Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

アニメカイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡を巡る旅、ワンナウツ24話脚本:話作りの基礎

アニメカイジに感動し、かつ高屋敷英夫さんは子供~大人になるまで、よく見る名前なので気になった…と思ったがこの方の歴史は膨大すぎた。 今回は、ワンナウツ24話(高屋敷氏脚本)について。 前回は、ワンナウツ21話(同氏脚本)について。 https://togetter.com/li/1463458 続きを読む
0
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 1 カイジが好きで始めた、アニメ版カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの担当作を追うシリーズの続きやります。 今回は、ワンナウツ24話(高屋敷氏脚本)について。

2020-02-09 14:00:11
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 2 前回の特集は、ワンナウツ21話(高屋敷氏脚本): makimogpfb2.hatenablog.com/entry/2020/02/… ↑のtogetter版: togetter.com/li/1463458 私のブログの、ワンナウツに関する記事一覧: makimogpfb2.hatenablog.com/archive/catego… 他: togetter.com/id/makimogpfb

2020-02-09 14:00:24
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 3 アニメ・ONE OUTS(ワンナウツ)は、甲斐谷忍氏原作の漫画をアニメ化した作品。謎めいたピッチャー・渡久地東亜の活躍を描く。監督は佐藤雄三氏(カイジ監督)で、シリーズ構成が高屋敷英夫氏。 今回のコンテ/演出は細田雅弘氏で、脚本が高屋敷氏。

2020-02-09 14:01:37
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 4 詳細は、ブログに書きました: ワンナウツ24話脚本:話作りの基礎 - カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡 makimogpfb2.hatenablog.com/entry/2020/02/… #はてなブログ #ワンナウツ #高屋敷英夫

2020-02-09 14:03:22
リンク カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡 ワンナウツ24話脚本:話作りの基礎 - カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡 アニメ・ONE OUTS(ワンナウツ)は、甲斐谷忍氏原作の漫画をアニメ化した作品。謎めいたピッチャー・渡久地東亜の活躍を描く。監督は佐藤雄三氏(カイジ監督)で、シリーズ構成が高屋敷英夫氏。今回のコンテ/演出は細田雅弘氏で、脚本が高屋敷氏。 ─── 本記事を含めた、当ブログのワンナウツ関連記事一覧: http://makimogpfb2.hatenablog.com/archive/category/%23%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%84 ─── 今
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 5 今回の話: (22~23話で)ようやくブルーマーズ(巧みなイカサマを行う球団)の盗聴作戦を攻略した渡久地(球団・リカオンズの謎めいた投手)は反撃に転じ、更なるイカサマと相対する。一方、彩川(リカオンズオーナー)は渡久地潰しを企む。

2020-02-09 14:05:00
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 6 ブルーマーズ(インチキを行う球団)が使う特殊球では牽制球が投げられないのを利用し、渡久地(球団・リカオンズの謎めいた投手)は悠々盗塁。 ブルーマーズ捕手・沢村は、特殊球がバレたかどうか熟考。ここは内容がよくまとまっている。 まとめの上手さは高屋敷氏の長所。 pic.twitter.com/sMnGbAEVxa

2020-02-09 14:08:59
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 7 更に渡久地は盗塁し3塁へ。沢村は、このとき特殊球と普通球を入れ替えたことに一先安堵。だが渡久地は内心「安心してんじゃねーぞ」と、ほくそ笑む。テンポの良い心の探り合いは、あしたのジョー2(脚本)でも見られた。 pic.twitter.com/qmnhAZ1b6V

2020-02-09 14:10:12
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 8 渡久地は、この3連戦において買収してある三原(リカオンズ監督)に、自分の作戦を伝える。 買収の件で凄む渡久地に気圧され、三原は彼に従う。 愛嬌ある中高年キャラは、ルパン三世2nd(演出/コンテ)、1980年版鉄腕アトム(脚本)ほか、高屋敷氏担当作につきもの。 pic.twitter.com/AINJlc35Tn

2020-02-09 14:11:29
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 9 渡久地が何をやろうとしているのかわからない今井(リカオンズ遊撃手)や藤田(同・三塁手)はキョトンとする。この二人は地味ながら、原作より目立つ。高屋敷氏は脇役を光らせるのが上手く、めぞん一刻・カイジ(脚本)でもそれが存分に発揮されていた。 pic.twitter.com/YueY3HXvoi

2020-02-09 14:12:30
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 10 渡久地の作戦は、無死3塁の状況でスクイズという奇策。間に合いそうに無いのに本塁へ走る渡久地に、今井と藤田は驚愕。ここも二人が原作より目立つ。コンテやアフレコでのアドリブもあるかもしれない。 pic.twitter.com/aC3wyKoLey

2020-02-09 14:13:25
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 11 当然アウトと思われたが、球がこぼれておりセーフに。これで同点。 渡久地は、特殊球と普通球を使い分けるために沢村が隠していた球を取り出し、落球のように見せかけたのだった。 これを渡久地がリカオンズの皆に解説する下りも、原作内容が上手くまとめられている。 pic.twitter.com/NxskupKDI5

2020-02-09 14:14:56
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 12 沢村は、渡久地の悪どさに戦慄する。 沢村の思考の見せ方が序盤から上手かったためにドラマが濃厚になっており、構成の妙が感じられる。 そして、特殊球によるインチキナックルを封じられたブルーマーズ投手・ウィリアムスは打たれ続けて降板し、リカオンズは逆転。 pic.twitter.com/9F446ypdZH

2020-02-09 14:17:50
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 13 一方、試合を見る彩川(リカオンズオーナー)が何か企んでいるのを感じた及川(リカオンズ広報部長)は渡久地に電話しようとするが、彩川に見つかって携帯を取り上げられる。ここもまとめ方が上手く、かつBパートへのヒキが巧み。 pic.twitter.com/i6ia8NnAEU

2020-02-09 14:18:38
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 14 及川は、ワンナウツ契約(1アウト毎に渡久地に+500万円、1失点毎に渡久地が-5000万円)での彩川の負け額(42億円)を帳消しにする秘策を彩川が思い付いたとし、自分の推測を語る。キャラが喋っているだけでも緊張や面白さを感じさせる技術は、グラゼニ(脚本)でも光る。 pic.twitter.com/Y3yD7TvjTC

2020-02-09 14:19:48
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 15 及川は、当人の事情でベンチの指示に従えない場合は違約金5億円という契約内容を活用するべく、彩川が渡久地潰し(怪我等)を狙っているのでは…と自分の考えを述べる。 及川の瞳に彩川が映るが、同じような表現はF-エフ-・蒼天航路・グラゼニ(脚本)にも見られた。 pic.twitter.com/OkSHO4YxZF

2020-02-09 14:21:25
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 16 及川の話を聞いている間、彩川は煙草に火をつける。原作通りだが、相当に強調されており、間の取り方が上手い。 煙草や葉巻を使った感情表現は多い。MASTERキートン・めぞん一刻(脚本)と比較。 pic.twitter.com/dGr93xPI7X

2020-02-09 14:22:35
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 17 彩川は、及川の推測は正解だとしながらも、どういう手段か言い当てられたら百点満点だったと不敵に笑う。ここも、煙草を使った感情/状況の表現が上手い。グラゼニ・RAINBOW-二舎六房の七人-(脚本)と比較。 pic.twitter.com/US7U7iSyRP

2020-02-09 14:23:28
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 18 そして9回表、打席に立った渡久地に対し、(ウィリアムスに代わって登板した)南芝は死球寸前の危険な球を投げる。 それを見る彩川は邪悪な面を見せる。原作通りだが、豹変は色々な作品で印象に残る。MASTERキートン・カイジ2期・RAINBOW-二舎六房の七人-(脚本)と比較。 pic.twitter.com/iP53igV1j3

2020-02-09 14:24:47
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 19 彩川は、南芝が抜群の制球力を持ち、的確に危険な球を投げられる投手であることを語る。ここも彩川の解説がうまくまとめられている。とにかく高屋敷氏は、原作をアニメの尺に落とし込む技術が凄い。 pic.twitter.com/yaQ5TbsxNq

2020-02-09 14:25:58
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 20 危険な球を投げ続ける南芝に対し渡久地は、すっぽ抜けに見せかけてバットを飛ばす。 なんとなく、チエちゃん奮戦記(脚本)の酒瓶飛ばしと比べると面白い(どちらもスピンがかかっているためか)。 pic.twitter.com/eIIaxtKtVQ

2020-02-09 14:26:51
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 21 渡久地の反撃を見た及川は、思わず喝采してしまう。 高屋敷氏は、主人公や物語を見守る存在を上手く配置するシリーズ構成をする傾向があり、それはカイジ2期やグラゼニのシリーズ構成・脚本でも光る。 pic.twitter.com/nRbHfo1lQu

2020-02-09 14:28:05
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 22 再び渡久地はバットを飛ばし、また危険な球が来たらバットが飛んじゃうかも…と南芝を威圧し、彼の戦意を喪失させる。 監督(佐藤雄三氏)が同じなのも手伝い、カイジ(脚本)において、覚醒して人を圧倒するカイジを彷彿とさせる。 pic.twitter.com/Hf2ccldmVl

2020-02-09 14:29:07
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

#高屋敷氏脚本ワンナウツ24話 23 そしてリカオンズ2点リードの9回裏、ブルーマーズの攻撃。1塁についていた(ピンチ時には登板)渡久地は、巧妙に足をぶつけてきた走者に吹っ飛ばされる。 どちらも原作通りだが、グラゼニ(脚本)における走者と投手の交錯と比べると面白い。 pic.twitter.com/16q40dM07f

2020-02-09 14:30:05
拡大

訂正:
2点リード→3点リード(原作では4点リード)

残りを読む(14)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?