編集部イチオシ

日向坂46の「ソンナコトナイヨ」は、「ダンス」と「メンバーの存在感」が曲を引っ張り支配している。

日向坂46の「ソンナコトナイヨ」は、「ダンス」と「メンバーの存在感」が曲を引っ張り支配している。 「何処かで聴いたような」ありがちな退屈な曲に「疾走感を加速」させ、「グルーブ感」ある独特の色にしている。 そこを上手く引き出している「MV」にグイグイ引き込まれる。聴く曲でなく「観る曲」だ。 メンバーの成長が感じられ、歌い踊ることの無条件な喜びが日向坂46らしくビンビン伝わってくる。
ソンナコトナイヨ 日向坂46 Happy! ダンス アイドル グルーヴ アレンジ
15
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想0】日向坂46の「ソンナコトナイヨ」MVを観て、少し特別な感想を持ったので連続ツイートします(体調が少し落ち着いてきたし、興味深いので…)。 1:総論、2:ダンス、3:曲、4:メンバーの存在感、5:MV演出、6:アレンジ、7:その他
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 1:総論-1】この曲は「ダンス」「メンバーの存在感」曲を引っ張り支配している。 「何処かで聴いたような」ありがちな退屈な曲に対し、「疾走感を加速」「エネルギーを増大」させ「グルーブ感」ある独特の色にしている。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 1;総論-2】また、メンバーの成長が感じられ、歌い踊ることの無条件な喜びが日向坂46らしくビンビン伝わってくる。 そこを上手く引き出している「MV」にグイグイ引き込まれて行く聴く曲でなく「観る曲」だ。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 1:総論-3】つい繰り返し聴いてしまう「中毒性」があるというコメントが散見される正体は、この「疾走感・グルーヴ感を加速・増幅するダンス」「メンバーの膨らんだ存在感」にあるというのが僕の結論(これはBABYMETALの初期に感じたのと同じ)
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 2:ダンス-1】今のアイドルにとってダンスは必須だけど、いくら激しく難度を上げても曲に合わせていたり、無理やり振りをつけているものが多い。この曲は歌詞・曲以上にダンスが「疾走感」「躍動感」「グルーヴ感」を強烈に「加速・増幅」させている。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 2:ダンス-2】さらに、メンバーのダンススキルが飛躍的にアップしていてキレが増しており、難易度の上がったダンスでも余裕があるのか?日向坂46らしく全員の笑顔が眩しくてHappy!!が伝染してくる。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 2:ダンス-3】特に#東村芽依 さんのダンスのキレと躍動感が凄くて、前ノリ気味のグルーブ感グイグイ引き込まれていくサビ部分は内面のエネルギーが爆発している感じで、凛々しくて格好良い。ついにフロントに出て来たなって、、、
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 2:ダンス-4】幾つかのジャンルの世界的なダンサーのパフォーマンスを実際観て思ったのは、ダンスのキレって「スピード」「大きさ」に加え、如何にビシッとシャープに「止めて」次の動きに移れるかにあると思っていて、東村さんからもそれを感じる。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 2:ダンス-5】欅坂46が出て以降、アイドルのダンスが激しく何度の高いものになりがちだけど、やっぱりアイドルなので「笑顔」が見えて「憶えやすい」っていうのは重要だと思う。そういう意味では日向坂46は「原点回帰」的といえるかもしれない。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 2:ダンス-6】MVでは全員のダンスについてコメントできないが、#齊藤京子 さんの手を大きく動かすときのダンスは独特の存在感とキレがあって以前から好きだし、フロントに出てきた#金村美玖 さんもキレがあって凄く成長と奮闘がわかる。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 2:ダンス-7】MVだとわかりづらいが、後半~終盤のフォーメーションチェンジの部分も、全体の疾走感(ドライブ感)を加速し、かつ変化を与えていそうで早くステージでのパフォーマンスを観てみたい。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 3:曲-1】曲そのものは「乃木坂46やAKB48に…」という声もあるけれど、これほどわかりやすい形で加工せずに出すのも珍しい。アレンジも(意図的だろうけど)古臭く中途半端。曲だけだと正直かなりしんどい。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 3:曲-2】でも、多くのアイドルの曲だってSingle表題曲が多少バレにくいだけで、洋楽や過去の日本の曲(下手すりゃ自分達の過去の曲)から引っ張って来て味付けしているものがほとんどだ。「どこかで聴いたような…」って感じで…。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 3:曲-3】いやアイドルだけでなく、意識的か無意識かは別にして、洋楽や過去の曲から引っ張って来て、多少アレンジしてレゴのように組み合わせるというのは、歴史的に日本のPOPS・ROCK全体の伝統でもある(詳細は大滝詠一氏「分母分子論」他)。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 3:曲-4】だから、この曲に関しても洋楽中心に何万枚も聴いて来た僕の感覚では、特別でなく誤差みたいなもの。他のJ-POP同様、曲は平凡。だからこそダンスや演者の個性・存在感が重要で、この2つが曲に独特の個性や色を新たに持たせている。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 3:曲-5】歌詞についてはコメントしたくない。僕は秋元氏の歌詞に対する評価は高くない。特にアイドル曲については、「何処かで聴いたよな…」もしくは「何処かで目にしたような…」自意識中心のあざとい歌詞オンパレードなので、、、。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 4:存在感-1】メンバーを観ているとホント楽しいんだろうなって、全員が歌ったり踊ったりMV撮影するのが嬉しくて仕方ない、そんな感覚が伝わってくる。MVの笑顔が作ってないんだ。撮影直前までみんなでワイワイ笑っていたんじゃないかって思える。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 4:存在感-2】ファンじゃない人が観たとき、笑顔でHappy!!な気分になる存在って少ないよ。少なくとも僕にはなかった。日向坂46にはそれがあると思う。過剰すぎず下品でもない。エゴも嫉妬もない。無条件で眩しい笑顔、良い雰囲気だ。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 4:存在感-3】最近一人ひとりの存在が膨らんで、一つのチーム・存在になっている。小坂さんだけポーンと抜け出しているんじゃなくて、可愛い女の子を集めただけじゃなくて、MV観ていても凄く仲の良い一枚岩のグループだと伝わってくる。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 4:存在感-4】そんなメンバーのポジティブなエネルギー膨らんだ存在感を見ると、凄く応援したくなるし僕たちもHappy!!な気分になる。ホント今の日向坂46はHappy!!が爆発している。だからMVを観なくちゃ意味がないと思うんだ。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 5:MV-1】膨らんだメンバーの存在感眩しい笑顔と喜び躍動感と疾走感のある曲を加速するダンス。そこを上手く汲み取っている良い演出のMVだと思う。だから、「ソンナコトナイヨ」は聴く曲でなく「観る曲」だと思う。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 5:MV-2】前半は一人ひとりのHappy!!な表情を捉えつつダンスの疾走感を出しているし、終盤の埠頭でのシーンは疾走感とエネルギーを爆発させている。MVの演出が曲に新たな息吹を吹き込んでいる。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 6:アレンジ-1】前奏ホーン部分や間奏のギターソロは古臭くありきたり(昭和を狙ったのかもしれないけど)。ロック調だったりキーボード(DAW・DTM)があったりホーンがあったりして、全体的に安易で中途半端。かつ「何処かで聴いたような…」の典型。
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 6:アレンジ-2】Aメロでのギターとベースのユニゾンが前ノリ気味に疾走感を醸し出し格好良いけど、イヤフォン型でなく大きめのヘッドフォンで大音量で聴くと凄く乗れて良いです。一気に引き込まれる。(ありがちなアレンジだけど…)
坂道への伝言 @DengonSakamichi
#日向坂46 #ソンナコトナイヨ MV感想 6:アレンジ-3】そう考えるとアレンジはよりロック調にして、サビ部分とかもベースとドラム(特にスネア)を強調したほうが疾走感・グルーヴ感が増してノリが良くなったと思う。
残りを読む(6)

コメント

Matie @rmatie2002 12日前
一人だけダンスレベルを下げていた人がお休み中なわけで、もし全員揃っていたらどういう印象だったんだろうか
16TONS@最近ゲームやってねえ @moonintears16t 7日前
『「何処かで聴いたような」ありがちな退屈な曲』秋元康の作詞はいつもこれだから響かない層には全然響かない。好き嫌いははっきり分かれると思いますね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする