アプリで作成
2019年12月26日

1/72スケール スーパーホーネットのプラモデルができるまで

一週間ほどで作った飛行機プラモデルの製作記録です。猫がちょっと出てきます。
6
きむら @sjkimura

久しぶりに製作開始。ハセガワ 1/72 F/A-18E スーパーホーネットを作ります。 今日はもう遅いのでコクピットあたりをちょっとだけの予定。 pic.twitter.com/4Y3KkIfoXd

2019-12-17 19:35:45
拡大
きむら @sjkimura

今回はランナーの枚数が多いのでこういう地味なことをしました。 イライラが減るのでおすすめ。 pic.twitter.com/e6KfDEfPu5

2019-12-17 19:47:56
拡大
きむら @sjkimura

たまたま持ってたので、ちょっと贅沢してファインモールドのシートベルトを使います。 pic.twitter.com/RSlnMS8OWQ

2019-12-17 20:34:41
拡大
拡大
拡大
きむら @sjkimura

今日はここまで。脚庫のフタとかめんどっちいだけのところは316番を吹いておきました。 続きはまた… pic.twitter.com/9sYTp1nhfT

2019-12-17 20:48:09
拡大
拡大
拡大
きむら @sjkimura

ハセガワのデカールのふやかしにくさで冬を感じる

2019-12-17 21:02:33
きむら @sjkimura

ハセガワ 1/72 F/A-18E、2日目。 早いうちに増槽を貼り合わせておきますよ。 pic.twitter.com/CFCbvrQ3li

2019-12-18 19:39:06
拡大
きむら @sjkimura

「持つところがないと症候群」なので、ある程度ランナーについたまま塗りました。 強い塗膜が欲しいので筆塗りです。 お疲れ気味なので、今日はここまで。 pic.twitter.com/AUkr5WcMBG

2019-12-18 20:18:10
拡大
きむら @sjkimura

ハセガワ 1/72 F/A-18E、3日目。 接着しておいた増槽の合わせ目消し。 400→600→800番でヤスリがけです。合わせ目が大きい時は瞬着を使ってるんですが、今回は不要でした。 pic.twitter.com/MoFR5WX9aT

2019-12-19 17:03:24
拡大
きむら @sjkimura

胴体を接着。同社のレガシーホーネットよりは組みやすいです。 続きはまた後で。 pic.twitter.com/VDqxfLDJqc

2019-12-19 17:44:02
拡大
きむら @sjkimura

ハセガワ 1/72 スーパーホーネットの増槽をMr.カラー で筆塗りしたときの動画です。(49秒) 308番は比較的塗りやすい色なのでムラが出来にくいです。 これは基本塗装で、後で明るく味付けしてから汚します。 pic.twitter.com/iFhpzHEeQ2

2019-12-19 19:51:55
きむら @sjkimura

この塗り方の利点は、 ・薄くて強い塗膜がができる。マスキングテープ程度では剥がれない。(あんまりマスキングテープ使わないけど) ・柔らかく塗るので下地にサフや別の色があってもほとんど溶け出さない です。私自身がせっかちなのでこうなった次第です。 twitter.com/sjkimura/statu…

2019-12-19 22:39:03
きむら @sjkimura

あと、塗装すること自体が表面処理を兼ねられるので、合わせ目消しなどのヤスリがけが600番や800番止まりでも気にならないのです。

2019-12-19 22:42:30
きむら @sjkimura

ムラが全くないわけではないです。気になる人はたぶん硬化してからメラミンスポンジでこすったらいいと思います。

2019-12-19 22:51:57
きむら @sjkimura

そんなわけで 3日目夜の部。 地味に進めています。 pic.twitter.com/1Xldlu4sOY

2019-12-19 20:01:20
拡大
きむら @sjkimura

短い時間しか取れなかったけど結構進みました。 今日はここまで。 pic.twitter.com/1ytEh8UsAz

2019-12-19 20:44:40
拡大
きむら @sjkimura

ハセガワ 1/72 F/A-18E、4日目。胴体を組み終わって基本塗装もほぼ終わりました。 明度をちょっと上げて行きまーす。 pic.twitter.com/VZ8G0IuC7c

2019-12-20 19:15:46
拡大
きむら @sjkimura

本体の指定色を少し明るくした色を用意して、丸い筆でパネルラインやリベットラインを避けてトントン塗りました。 pic.twitter.com/FF5UZHl1jM

2019-12-20 19:43:37
拡大
きむら @sjkimura

林周市さんの本を参考にしつつ筆に応用して、ドローイングガムマーカーで補修痕の表現をしました。 このガムマーカーは貼りつく力加減が程よいです。 pic.twitter.com/T8Wx9PrytO

2019-12-20 19:57:50
拡大
拡大
拡大
拡大
きむら @sjkimura

Mr.ウェザリングカラーのマルチグレーでウォッシングしてから、グランドブラウンでウェザリング。 これはくっさいのでドライヤーで強制乾燥させます。 pic.twitter.com/OiiE08ARae

2019-12-20 20:12:10
拡大
拡大
きむら @sjkimura

水性ホビーカラーのプレミアムクリアー半光沢を吹いて一旦コートしました。ここにマークソフターを塗ってデカールを貼るとシルバリング対策になります。 今日はここまで。楽しかった…。 pic.twitter.com/fJZUrMOv97

2019-12-20 20:25:56
拡大
拡大
きむら @sjkimura

ハセガワ 1/72 F/A-18E、5日目。 増槽を組み付けて、しつこくしつこくウェザリングしました。 筆洗いに使ってる濁ったエアーブラシクリーナーも塗料扱いです。 また後で続きます。 pic.twitter.com/hUFhbMzKHW

2019-12-21 13:56:40
拡大
拡大
拡大
きむら @sjkimura

念のため日光の下で確認。よしよし。 pic.twitter.com/6FBLWG1okf

2019-12-21 14:28:28
拡大
拡大
拡大
きむら @sjkimura

垂直尾翼と脚まわりがつきました。 これでデカールが貼れるぞ。 今日はここまで。 pic.twitter.com/jMFYUwTr1c

2019-12-21 21:20:28
拡大
拡大
きむら @sjkimura

仕上げ方はほぼ後で再現して統一できるので、いつもキャノピーは最後の最後に塗装しています。

2019-12-21 21:44:49
残りを読む(8)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?