編集可能 アプリで作成

日本神経科学学会・科学コミュニケーション委員会、科学コミュニケーション・ガイドライン 策定公開

まとめました。
5
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

Neuroscientist. Professor, Fujita Health Univ. Editor-in-Chief, Molecular Brain Editor-in-Chief, Neuropsychopharmacology Reports Tweets are my own

scholar.google.co.jp/citations?user…

Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

日本神経科学学会・科学コミュニケーション委員会が、「科学コミュニケーション・ガイドライン - 研究成果のプレスリリース - 」というものを策定し公開しました。 研究者が研究成果をプレスリリースを行う際のガイドラインとなります。 jnss.org/ethic/

2020-02-01 20:31:43
石部統久 @mototchen

科学コミュニケーション・ガイドライン - 研究成果のプレスリリース - 日本神経科学学会・科学コミュニケーション委員会 jnss.org/wp-content/upl…

2020-02-02 11:28:01
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

プレスリリース資料を作る際に使っていただくことのできるテンプレートと、チェックリストもついています。神経科学だけでなく、他の研究分野でも十分適用できる内容になっているのではないかと思いますので、ぜひご活用いただければと思います。

2020-02-01 20:33:44
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

このガイドライン、何の変哲もないもののようにも見えますが、実は、2点、かなり特徴的なポイントが含まれています。「報道での文献明示の依頼」と「報道記事の事前のチェックと事後の対応」です。

2020-02-01 20:37:54
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

研究を報道していただく場合には本来は当該の文献の出所が明示されていることが望ましいですが、これがなされていないのが日本では一般的かと思います。このガイドラインでは、リリース時に「文献明示の依頼」を報道機関の方々に行うことを推奨しています。

2020-02-01 20:41:44
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

また、報道内容と当該研究の結果・結論が事実レベルで相違するケースがあります。これを防ぐため、報道前に報道文原稿について、研究内容の事実関係および取材時の発言内容に該当する部分の正確性について、公表前に確認(ファクトチェック)させていただきたい旨をお願いすることを推奨しています。

2020-02-01 20:50:03
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

このガイドラインは、案の段階で文科省記者クラブの報道各社の方々に配布しまして、複数のメディアの方々より、ご意見をいただくことができました。上の2点については「お願い」することは容易にできますが、それが実現するかどうかは実際はなかなか敷居が高いです。

2020-02-01 20:56:54
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

文献の出所を明示するには、それなりの文字数を使う必要があります。現状で科学関連の記事のスペースは小さいことが多くジャーナル名を記載することが困難ということがあるようです。ネット記事で出典へのリンクをはることは諸外国では行われていることであり、これは十分可能であると考えられますが。

2020-02-01 21:01:46
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

公表前の確認(ファクトチェック)については、日本の大手報道各社の中には、「報道の独立性」を社内ルールとして持たれるところがかなりあるようで、これを担保するために、掲載前に記事内容を取材関係先に見せて確認するということは行われないのが基本のようです。

2020-02-01 21:05:14
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

「ファクトチェック」という言葉もだいぶ定着してきましたし、このあたりのルールは、少なくとも科学関連の報道については現代的な方向性でアップデートしていただきたい、ということを研究者コミュニティから日本のマスメディアの方々に地道にお願いしていく必要があるのではないかと思われます。

2020-02-01 21:07:32
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

ガイドラインには、この他にも、 ・著しい飛躍は避けるべき、とか ・問題のある報道が認められた場合、この委員会が意見の表明や公表を行うことがある、 など重要なことが書かれていますので、プレスリリースを行ってみたいという方はぜひご一読いただければと思います。

2020-02-01 21:13:50
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

また、このガイドライン、他の学会でもご参考にしていただき、適宜、改変していただいて使用していただいて結構ですので、ぜひ(参考にしていただいた場合は引用いただけると幸いです)。

2020-02-01 21:15:23
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

@waki1711 「チェック」という言葉には上下関係は全く想定されていなかったと思いますが、そのようなニュアンスはこの言葉に一般的なのでしょうか。

2020-02-02 09:38:31
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

@waki1711 このガイドライン中では他にも、著者自身によるチェックに加え、科学コミュニケーションの専門家、所属機関や研究費配分機関の広報担当者、分野外の研究者にチェックを行っていただくことも推奨されております。もちろんですが、これらの方々の中には上下関係は想定されてないです。

2020-02-02 09:40:19
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

@waki1711 報道に関わるできるだけ多様な関係者の皆様にご協力いただき、できるだけ正確でわかりやすい報道をしていただけるようお願い申し上げたいという趣旨になります。

2020-02-02 09:43:39
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

@waki1711 まさにおっしゃるような「なるべく正しくお伝えしたいので、ご相談させていただきたい」ということと同様な目的かと思いますので、ご協力をお願いできますとたいへんありがたいです。 よろしくお願いいたします。

2020-02-02 09:46:08
horiguchiitsuko @itsukoh0702

@tsuyomiyakawa 参考にします。昨年度全国大規模コホート関係で作成しました。研究者の所属先により広報の仕組みや方法(通すだけ、チェック入る等)がまちまちで、広報側に過激な?因果関係証明したような?コピーをつけられてしまうのを、気をつけて下さいと話してたりします。あと専門用語だけでなく略語ですかね。

2020-02-01 20:50:35
horiguchiitsuko @itsukoh0702

@tsuyomiyakawa @mototchen @Micheletto_D 確認できるかを聞く程度でしょうか。私たちが作成したチェックリストには入れていません。大学という組織内ですらチェックできず広報部門優先で流れちゃいます←これは阻止せねばならぬ。

2020-02-02 10:48:45
バイクくん@超お嬢様のパグ @Micheletto_D

@tsuyomiyakawa 読みました。良い試みだと思うのですが、チェックリストと実際にやる作業手順をイメージできる人は少ないと思います。例えば、内容を大学院生に聞いてフィードバックを貰うにしても秘密保持などがありますから作業のどの時点で行うべきか?というのは悩むところです。

2020-02-02 08:32:57
バイクくん@超お嬢様のパグ @Micheletto_D

推奨ワークフローがあるとわかりやすいと思いました twitter.com/tsuyomiyakawa/…

2020-02-02 08:33:50
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa

@Micheletto_D ワークフローの例のようなものを示すのはよいかもしれないですね。ただ、最初の原稿を執筆したり、原稿のハンドリングをする(関係者に回して確認をとっていくなど)のが誰になるかは、所属機関/部署でそのような担当者がいるかどうかで違ってくるので、意外に定型化するのは難しいかもしれません。

2020-02-02 08:40:22
Tomo @T45356

研究者自身が出すプレスリリースや論文ですらフェイクニュース状態の分野がありますが… twitter.com/tsuyomiyakawa/…

2020-02-02 13:24:31
残りを読む(7)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?