生前1枚しか売れなかったゴッホが死後に弟の奥さんの尽力もあって「天才画家」になった経緯

生前1枚しか売れなかったゴッホが死後に弟の奥さんの尽力もあって「天才画家」になった経緯
4
えりぞ @erizomu

ゴッホ、一枚しか絵が売れないで死に、半年後に唯一の支援者の弟が死ぬんで、どう考えてもそこで「終わり」なんだけど、生前関係がイマイチだった弟の奥さんが、下宿屋の女将さんやりながら意地になって絵を飾ったり、展覧会をやったりして徐々に「天才画家」が完成するんだよな。そこが一番熱い。

2019-12-29 13:16:56
えりぞ @erizomu

たぶん、生前のヨハンナは「ゴッホの絵」について、よう分からん以外の感想、無かったと思うんだよ。でも夫の死後は「ただひとつの夫の遺志であり遺産」になる。そのためだけに人生を賭けた女性がいて、「天才画家ゴッホ」が完成する。

2019-12-29 13:19:08
えりぞ @erizomu

ゴーガンら、生前夫が生活を支え、夫の兄とも親交があったような画家たちに協力を断られても、ヨハンナは諦めなかった。「変な絵の飾ってある下宿の女将」が天才画家ゴッホを作ったんだ。もしかさばるからと捨てていたら、誰もゴッホのことなんて覚えていない。

2019-12-29 13:23:56
えりぞ @erizomu

この、ヨハンナは、芸術でも、ゴッホ本人でもない、夫の画商としての才能と、意地にすべてを賭けた。自分の亡き夫は、ダメな兄貴に付き合っていたんじゃない、本物の天才に投資してたんだって、数十年かけて証明した。

2019-12-29 13:26:52
えりぞ @erizomu

@SagamiNoriaki ゴッホ、グーピル商会の前経営者の甥で、後継者含みで画商やってた人なんですよね。「ジャニー喜多川の甥、アイドルデビュー!」みたいな状況で、なんで絵が売れないのか…よほど「死なないと表に出せない」人なのか…。

2019-12-29 13:40:53
えりぞ @erizomu

バズっているので宣伝です。ゴッホの手紙はゴッホが名前を付けたヨハンナの一人息子、もう一人の「フィンセント・ファン・ゴッホ」が設立したゴッホ美術館に収められ英文仏文ならHPで無料で読めます。ヨハンナの手紙もありますので、外国語が得意な方はぜひ! ゴッホの手紙 vangoghletters.org/vg/letters.html

2019-12-29 17:08:15

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?