40
すきえんてぃあ@12/14宅オフ @cicada3301_kig
梅毒、長い人類史で約550年前に突然登場して一気に世界に拡散したの謎ですよね それも完璧なラセン形をしていて、感染末期には全身ボコボコになり、現代のテクノロジーをもってしても培養することができない SF設定っぽすぎる (ウサギの睾丸やアルマジロに感染させて動物の体内で増やすことは可能) pic.twitter.com/WWRQLVXp4w
拡大
拡大
すきえんてぃあ@12/14宅オフ @cicada3301_kig
1446年がハングルの発明 1498年が梅毒の最古のイラスト らしいのでハングルが発明された時点で世界に梅毒はまだ存在してなかった たしか猫にトラネコ(tabby cat)の模様が突然変異で出現したのもこの頃で、それ以前に世界にトラネコは1匹も存在しなかった pic.twitter.com/k5mGFbB4kV
拡大
すきえんてぃあ@12/14宅オフ @cicada3301_kig
※突然ハングルの話題が出てくるのはここが言語オタク垢だからです
しん @oyster_beatbox
@cicada3301_kig 初めて知りました 梅毒すげえ
徹宵 @tesshou
@lastoresorter @cicada3301_kig 横から失礼します。 梅毒の末期症状に対し、3日熱マラリア原虫とキニーネを用いた療法のことでしたら、当時(1917)としては画期的療法でした。 1927年ノーベル生理学・医学賞受賞です。 ただ、危険性が高いから現在では行わないようです。『続・人類と感染症の歴史(加藤茂孝)』より。 ペニシリン万歳。
かに @kaniemon_
@cicada3301_kig @toikoh9114 臨床症状が「バラ疹」ってのもなんかカッコよくね?
negative79 @negative791
@cicada3301_kig @kumakuma072119 20世紀に突然現れたエイズも謎ですね。
ねりてん @VI_of_Cups
@cicada3301_kig 培養できる細菌は全体の数%にも満たないと言われているので不思議なことではないですよ
梅毒は存在していた
🥦電子書籍個人投資家の逆襲、著者🥦利益供与告発してTACをクビに @kanebo162
@cicada3301_kig ❌ 存在していなかった。 ⭕️ カリブ海地方の風土病に過ぎなかった。 1492年コロンブスのアメリカ到達で一気に世界に広まった
makko_itou @makko_itou
@cicada3301_kig スペインやポルトガルが南米を侵略した時に現地人を犯したせいで、南米に封じ込まれていた梅毒トレポネーマの封印を解いてしまったからでしょう?
リンク www.afpbb.com 40 users 梅毒はコロンブス一行が持ち込んだとの研究報告、哲学者ボルテールの説を裏付け 【1月18日 AFP】15世紀末から欧州で大流行した梅毒は、米大陸を発見した探検家クリストファー・コロンブス(Christopher Columbus)によって持ち込まれた-18世紀の哲学者ボルテール(Voltaire)が著書『カンディード(Candide)』に記したこの説を裏付ける内容の研究が15日、米無料電子ジャーナル「PLoS Neglected Tropical Diseases」に発表された。
昔の医学ヤバいの流れも
すきえんてぃあ@12/14宅オフ @cicada3301_kig
100年くらい前の医学 「手術?めっちゃ丁寧に手洗いすれば素手で内臓いじれるで」 「盲人?どうせ治らんから目に黒インクで入れ墨を入れて見た目を良くしてあげよ」 「結核?菌は酸欠で死ぬから肋骨を切除して肺を潰すで」 「梅毒?マラリアにも感染させると梅毒菌は死ぬで」 「精神病?脳切除」
障(害者雇用で働くアラ)イさん @hataraku_Arai
@cicada3301_kig 200年前の医学 「病気の原因は悪い空気」 「医者は手を洗わないといけないとか頭おかしいやつがいる」 「壊血病は正体不明の奇病。柑橘類が効く理由名も不明」 「精神病者は狂人なので鎖につないで閉じこめ解くしかないで」
障(害者雇用で働くアラ)イさん @hataraku_Arai
@cicada3301_kig 500年前の医学 「病気になったら瀉血で悪い血を抜くんやで」 「撃たれたらは焼きごてで焼灼しないと死ぬで」 「傷を作った刃物に軟膏をぬると直りが早くなるで」 「頭痛が酷いときは焼きごで頭皮を焼灼するで」
もはや民明書房
狸科の先生(令和女学院高校・黒井教子) @lastoresorter
@cicada3301_kig マラリアで高熱出したら梅毒の菌が死ぬ理論、結局有効だったんです?
徹宵 @tesshou
@gXYzzVGXrXCFO9B @suuzanantonko @lastoresorter @cicada3301_kig 待って民明書房なら『摩羅理唖療法ー古代中国では梅毒を煮るに摩羅理唖を燃やし木煮根泣く(以下略』にする。 地味な拵えだけど良書の『人類と感染症の歴史』『続・人類と感染症の歴史』(共に著者加藤茂孝、副題略)をみんな読むんだ。 他の医学史の良書も。 お医者も研究者も薬屋も頑張って今がある。

コメント

Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2019年12月14日
医業の人がすごいがんばったんだよね...
ミサイル @junko_missile 2019年12月15日
コロンブスがどうしても好きになれない理由がこれ
Oddball @0ddbaII 2019年12月15日
猫のトラ柄は家畜化された直後からあった、いわばオリジナルだったはず。ただトラ柄のバリエーションや色なんかが多様化したのは意外と遅いという。いつ頃かは覚えてないけど
海の鷹 @mochitsura 2019年12月15日
junko_missile まあ「発見」された側にしてみれば侵略者の先遣隊に過ぎませんからね。やった事は凄いかも知れないけど、その後はただの強欲な俗物で。あの時代の西洋はどの国も似たり寄ったりですが。驚いた事に現代でも西洋と中南米の文化の融合が・・・とか言い出すスペイン人がいたりします。いやいやそれ現地人は別に求めてないからね?君らが勝手に一方的に押しかけて来ただけで。
カルパッチョ @carucaru877 2019年12月15日
昔の医学はほぼ迷信とか精神論だけど、ギリギリ通用しそうなのもあったな ペストマスクは今になってみれば空気感染を防ぐための装備だ(なおペストの感染経路から見ると無意味な模様)
スリーS @Super_S_Shoborn 2019年12月15日
コロンブス交換って言われていて、梅毒を新大陸から持ち帰った(と言われている)以外にもジャガイモとか今でも食卓に並ぶ食品を入手したんだよ
逆さまつげ @kitayokitakita 2019年12月15日
エイズの急激な拡散も、客室乗務員のゲイが世界中のハッテン場を巡った結果やからなぁ。それ故に、当初は「ゲイの病気」と勘違いされてしまったのが梅毒と違う点。
おうまさん @oumasanx 2019年12月16日
現代医学にも100年後から見たらプゲラされるようなのがまだまだあるのかもね。
usisi @usisi00 2019年12月16日
tsuyoshi_cho 当時の医業の人もすごいがんばってはいたんですよ…きっと良かれと思って 科学って大事
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2019年12月16日
usisi00 もちろん、上手く行ってない最初を含めて、の改善の歴史としてですね
tama @tamama666 2019年12月16日
日本にはいつ梅毒が持ち込まれたんだろう 島国で鎖国もしてたし1500年あたりに見つかった病気だし持ち込まれにくいはずやのに 仁でもあったけど吉原で蔓延?してたっぽいし不思議
Ayako.Y @Symbiodinium_a 2019年12月16日
tamama666 いわゆる鎖国をする前に上陸したのでは? あとマラリアの高熱はサルバルサンのきかない梅毒末期患者にも効くため抗生物質が出るまでは使われてたそうな
水辺の人 @mizubenohito 2019年12月17日
tamama666 鎖国してても長崎で貿易はあったし、中国人もオランダ人も来てたし、遊郭もあったし。 人類って世界中で「つながって」いたんだなあと。
蠢犇 @ugomekihisimeki 2019年12月17日
oumasanx まあ「効用がある原因は分からん」あるいは「発症する原因は分からん」なんてのは現代でもザラにあるので、壊血病の原因分からん柑橘系が効く理由も分からんを現代人は笑うことはできないのだ
tahtann markII @NW3JQnN755YTpzP 2019年12月18日
tamama666 結城秀康だの浅野幸長だの加藤清正だの、戦国時代の有名人が梅毒で云々いわれていますのでね。持ち込まれにくいというのが幻想なんじゃないでしょうか。