Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年2月1日

映画『アイリッシュマン』狂猫病による感想&解説その5 フランクの「妻」(ネタバレ有り)

マーティン・スコセッシ監督作品『アイリッシュマン』についてのレビューです。 作品のポイント、構成などについて解説しています。 今回はある「四人家族」、特に「夫婦」について。  ※大いにネタバレを含みますので未見の方は注意
1
狂猫病 @kyobyobyo2

『アイリッシュマン』の主人公フランク・シーランには「本当の妻」がいる 多くの観客が、この事実には初見でも気がついたか、あるいは無意識的にでも察することができただろう そう、ラッセル・ブファリーノその人である

2020-02-01 04:22:41
狂猫病 @kyobyobyo2

決して無根拠な、口の悪い方々が言うところのいわゆる「腐った」発想ではない 作中では明白にそれを窺わせるような描写がなされている この構図を全く感じ取れないという意見があるならば、それは監督スコセッシの隠蔽がいかに巧みだったかということの証左に他ならない 以下に根拠の場面を挙げていく

2020-02-01 04:27:51
狂猫病 @kyobyobyo2

まずは弁護士ビルの娘の結婚式に向かう四人の車内の様子だ 運転はフランク、助手席にラッセル、妻二人は仲良く後部座席だ 夫婦で隣り合って座らないのはやや不自然だが、これはラッセルの集金業務の都合という見方もできる しかし出発直後から、「四人家族」のそれぞれの立ち位置は明白なものとなる

2020-02-01 04:35:54
狂猫病 @kyobyobyo2

ラッセルの妻キャリーが「煙草を吸いたい」と駄々をこねる たしなめるラッセルだが、一瞬納得したはずのキャリーは耐えきれなくなった様子で結局煙草をふかし始めてしまう 仕方なく道路脇に駐車して休憩を入れるその姿は、車に酔いやすい娘二人の「四人家族」だ

2020-02-01 04:41:14
狂猫病 @kyobyobyo2

この旅行中、いくつかの場面で妻二人は「姉妹」として描かれる 夫二人がそれぞれ電話を掛けているシーンや、プールサイドのシーンなどがそれだ フランクがパンクの修理をしている脇でラッセルが通行車に注意するシーンも非常にわかりやすい 妻二人は意図的に幼く見えるように演出されている

2020-02-01 04:52:16
狂猫病 @kyobyobyo2

暗殺前日の夜、なぜかラッセルが厨房内部でサラダを用意している あからさまな、監督からの目配せのシーンだ 「妻」が食事の支度をしている脇で、「夫」が明日の仕事の予定を相談する、古きイタリアのステロタイプな夫婦の姿だ 「夫」は「妻」に完全に仕切られていて、頭が上がらない

2020-02-01 04:57:08
狂猫病 @kyobyobyo2

暗殺当日、フランクとラッセルが食堂で朝食をとる一方で妻たちは無邪気に眠りこけている フランクにシリアルの種類を尋ね、皿によそってやるラッセルの様子は、どこか素っ気なくありながらも甲斐甲斐しい この場面の会話に限らないが、ラッセルが妻たちのことを「girls」と呼んでいるのもわかりやすい

2020-02-01 05:04:23
狂猫病 @kyobyobyo2

「コーヒーは自分で淹れるよ」 pic.twitter.com/b0h2m78lBQ

2020-02-01 05:43:10
拡大
狂猫病 @kyobyobyo2

この朝食時の会話には緊迫感がある それもそのはず、このシーンは「元恋人」との合流予定を気にしている「夫」に対し、「妻」が「あんた一人で行ってしっかり『話』をつけて別れてきなさい」と暗に告げている構図になっているからだ ラッセルは「夫」の未練に泣きわめいたりするようなタマではない

2020-02-01 05:10:09
狂猫病 @kyobyobyo2

極めつけはビルの娘の結婚式だ これはフランクとラッセルの二度目の、あるいは正式な「結婚式」でもある 「元恋人」である親友を殺し、結果最愛の娘ペギーの喪失を直観してか悲しげなフランクに対し、間にフランクの妻を挟んだ位置のラッセルは満足げな笑みを浮かべている

2020-02-01 05:15:26
狂猫病 @kyobyobyo2

目についた場面を列挙してみたが、いかがだろうか? しかし見直して実感するのは、ともすれば性的に媚びた要素として鼻につく構図を、監督スコセッシと俳優陣が巧みに「脱臭」していることだ 特に、「陰険な策謀家」と「肝っ玉母さん」を二重に演じきったジョー・ペシには圧巻という言葉の他ない

2020-02-01 05:22:16
狂猫病 @kyobyobyo2

以上です ありがとうございました 二度目の「結婚式」については、へたま山さん(@230cdeluxe)からのリプライによって気づかせていただいたものでした 読んでいただいた方々とこうしたやり取りができるのが本当に楽しく、感謝しています 重ねてありがとうございました

2020-02-01 05:31:42

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?