【安倍改憲の大ウソ=日本は「日米合同委員会」>憲法】いくら憲法を変えても日米の協定を見直さなければ自衛隊は米軍の下請けのまま

まとめました。
2
八百屋長兵衛 @rook0081
知ってはいけない──隠された日本支配の構造|BOOK倶楽部特設サイト|講談社BOOK倶楽部 book-sp.kodansha.co.jp/topics/japan-t… pic.twitter.com/JeZpFfN5Df
拡大
拡大

知ってはいけない──隠された日本支配の構造|BOOK倶楽部特設サイト|講談社BOOK倶楽部
http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/japan-taboo/

目次

第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
第3章 日本に国境はない
第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
第6章 政府は憲法にしばられない
第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である
追記 なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか

なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟(矢部 宏治) | 現代新書 | 講談社(4/4)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466?page=4

 商業目的以外でのこのマンガの使用・拡散は、このサイトから自由に行ってください。また、同サイトでは、本稿(「はじめに」)や第1章、「あとがき」「追記」を無料で公開していますので、ぜひご覧ください)

   ↓↓↓
(拡散できる4コママンガ掲載サイト)

この本の1~9章それぞれに計9本の4コママンガ

知ってはいけない──隠された日本支配の構造|BOOK倶楽部特設サイト|講談社BOOK倶楽部
http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/japan-taboo/

矢部宏治 @yabekoji

最新11月13日刊『知ってはいけない2』(講談社現代新書)→ (bit.ly/2qyA1DL)/『知ってはいけない』→(goo.gl/EZij2e)/『日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか』(立読→ow.ly/C6wfH

矢部宏治 @yabekoji
ついに来た。1年前にこの事態を予測し、詳しく説明しています→gendai.ismedia.jp/articles/-/582… 実は日本は米軍による核の地上配備を、拒否する法的権利を持っていません。日本列島を対中国・ロシアの核戦争の最前線基地とし、反撃も日本に吸収させる。それが米軍の最終目標なのです ryukyushimpo.jp/news/entry-100…
リンク 現代新書 | 講談社 25 users 2400 なぜ日本は、アメリカによる「核ミサイル配備」を拒否できないのか(矢部 宏治) 世界中の国のなかでなぜ日本だけが、異常なアメリカの軍事支配から抜け出せないのか。ベストセラー『知ってはいけない』の著者が、戦後日本〝最後の謎〟に挑む。
リンク 琉球新報 20 users 4070 米、沖縄に新型中距離弾道ミサイル配備計画 ロシア側に伝達、2年内にも 基地負担大幅増恐れ 中距離核戦力(INF)廃棄条約が8月2日に破棄されたことで、条約が製造を禁じていた中距離弾道ミサイルの新型基を、米国が今後2年以内に沖縄はじめ北海道を含む日本本土に大量配備する計画があることが2日までに...
矢部宏治 @yabekoji
それを止められるのは、国民の反対と、正しい政治行動だけです。核ミサイルの発射「ボタン」を他国に委ねたまま、核抑止体制(恐怖の均衡)に組み込まれるのは、歴史上最悪の選択。核戦争を誘発する可能性が高まり、私たちの子孫が100年苦しむことになります。
矢部宏治 @yabekoji
もちろん沖縄だけの話ではありません。「今後2年以内に、沖縄はじめ北海道を含む日本本土に大量配備する計画」なのです。
リンク 琉球新報 1 user 273 核持ち込み「あってはならない」 玉城知事、米ミサイル計画反対 中距離ミサイルを沖縄県内に配備するとした米国の計画が本紙報道で明らかになったことに関し、玉城デニー沖縄県知事は3日、県議会一般質問で対応を問われ「いかなる理由でも沖縄への核の持ち込みは絶対あって...
矢部宏治 @yabekoji
「日本に配備される場合の候補地として、PAC3が配備される米軍嘉手納基地や、イージス・アショア配備候補地の秋田市と山口県萩市も可能性があるとの見方がある」(「琉球新報」社説) ryukyushimpo.jp/editorial/entr…
リンク 琉球新報 148 <社説>米国の新型中距離弾 沖縄配備許してはならぬ 核弾頭が搭載可能な中距離ミサイルを、米国が沖縄をはじめとする日本に配備しようと計画していることが明らかになった。米中ロによる新たな冷戦構造の中で、沖縄が恒久的なミサイル基地に位置付けられかねない...
リンク 琉球新報 33 米が開発を進める新中距離弾道ミサイルとは… 米国が開発を進めている新型の中距離弾道ミサイルは、核弾頭装備が可能で、威力は10~50キロトンの範囲で選べ、最低でも広島に投下された原爆(12キロトン)級の威力がある。 大陸間弾道ミサイル(ICBM)は...
リンク 現代新書 | 講談社 288 users 31610 なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟(矢部 宏治) 私たちが暮らす「戦後日本」という国には、国民はもちろん、首相でさえもよくわかっていない「ウラの掟」が数多く存在し、社会全体の構造を大きく歪めてしまっているという。はたして、この国を動かしている「本当のルール」、私たちの未来を危うくする「9つの掟」とは一体どんなものなのだろうか?『知ってはいけない――隠された日本支配の構造』を著した矢部宏治氏が解き明かす。
リンク 講談社BOOK倶楽部 1 user 40 『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』(矢部 宏治):講談社現代新書 製品詳細 講談社BOOK倶楽部 日本には、国民はもちろん、首相や官僚でさえもよくわかっていない「ウラの掟」が存在し、社会全体の構造を歪めている。そうした「ウラの掟」のほとんどは、アメリカ政府そのものと日本とのあいだではなく、じつは米軍と日本のエリート官僚とのあいだで直接結ばれた、占領期以来の軍事上の密約を起源としている。最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」を参照しながら、日米合同委員会の実態に迫り、日本の権力構造を徹底解明する 私たちの未来を脅かす「9つの掟」の正体、 最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」とは? なぜ日本は米国の意向
リンク 講談社BOOK倶楽部 40 『知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた』(矢部 宏治):講談社現代新書 製品詳細 講談社BOOK倶楽部 第二次大戦のあと、日本と同じくアメリカとの軍事同盟のもとで主権を失っていたドイツやイタリア、台湾、フィリピン、タイ、パキスタン、多くの中南米諸国、そしていま、ついに韓国までもがそのくびきから脱し、正常な主権国家への道を歩み始めているにもかかわらず、日本の「戦後」だけがいつまでも続く理由とは? 10万部を突破したベストセラー『知ってはいけない』の著者が、「戦後日本の“最後の謎”」に挑む! かつて占領下で結ばれた、きわめて不平等な旧安保条約。 それを対等な関係に変えたはずの「安保改定」(1960年)が、 なぜ

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?