2019年12月25日

「2人のローマ教皇」レビュー『面白い脚本とはこういうものだ』

Netflix映画「2人のローマ教皇」のレビューです。ネタバレあり注意
49
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

Netflix映画「#2人のローマ教皇を観た。 事前情報は全くなし。予備知識もほぼなし。世界情勢や歴史に疎いので『世界に一人居るなんか無茶苦茶エライ人』くらいの知識しかない。 それでも大変楽しめた。とても丁寧な作りなので予備知識なしでもちゃんと理解出来る作品となっている。 ※以降ネタバレ pic.twitter.com/2aQBr1TFDO

2019-12-25 23:07:21
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

本作はゴールデングローブ賞の脚本賞にノミネートされている。脚本がいい。アカデミー賞もノミネートされると思う。 本作は2012年に起きたローマ教皇交代を題材にした会話劇だ。単純に言えば「社長と社員の2人の会話」がほぼ全てを占めている。

2019-12-25 23:07:22
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

要は「坊さん2人の対話」である。そんなもので面白くなるはずがないと思うそこのあなたは正しい。制作者も当然それは予期している。 だので本作は脚本が非常によく練られている。実際に見れば全く退屈することなくテンポよく二時間あっという間に過ぎる。

2019-12-25 23:07:22
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

物語は至ってシンプル。「気に入らないと思ってたアイツだけど、話してみれば意外にイイ奴だったw」というだけの話である。 どの国、どの宗派の人間が見ても爽やかな感動を覚える傑作だ。見終わった後はピザとファンタオレンジを飲みたくなること間違いなし。 pic.twitter.com/WSTpvk8A3J

2019-12-25 23:07:24
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

文化的背景を解説出来る知識もないし、内容は見れば誰でもわかるほどシンプルこういう映画のレビューは困る。 私としては、この作品は「脚本の面白さとは何か」を論ずるための絶好の題材だと思っている。 なので、そういう論旨で本レビューを書きたいと思う。

2019-12-25 23:07:24
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

本作の脚本を語るうえで重要な要素がある。それは「対立」だ。 ハリウッドの脚本術では「対立と葛藤」が最も重視される。『全てのシーンに対立を仕込むべきだ』という論者も少なくない。 「対立」というのは口喧嘩させたり殴り合いをさせることではない。 pic.twitter.com/6cYiIulzH6

2019-12-25 23:07:25
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

「対立」とは、『何かを求める二者が居て、折り合わない様子』のことだ。 対立があるだけでシーンに張りが出る。 対立の効果を説明するのに絶好の作品がある。マイケル・マンの「コラテラル」だ。シド・フィールドも良い脚本の例として重用していた。 pic.twitter.com/oQgPjWVlru

2019-12-25 23:07:27
拡大
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

本作の冒頭、主人公のタクシー運転手やり手のキャリアウーマンを乗せる。電話で忙しそうで取りつく島もない。 女性は「〇〇まで行ってちょうだい」と事務的に言い放つ。ここで主人公がすんなり了承すれば会話はそこで終わる。 しかし主人公は「△△経由のほうが近いよ」と言う。 pic.twitter.com/NqMl2BWbBE

2019-12-25 23:07:29
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

女性少しムッとして「じゃあ賭ける?」と吹っ掛けてきて主人公も「もし違ってたら料金は要らない」とそれに乗る。 結果は主人公の勝利。いいムードになり、プライベートのことを話し合う流れに。このくだりは物語後半に影響してくる。 pic.twitter.com/vM3dSqHGg2

2019-12-25 23:07:30
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

「同意」や「同調」というのは実際に人間関係を円滑に進めるうえでは大切な要素だが、物語では御法度なのだ。そこにドラマは生まれない。 「何かを求め、主張し合う二者の対立」があるからこそ、関係性に変化が生まれ、発展する。 pic.twitter.com/aLIlcn5sc8

2019-12-25 23:07:32
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

もう一例、「らきすた」というアニメ何故か頻出する「臭いよねー」「だねー」という会話がある。 この作品は女子高生の「あるある日常会話」を扱ったもので、他愛のない会話がほとんどだ。その中でも「臭いよねー」はシーンに入る前の潤滑油の「意味のない世間話」として使われている。 pic.twitter.com/B62GNtmS6M

2019-12-25 23:07:33
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

「臭いよね」と振られて「そうだね」と同調すればそこで終わりだが、 『いやアタシは良い臭いだと思うわ』 と反発すれば、そこで「自分の意見に同意を求める者」同士の「対立」が生まれる。 自分が臭いと思ってるものを良いニオイとは承服できない。そこで会話に「意味」が生まれる pic.twitter.com/8k86cg73tN

2019-12-25 23:07:34
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

これが「対立」の魔力である。対立とは、物語の面白さの最も根源的な要素と言ってもいい 「2人の会話劇」と言ってもそこに対立さえ仕込まれていれば物語としての面白さが生まれるわけである テロリストとの戦いとか、時限爆弾とか、世界征服を目論むヴィラン等との戦いだけが対立の面白さ」ではない pic.twitter.com/XKl3TKrNJO

2019-12-25 23:07:36
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

対立を上手く描くためには主張をする人間の思想哲学を上手く観客に分からせる必要がある。『このキャラクターは友情を大切にしてるんだな』とか言ったことである。 全ての脚本で重視されている「第一幕(開始2、30分ほど)の主人公の説明」そのために在る。「感情移入」をさせるのである。 pic.twitter.com/TsSDthKF7L

2019-12-25 23:07:37
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

ローマ教皇や枢機卿に感情移入させる、これはとても難しいと思う。何せ「人間味のない存在」の象徴のようなものだからだ。 しかしこの作品は非常に巧みに「教皇、枢機卿のキャラクター化」を果たしている。 pic.twitter.com/h8PrBlIltL

2019-12-25 23:07:38
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

まず状況説明が非常に丁寧で素早い。実際のニュース映像やテレビのレポーターの台詞を継ぎ接ぎしてあっという間に「保守派と改革派の対立が起こっている」という状況を説明してくれる。猿でもわかるレベルにわかりやすい。 更に枢機卿同士の「噂話」でも状況説明がされる。

2019-12-25 23:07:39
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

これは少女漫画でよく見る手法だ。「見て!○○様よ!あっちからは△△様が!ステキ!でもこの間お二人喧嘩したらしいわ!」と言った台詞である。 次期教皇有力候補ラッツィンガーに対する世評を、「特定の人には挨拶しない」「教皇に成りたがってる」と他の枢機卿達が噂話している。 pic.twitter.com/GFVlw4dn5B

2019-12-25 23:07:40
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

本作は冒頭から、本来感情移入しにくい人間に共感させるために、登場人物の性格描写がとても細かく描かれている。 枢機卿の「ホルヘ」は、ブエノスアイレスの貧民街で演説をし、分け隔たりなく人民とコミュニケーションを取っている。 対して「ラッツィンガー」は教皇選挙のことで頭がいっぱい。

2019-12-25 23:07:41
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

そんな二人がトイレで出くわす。ABBAの「ダンシングクイーン」の口笛を吹いているホルヘラッツィンガーが『それ新しい聖歌か?』と聞く。 ここで既に「超有名大衆音楽も知らないラッツィンガー」と「自由奔放なホルヘ」性格描写、対立が描かれている。純粋に上手いと思えるシーンだ。

2019-12-25 23:07:41
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

本作の主題の一つとして「保守派と改革派の対立」がある。投票結果を待つニュース映像のシーンでは「ダンシングクイーン」が流れる、礼拝堂のシーンになると急に無音になる。 世俗とは断ち切られた厳かな宗教儀式であることが強調されている。

2019-12-25 23:07:41
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

どこで撮影したかは知らないが、まるで実際の宗教施設で撮影したような美しいロケーションの数々に目を見張る。 結局教皇は超保守派のラッツィンガーに決まりホルヘは落胆し辞職を検討する。ニュース映像でも「伝統を守ってくれる」という支持派「ナチ野郎は支持しない」と反支持派の声が映される

2019-12-25 23:07:42
残りを読む(29)

コメント

takatakattata @takatakattata1 2019年12月26日
「退屈することなくテンポよく二時間あっという間に過ぎる」が脚本の良さ
0
段ボールの何らか @Himade4tama 2019年12月26日
ネットフリックスの回し者が! 気になる
0
昆布出汁 @kobu_dasi 2019年12月26日
コレは良いセルフまとめ。まとめ主の説明で見てみたいと思った。
0