61
R774@まとめ屋 @kendou774
スレッドにします。 『この集落は生きているのか?』航空写真で見た時、ここには人の気配がした。四国山地には、地図上にその存在はあっても、無住化している集落は少なくない。では、この集落はどうなっているのか。その答えを求めるために、平家落人伝説の残る徳島県の『祖谷山』へ行ってみた。 pic.twitter.com/DflckQBF7r
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
その集落は西祖谷山村(現・三好市)の『坂瀬集落』という。ネット上に情報は皆無で、現状も分からない集落なのだ。それ故、坂瀬の存在は以前から気になっていた。実は、2015年にも一度向かったが、道中の険しさから引き返していたのだ。それから4年が経過した今、再び『坂瀬集落』へと向かった。 pic.twitter.com/772IbdaBOz
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
徳島県西部の『祖谷山』地域には、1000mを超える山々が聳え、河川は深い峡谷となって流れている。このような厳しい環境下でも集落が存在し、平家落人の伝説が残るのも頷ける地域である。その祖谷山を流れる松尾川流域は『中祖谷』と呼ばれる。目的地の坂瀬集落は、中祖谷にある集落のうちの一つである pic.twitter.com/leEIg1d8Lm
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
『中祖谷』は、かつては祖谷山奥地への物流の中継地として栄えた。しかし、祖谷新道・松尾川林道の開通により、人と物の流れは大きく変わった。更に、同時に入り込んできた利便性が住人の生活を大きく変えた。現金収入が必要となった住人は次々と山を降りた。こうして中祖谷は大きく衰退していった。 pic.twitter.com/38Uv5rZnD0
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
まずは、中祖谷の中心的集落である『小祖谷集落』へ向かう。小祖谷に向かうルートには、松尾川ルート、水ノ口峠ルート、東みよしルートの3つがあるが、どれを選んでも険しい谷間か、標高のある峠を越えなければならない。松尾川ルートが昨夏から通行止めのため、今回は水ノ口峠ルートで向かった。 pic.twitter.com/pYl3eSaBw6
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
斜面上方まで点在する家々。(三好市)井川の市街地を抜けると、目の前には四国ならではの光景が広がる。ここから水ノ口峠まではひたすら登りが続く。登れば登るほど、奥深い四国の山村風景を感じることができる。同時に、いくつもの廃屋、耕作放棄地も見えてきて、四国山地の現状を思い知らされる。 pic.twitter.com/4oMzNwKLtn
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
凍てつく峠道を走る。標高1116mの水ノ口峠。ここをピークとして、小祖谷集落までは下りが続く。松尾川ルートが通行止めになり、このルートが中祖谷の方々にとっての生命線になっている。それでも、最も近い人里まで約20kmという距離がある。車道ができたとはいえ、中祖谷へのアクセスは容易ではない。 pic.twitter.com/omaVPCjySB
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
『小祖谷集落』 中祖谷の中心的集落である小祖谷集落。しかし、多くの家屋は廃屋と化し、住人の姿はない。そもそも、今も中祖谷に残る住人は極めて少ない。少なくとも、小祖谷、坂瀬以外の集落は全て消滅集落と化している。幸いにも、"とある"お宅でお婆さんにお話を伺うことができた。 pic.twitter.com/MYMZsvewrx
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
『小祖谷に住んでいるのは2世帯3人。でも、私のお爺さんが入院しているので、今は2人』、『今も(元住人の方が)ちょくちょく帰ってきている』そして、お婆さんはこうも仰った。『みんな山から出ていった。親族からも、山を降りてきたらと言われる。それでも山の方がいい』 pic.twitter.com/7CEEvgKE27
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
ひび割れた石碑。学び舎で旧友が再開することはもう無いだろう。お婆さんから学校の話を聞いたので、学校跡に行ってみた。雑草の生い茂る校庭。講堂と職員室が残るが、朽ちる過程に入りつつあった。多い時で約100人いた生徒は、現在0人。この地域は子供だけでなく、住人すらいなくなろうとしている。 pic.twitter.com/vuBm8WTL3s
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
『馬岡五社神社』 斜面の上には立派な神社があった。集落の規模と同様に大きな神社だ。建物はくたびれつつあるが、綺麗に手入れされていた。現住の方、或いは元住人の方が手入れされているのだろうか。その手間暇を考えると本当に頭が下がる。神社でお参りを済ませ、小祖谷集落を後にした。 pic.twitter.com/K8zpbdj0PY
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774
スレッドはまだ続きますが、遅くなったので今日はここまでにします。続きは今週中の予定です。お疲れさまでした。 pic.twitter.com/TtjsPpmZc5
拡大
五更アヤネ(ハンティング用) @gudagudabrog
こういうの凄く好き。 私も一回仕事を兼ねて廃集落を探したけどたどり着けなかった…地元の人もほぼ知らず、手掛かりは20年ほど前に地元の有志団体が地域史をまとめた冊子のみ… それっぽい場所はなんとか検討がついたので今年の夏アタックしてみよう… twitter.com/kendou774/stat…
huhu @hohho_hohho
昨年夏に行った、龍宮崖公園観光案内所で店番をしていたおばちゃんが平家の子孫のお嫁さんで、えらく感激した。 twitter.com/kendou774/stat…
牛☆大権現@毎週月曜7時小説更新 @9888Gyustar
自分の実家周辺に似てるんですよね、同じ徳島だから当たり前っちゃ当たり前なんだけど twitter.com/kendou774/stat…
ちらいむ @chilime
いくつもの集落がこうして消えて行った、あるいはこれから消えて行こうとしてるんですね…続きがとても気になる。 twitter.com/kendou774/stat…
noraneko (のら猫)@どすこい内科患者 @noranyan2000
中学生の頃地図帳で見つけて、以来40年余り、未だに行けないままの集落… インターネットって本当にありがたいです。 twitter.com/kendou774/stat…
tちゃん @BLBL801
もう20年ほど前になるけど、馬と一緒に生活していた時があって、今はそこも住人が少なくて、なくなりそう。ここ数年帰れてないし帰る場所もいずれ失くなっちゃうのかな……… twitter.com/kendou774/stat…
しげ やん @treerunner2002
前にずっと仕事してて、市道降りてたら、1.5インチ位の索道ワイヤー垂れててギリ気付いてヤバかった。 冬場は四国でも豪雪、凍結するから行かないほうがいい。 twitter.com/kendou774/stat…
*tommy* @tommychihhy
上から見るとこんな感じなのか… 西祖谷山は義両親の出身地、と言うと、この地域の出身の人が目にしたらもしかしたら特定されるかもしれないレベルだ この集落とは違うところだけど、どれくらい近いのか遠いのかもわからない 落人伝説は聞いたことある、後醍醐天皇に辿り着くらしい twitter.com/kendou774/stat…

コメント

すぷら @ayaya0089 11日前
私の地元にも平家落人伝説あるから、もしやと思って調べてみたら、やっぱり全国各地にあるんだな。
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 11日前
別に珍しいもんでもねえとは思う。かつては「平家にあらずんば~」なわけだったんだし。ちなみに俺のご先祖にも平家方の武家がいるらしい。
三楽斎 @nekokagetora 11日前
西日本の平家落人伝説はある程度真実味あるけど、東日本のは嘘っぱちだからね。源頼朝軍の主力は平氏。北条氏も平氏。逆に源氏の佐竹氏は平家方だった。むしろ南北朝期の南朝残党の方があり得るし、その辺りで伝承が狂ったのでは。
なが @k_watarase 10日前
この方のまとめを拝読すると、どうしても『ヨコハマ買い出し紀行』を思い出します 埋もれていく人の足跡を辿ってるみたいな…すごく好きです
Masaki☆ @masaki_kkmt 10日前
俺が生まれ育った集落も今はこんな感じだな…… 都市部で暮らして便利さを知ってしまうと、もう帰りたいとも思わないんだよ(´・ω・`)
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 10日前
竹宮惠子さんが安徳天皇が逃げてきたマンガを描いていたけど、ここら辺も広いね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする