編集可能 アプリで作成

DAZZLE 飯塚さんによるイマーシブシアターの今後

2020年1月24日〜2月4日まで京都・南座で上演されたイマーシブシアター『サクラヒメ』を終えて、DAZZLE 飯塚さんによるイマーシブシアターのこれまでと現在と未来。 サクラヒメ公式 [https://kyoto-sakurahime.com/]
京都南座 サクラヒメ 舞台 体験 演劇 DAZZLE イマーシブシアター
1
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
DAZZLE脚本演出のイマーシブシアター『サクラヒメ』が、無事に終演いたしました。 全ての出演者・スタッフ・関係者の皆様、そして何よりご来場頂き、この作品世界を共に生きて下さった都人・雲上人の皆々様、本当にありがとうございました! 改めて落ち着いて色々書きたいと思います。 #サクラヒメ
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
夢のような都から、現実へ。 イマーシブシアター、ダンス、2.5次元、EXILE、宝塚、日本舞踊、南座…ときっと皆様「好きなもの」に導かれて、何かしら「初めて体験するもの」に出会うことが出来たのでは無いでしょうか。より好きになったり、新たなものを好きになられていたら幸いです。 #サクラヒメ
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
改めて、まだ日本ではあまり知られていないイマーシブシアターにDAZZLEと共に挑戦して下さった、出演者皆様にスタッフの皆様に感謝しつつ、このイマーシブシアターが起こしつつある変化について、作り手として感じていることを書いておこうと思います。 後進の方のためにも。 #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
「体験型って前からあるのでは?」「別に新しくない!」と、おっしゃる方もいらっしゃるようにイマーシブシアター的な要素を持つ、実験的な作品はこれまでもたくさん行われてきました。恐らく、数百年前から。ライブエンターテイメントに関わる人なら誰でも思いつくことなので。 #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
僕が、イマーシブシアターというものが現在迎えている状況を捉えるために重要だと思うのは「他のエンターテイメントに比肩する、あるいは凌駕する作品が出てきた」こと。 それがゆえ「中長期的な興行として成立(成功)するようになった」という二点です。 #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
つまり、実験は終わりました。 ZAURUSなどを経て(若い方は調べて下さい)、iPhoneが出てきたのと同じなのでは無いでしょうか。 そうでなければDAZZLEはもちろん、サクラヒメのメインキャストやスタッフの方々のような一流のプロフェッショナルが参加することは出来ません。 #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
数年前「ニューヨーカーが選ぶ最も価値のある100ドルの使い方」にNYの「Sleep no more」が選ばれました。 ヤンキースタジアムで野球を見るより、ブロードウェイでミュージカルを見るより、イマーシブシアターが価値がある、と思う人が少なくとも一定程度いるという「事実」 #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
僕も数多の舞台を観てきましたが、NYのSleep no moreとThen she fellよりも明確に刺激的だったと思えるのはルーマニアのFAUSTぐらいです。これもイマーシブ的な要素があるのですが。もちろん好みもあります。(僕はDAZZLEの舞台作品を客席で見たことはありませんし…!) #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
そして、現在の情報過多、コンテンツ過多の時代も相対的な「体験」の価値向上を後押ししています。誰もがどこにいても、同じものをスマホなどを通して「鑑賞」出来てしまうので。「特別な、自分だけの、奇跡的な瞬間」に出会いたいと願っても、それは現代のどこにあるのでしょう #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
NYのイマーシブシアターを見たときに「DAZZLEなら先に行ける」と思い、挑戦が始まりました。イマーシブシアターの弱点は同時多発と表裏一体。「物語のカタルシスが弱い」ということです。僕らはこの克服に意識的に挑んでいます。イマーシブシアターで泣けるのはDAZZLEだけでは。 #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
NYの二作品とDAZZLE。共通するのは「ダンス」。イマーシブシアターをセリフベースで展開するのは構造上物語が歯抜けになる以上難しい。ダンスなら抽象的表現と踊りの強度で観客の想像力を導くことが出来ます。ただ、サクラヒメでは言葉のない演技の力も感じることができました。 #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
また、イマーシブシアターは「没入」が重要なため美術や衣装の重要性が高い。ただ、常設でないとなかなか作り込めません。DAZZLEは実際の廃病院を使ったり、サクラヒメであれば逆に舞台機構を随所に使って南座でなければ出来ない表現で違う強さを作るなど、工夫してきました。 #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
また、作品世界に観客が何者として存在するのかも、没入に関わってくるかと思います。患者、避難者、都人、雲上人など。設定があるから、役割が生まれます。特に作品の結末に関われることは体験の際の集中力や責任感に大きく影響すると思います。作るのは非常に難しいですが…! #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
大小5作品ほどイマーシブシアターを作ってきたからこそ、分かったこと、思いついたアイデアもたくさんあり、それは今後の作品で体験して頂けたらと思います。イマーシブシアターは参入障壁がとてつもなく高いので、DAZZLEが果たすべき役割の大きさも感じつつ、さらに精進します #イマーシブシアター
DAZZLE 飯塚浩一郎 @kou1rou
と、書いてきましたがDAZZLEは舞台の可能性も信じていますし、ユニゾン、構成の美しさ、演出等々まだまだ突き詰めていこうと思っています。イマーシブの経験も経て舞台作品で「観客の意志により」予定調和ではない「その時、その場だけの物語」を作ることに挑むのが3月のNORAなのです。ぜひ、ともに。

DAZZLE 新作公演「NORA」
2020 3/5〜3/8  @Brillia HALL (Ikebukuro)
https://nora-dazzle.tokyo/

「#演劇」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする