編集部イチオシ

動画「すばらしいクリスマスの歴史」を訳してみた。知ってるようで知らないクリスマスの話。靴下にプレゼントを入れるのはどうして? クリスマス・ツリーにランプを灯すのは? サンタクロースはなぜ赤い服を着てトナカイの引くソリに乗っているの?

歴史家のウィリアム・フェデラーが語ります。メリー・クリスマス!
69
tarafuku10 @tarafuku10

動画「すばらしいクリスマスの歴史」を訳してみた。 たまには政治のことを忘れて、まったりクリスマスの話でもしましょう。 動画は、アメリカではとても有名な「サンタクロースがきた」というポエムから始まります。 youtube.com/watch?v=fVxGfO… pic.twitter.com/pt0lRTnQP9

2019-12-16 22:23:25
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

“それはクリスマスの前の晩、家中で 生き物はネズミさえも動かなくなったころ…” 次に何が起きるか、たぶん誰もがご存じだろう。だが、この詩を誰がいつ書いたかご存じだろうか? クリスマス・ツリーの由来は? ツリーに灯る明かりの意味は? 靴下は? 贈り物を交換するというアイデアはどこから来たのか? pic.twitter.com/LYvVCkdq0y

2019-12-16 22:23:50
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

クリスマスほど豊かで多様な伝統を持つ祭日はない。そこで、その歴史を振り返って、その豊かさと伝統について解説してみたい。もし、あなたがクリスマスを祝わない人であったとしても、なぜ多くの人がそうするのか、理解する助けになるだろう。 では、誰もが知っていることから始めよう。 pic.twitter.com/8oVGVsLwCF

2019-12-16 22:24:13
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

クリスマスは、キリスト教徒がイエス・キリストの生誕を祝う日だ。それ自体、とても大事なことだ。すべての宗派を合わせれば、キリスト教は今でも世界で最も信者が多い宗教だ。その数は20億人である。 明白な宗教的重要性に加えて、最初のクリスマスは人類の歴史を2つに分ける役割も果たしている。 pic.twitter.com/VhToLtPQ72

2019-12-16 22:24:37
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

最近まで、歴史はBC (Before Christ: キリスト前)とAD (Anno Domini: “その年の神” を意味するラテン語)に分けられていた。今では、BCE (Before the Common Era: 共通紀元前) とCE (Common Era: 共通紀元)という表記を見ることも多い。いずれにせよ、キリストの生誕が境になっていることは間違いない。 pic.twitter.com/2cUfKQjDnM

2019-12-16 22:25:02
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

最初の千年紀の偉大な王たちは、この日の重要性を認識し、彼ら自身をこの日に関連付けた。カール大帝、アルフレッド大王、征服王ウィリアムなど多くの王が、12月25日に洗礼を受けたり、戴冠したりしている。 pic.twitter.com/F1kKtE8LaK

2019-12-16 22:25:24
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

クリスマスにプレゼントを贈る習慣も、キリスト教の歴史の早い時期に始まった。言い伝えによれば、3世紀、司教だったニコラスは、金貨を包んで貧しい人が住む家の窓に匿名で投げ入れていた。 pic.twitter.com/GIDopxQoRr

2019-12-16 22:25:40
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

金貨は暖炉のそばに干された靴や靴下の中に入った。こうして、プレゼントを靴下に入れて贈る習慣が始まった。ニコラスが天に召され、聖人に列せられた後、彼の人気と肯定的なクリスマスのメッセージはヨーロッパ中に広がり、それぞれの国で新しい習慣が付け加えられていった。 pic.twitter.com/qLitwegLsF

2019-12-16 22:25:56
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

ドイツでは、家の中に常緑樹を置くという冬の伝統に、16世紀のプロテスタントの宗教改革者であるマルティン・ルターが新しい意味を加えた。木の枝にキャンドルを置いたのだ。彼は子供たちに、この明かりは、キリストが生まれた日のベツレヘムの夜空を表していると説明した。 pic.twitter.com/1L2b5UrvuA

2019-12-16 22:26:14
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

人々の1年間の行いについて、聖ニコラスがその善悪を判断するのだという考えは、新約聖書のヨハネの黙示録に由来する。そこには、キリストは白い馬に乗って地上に戻ってくると書かれている。 pic.twitter.com/F4tZqWzCyG

2019-12-16 22:26:30
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

中世になって、聖ニコラスがキリストの前衛の警護を任されたという伝説が広まった。彼は、世界が終わる日に再臨することはないだろうが、毎年地上にやってきて、様子を確認し、報告書を書くのである。 pic.twitter.com/7MeCV4TAiB

2019-12-16 22:26:45
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

この考えがノルウェーに届いたとき、問題が起きた。ノルウェーには馬がいなかったのだ。しかし、トナカイはたくさんいた。そして、もちろん、ノルウェーは北極圏のそばだ。こうして聖ニコラスは新しい棲み処を見つけた。 こうした様々なヨーロッパの伝統が、アメリカという偉大なるつぼで融合した。 pic.twitter.com/DhUOigVEB8

2019-12-16 22:28:03
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

1823年のニューヨーク、プロテスタント聖公会神学校の教授だったクレメント・ムーアが子供のために『サンタクロースがきた』という詩を書いた。 "靴下は煙突のそばに下げられていて、 サンタが来るのを待っていた" この詩は人々の心を掴み、すべての生徒が暗唱できるクリスマスの定番となった。 pic.twitter.com/g6IxmNJSoO

2019-12-16 22:28:34
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

1843年、クリスマスは新たな推進力を得た。偉大な英国人作家のチャールズ・ディケンズが「クリスマス・キャロル」という短編小説を発表したのだ。エベネーザ・スクルージの贖罪は、クリスマスが私たちに最良のものをもたらすという考え、今で言うところの「クリスマスの精神」を完璧に捉えたものだ。 pic.twitter.com/yE59Bk5d4p

2019-12-16 22:28:54
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

20世紀に入ると、ハリウッドも仲間に加わった。映画ができるのとほぼ同時に、クリスマスを祝う映画もできた。今日にいたるまで、新しいクリスマス映画なしで1年が終わることはない。 pic.twitter.com/IKTugnyCZe

2019-12-16 22:29:11
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

広告業界も大きな商機を見出した。1931年、コカ・コーラは画家のハッドン・サンドブロムを雇い、サンタクロース(オランダ語で聖ニコラス)がコークを飲むクリスマス広告を制作した。赤い服を着て、白い顎ひげを蓄えた陽気なおじいちゃん。現代人が思い浮かべる聖ニコラスのイメージはこうして生まれた。 pic.twitter.com/L3V1NSlpuP

2019-12-16 22:29:28
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

そして、人種のるつぼならではのことも起きた。ユダヤ教の宗教指導者の息子であるアービング・バーリンが、今ではクリスマスに欠かせない曲となった「ホワイト・クリスマス」を書いたのだ。 pic.twitter.com/vgLW79CbIi

2019-12-16 22:29:44
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

今日、商業主義がクリスマスの宗教的側面を台無しにしていると不満をもらす人も多い。 感謝祭からクリスマスまでの期間で、小売業は1兆ドル超を売上げるという。こうした不満は新しいものではない。清教徒たちは、この祭日の宗教的なメッセージを矮小化するものだとして、この日を祝うことを拒否した。 pic.twitter.com/WdHMf5Su5g

2019-12-16 22:29:58
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

しかし、こうした声は多数派を占めるには至っていない。ほとんどの人はクリスマスと、それにまつわるすべてのもの – 明かり、ツリー、歌、映画、そしてもちろんプレゼント – を愛している。この特別な日が近づくにつれ、人々が少しだけより親切に、より幸せそうに振舞うことを、誰が否定するだろうか? pic.twitter.com/pjrMp9ocbl

2019-12-16 22:30:14
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

深い分断が抱えたように見えるこの世界で、クリスマスは私たちをつなぐ。これについては、誰もが感謝すべきだろう。 『サンタクロースはほんとうにいる』の著者、ウィリアム・フェデラーでした。(了) 英文スクリプト: prageru.com/video/the-amaz… pic.twitter.com/b6EQ3L5lUW

2019-12-16 22:30:41
拡大

コメント

nob_asahi @nob_asahi 2019年12月22日
"最初のクリスマス"はキリストが生誕する遥か以前から祝われていましたがね。
6
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2019年12月22日
元々は異教の祝日だったのを便乗(べんじょう)したんだっけ?
2
かにたま大臣 @pokkaripon 2019年12月22日
ミトラ教には触れずに飽く迄キリスト生誕祭としてるのは凄くキリスト教圏らしいけど、商業主義に向かう途中のツリーやトナカイの辺りは面白い
8
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2019年12月22日
太陽神信仰がある宗教では、太陽神の復活祭として12月25日を祝うことが多いらしいです。 日本も神道では天照大神がいますし、ミトラ教の流れで弥勒菩薩もいますのでクリスマスを堂々と祝っても 大丈夫です。
2
ꫛꫀꪝ✧‧˚ @25nmAI 2019年12月22日
サンタクロースはオランダ語だったのかー知らんかったなあ
0
ラジ西 @P2ZCNWvmIvg4tSx 2019年12月22日
ハッドン・サンドブロムのサンタクロースのイメージは多いに受け入れられ、コカ・コーラ社の広告コンペであのノーマン・ロックウェルでさえ勝てなかったとうい話。
0
逆らわずに右へ🎌神無月🎌 @coffeerabbit27 2019年12月22日
この特別な日が近づくにつれ、人々が少しだけより親切に、より幸せそうに振舞うことを、誰が否定するだろうか? 信じる神がどうあれ、この寛容な精神は大切にしたいものだ。 ところでサンタ=聖ニコラスというのは知らんかった。何者かよくわからずサンタを十字架にかけて飾ったのはやはり誤りだったのか。
0
ぶるーとーん @bluetone_ 2019年12月22日
サンタのプレゼント原資がコカ・コーラのスポンサードだって知らない人がいるのは意外だ。
0
MO-85(10/20 只見 恵みの森) @MO_85 2019年12月22日
赤い服を着て太ったサンタクロースはコカコーラの広告以前から存在したという定番のツッコミ入れておきますね。なんせ大正時代の日本の児童雑誌にも出てくるくらいなので。「コカコーラの広告が他のサンタ像を駆逐した」くらいの説明が正しいのではないかと https://www.excite.co.jp/news/article/Japaaan_88130/
3
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2019年12月22日
eK0SV72lWxlYb8L どっちかと言うと冬至祭に便乗したって聞いてる。日本だとかぼちゃ食ったり柚子風呂入るというやつ。ちなみにベツレヘムだと12月25日には凍死するレベルだそうで実際にゃ10月後半までに生まれたんじゃ?とは隣を徘徊する猫ちゃんが言ってた。
3
オムレツ系おみおつけ @bon__19 2019年12月22日
サンタ「7年前に塩漬けになった子供の肉がほしい」←そういう逸話がある
0
志水鳴蛙 @SensouAmei 2019年12月22日
日本のクリスマスは、救い主イエスの誕生というキリスト教的側面よりも、クリスマスツリー(=樹木崇拝)とサンタクロース(=来訪神)が主役になっているように思える。
1
Oddball @0ddbaII 2019年12月22日
昔は羽目を外して騒ぐお祭りだったんで敬虔なキリスト教徒の多い街や村でクリスマス禁止される事があったんだよね。キリスト教的な祭りではないってことで。
0
Lunapy @pikarasukaru 2019年12月24日
イブだからこそ読んでほしい。
0
杭打ち機 (瞬砕) @P_Pile 2019年12月25日
初めて日本でサンタクロースが紹介された頃、三田九郎って漢字が当てられて木を抱えてトナカイの代わりにロバをつれてたという話を聞いたけど馬に戻らなかったんだと。
0