
くれたぴ🛋부교공🚇크레타피(•ᴗ•) @keretapi_jepun 2011年6月4日
なかなか面白い考察。でも逆に考えてさ、コミュニケーションの種となるアニメ・ゲームをつくるのがクリエイターの役割と考えれば良いんじゃないかな。
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2011年6月4日
そもそもテレビ画面という小さな箱の中だけで完結する娯楽なんて、相当高度で革新的な手法を軸にしないとすぐに飽きられるわな~ 見方を変えればアニメやゲームの対象がオタクが一人で消費するものから集団で消費発展させる文化・芸術という領域まで進歩しているのかもしれない… 個人的にはゲームやアニメが集団でコミュニケーションを行なうのに適したコンテンツとしてスゴイ勢いで変革しているようにも感じる。 むしろ不安なのがコミュニケーションの場が生じにくい文学作品や一般雑誌、30年後の短編小説業界はどうなっているやら…
Épouvante @epouvante 2011年6月4日
どのマルチプレイヤーゲームもしまいにはチャットしか使われなくなっていくので、「あらゆるマルチプレーヤーゲームは結局はチャットに収斂する」などと、20年くらい前から言われているですね。あと、コミュサイトにゲームがあるのも別方向からの接近。
lastline@Romancing BA・KE3 @lastline 2011年6月4日
う~ん全面的に共感できない。僕にとっては昔からゲームがコミュニケーションの糧なので。というか、エンタメや、趣味を元にコミュニケーション取るのも楽しみの一つでしょ?という
泉信行 @izumino 2011年6月4日
「共通体験」が媒介になってきただけで「コミュニケーションが目的で作品内容は二の次」とかキリッと即断するのは二元論的すぎてどないかと思いますな。共通体験することと作品を楽しむことって、別に同居不能なわけないどころかシナジーを生むものだし。
MaliS @MaliSNacht 2011年6月4日
こういう風に考えると、ひぐらしみたいなゲーム、というか、推理小説なんかは、もっと流行ってもいいように思えるけど・・・。 あと、TRPGとかも・・・。 きっかけとか、場所とかのもんだいなのかなぁ?
らど @rado2a 2011年6月4日
最後に出ている「メイド喫茶に行った友人」は、本当にメイド喫茶を味わっていないように見える件。コーヒー飲んで女の子と写真撮るだけなら別所でも出来る気がする。自分だったらメニュー表見回して、その喫茶店独自のメニューを注文してメイド喫茶独自のイベントも堪能するけど。  話題作りだけを重視すると、それが持つ本来の楽しさを味わう事を忘れるんじゃないかな
物語 奏多 @k_monogatari 2011年6月4日
ちょっと前に私が書いたことと真逆のこと書いてるなぁ……。というかこれ地味に映画とか演劇とかの劇場表現を否定してる気が。
街暗君(ツ) @matikura 2011年6月4日
消費の仕方は享受者に委ねられた自由だよ。
街暗君(ツ) @matikura 2011年6月4日
みんなで楽しみたければ実況なりなんなりすればいい。 作品に敬意を表したいと思うならテレビの前で正座して画面にかぶりついてればよろしい。 これも懐古厨だよにゃーん。
らど @rado2a 2011年6月5日
「芸人が一番いい芸が出来る時は、観客がいい観客の時」という話を思い出した。「話題が作れればあんたの芸はどうでもいいんだよ」と言われたら、果たして芸人はいい芸をしようと思うだろうか。仕事だから観客を満足させる程の事は見せてくれるだろうが、最高のものは見せてくれなくなるんじゃなかろうか…という危惧
物語 奏多 @k_monogatari 2011年6月5日
しかし今のアニメとの比較対象がらんまか……ガンバの大冒険あたりなら、というか80日間世界一周だされたら思わず賛同しちゃったかもしれないのに。おしいな。
かつて敗れていったツンデレ系サブヒロイン @wak 2011年6月5日
ゲームでは、コミュニケーションのためにコンテンツを消費するソーシャルゲームが人気を博している。ただ、コンテンツの出来が良くないと、コミュニケーションをしても面白くない、本末転倒になる。
かつて敗れていったツンデレ系サブヒロイン @wak 2011年6月5日
元々、アニメもゲームも、コンテンツ自体の面白さと、今後の展開を学校の友人と語り合うコミュニケーションの面白さの両方があった。そのコミュニケーションがネット上に移行したから、見えやすくなった。けれど、ソーシャルゲームのみになると、いずれはコンテンツ自体が廃れると思うけどな。
@ctumu 2011年6月5日
逆にコミュニケーションを伴わないコンテンツの消費というものが想像出来ないんだがおかしいのかな?だからと言ってコンテンツに敬意を払ってないとかそういう気はないのだけれど。
Yusuke Sato @yusukesato77 2011年6月5日
個人的には、昔からコンテンツはコミュニケーションの道具だった様に思う。そうでなければ「教養」なんて言う知識の集積度を問われたりはしない。 アニメやゲームがテーマとしてあげられているが、これをゲーテとかシェイクスピアに置き換えてみたり、哲学家の名前に置き換えて見ることもできる。 俺は作り手だが、常に作品は何かを意味して、何かを意味しない。 固定され明示された意味合いがどれほど面白くないか考えればすぐわかると思う。
メモ @sigotonikkiy 2011年6月5日
ゲームなんかは花札トランプ思い出すまでもなく基本がコミュニケーションツールだし、エンターテイメントの基本の観劇も貴族の社交情と大衆の憂さ晴らしが目的でしょう。”真面目に内容を見る”事が最初にあった訳ではないのでは
メモ @sigotonikkiy 2011年6月5日
むしろこういう意見が出るくらい”大衆がソロで内容に向き合う”事が当然とされた時代が歪でもあり幸せ?でもあったというか
我乱堂 @SagamiNoriaki 2011年6月5日
非常に真面目で馬鹿馬鹿しいやりとり。全ての人間の行為は人と人の繋がりを前提として、そのために消費されているものである。ゆえに「コミュニケーションのために消費する」のは何もおかしくない。ただしその形態が自分に解りにくいものなので拒否反応が出ているんだろうなあ。もって他山の石とするべし
沖乃戴天 @okino_taiten 2011年6月5日
的外れ。コミュニケーションなんて可視化されなかっただけで昔からあるでしょ。トピ主は懐古なのに昔のことをよくわかってない感じ。
遠野九重@『20年後』コミカライズ版重版 @Six315 2011年6月5日
「コミュニケーションとして消費する奴らはこういう奴らに違いない」という妄想の塊……
イカ研究員ジェッパでメッタ撃ちにして殺す @nnkcgrt 2011年6月5日
そうだよ(便乗)結局は受け手たちのセルフ遊びを喚起するための道具になっていく
才蔵13 @saizou_13 2011年6月5日
好きな作品は普通に2度3度見返して話が広がるんだからコンテンツが空になることはない。最初から興味がなくて空っぽに見えるコンテンツを例にあげて的はずれな考察。タイバニが例として上がってるけど、広告がタネになってる割合少ない。皆さんキャラやストーリーに想いを馳せて楽しんでますよ。
Palantir@12/14SQEX,1/22安月名,1/18-19LL @Palantir_K 2011年6月5日
何かを媒介にコミュニケーションするっていうのは今では一般的な訳ですが、コンテンツにとって良い影響なのですかね、悪い影響なのですかね?
Palantir@12/14SQEX,1/22安月名,1/18-19LL @Palantir_K 2011年6月5日
コメント見ると昔から~ と言われていおり、確かにそうだとは思いますが、比重の変化はSNSの台頭により起こっているのではなかいかと思ってしまうわけです。良いのか悪いのかは知らんが。実は使い古された議論で、コミュニケーションにより駆逐されたコンテンツとかもうあるとかそういうのはないですかね。
キール @kir_imperial 2011年6月5日
読んでたら、昔ブログに書いたコレ http://d.hatena.ne.jp/kir_royal/20080113/p1 を思い出した。物語やゲームは無くならないだろうけど、ファーストフード的な、消費も、消化もしやすくて、なおかつネタにしやすいコンテンツの方が流行る傾向にはあると思うな。
ラピツティア @rabbitia 2011年6月5日
コミュニケーションツールの為にコンテンツがあるという面は絶対否定できません。でも、そもそもコミュニケーションの目的はコンテンツに対する価値観の共有。コンテンツが魅力的でなければコミュニケーションが成立しないのですから、「コンテンツの楽しみ方が変わった(コンテンツはどうでもよくなった)」のではなく「コンテンツの楽しみ方のプロセスが増えた」のだと考えます。
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月5日
ここで話題になってるのがアニメ、つまりこちらが金銭なりの代価を支払わずに消費できる作品群であることもここで語られてる傾向としてあるのかもしれない、まあ俺はアニメはあまり見ない方だけど。ただ、重厚長大なのが忌避されるのはちょっと違うかな?と思う。皆忙しくなったですよ、多分wあと面白い作品は良いけど面白くなかった場合重厚長大な作品の方がげっそりするとか
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月5日
結局重厚長大ってのはメーカーは負担が上がるのに値段の上限は増えない、ユーザーはユーザーでぐったりする、多くの作品に触れる事が少なくなる。とか、行き過ぎると誰も幸せにならん気がするけどなあ
ニカイドウレンジ @R_Nikaido 2011年6月5日
「昔からそうだったよ」という発言が多いようですが、オタク文化に限ればそうでもなかったような気がします。今こそネットで同じモノについて語り合う仲間を見つけることが出来ますが、ネットが無かった時代、オタクは一人で作品を楽しむしか出来なかった。
ぬえふくろう @Nuefukurou 2011年6月5日
どちらが本でも末でもない、としか。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido 2011年6月5日
だからオタクは、必然的に「正座で作品と向き合う」ことを正しい姿だと思うようになった。本当は仲間と語り合いたかったのかもしれない。だけど当時はオタクが恥ずかしい存在だと思われていたりして、表に出すことすらゆるされなかった。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido 2011年6月5日
今はオタクがライト化した、とよく言われるけど、オタクが社会的に認められるようになって、ネットで仲間を見つけられるようになって、一般の娯楽と同じようにオタク文化でコミュニケーションが出来るようになった。そういう変化があったのかなと。相変わらず支離滅裂ですが、そんなことを思ったりしました。
紙魚 @silver_fishes 2011年6月5日
…という話を、「何でもできる箱」だったパソコンとCERNのスタッフが始めたwwwをコミュニケーションのためくらいにしか使ってない人たちがしてるでござる、の巻。もちろんほかの部分に比べて「コミュニケーションの手段」が破格に向上したのだから、「新しい行動が生まれた」のか「本来したいけど物理的にできなかっただけのことが、できるようになった」のかは考える必要があると思う。
紙魚 @silver_fishes 2011年6月5日
というかフィクション作品って要はただのホラ話だし、それをわざわざ作って公開するだの金払って見るだのって、「コミュニケーション」じゃないのか。「コミュニケーション」が欲しくなければヘンリー・ダーガーみたくじぶんの部屋にしまっておけばいいだけのことで。伏線張ったり、それを読み解いて面白く感じたりするのは「コミュニケーション」じゃないのかなあ。
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月5日
でもネットのコミュニケーションで救われてる部分は確かにあるんだよなあ、ラノベなんかは今はメジャーだけど昔はかなりマイナーで、その頃の作家もマイナーなままだったりするんだけど。ネット経由で元ネタがやっとわかった物があったり、はたまたずっと出さない作家を待ち続ける事が出来たり、2006年に今年中に出しますって言って、それから現在まで全く本出してない作家が居て
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月5日
2006年に本が出る予定だった→未だに本が出ていない→そうか、今は2006年なんだ!!という事になって、つい最近まで「2007年はまだか!」「俺達は登り始めたばかりだぜ、この2006年をな!!」とか言い続けるスレとか本当にあったからね。今では流石に皆待つことに疲れてそんなネタすら出なくなったけど
バグロード @preciar 2011年6月6日
いやもう本当に、「昔からそうです」としか言いようがない。大学卒業後、サークルの同窓会をやった時、どれだけのメンバーが脱落していたか思い出して欲しい。
@hidetayou 2011年6月9日
らんまを正座して観賞してる人なんて、当時でも少数派だったと思うけど。懐古厨とかなんとかじゃなくて、語り合える仲間に恵まれなかっただけじゃないの?
小奥(こーく)@サトレナイ @tk2to 2011年6月11日
僕の場合。高校時代だったか、音楽を聴いてないと話題についていけないような雰囲気になった。僕は音楽が嫌いじゃなかったしそれまで普通に聴いてたけど、コミュニケーションの為に聴くって義務感が嫌になって、逆に音楽を聞かなくなった。勿論リア充コースは脱線。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする