Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能 アプリで作成

妊娠中のラットの過剰なダイエット減少により生まれたラットは低身長

まとめました。
7
しましょ(島田祥輔) @shimasho

この伝え方のまずいところは2つ。 1. ラット実験なのに人間のイラストを書いている 2. 論文では摂取カロリーを40%減らしているので書くなら「過剰なダイエット」にするのがいい twitter.com/tx_news/status…

2020-02-06 20:07:11
しましょ(島田祥輔) @shimasho

ただ妊婦のときにカロリー含めて十分な栄養をとっていないと子どもが肥満や高血圧になるというのはオランダの追跡調査があっていろんな遺伝子のエピジェネティクスが変化することが明らかになっているから、妊婦さんは食べ過ぎも食べないもよくないよ、というのはいえますね。

2020-02-06 20:13:16
リンク WIRED.jp 後天的に獲得された形質は、次の世代へと遺伝する──「エピジェネティクス」の謎を独科学者らが解明|WIRED.jp DNAという「生命の設計図」に書き込まれた遺伝子は、環境や生活習慣によって変化することが近年の研究でわかっている。「エピジェネティクス」として知られるその変化は、次世代にも遺伝する。そのメカニズ 278 users 3079
リンク Science Advances DNA methylation as a mediator of the association between prenatal adversity and risk factors for metabolic disease in adulthood Although it is assumed that epigenetic mechanisms, such as changes in DNA methylation (DNAm), underlie the relationship between adverse intrauterine conditions and adult metabolic health, evidence from human studies remains scarce. Therefore, we evaluated 37
しましょ(島田祥輔) @shimasho

テレ東ニュースの論文はサイレポのこちら。IFG1や成長ホルモンレセプターのmRNA発現低下、身長だけでなく体重変化もあって、(論文では触れてないけど)オランダ飢餓を動物実験で再現できたとも言えそう。 nature.com/articles/s4159…

2020-02-06 20:19:31
リンク Scientific Reports Fetal malnutrition-induced catch up failure is caused by elevated levels of miR-322 in rats If sufficient nutrition is not obtained during pregnancy, the fetus changes its endocrine system and metabolism to protect the brain, resulting in a loss of body size. The detailed mechanisms that determine the success or failure of growth catch-up are st
しましょ(島田祥輔) @shimasho

冷静に考えたら「過剰なダイエット」って妊婦でなくても男性でもよくないよな。

2020-02-06 20:24:04
しましょ(島田祥輔) @shimasho

このニュースは論文情報を入れてくれたことについてはうれしいです。そういう文化が広がりますように。

2020-02-07 11:19:12

コメント

鱶森 @sHark_plus0 2020年2月7日
小さく生んで大きく育てる、という婦人科の試み、結局成長しても小さいままになってるという問題はどっかで読んだな
6
LULU @wwPnEHq1CnS56Dy 2020年2月7日
妊婦が好き好んで「ダイエット」するなんてレアケースでは? 産院で体重増加を指導される方が多いと思うのだがそれは含まれないのか? 妊婦糖尿や高血圧という直近の危険を回避する為に、子孫の身長が犠牲になっているという話ではないのか? このタイトルでは「美容優先のバカ妊婦」を叩く流れになりそうで。
1
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年2月7日
妊婦の低栄養状態の本当の問題は子供の低身長ではなくて低免疫力なんだよなあ。14世紀半ばのペスト大流行はそれ以後に続くペストと遺伝子上ほぼ差異がないのにあの規模で死者が出たのは、14世紀前半の気象以上や蝗害の影響による長期的な穀物不足から妊婦の低栄養状態が続いたからだとされている
0
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年2月7日
逆に高栄養状態の妊婦から生まれると、免疫過剰つまりアレルギーの問題が出やすいので、カトリック文化圏の国では1歳までに子供を家畜小屋などの不衛生な環境にわざと連れ出すという。キリストが馬小屋で生まれたのも、生前薬売り(今でいうアレルギー薬を売っていた)をしていたとされるのも、宗教性を抜きにして医学的に見ても間違いではないんだよなあ
0