ウェルカム・トゥ・ネオサイタマ #3

翻訳チームによるサイバーパンク・ニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」リアルタイム翻訳 (原作:Bradley Bond-san & Philip Ninj@ Morzez-san) ニンジャスレイヤー公式ファンサイト「ネオサイタマ電脳IRC空間」 http://d.hatena.ne.jp/NinjaHeads/ 続きを読む
5
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「こいつ!」ヤモトは再度イアイ攻撃を繰り出して牽制し、隣の建物の瓦屋根へジャンプした。併走者は当然、ニンジャだ!「フィーヒヒヒ!」ニンジャはクネクネとオジギした。気味の悪いメンポの口部分先端には長い針が生え、背中にシリンダーの束を背負っている。「ドーモ!俺はモスキート!」

2011-06-05 19:18:06
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「……ドーモ、モスキート=サン。ヤモト・コキです」ヤモトは嫌悪もあらわにオジギした。「女子高生にアイサツされる!なんたる役得!」モスキートは歓喜した。「ソウカイヤには女子高生のニンジャもいるだなんてねぇ!もっと役得するぞ!」ピシと音が鳴り、モスキートの右手首頸部からも針が生えた。

2011-06-05 19:32:58
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「これで俺の汚染血液と君の女子高生血液を直結相互循環!フィーヒヒヒ直結!」「イヤーッ!」ヤモトは二枚のオリガミを投げた。オリガミは空中でツバメの形を取ると、桜色の軌跡で空を切り、モスキートへ真っ直ぐに襲いかかる!「フィヒッ!」モスキートは高く回転跳躍してオリガミ・スリケンを回避!

2011-06-05 19:38:40
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「イヤーッ!」さらにヤモトはオリガミを四枚投げる!空中でそれらは飛行機の形をとり、桜色の軌跡を引いてモスキートを追撃!「フィヒッフィヒッ」モスキートはオリガミに追い立てられ、ブザマな動きで屋根を飛び回る!

2011-06-05 19:44:05
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

モスキートによってかわされたオリガミはしかし空中で軌道を変え、なおも追尾する!「フィヒーッ!?」回避が間に合わず、二発のオリガミがモスキートに着弾、小さく爆発する!ゴウランガ!これぞニンジャソウル「シ・ニンジャ」がヤモトに与えたユニーク・ジツ、サクラ・エンハンス・ジツだ!

2011-06-05 19:56:07
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「グワーッ!」モスキートは小刻みに痙攣しながら身をよじり悶える!コワイ!「これではあまりに惨い!そのカタナで直接攻撃すればよいではないか……息のかかる距離で!」「お断りだ!」ヤモトは叫び返した。

2011-06-05 20:05:43
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

彼女のニンジャ第六感が告げている。背中のシリンダー、汚染血液がどうこうという彼の言葉。接近戦を挑めば、きっとよくない事が起こる……熟練のニンジャであれば、それを「なんらかのドク・ジツのマスタリーである事はまず間違いない」と読み取ったであろうサインの数々である。

2011-06-05 20:14:06
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「アタイはソウカイヤじゃ無い」ビルの隙間を挟んでヤモトとモスキートは睨み合った。「今夜のこの騒ぎ、あンた達は一体どこの誰?」「……」モスキートは不気味な熱狂を不意にクールダウンさせ、腕組みして直立した。「……ソウカイヤの女子高生で無いと?」

2011-06-05 20:23:22
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

ヤモトは身構える。その周囲をツルやイーグルのオリガミが浮遊し、合図があればすぐにでもモスキートへ飛びかかる体勢を作って行く。「……君がソウカイヤでないのなら、現時点の殺害対象では無い。でも殺してもいいんだ、殺すなという命令も無いからな。……だがこの状況、やや俺に分が悪いか?」

2011-06-05 20:35:50
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「やってみるか!?」ヤモトはモスキートを指差して挑んだ。その目が桜色に燃え、剣呑なオリガミは威嚇するようにその周囲を乱舞する。「こ、この嫌なアンビバレント状況!」モスキートはクネクネと身悶えする……と、ヤモトめがけて跳ねた!「やっぱり役得だ!イヤーッフィーヒヒヒ!」速い!

2011-06-05 20:45:11
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

ウカツ!いきなりワン・インチ距離に立たれた事で、ヤモトのオリガミは自爆危険を伴う!「イヤーッ!」モスキートが右手の針で攻撃!「イヤーッ!」ヤモトはカタナで斬りつけ、針を一撃で折る!「フィーヒヒヒ!やるな!イヤーッ!」モスキートはヤモトへ抱きつこうとする!顔の針で刺すつもりだ!

2011-06-05 20:51:29
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「イヤーッ!」ヤモトはバックフリップを繰り出してグラップリングを回避!ナムサン!背後に着地すべき建物が無い。下の道路へ落下する!「ンアーッ!」持ち前のニンジャ敏捷性に救われ、彼女は片膝をつきながら着地した。「フィーヒヒヒ!初々しさが残っている!」モスキートが屋根から見下ろす!

2011-06-05 20:58:18
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「こいつ……」ヤモトはモスキートを睨んだ。片側三車線の大通りを矢のように走ってきたトラックが危ういところでヤモトを避け、転倒しそうになりながら走り抜ける。「ザッケンナコラー!」投げかけられる罵声!「フィヒーッ!」モスキートがヤモトを追って下へと回転跳躍!

2011-06-05 21:02:00
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「来い!」ヤモトが呼びかけると、いまだ空中に留まっていたオリガミ達が、落下中のモスキートめがけてスコールめいて降り注ぐ!「フィヒッ!フィヒッ!フィヒーッ!」モスキートは素早いチョップを空中で嵐のごとく繰り出し、オリガミを弾き飛ばす。起爆前に弾かれたオリガミは空中でむなしく爆発!

2011-06-05 21:07:25
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「さあ、斬ってきなさい!」モスキートが右腕を振ると、再び針状武器が装填された。「そして私の汚染血液を……女子高生循環……フィーヒヒヒ!イヤーッ!」「イヤーッ!」ヤモトは再度バックフリップして距離を稼いだ。接近戦には付き合わぬ!そしてオリガミ・スリケンを四枚投擲!「イヤーッ!」

2011-06-05 21:13:29
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「フィーヒヒヒ!」やはり素早いチョップでオリガミを爆発寸前に弾き回避するモスキート!「フィーヒヒヒ!君のジツは実際コワイ!実際コワイが対処しきれぬものでは無いグワーッ!」

2011-06-05 21:58:48
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

モスキートの背中が爆発!ナムサン!這いつくばるモスキート!「フィヒーッ!?不条理!」背中のシリンダーが爆発で割れ砕け、汚染液が散乱する。「さっき降らせたオリガミが全部だと思ったか」ヤモトは言った。「一個残しておいたんだ!」「背中!俺の大事な汚染血液が!」モスキートはもがいた。

2011-06-05 22:03:56
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「アタイの勝ちだ!あンた達が何なのか教えるんだ。そうしたら今回は見逃してやる!」ヤモトの周囲にさらなるオリガミ・ミサイルが舞い、ひとりでに折りあがりながら旋回待機する。「じゃなきゃ、これ全部ぶつけてやる!」「フィーヒヒヒ!優しい女子高生!」モスキートは痙攣しながら起き上がった。

2011-06-05 22:13:00
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

モスキートは自らの汚染液を全身に浴びていたが、彼自身には耐性があると見えた。「俺は……フィヒヒヒ、俺たちは、言わば、ネオサイタマから失われるであろう闇の秩序を補う循環血液だ。なあに隠す事でも無い、教えてやろう。俺たちはザイバツ・シャドーギルド!」「ザイバツ?」「その通り!」

2011-06-05 22:22:40
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「何が目的なの?」「だからネオサイタマに循環……いや、ツボミめいた君にメタファーは難しかったか」モスキートは言う。「どちらにせよ君はソウカイヤの女子高生じゃないのだろう?ならばさほど気にする事も無い。同じように明日がやってくるだけだとも!変わるのは闇の世界さ!フィーヒヒヒ!」

2011-06-05 22:31:35
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

モスキートは痙攣しながら笑った。「汚染液が無くなって私は実際アウト・オブ・アモーだ。残念ながら今日はこれでオサラバするしかない!君がそのインペイルメント=サンを切り抜けられたなら、今度こそ君の女子高生血液を循環してもらおう!」モスキートはヤモトの背後を指差した。

2011-06-05 22:37:34
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

後ろ?ブラフか?「フーンク!」その一瞬の疑いが、あわや命取りになるところであった!モスキートが示す通り、新手のニンジャが長大なカタナを構え背後から突進してきたのだ!「フーンク!」ヤモトは不意をつかれた!アブナイ!

2011-06-05 22:43:39
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

その時!道路を高速走行してきたトラックが新手のニンジャとヤモトへ突っ込んできた!「ザッケンナコラー!」合成ヤクザスラング音声クラクションが鳴り響く。二者を避けようとするが間に合わない!「フーンク!」新手のニンジャは長大なカタナのターゲットを瞬時に切り替え、トラックを突き刺した!

2011-06-05 22:47:07
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

モスキートにインペイルメントと呼ばれたそのニンジャの長大なカタナはトラックをケバブめいて真正面から突き刺し、おお、ゴウランガ!異常なニンジャ腕力で持ち上げる!「アバババーッ!」カタナはトラックのフロントパネルを貫通し運転者を貫通、シートを貫通して荷台にまで達する勢いだ!

2011-06-05 22:52:09
ニンジャスレイヤー / Ninja Slayer @NJSLYR

「フーンク!」インペイルメントは弧を描いてケバブ状態のカタナを打ち振り、その勢いでトラックを払いのけた!トラックは離れた道路上に叩きつけられ爆発炎上!ナムアミダブツ!

2011-06-05 22:58:39