こよみゆうかさんの『IT業界の病理学』読んでるのまとめ

『IT業界の病理学』(司馬紅太郎(著),秋山浩一(著),森龍二(著),鈴木昭吾(著),都築将夫(著),堀明広(著),佐々木誠(著),鈴木淳一(著),技術評論社(刊):Kindle版)を読みながら、こよみゆうかがつぶやいたことのまとめです
5
こよみゆうか @koyomi_yuuka
「サービスが開始され、実際に運用が始まると、カバーすべき運用部門が悲鳴を上げ始めます」(「「運用でカバー」依存症」より) わかりますっ 時間がなかったことを言い訳にして、未来の時間を奪っていくやつですねっ (『IT業界の病理学』読んでる) pic.twitter.com/BgF1txAvd6
拡大
こよみゆうか @koyomi_yuuka
「監査の着目点がプロジェクトやプロセスの実施状況に置かれているのではなく、(中略)書類のチェックに終始してしまうと、「監査される側」を誤った方向にミスリードしてしまいます」 そうなんですよっ! 気を抜くとルールを守るためのルールになってしまうのです (『IT業界の病理学』読んでる) pic.twitter.com/ELQIeuAcLm
拡大
こよみゆうか @koyomi_yuuka
「ソフトウェアの世界は技術の進歩が速いため、経験談はピントがずれてしまうことが多く(後略)」 この部分、地に足が付いている感じがして良いですね 精進しますっ! (『IT業界の病理学』読んでる) pic.twitter.com/BEhF0iiieT
拡大
こよみゆうか @koyomi_yuuka
「リアクション芸人である出川哲郎氏から名前をとり、「出川サイクル」と言われ、「まずやってみる」ことを目的としています」 出川サイクルww メモメモ (『IT業界の病理学』読んでる) pic.twitter.com/aEhDAns0NK
拡大
こよみゆうか @koyomi_yuuka
「他業界と比べたシステム開発プロジェクトの特異性」の列挙のようですが、一番最初の項目に挙げられているのが「短工期」であることの納得感というのか虚無感というのか... (『IT業界の病理学』読んでる) pic.twitter.com/iAEbU2x5QA
拡大
こよみゆうか @koyomi_yuuka
これ、項目を眺めていただくとすぐに気がつくのですが、「ほぼすべてがクリティカルパス(スケジュール)」と、最初と最後にスケジュールに関する項目が入っていることにもグッときますよね
こよみゆうか @koyomi_yuuka
良くも悪くも時代の変化が急激に起きていると思うのです そして、変化について考えて、咀嚼して、受け入れなければ、急速に陳腐化していくのだろうな...とも思うのです
司馬紅太郎@IT業界の病理学 @shiba_koutaro
@koyomi_yuuka あー、建設業界とかと比べると、明らかに短いです。
こよみゆうか @koyomi_yuuka
『IT業界の病理学』読了 まさにソフト開発あるあるといった感じで、なかなかに心が痛いですね 時々、自分たちの開発が世間の感覚とどのくらいズレいるかは観測しておきたいものです ただ、あえて言わせていただくと、プロジェクトの混乱の根本原因は「時間が無い」に尽きると思うのです pic.twitter.com/AVscLf2cQe
拡大
こよみゆうか @koyomi_yuuka
この「時間の無い」理由を考えていくと、 ・ 時間の投資効率が悪い ・ スキル不足による時間の浪費 ・ 伝達経路が悪く時間を浪費 って感じに分解できるんじゃないかと思うのですよね(もうちょっと整理できそうですね)
こよみゆうか @koyomi_yuuka
ソフトウェアの開発手法とか、ドキュメントの整備とか、レビューとか、朝会とか、カンバンとか、バグトラッキングとか、勉強会とか...基本的にはやった方が良いんです でも、使える時間は無限にあるわけじゃないんで、どこをどこまで手を抜いて、どこに時間を使うのかを考える必要があるんですよね
こよみゆうか @koyomi_yuuka
何をやるのか?どうやってプロジェクトを進めるのか? 結局は、時間が一番の制約事項になってくるのだと思うのです
こよみゆうか @koyomi_yuuka
...実は「ゲームソフト開発をやっているので」といったような言葉を書いたのですが、激しく違和感を感じて消したのです... ゲームもソフト開発なので、やってることも起きる問題もそれほど変わらないと思うのですよ (むしろ開発手法に対して「ゲーム作ってるんだから...」と言っちゃ負けかなと)
こよみゆうか @koyomi_yuuka
@shiba_koutaro やはり物理的なモノが組み上がったり、運び込まれたりする姿を見れるのは強いと思うのですっ😜
司馬紅太郎@IT業界の病理学 @shiba_koutaro
@koyomi_yuuka @dentomo ありがとうございます。 時間もそうですが、コストも制約になることが多いです。 正直、やらなくていいことを慣習としてやっている時間、コストが大きな制約となるかもしれません。
こよみゆうか @koyomi_yuuka
@shiba_koutaro @dentomo 先のツイートでは、少しポジションを取って「時間」とあげましたが、コストの制約は大きいですよねっ そして、自分たちのやっている工程の棚卸しは難しいのです... そうした意味で、なにか参考にしたいと考えながら興味深く読みました こちらこそ、ありがとうございましたっ!!
chiroppu :進化Bキャンセル @chiroppu_K
@koyomi_yuuka 「時間がない」に集約すること、とても共感出来ます! 主観としては、その時間が無い状況に到る前提として「元々の見積りの甘さ=やらないと判らないことが多過ぎ」があるかな?と痛感しています なので今は「有用な試作の立て方とそこから正確スケジュールを見積り方」を凄く学びたいです
こよみゆうか @koyomi_yuuka
@chiroppu_K ありがとうございますっ! 見積もり、難しいですよね 精度を高くしようと思うと、見積もり自体の工数が上がっていくし、ザルだと泣きを見ると言う... 適切に開発フェイズを分割することは予防策のひとつだと思うのですがその「適切」も難しいですよね... お互い無理にならない程度に頑張りましょう
こよみゆうか @koyomi_yuuka
@chiroppu_K そして、@chiroppu_K さんの、このツイートを読んだのが、この本を読み始めたきっかけでした 興味深かったです ありがとうございました twitter.com/chiroppu_k/sta… twitter.com/chiroppu_k/sta…
chiroppu :進化Bキャンセル @chiroppu_K
@koyomi_yuuka 私もいつも こよみさんの書評は興味深いなぁと拝見させて頂いてます これからも楽しみにしています!

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする