民俗学のイメージとして「妖怪」「夜這い」が代表するようになったのは何の影響?民俗学講義の受講生から言われて絶句した一言

一般に向けてどう伝えるかを考えることも学問の重要な一面なのであるなあ
140
室井康成(Muroi Kosei) @KoseiMuroi

以前担当した「民俗学」の講義で、受講生から「いつになったら妖怪が出て来るんですか?」と言われて絶句しました。「シラバス読んだでしょ?」と答えるしかありませんでしたが、民俗学へのイメージに「妖怪」と「夜這い」を代表させた言説を検証したい。僕にとって、かかる先入観は「風評被害」です。

2019-12-17 00:07:15
リンク Wikipedia 民俗学 民俗学(みんぞくがく、英語: folklore studies / folkloristics)は、学問領域のひとつ。高度な文明を有する諸国家において、自国民の日常生活文化の歴史を、民間伝承をおもな資料として再構成しようとする学問で、民族学や文化人類学の近接領域である。 民俗学は、風俗や習慣、伝説、民話、歌謡、生活用具、家屋など古くから民間で伝承されてきた有形、無形の民俗資料をもとに、人間の営みの中で伝承されてきた現象の歴史的変遷を明らかにし、それを通じて現在の生活文化を相対的に説明しようとする学問である 26 users 14
みんなの反応
こと @24_koto_

民話と民俗学がごっちゃになってる説ありそう

2019-12-19 12:30:33
たがやし @tagayashi728

正直その地にまつわる妖怪とか伝承とかの話が一番おもろい気する

2019-12-19 11:56:02
ダツオ @jOb5u4BNXLefLY0

みんなオカルトとエロが好きなんやなって… twitter.com/KoseiMuroi/sta…

2019-12-17 19:44:43
やなぎ @ichiyanagit

社会学で夜這い案件をやったウチのゼミも風評作りに加担してるのかなあ。 >RT

2019-12-19 12:43:23
ののまる @nonomaru116

困ったことに一番耳目を引くのがこの2つですよなぁ。しかも、前者は柳田とかそっちからの流れの一番キャッチーなところですし、後者は在野の学者が変にやりたがるわけでw twitter.com/KoseiMuroi/sta…

2019-12-17 20:01:17
あゆみ @ayumitx

それでは、民俗学とはどういう領域の学問のことを言うのでしょうか? twitter.com/KoseiMuroi/sta…

2019-12-19 10:49:48
とうか @PGODr8FaMhdwj6J

正直私も最初は妖怪の勉強がしたくて民俗学の授業をとった。 昔地獄先生ぬ~べ~の作者さんが作中で「妖怪の勉強をしたければ民俗学の勉強をすればいい」と言っていたのを思い出して。 twitter.com/KoseiMuroi/sta…

2019-12-17 10:52:08
(無職相当)ゆうこ @yuukoaozora

夜這いはまぁともかく妖怪はフィクションなんだから混同してる子がアホの子なんだと…。夜這いに期待してる人はNTR好きとかそういう趣味は隠しとけよって感じだけど(昔の自分に向けて言いたい) twitter.com/KoseiMuroi/sta…

2019-12-18 12:06:15
ほのか @DearFrost

民俗学はその土地の風習、人の暮らしや考え方がどのようなものかを調べて何故そうなのかを考察する学問だと思う。妖怪は一部でしかない、アプローチ方法の一つでしかないと個人的には思う。rt

2019-12-19 12:17:34
がっきー59@後は野となれ宇宙戦艦(ヤマト)なれ @gshin5jo

@KoseiMuroi 「もう少しで、出てくるから」と言って、沼に引きずるのが、正しいオタク道だと思います。(θ‿θ)

2019-12-17 21:34:56
なり@ナイセン団㌠ @ketokati

そういった誤解を一つ一つ潰していくのもその道を歩んでる方の仕事じゃないのかな❓ twitter.com/KoseiMuroi/sta…

2019-12-18 02:00:32
やっぱりこの辺が原因か
井上リサ #StayHome 🏡 @JPN_LISA

まずは柳田国男。現代なら、「口裂け女」「人面犬」「学校の怪談」などをフィールドワークする都市民俗学の影響もあると思う。 twitter.com/KoseiMuroi/sta…

2019-12-18 08:14:16
リンク Wikipedia 柳田國男 柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は、日本の民俗学者・官僚。明治憲法下で農務官僚、貴族院書記官長、終戦後から廃止になるまで最後の枢密顧問官などを務めた。1949年日本学士院会員、1951年文化勲章受章。1962年勲一等旭日大綬章(没時陞叙)。 「日本人とは何か」その答えを求め、日本列島各地や当時の日本領の外地を調査旅行し、初期は山の生活に着目し、『遠野物語』で「願わくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ」と述べた。日本民俗学の開拓者で、多数の 2 users 449
っㄘゃ@Tuba吹き @tuba_shikishima

民俗学=妖怪のイメージは柳田國男かなぁ…。遠野物語の印象が強すぎる。 twitter.com/KoseiMuroi/sta…

2019-12-17 15:36:23
リンク Wikipedia 遠野物語 『遠野物語』(とおのものがたり)とは、柳田國男が明治43年(1910年)に発表した岩手県遠野地方に伝わる逸話、伝承などを記した説話集である。 遠野地方の土淵村出身の民話蒐集家であり小説家でもあった佐々木喜善より語られた、遠野地方に伝わる伝承を柳田が筆記、編纂する形で出版され、『後狩詞記』(1909年)『石神問答』(1910年)とならぶ柳田國男の初期三部作の一作。日本の民俗学の先駆けとも称される作品である。遠野物語における遠野、あるいは遠野郷とは、狭義には藩政時代の旧村が明治の町村制によって編制された遠野、 10
ナルホフ@vale鯖 @OnearmGUNZ22222

これ、妖怪好きとしても思う所がある。 民俗学的見地から妖怪を紐解いた先駆けはやはり柳田先生なのだろうか。 その意義はあったと思うけれど、以降あまりに妖怪をそう扱う事がポピュラーになってしまった。 それは妖怪の存在の否定。 一妖怪好きとしても過分に民俗学と紐付けるのは好きではないなー。 twitter.com/KoseiMuroi/sta…

2019-12-17 10:43:23
水先 一泰 @aru_33671876

民俗学→遠野物語という先行例→土着の物語の水木しげる先生による妖怪化、という流れかな。 その辺の先行研究が見つけられないけど・・・。 夜這いは・・・あ~・・・確か加賀藩?の昔話を調べてたときの艶笑譚にあったような(資料が手元にない) twitter.com/KoseiMuroi/sta…

2019-12-17 20:47:25
リンク Wikipedia 水木しげる 水木 しげる(みずき しげる、男性、1922年3月8日 - 2015年11月30日)は、日本の漫画家。本名は武良 茂(むら しげる)。 大阪府大阪市住吉区出生、鳥取県境港市入船町育ち。ペンネームは、紙芝居作家時代に兵庫県神戸市の水木通り沿いで経営していたアパート「水木荘」から名付けた。1958年に漫画家としてデビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。 1922年(大正11年)に大阪で生まれ、鳥取県境港市で育つ。幼少時、まかない婦として家に出入りし 41 users 333
jimoko🍼 @mssi

@KoseiMuroi @gokuraku_cyoka 柳田国男のイメージが強いんでしょうかね。最近の学生は、東方シリーズで遠野物語に興味を持って民俗学に入る、というルートがあるのだと思います

2019-12-17 21:04:24
リンク Wikipedia 東方Project 東方Project(とうほうプロジェクト)とは、同人サークルの上海アリス幻樂団によって製作されている著作物のこと。弾幕系シューティングを中心としたゲーム、書籍、音楽CDなどから成る。東方Projectの作品を一括して東方と称することもある。 原作者ZUNの意向により、東方Projectシリーズと称されることはほぼない。狭義には、上海アリス幻樂団を主宰するZUNが制作している同人作品の一連の作品をあらわす。 ZUNは「弾幕系シューティング」と呼ばれる種類のシューティングゲームシリーズを制作している。その他 4 users 23
残りを読む(20)

コメント

ミューオン @myuonmyuon 2019年12月20日
これぞ民俗学。民俗学が民俗学の対象になる。
75
肉=ローステッド @nnWEnSAaoRMHcri 2019年12月20日
座敷わらし来てほしいと思ったことあるけど、去ったら没落するし、色々饗さんといけないしで、今は福の神に来てほしい
2
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2019年12月20日
稲川淳二さんが座敷童子を考察して、両親が死んでしまった孤児を村全体で育てることにして、無給の労働者として働かせる=富を運んでくれる、期限が来たら次の家に行くのでそのぶんの収入が減る、他の子供たちとも顔見知りなんだけど名前を与えられていない等々言ってた。
38
@Mtumutu 2019年12月20日
まあ分野問わず先入観や風評被害はあるとおもうが、それはともかく大学の授業なんて同じ名前同じ単位でも教授違えば中身は別物なんてザラなんだからシラバスは読め
58
コパ @ahirukopa 2019年12月20日
民俗学の授業取ってたけど、教科書が遠野物語だった
15
nekotama @nukotama001 2019年12月20日
水木しげるは妖怪を完全にキャラクターとして固定したからなあ。分かりにくいかも知れないが水木妖怪は妖怪の擬人化。ただこれが皮肉にも放置したら死滅したかもしれない怪異の伝承、つまり文化を相当救ったはず。
36
nekotama @nukotama001 2019年12月20日
しかし、妖怪大スキーマンのわしでも、民俗学が妖怪というのはおかしいだろと。
5
生き残った墺太利伊太利帝国さん @NotAustralia01 2019年12月20日
シラバス読んでないのはさすがに論外だが、受講生なんて先入観や「ちょっとしたイメージ」ぐらい持ってるもんだべな。 そういう受講生に講義を通じて「ああそういうことだったんだ」と思わせるのが蒙を啓くってことなんじゃないの
80
denev @_denev_ 2019年12月20日
民族学(文化人類学)と混同する学生はいないのかな。
5
Daregada @daichi14657 2019年12月20日
エッチ話は、むしろ柳田は忌避していて、聞き取りの際にその手の話になると「そういうのはいいです」と遮ったりしており、後にそれが(サンプリングとして適切な手法かという点で)問題になったぐらいだと思うが
31
3dozen @tyusanda 2019年12月20日
妖怪ウォッチ経由で民俗学に迷い込む世代はもう現れてるのかな?
3
節穴 @fsansn 2019年12月20日
大学の講義がシラバスの内容と進行通りに進むわけねーだろ(偏見)
34
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2019年12月20日
文系は気楽で良いな、工学系だと学部の授業なんてだいたいひたすら方程式漬けだぞ
5
myo@献血にご協力を @myomyo01 2019年12月20日
妖怪について学べる余地がある学問が民俗学ぐらいしかないという可能性は?
8
じぇいあい @JudgmentI 2019年12月20日
いやこのレベルのこと言ってくるのは文系理系じゃなくて全員好きな講義取るアレじゃないの。一年目にとるやつ。この教授の心理学は絶対単位取れるからって混雑して抽選になるアレ。
26
ななじゅうご @hingchang0075 2019年12月20日
民俗学やってたけど、夜這いはテキストにあったよ。民俗学の分野ではないの? 「夜這いはともかく妖怪=民俗学はどこから」ってことであってる?
10
alan smithy @alansmithy2010 2019年12月20日
tiltintninontun TBSラジオたまむすびに出演した時は、前後まも無い頃に廃ビルの陰で赤ちゃんの幽霊らしき声が聞こえる体験談がよくあったのはSPと青姦してるパンパンの喘ぎ声だったんじゃないかと推察してたw
3
Delphi @daisuke93111966 2019年12月20日
諸星大二郎が入ってない…
7
まきにょ @makinyopp1 2019年12月20日
当時は理解できなかった自然現象を物の怪のせいにしてたりすることがあるから妖怪話もあながち馬鹿にしたもんでもないと思うけどなぁ。ラジオや電灯の普及にしたがって田舎から化かされた系の話が少なくなってたとかいう話も
7
しわ(師走くらげ)@寝貯めしたい @shiwasu_hrpy 2019年12月20日
妖怪や土着神を始めとした土着オカルティクスはあくまでも地域の歴史や風習から派生したエッセンスなんだよね。それらを全て俯瞰視点で観測して様々なルーツを調べるのが民俗学だと思うんだが、イコール妖怪(物の怪)学と思い込んでるのは思考短絡(すべてをイコール/確定/断定オンリーで片付けようとする)の傾向が多い世代が増えたからだろうねぇ。ある意味これも情報化社会による弊害もあると思うやで。
16
もこ @mocomb 2019年12月20日
民俗学も一枚岩じゃないからね。入り口としてはいいんじゃないの。学問に興味を持つきっかけなんて大抵そんなもんじゃん。
29
まさぷ @masa_pu 2019年12月20日
民俗学のカジュアルな形式は「昔話」と「ケンミンショー」に大別される気がする ※妖怪と土着信仰は「昔話」に内包される
6
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2019年12月20日
まあ最近というなら東方か水木荒俣京極ラインだろうね あのおじさんたち話が抜群に面白いから困るんだ 多分数十年前の心理学が同じ目にあってるはず
17
ゲーム用垢 @z1g6309 2019年12月20日
民俗学の一分野であることは確かだし学生の興味を引けそうだから風評被害とか言ってないで逆に積極的に取り入れるべきだとおもうけどなぁ
20
A.Ichiro@手を洗うカエルの姿🐸 @Asobuyer 2019年12月20日
柳田國男に水木しげるは異論のないこととして、稗田礼二郎の存在もあるのでは。作中では考古学者やけど。夜這いといえば「産女が来る夜」が94年だから、今大学生の人は生まれる前の作品になるか。
3
しょーし@CV若本規夫 @syousi 2019年12月20日
山口敏太郎に聞けばええやん。 「妖怪話・民話から学ぶ民俗学」 話聞くとめっちゃ勉強になる。 木地師の話とか。
8
ꫛꫀꪝ✧‧˚ @25nmAI 2019年12月20日
実際は受講生が講義内容にケチつけてコントロールしようとするのが不快なんではないかな いつになったら〇〇出てくるんですか?って妖怪や夜這いじゃなくても失礼な台詞だと思うし
18
らない @lanai_spr2 2019年12月20日
「もう少しで出てくるから」といって沼に引きずるのは既に妖怪と言って良い
53
かもの ねねみづ @cmnnmz 2019年12月20日
柳田は民俗学を民具などのアイテム、家族や祭りなどの制度、妖怪などの心意伝承と三つの段階・分野に分けてなかったっけ。柳田も最初は心意伝承から入るのだが、学問として成立させる過程で、性やオカルトを排していくんだよね。
6
悟りを壊すもの @satoriwokowasu 2019年12月20日
妖怪の話とか面白そうだけど、それを大学の授業で金取ってやってたら、ヤバいやつなんだよなぁ。   大学全体で「悪霊退散!!悪霊退散!!」 「電磁波も妖怪だ!!」 みたいなことになったら嫌だし
3
悟りを壊すもの @satoriwokowasu 2019年12月20日
大学教授全員がオカルト宗教の伝導者とか嫌でしょ
1
バレルロール @zoahunter 2019年12月20日
諸星星野今(市子)を読んでたら、鬼神妖怪との付き合いにはウンザリするの、分かってると思うんだけどw 「不如意の相手」「共存出来ぬ存在」って、まず最初に認識するのが難しいだろうなあ。世代的に。
4
Akichi @Akichi77928822 2019年12月20日
そもそも柳田國男先生は法学士で、役所に入ってからは農政とかが専門じゃなかったっけ? 産業組合とか、経済学に属するような仕事もやっているし。
2
ぬめりけ @pokute55 2019年12月20日
民俗学の教授が「安倍晴明に“様”をつける奴は絶対にゼミに入れんからな!!!!!!」って威嚇してて大変なだったんだなって察しました
40
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2019年12月20日
稗田先生や宗像先生はホイホイほんまもんに遭遇しちゃうから困るね 妖怪が水木サンのデザインで実在してると思ってる人と妖怪という存在自体を学ぶと勘違いしてる人にも困るが
4
豆腐豆腐豆腐 @NewName_NoIdea 2019年12月20日
satoriwokowasu 妖怪ってその当時の人たちの文化や思考や社会の情勢が混ざりあってできたもののはずなので、 あくまでも当時の人々の詳細を紐解くのに役立つ資料みたいなもんです。 学校の授業でそんなオカルト一辺倒な文脈で取り扱うことはないと思いますよ。
24
(あ)@お気持ちヤクザ @MutsuniNaruBeam 2019年12月20日
妖怪が見たかったら社会学でも受講するといいんじゃないかな(ド偏見)
0
ひろ @dHUdFFTB8PdTSjV 2019年12月20日
エロ本でも田舎の祭りで乱交だの割礼の儀で手解きだのっていう題材はそれなりにメジャーだからなぁ そういう文学作品を読まないような大学生への啓蒙はそういう方面がしてる面もあるかなぁと感じた
2
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2019年12月20日
しかし社会の光量が上がって闇の中にいた“怪しい”はすっかり姿見せなくなっちゃったね かわりにより見えづらく能動的な都市伝説が台頭し始める 流行り神の世界だね アレに出てくる教授も民俗学だったな
7
出無精マスク @annoupoteto 2019年12月20日
まあその風評被害が学生を連れてきたんだから悪いことばかりでもないやろ
4
みすぽ @b3qdyhKLnhnJBBX 2019年12月20日
どこの分野になるかは切り取り方では? 単に妖怪の出てくる文学を求めてるなら文学部だし、実在するや否やなんかを語るとしたら宗教学っぽいし、民俗学は妖怪の成立と当時の人々に与えた影響について調べる場合でしょう。
14
Haruka McMahon @regicat 2019年12月20日
小松和彦が名前も出てこないのは不思議。書店の民俗学コーナー行くと必ずと言っていいほど名前見るのに。
3
ウラリー㌠ @urary777 2019年12月20日
民俗学と文化人類学と風土史と地政学は近くて遠い別の学問ですからねぇ。
2
Tadashi @tadashifx 2019年12月20日
前にも棘で書いたことあるけれど、心理学の先生やってる知人が「心理テストがどうしただの人の心を読む方法が学べるだの思い込んでる学生が多くて困る。」とぼやいてた
15
ウラリー㌠ @urary777 2019年12月20日
annoupoteto 「期待してたのと違った」で途中から来なくなり、サークル等経由で面白くない旨の噂が広がり、単位取得者が減り受講者が前年度を割り…となると定員割れで授業が入れられなくなったりするのでなんとも。
4
【わちゃっとピンボールDLよろしく勇気!】ねねっとテックダイナー @nenet_techdiner 2019年12月20日
ココで騒いでるくらいみんな好きなんでしょうね。学生にはファンサービスとして1回くらい講義にまぶしてあげたらいいのでは?(「一歩踏み入れた入り口はエロ」ってのはどこの分野でもありますし。)
3
もっこㄘん @Mokko_Chin 2019年12月20日
無知故に学び正しく理解していくので絶句することもありますまい。思っていたのと違ったけど興味深いってこともあるでしょう。
6
ぽぽ @poporirinPORIN 2019年12月20日
京極夏彦で興味を持ったが大学で学んだ民俗学では民俗学の懐の深さに感心した。京極夏彦は民俗学のかなりの範囲について語っているから京極夏彦原因説はイマイチピンとこない。 どちらかと言うと物語の表層しか見ない人たちそのものが原因だと思う。
3
冶金 @yakeen4510 2019年12月20日
夜這いはあったのだから入れなきゃだめでしょむしろ。ああ上にも指摘あるね。前に別のまとめで夜這いのこと書いたら「大正生まれのうちのばぁちゃんがそんなものなかったと言ってました」と否定されたことあるけど、そりゃ都会だったんでしょ。田舎では昭和初期(戦前ぐらい?)普通にあったところもある。
2
ῥ(rh) @ryhrt 2019年12月20日
民俗学と文化人類学の立場から妖怪を研究している人間として言わせてもらいますが、「風評被害」というのはまったく同意できません。単に「自分の専門ではない」と言えばいいだけの話です。
18
シオシオ神殿 @WsaltTemple 2019年12月20日
井上円了先生のことも思い出してあげてください
4
蓮華ちゃん @hasuhanachang56 2019年12月20日
い、一回目の授業で言うしかないですね…
2
Chack'n @Chackn 2019年12月20日
諸星大二郎先に言われてた……
3
画鋲 @hariP_thumbtack 2019年12月20日
あんまメジャーじゃないけど最近でも民俗学の教授とかが探偵役の怪奇ミステリー小説とか、妖怪に関するフィールドワークをしてる陰陽師的な力のある民俗学研究者が出てくる妖怪もの漫画とか実はかなり多いのでその辺の影響じゃないかな
5
sihi @sihi70585332 2019年12月20日
おらと一緒にぱらいそさ行くだ
3
mr_harlock @mr_harlock 2019年12月20日
やっぱ柳田国男著の『遠野物語』だろうな、とは思う。読んだことあるけど、中身はほとんど覚えてない。せいぜい座敷わらしとオシラ様?だったか、そのあたり程度。
4
タヌーーーキ(togetter用) @tanuuuuuuuuuuki 2019年12月20日
柳田國男はそもそも『妖怪談義』って本があるくらいだからなぁ
5
風一人 @Giugno_bianco 2019年12月20日
誰も北森鴻の蓮丈那智シリーズをまだ挙げてないのか・・・・・・
1
nekotama @nukotama001 2019年12月20日
ryhrt 間違ってはいないけど、まんまイコールではないという話で。本来妖怪とは人知を超えた怪異の意味だったという話を、京極氏の受け売りだけどさ。
2
hytm @hytm 2019年12月20日
Giugno_bianco 蓮丈那智シリーズおもしろいよね。でも妖怪とか夜這いとかでてきましたっけ? 北森鴻は他のシリーズもおもしろいんだけど作者があまりにも早く亡くなったのがほんと残念。
1
悟りを壊すもの @satoriwokowasu 2019年12月20日
先生じゃなくて、大学側に「妖怪の専門家の授業が聞きたいです」って言え
3
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2019年12月20日
tYjevlc7z3ZOFs3 それが何年も前に各界の著名人にインタビューする企画の中で稲川さんにインタビューした中にあって、その会社がプロバイダサービスを終了したから消されちゃったんですよ。他に雪女についての考察とか、外国人が怪談中、話している最中に解らないことを質問してきて困ったとか、全四回でいろいろ言ってました。
4
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2019年12月20日
雪女の考察は、山の仕事は男ばかりだから、そこに女性が入ったらいろいろと面倒になるから女人禁制にする、しかし現実は性欲なんかで女性は必要だから、裏でこっそりそういう女性に来てもらったりしている、あるとき女性が来たところを男の子に見つかって「このことは誰にも言っちゃいけないよ」、ここまでだったらどこの山でもあることだと思うんです、と言っていた。怪談の下地は日本各地にあることだから、だから怪談は日本中に流布するという感じ。
10
@Unlimit43803616 2019年12月20日
風俗の研究してます!よりはましかなあ
1
nekotama @nukotama001 2019年12月20日
雪女といえば、あの有名な雪女の話の舞台が実は多摩川付近らしい。
2
CAW=ZOO @CAWZOO 2019年12月20日
風評被害じゃない、ただの勘違いなだけでしょ。「そういうものじゃない」と。交わってるだろうけど、「民俗学」じゃない、と。
2
F414-GE-400 @F414_GE_400 2019年12月20日
民俗学って妖怪そのものを研究するんじゃなくて読み解く手段として使うのか…ひどい誤解をしていたよ。でも妖怪とか民話そのものを研究する学問って無いのかな?自分が興味あるのもそっちの方だから。
2
(新)ぼくキャプ村ーN @sinbokukyapun 2019年12月20日
日本以外の国の民俗学の授業ってどんなんだろう?
3
okwae @okwae858 2019年12月20日
インディージョーンズがもたらした考古学への風評について主張していきたい
2
魔宵蛾(休眠中 @mayoiga 2019年12月20日
考古学でも民俗学でも建築学でも、いつ殺人事件が起こるんですか? ってドキワクしちゃうより重症じゃないと思うな(気休めにもならない)
1
☆☃ @sternneige 2019年12月20日
なるほど。数学の講義を受けていて、「いつ因数分解が出るんですか?」って尋ねるようなものなのかな。学問の一領域ではあるけれども、必ず出てくるような性質のものではないと。シラバスはちゃんと読もう。
4
キナス・ドメスタイティス @HSDomestas 2019年12月21日
赤坂憲雄氏が「夜這いの人」と間違えられたエピソードを『差別の民俗学』の解説で語ってた程なので、夜這いといえば赤松啓介氏で間違いない
1
たちがみ @tachigamiSama 2019年12月21日
興味持たせて取り込んだら、っていう人結構いるけど 体験学習や接待じゃあ無いんだから「興味を持っていただく」必要は無いでしょ 客商売じゃ無し 興味無いなら来なくていいよ単位出さないけどって話 
2
NTB006 @NTB006 2019年12月21日
でも受講者が減れば予算カットや人員削減の対象になったりとかするのは避けられないから、大学までは接待も必要だと思う。大学院では接待は必要ないだろうけど
0
カスガ @kasuga391 2019年12月21日
100年後の民俗学の講義では「いつになったらSCPが出て来るんですか?」という質問が飛んでそう。
3
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2019年12月22日
tiltintninontun 稲川淳二さんの話、昔のパソコン起動させて、ブックマークを見たら、ocn ジャーナル のメインインタビューだった。名残はhttps://b.hatena.ne.jp/entry/journal.ocn.ne.jp/interview/vol07/inagawa-1.html
2
なのこれ@低浮上 @nano_colle 2020年2月11日
WsaltTemple 名前が挙がってるのを見て安心した。怪異を分類した人だっけ?
0