Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年1月20日

堀啓子『日本近代文学入門』読書メモ集

堀啓子『日本近代文学入門――12人の文豪と名作の真実』(中公新書、2019)の読書メモをまとめました。
2
荒木優太 @arishima_takeo

「社でめぐる近代文学入門」という企画は割と面白いかもしれない。派じゃなく社。主義じゃなく社。

2020-01-19 15:00:57
荒木優太 @arishima_takeo

『少年ジャンプ』に『金色夜叉』がのったら、という企画も割と。

2020-01-19 15:12:59
荒木優太 @arishima_takeo

『雁』は観客が舞台に引き出されてしまった小説として読めるのかもしれない。見る者が見返される。

2020-01-20 08:28:14
荒木優太 @arishima_takeo

「京都学派としての菊池寛」という論文が書きたい。

2020-01-20 09:43:37
荒木優太 @arishima_takeo

「硯友社は、総帥の尾崎紅葉をはじめ、美男揃いで有名だた。偶然であろうが、タイプの異なる美男たちが揃っていたことが、注目度をいっそう高めた」(堀啓子『日本近代文学入門』)。へぇー。

2020-01-20 11:03:33
荒木優太 @arishima_takeo

「じっさい、かれらの学校の行き帰りの往来には、近所の若い女性たちがズラリと並んで花道ができ、彼女らが目引き袖引き、熱い視線を送っていたという」(堀啓子『日本近代文学入門』)。硯友社ガールだな。

2020-01-20 11:05:12
荒木優太 @arishima_takeo

「鏡花の作品には「紅葉(もみじ)」という語は登場しない」(堀啓子『日本近代文学入門』)。へぇー。

2020-01-20 11:06:38
荒木優太 @arishima_takeo

「気の毒のなのは『読売新聞』で、「一大飛躍」のための「紙面改良」の一環として、漱石を「特別寄書家」として迎える旨をすでに大々的な社告として打っていた。それだけに、漱石が『朝日新聞』に入社した折には、その事実をあっさり報道するにとどめた」(堀啓子『日本近代文学入門』)。かわいそうに

2020-01-20 11:09:37
荒木優太 @arishima_takeo

「涙香の連載は、『都新聞』の売り上げを大幅に伸ばした。人気のあまり、休載すると過激なファンから脅迫電話が新聞社にかかるほどだった」(堀啓子『日本近代文学入門』)。愛知トリエンナーレかよ。

2020-01-20 11:12:04
荒木優太 @arishima_takeo

堀啓子『日本近代文学入門』読了。円朝、四迷、一葉、田辺花圃、紅葉、鏡花、漱石、涙香、花袋、鷗外、菊池、芥川の12人で辿る文学史。一葉の横に田辺花圃を並べるのが上手いなと思った。芥川までならば、どうしたって男の歴史になるからね。上手く補っている。

2020-01-20 11:21:10
荒木優太 @arishima_takeo

紅葉の『金色夜叉』のストーリーは、バーサ・M・クレー『女より弱き者 Weaker Than a Woman』に想を得ているそうだ。なんやねんそれ、と思ったら、掘啓子さん自身が翻訳しているようだ。南雲堂フェニックス、2002。

2020-01-20 11:24:56
荒木優太 @arishima_takeo

他方で、何度か「女流作家」を使ってて、これが男性研究者だったらすごい怒られるんだろうな、と思ってちょっとモヤった。

2020-01-20 11:29:44
荒木優太 @arishima_takeo

(まあ私はそこまで悪いことだとも思ってないんで、別にいんですけどね)。

2020-01-20 11:30:02
荒木優太 @arishima_takeo

堀啓子本は、この種の本としては完成度高くて満足したのだが、いま近代文学を紹介するには正にこの「この種の」を通過しなきゃいけない制約も感じてしまった。簡単にいうと、キャラ化できるような作家エピソードといいますか…文アル文スト的な方向性ですね。

2020-01-20 11:34:52
荒木優太 @arishima_takeo

文アル文ストがなければマジで近代文学死んでるんで、そういう意味では感謝はしても恨みなどもつはずがないわけだが、しかし副作用というのは確実にある。悩ましいところだ。

2020-01-20 11:37:46
荒木優太 @arishima_takeo

いまちょうど有島本書いてるわけだが、相変わらずテクストを読むという方向性なので、文豪エピソードニーズにはあまり応えられないだろう。極端なことをいえば、作者が代作などで別人であることが発覚しても、なお訂正する必要のない分析こそ至上と考えているので。

2020-01-20 11:48:37

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?