編集部イチオシ

2020.02.03 #ながおかみらい会議「#DJ松永 夢を叶えた軌跡」トークセッションまとめ

2020.02.03 新潟県長岡市・アオーレ長岡 市民交流ホールで開催された「ながおかみらい会議『DJ松永 夢を叶えた軌跡』トークセッション実況・関連ツイートまとめです。
ながおかみらい会議 DJ松永 イベント 長岡 音楽 ログ 学問 文化 Creepy Nuts
20
開会前の会場の雰囲気
DJ 松永(Creepy Nuts) @djmatsunaga
今日は地元長岡で講演会をやらせて頂きます。。。既に受付は終了してますが、来られる皆さんお待ちしてます! pic.twitter.com/epO7i2fYKx
拡大
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
開会挨拶、司会はFM PORTナビゲーターの立石氏。 #ながおかみらい会議
第1部:DJ松永さんトーク

事前に参加者から寄せられた質問を司会のFM PORTナビゲーター・立石勇生氏が紹介しながら、DJ松永さんがそれに答えつつトーク。

天谷窓大 Sota Amaya @amayan
DJ松永さん登場!! 「ただいま… (司会の立石氏に)ただいまの敬語って、なんていうんですかね?」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
松永さん「地元の友だちが最前列の席にいます」 からの、中学時代のご友人から花束贈呈! #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
松永さん「地元の友人4人が花束贈呈ということだったんですけど、2名しか上がってこなかった」 ご友人「まぁそういう日もあるよ」 松永さん「うるせぇ!」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
ここから先、特に人称を設けない場合はDJ松永さんの発言です。 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
Q.学生時代はどんな人だった?すごい自意識過剰だったと思う。人からよく見られようと必死になっていたかも。自分の理想を高い位置に置いていて、そのギャップにさいなまれていた。街を一歩出ればいまでも「どうしたら変に見られないか」が気になる。」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
「人に見られることを意識してばかりだったので、かっこよく見られる音楽ばかり聴いていた。小学生から洋楽ばかり聴いていた。ヒップホップを聴き始めたのは中学生から。ヒップホップと同時にTFMのWANTEDを(友達から?)教えてもらって、それが入り口」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
「いちどラジオが好きになると、そのパーソナリティのことが好きでどうしようもなくなる」 McGaffinでも話されてましたな。 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
「ヒップホップを好きになったきっかけがラジオ。ヒップホップとラジオは自分の中では切っても切り離せない存在」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
Q. DJを目指したきっかけは?部活の試合中、ラジオで聞いたヒップホップの曲が頭のなかにずっと流れるようになった。そのときふと『(サッカーを)辞めようかな』と思って、その翌週に部活を辞めた。 高2でバイトして貯めた7万円で初心者用のDJセットを買って、DJを始めた#ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
「DJを始めるのに明確な意思があったわけではなく、「ヒップホップ好きだな、たまたま手元にお金があるな」という流れで始めた」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
「初心者用のDJセットをヤフオクで売り、わらしべ長者的にグレードアップさせていった」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
「自分はMD世代だから、ターンテーブルを買って初めてレコードを再生した。はじめて針を落としたときのワクワクはいまも忘れないようにしている」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
アナログレコードのときはDJのスキルに「この(レアな)レコードを持っていること」というのがあった。デジタル化してDJからコレクション性が失われたときはすごくドキドキした」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
「ヒップホップはいろんなジャンルの音楽を取り入れてつくるので、ヒップホップをやるといろんな音楽に詳しくなる」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
Q. 安定していない職業という不安は? 「いまが一番それを自覚しているかも。来年のいまごろは食えていないかもしれない。1年という期間を経て全然景色が変わる。ブレイクするアーティストの裏にはそれだけ動員を落としている人たちがいると思うと、不安は大きい」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
「売れていない時代はあまり将来への不安がなかったかも。音楽で食えるようになったのはごく最近。(売れて)ギャラを17万円振り込んでもらったときのことはいまでも覚えている」 #ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
DJになりたいというよりはヒップホップアーティストになりたいという志向が強かったので、「DJってクラブDJのことなの?クラブ行かないと行けないの?怖い」と驚いた。自分の好きなことでないと身が入らなかったので、R指定と出会ったタイミングでクラブDJをきっぱり辞めた#ながおかみらい会議
天谷窓大 Sota Amaya @amayan
Q. バトルDJを始めたきっかけは?DJといえばスクラッチでしょ、というくらいの気持ちで始めた。しかしスクラッチができる人があまりいなかったという話。知らない人に「DJやってみせて」と言われて、瞬間的にお客さんを沸かせたいという気持ちもあった」 #ながおかみらい会議
残りを読む(28)

コメント

麻婆豆腐 @to_hudaisuki 2020年2月4日
こんな真面目な話をしているCreepyNutsをいつかテレビで見たいなぁ。ボクらの時代に出演オファーしませんかねぇフジテレビさんや。
次郎正宗 @zealous_ 2020年2月4日
「好きであることを担保にしないといけない」名言じゃが( ¯•ω•¯ )
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする