10周年のSPコンテンツ!

アニメ業界と音響業界との深い溝について

アニメ業界と音響業界は全く別の畑で、そして悲しいかな、声優は後者に含まれるので、監督が役者の演出に口を出せない状況について。
音響 アニメ 声優
61
Hiroshi_Yasuda @shostakovich
アニメ業界と音響業界との深い溝について考える。多くの人は思い違いしてると思うんだけど、アニメ業界と音響業界は全く別の畑です。地殻でいえば、全く別のプレート。そして悲しいかな、声優は後者に含まれる。
Hiroshi_Yasuda @shostakovich
だって、アニメのキャスティングはおろか、原則、打ち合わせや演技指導も音響監督が行う。アニメ監督が演技の演出に口出しする場合も、まず音響監督に言って、音響監督が改めて役者さんに伝える。やってる人もいるが、もう少し、アニメの演出家が演技に口出しできるようになったらいいな。
Hiroshi_Yasuda @shostakovich
しかしそれには、アニメ演出家なりアニメ監督が、声の演技とはどういうものかもっと突っ込んで知る必要がある。今のところそれが困難なので、何人か役者さんが音響監督になっている。音響さんがあれこれ口出しするより、その方が少しは良いといえるが、それだとアニメ演出家が更に口出し難いんだよw
Hiroshi_Yasuda @shostakovich
だいたい、アニメ業界人が音響関連の人を呼ぶときは「音響さん」であり「ミキサーさん」であり「声優さん」なのである。
Hiroshi_Yasuda @shostakovich
何故そんなことを考えたかというと、第一にキャスティングの問題。新作アニメのキャスティングが決まるとネットでは「また花澤か」とか「またミューレか」と喧しくなるが、大体に於いてアニメのキャスティングは別業界である音響業界の都合で決められてる節があるんじゃないか、という仮説からなのです
Hiroshi_Yasuda @shostakovich
第二にはやはり演技の問題ね。音響監督というワンクッション置いてしか演出(監督)の意思が役者側に伝わらないのは、やはりベターとはえないのではないか。長浜忠夫監督みたいに、落語家のように役になりきり、女性は声色を使って台本を読み、演出意図を伝えるなんて、誰でもできることじゃない。
Hiroshi_Yasuda @shostakovich
第三はアニメ業界側も問題だけど、アニメ演出家やプロデューサが声優をあまり知らないという問題。別業界だから当然といえば当然なんだけど、オーディションったって、ほぼ決定してて確認のためにマイクテストする程度で、音響監督に「いいですね?」と言われれば拘りがない限りOKしちゃうでしょw
Lv.8 MMC(不確定名:こむそう) @mmc_g_o
@shostakovich 声優の人気度、事務所の力関係など、芸能的方面では語られて来ましたし、実際あるフィルターではあると思うのですが、音響方面からの考証はほとんどなかったので注目すべきでしょうね、やはり。
Hiroshi_Yasuda @shostakovich
.@mmc_g_o 気心知れた人と仕事するのがやり易いので、チョイスに偏りが出るのは致し方ないと思いますが、どこの事務所の新人を使うかとか、事務所に偏りが出たらまずいとか、前期使わなかったから今期はブッキングしてあげようとか、そういったしがらみ的な都合もあるのではないか、という。

コメント

魔怒魔神 @mugitya30 2011年6月6日
音響監督は声の演技の演出家を兼ねていて、アニメの演出家は音声のない状態でアニメーションの演出を行うので、演技の演出とアニメの演出は別になるだろうし、コンセンサスをとる意味でも監督の役割が大きくなると思うのですが。そんなに音響監督に作品が左右されてますか?
たさか(隣人部員) @ktasaka 2011年6月6日
ときどき「事務所丸投げ」ってことが起きるけど、こういう事情なのね。
s_doi @s_do_i 2011年6月6日
ガンダムZの映画版で、フオゥ・ムラサメ役だけ島津冴子からゆかなに変わったのも音響監督の独断だったよな。
silly (蓮實 智久) @sillism 2011年6月6日
最近は作画担当から監督になられる事が多いので作画の知識はあっても音響は音響監督に頼りがちという気がする。某超有名監督なんか特に(笑)。いや、彼の作品の場合は音響監督よりプロデューサーの影響かもしれないが。音響監督が声優と作品を繋ぐハブの役割をしている構造は変わらないと思うが、統括する立場として監督はもっと音響の知識を深く持って良いと思う。
silly (蓮實 智久) @sillism 2011年6月6日
あ、自分のコメントを補足すると今の仕組みだからこそいろいろな仕事の組み合わせが可能になるメリットがあるわけで(アニメの仕事以外も含めて)、他業界であることを問題視するより製作過程を監督がどれだけ把握するか考えた方が合理的、という話。
minakita @samisima 2011年6月7日
収録以外でMIXとダビングに付き合えて責任が取れるという前提で、スタジオ及び希望声優の予算組みとスケジューリングが可能なら音声制作会社を通さない製作が可能とは思います。。。基本的にキャスティングの前にあるコスト計算で方法論が決まるのではと。音声制作会社はアニメだけ作ってる訳ではない、というのがグロス価格的な強みである訳で、予算と時間があれば好きなことできると思います。
永遠 @awzotp 2011年6月7日
キャスティングが音響サイドの都合だけで決められるというのは根拠がない。各インタヴューを読んでも監督がオーディションに参加していないケースを見たことがありませんし。音響監督を別に立てるのは、基本的に監督は画の人なので、分業にした方が合理的だから。最近は、両方を兼ねる監督も増えていますが、仕事量が増えて大変だそうです。(松尾衡監督のインタヴューなど)
永遠 @awzotp 2011年6月7日
ちなみに、東映は伝統的に演出が音響面も担当することで知られていますが、むしろ東映のキャスティングの方が(自社タレントの起用など)偏っているような。
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2011年6月7日
ビーストウォーズに関しては音響監督の岩浪さんの力は絶大。まあ、あれは例外中の例外だろうけどw
永遠 @awzotp 2011年6月7日
「ビーストウォーズ」は海外作品の吹き替えだから、それこそ監督は蚊帳の外だったのでしょうね。
あどばーす・よー @AdvYaw 2011年6月7日
RT @satomit: Togetter - 「アニメ業界と音響業界との深い溝について」 - さんざん口出しできてるのでご安心ください。 http://tumblr.com/x8w2vn07k7
草薙蒼一郎 @kusanagiblade 2011年6月7日
最低でも関係者なんだろうなと思ったら、素人の妄言かよ。こんなのまとめてどうするの?
早乙女カレー @nyanta7187 2011年6月7日
ただの妄想もここまでくれば害でしかないな。
:%s/ふれーみんぐ/偽大村/g @flame_ing 2011年6月7日
何、「という仮説」って言っちゃってるって事は、これ殆ど関係の無いド素人の空想仮説って事でいいの?
ますたあ陽太郎4s @kaolu4s 2011年6月7日
twitter上で出てた反論をまとめました。http://togetter.com/li/145411
漫画脳アホウ太郎 @ayalovelove 2011年6月7日
そもそもアイコンからして気色悪いなキモオタはw で、知ったかぶりの キモオタの思い込みを真に受けるキモオタがいるというだけ。この記事は。 ネットの裏路地で残飯あさってるドブネズミ共だろ元記事主は
朝霞 薫 @Kaoru_Asaka 2011年6月8日
既出だけど、個人的にはやはり、島津冴子さんのフォゥ役の話を思い出してしまう。トミノ監督に彼女は確認取ったらしいんだけど、ああなったと。島津さんには思いが深い役だと思うんだよね。そこまで動くというのは。しかしあの音響監督もサンライズで長いし。トミノ監督はアニメとその周辺の関わりをよくご存じの方だしなぁ。難しい問題だねえ。
朝霞 薫 @Kaoru_Asaka 2011年6月8日
キモヲタ! とかいわれるけど、ネコが好きで好きで好きでたまらなくて写真動画撮ったり集めたりネコ飼いまくりんぐのネコ様ネコ様、おぉおぉぅふネコ様なネコヲタを、ネコヲタ! と卑下するって聞かないなぁ。
永遠 @awzotp 2011年6月8日
『新訳Zガンダム』でフォウやサラの声優が変わったのは富野監督の意向なのですが、未だにデマを信じている方もいらっしゃるのですね。 http://www.z-gundam.net/z2/special/index.html
Hiroshi_Yasuda @shostakovich 2011年6月8日
恐縮にも、北久保弘之監督が私の一連の発言に対し、コメント付で添削して下さいました。私の「百害あって一理なし」の妄言は信じず、または、万が一にも信じてしまった方がおられたら、こちら 「『アニメ業界と音響業界との深い溝』について北久保監督の見解」 http://togetter.com/li/145920 をご覧頂きたいと存じます。嘘をつくつもりは毛頭ありませんでしたが、一連の妄言(及び偏った理解による情報)を、図らずも全面的真実と受け取られても仕方ない書き方をしてしまったことで、その結果、この業界について
Hiroshi_Yasuda @shostakovich 2011年6月8日
また、小林治監督をはじめ、業界関係者の方々による現場の実例が書かれた「togetter -アニメの現場と音響に関するあれこれ」 http://togetter.com/li/145411 も併せてご覧いただければ、と思います。
永遠 @awzotp 2011年6月13日
Rt @shostakovich @mmc_g_o 傑作だったのは、元ツイートを何人ものプロライターが見ていたはずなのに、リアルタイムでは何も言わず、例のまとめが出て実作業者からクレームが入ってから色々言い出したことです。また、北久保監督の見解が入ってから皆沈黙してしまったのは面白かったですね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする