2020年のExcelの新機能(XLOOKUP、FILTER、スピル等)について

本まとめは2019末~2020年2月までの間にExcel(サブスク)に導入された新機能に関するツイートを収集したものです。 Office 365 2001から? ・XLOOKUP、XMATCH 続きを読む
5

参考資料リンク集

Microsoft公式 スピル関連
リンク support.office.com 動的配列とスピル配列の動作 Excel の動的で、こぼれた配列数式の動作について説明します。
リンク support.office.com 暗黙的なインターセクション演算子:@ 暗黙的なインターセクション演算子 (@) について説明します。これは、'共通部分' と呼ばれるロジックを使って1つの値を返します。 暗黙的な共通部分演算子 (@) では、値、単一のセル範囲、またはエラーが返される場合があります。 暗黙的な共通部分演算子 (@) は、動的配列と呼ばれる関数のクラスに含まれています。
リンク support.office.com #SPILL!Excel のエラー #SPILL エラーは、数式が複数の結果を返す場合に返されます。 Excel では、結果をグリッドに返すことはできません。
Microsoft公式 新関数
リンク support.office.com FILTER 関数 FILTER 関数を使用すると、定義した条件に基づいてデータの範囲をフィルター処理できます。 FILTER は、動的配列と呼ばれる関数のクラスです。
リンク support.office.com RANDARRAY 関数 0 から 1 までのランダムな数値の配列を作成するための RANDARRAY 関数について説明します。 RANDARRAY は、動的配列と呼ばれる関数のクラスに含まれます。
リンク support.office.com SEQUENCE 関数 1、2、3、4 など、配列内の連続した数値の一覧を生成することができる、SEQUENCE 関数について説明します。 SEQUENCE は、動的配列と呼ばれる関数のクラスに含まれます。
リンク support.office.com SORT 関数 範囲または配列の内容を並べ替える、SORT 関数について説明します。 SORT は、動的配列と呼ばれる関数のクラスに含まれます。
リンク support.office.com SORTBY 関数 SORTBY 関数について学習します。この関数は、範囲または配列の内容を、対応する範囲または配列の値を基に並べ替えます。 SORTBY は、動的配列と呼ばれる関数のクラスです。
リンク support.office.com UNIQUE 関数 一覧または範囲内の一意の値の一覧を返す、UNIQUE 関数について説明します。 UNIQUE は、動的配列と呼ばれる関数のクラスに含まれます。 5
リンク support.office.com XLOOKUP 関数 表や範囲から行ごとに情報を検索する場合は、XLOOKUP 関数を使用します。 たとえば、自動車部品の価格を部品番号で検索するか、従業員 ID に基づいて従業員名を検索します。 XLOOKUP を使用すると、1 つの列で検索語を検索し、戻り列がどちら側にあるかに関係なく、別の列の同じ行から結果を返すことができます。 2 users 138
リンク support.office.com XMATCH 関数 XMATCH 関数は、配列またはセル範囲内で指定された項目を検索し、最初の一致の相対的な位置を返します。
個人ブログ記事
リンク Qiita 新しいExcelの一番の変更点は「スピル」? - Qiita 新しいExcelの性能についてのリリースがあり、ネットでは、VLOOKUP関数が高速になった、AI搭載されたなどのトピックで賑わっています。 でも、実は、表計算の従来の概念を覆すかもしれない、「スピル」という考え方が導入されています。... 343 users 238
リンク kamocyc’s blog Excel スピル(動的配列数式) とバージョン間の互換性 - kamocyc’s blog これは,Spreadsheets/Excel Advent Calendar 2019の記事です. いよいよExcelにスピルがやってきました! スピルとは 配列数式との違いは? いつから使える? 過去のバージョンのExcelとの互換性は? 旧Excel ➡ 新Excel の場合 VBAは? 新Excel ➡ 旧Excelの場合 旧Excelで問題無いパターン 旧Excelでエラーになるパターン VBAの互換性 まとめ スピルとは 1年ちょっと前にOffice 365 Insiderの「スピル」という機能 3 users
リンク 経理・会計事務所向けエクセルスピードアップ講座 【新機能】エクセルのスピルでマトリックス表を作る Office365やExcel2019では「スピル」という新しい機能が導入されました。 「スピル」は、いわゆる「マトリックス表」を作るときに使うと、とても便利です。 ほとんどの場... 1 user 6
リンク Excel ラボ 動的配列①【2019年12月】動的配列関数とスピル挙動の導入 Excelが史上最大進化してしまったあああ 2018年9月にMicrosoftが「スピルと動的配列数式」の導入を発表してから、1年ちょっと経って、「結局、まだまだ導入されないのかな」と思っていたら、いつの間にかOffice365の月次アッ 1
リンク エクセルの神髄 スピルって速いの?スピルの速度について|VBA技術解説 Office365を導入する企業や個人で契約する人もかなり増えてきているようです。自然とスピルや新関数を使う事も増えてくるでしょう。今まで範囲内に同じ数式を入れるときは、絶対参照・相対参照を組み合わせて入れなければならず、これを難しく感じていた人も多いでしょう。

XLOOKUP導入前夜祭

XLOOKUPが使える使えない2019/10
はけた@経理のExcel仕事術 8/27発売 @excelspeedup

エクセルのxlookupは、Office365のどのバージョンから使えるようになるんでしょうか?

2019-10-28 08:35:46
ことりちゅん@えくせるちゅんちゅん @KotorinChunChun

@excelspeedup メインPCのOffice 365ではXLOOKUP使えるようになってたんですが、サブPCではダメでした。 サブPCのバージョンは 1909 12026.20320 で、不可 アップデートを適用して 1910 12130.20184 でも、不可 どちらもInsiderではないし、同じライセンスのはずなのですが・・・謎です。

2019-10-28 10:01:01
残りを読む(163)

コメント