「ゆらぎ荘七つの大罪問題」

ゆらぎ荘七つの大罪問題とは、フェミニズムを分析する視点のひとつ。
ゆらぎ荘の幽奈さん 七つの大罪 宇崎ちゃん 表現の自由 フェミニズム 茜さや ふともも展 週刊少年ジャンプ 性的消費
13

ゆらぎ荘七つの大罪問題とは、「性暴力を肯定的にとらえているけではないゆらぎ荘の幽奈さんは痛烈な批判を浴びたのに、性暴力を肯定する描写のある七つの大罪は知名度も上なのに批判の声はほとんど見られない」という、フェミニズムを分析する視点のひとつ。


インターネット【公式】 @nabata_me
【ゆらぎ荘七つの大罪問題】漫画「ゆらぎ荘の幽奈さん」のカラーページは多くの人にバッシングされたが、犯罪性が高く影響力も甚大と考えられる七つの大罪の方は問題とされなかった問題。 pic.twitter.com/h97fvrb9yo
拡大
拡大
拡大
拡大
インターネット【公式】 @nabata_me
当時、この二つのどちらがより性的加害行為なのかを問題とした。当然、七つの大罪側は(少なくともフェミニストとされるサイドからは)共感を得られなかった。1,2,3,七つの大罪 4,ゆらぎ荘 pic.twitter.com/oEDmy6Nrlv
拡大
拡大
拡大
拡大
インターネット【公式】 @nabata_me
問題の漫画はまず加害者が少年漫画的主人公であること、被害者と加害者は初対面であること、加害者は被害者が寝ている間に胸を揉み被害者が起きて気付き困惑した表情でありつつ頬を赤らめたこと、この”オチ”がブタからの”ツッコミ”であること(つまり主人公の性加害は面白いボケとなっている)。
インターネット【公式】 @nabata_me
これにとどまらず、第2の性加害(スカートめくり)も行われるわけだが、物語内の処理としては第1のものと同様の扱いとなっている。私はこの時、少なくとも何らかの類型に当てはめることなく、文脈を余すところなく理解して評価した。
インターネット【公式】 @nabata_me
そんなひどい漫画、ゆらぎ荘より問題になるでしょ!と思うかもしれませんが、全く問題になりませんでした。具体的な性加害が謎なゆらぎ荘が問題になった理由は、露出の多いカラーページがあったからです。ここに表現規制派は大きな矛盾を抱えることになったのです。
インターネット【公式】 @nabata_me
この顛末がいわゆる(というか私が勝手に言ってるんだが)「ゆらぎ荘七つの大罪問題」です。 間違えないでほしいのは、この「ゆらぎ荘七つの大罪問題」は、「問題にならなかった」というケースであることです。ここまでしても問題にならないんですよ、という話。

「ゆらぎ荘七つの大罪問題」の類型のような事件は頻繁に起こる。
インターネット【公式】 @nabata_me
表現についても、女性への加害表現でなく、女性の性的価値のカリカチュアともいえる部分がいつも問題となります。 ゆらぎ荘七つの大罪問題でもそれは顕著でした。ふともも展でも同じです。
インターネット【公式】 @nabata_me
これまさにゆらぎ荘七つの大罪問題だよな。 人類、たぶんまだ数十年くらいこの問題に立ち向かわなければならないよ。 twitter.com/KilkilGoregore…

コメント

ヘルマン @bookman17 2020年1月21日
ゆらぎ荘が駄目だと騒がれるのが問題であって七つの大罪含む他が騒がれないのは別に問題ではない もともとどちらも問題ないのだから
インターネット【公式】 @nabata_me 2020年1月21日
bookman17 その意見も理念的には素晴らしいご意見だと思います。しかしこの問題はフェミニズムの論理的整合を議題としているので、趣旨をご理解いただきたく思います。
しがらみ @1o_stj 2020年1月21日
フェミニズムの論理的整合で言えば、漫画と現実において女性の人権が自由かどうかというのがあるのではないでしょうか(この場合はゆらぎ荘批判が矛盾しますが)。モデルの人権を侵すような読み方をされる表現の如何せんなどかと
喋ロース @talking_loin_29 2020年1月21日
個人的にはすごく簡単だと思います。「その作品のBL2次創作が活発かどうか」に尽きると思います。自分の好きな作品を否定したくないので、その作品の女性を性的に見る描写には目を瞑りますが、特に好きではない作品については否定しても自分が傷つかないのでやりたい放題になるかと。
将軍 @syougun 2020年1月21日
知名度高い作品は必然的にファンの母数が多い、ゆえにそこを批判すると反論が多いだろうからしない(逃げる)んでしょ。最近だとツイフェミが鬼滅の刃の女性に無理矢理言い寄るキャラや胸見せびらかし衣装(作中で制作者へ否定的扱いがある故に)は問題ない扱いにしてる。
将軍 @syougun 2020年1月21日
ラッキースケベはその後制裁があろうがけしからんけど、有名作品のキャラが無理矢理言い寄るのは言い寄られたキャラから後に制裁があったので無問題とか放言できる時点でツイフェミに論理的思考など不可能なのだ。
柿木まめ太 @kakinokimameta 2020年1月21日
表現手法の違いじゃないかな。七つの大罪の方は「視線がバラける」ように描いてるけど、ゆらぎ荘の強調手法は「胸に固定」の描き方になってる。読者の目線を胸に誘導しているから、対象人物の人格より胸を見世物的に強調してるかに見える。七つの大罪は行為はアウトだけどそれは使ってないね。別にフェミじゃないから知らんけど、彼らの文句はその辺り「だけ」と思うし、だからこそヘンテコリン。作者が胸好きなだけでしょ、ゆらぎ荘。それを勘案せず、胸にしか価値を認めない作者のごとく言うのは変。
柿木まめ太 @kakinokimameta 2020年1月21日
こう、じっくりと問題になった例の表紙を見ると、本当にこの作者さんの胸へのコダワリが滲んでるなぁとか思うんだけど、どうだろうか。ふつう、こんなポーズにチャレンジしないだろ、描くにも苦心してそう。
Jin-takehara @Jintakehara1 2020年1月24日
シティハンターを批判しない時点でな… 男性器誇張、主人公が各ヒロインにセクハラしまくる。とにかく女性キャラが美人でエロい、セックスを取引材料にする女性刑事etc… しかし、女性人気が高い