2020年2月15日

滋賀プラス・サイクル・シンポジウム「CO2削減と健康経営に役立つ『自転車通勤』導入ガイド」報告2020.2.14

滋賀プラス・サイクル推進協議会と輪の国びわ湖推進協議会の主催。2019年度実施の滋賀県自転車通勤モデル事業の報告と、自転車通勤推進に向けた次年度の展望を語り合いました。
0
くうのる @kuunoru

滋賀プラス・サイクル・シンポジウム「CO2削減と健康経営に役立つ『自転車通勤』導入ガイド」始まりました。事前申込みより多くの方が来られています。 biwako1.jp/news/202001061… pic.twitter.com/jasIzuELTu

2020-02-14 13:33:06
拡大
くうのる @kuunoru

はじめに滋賀県交通戦略課課長よりご挨拶と事業の紹介。滋賀プラス・サイクル推進協議会は、公共交通体系の一つとして位置づけ「常に自転車を選択肢のひとつとして考えてみましょう」という「+cycle(プラス・サイクル)」の考え方を推進する官民連携プラットフォーム #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:35:43
くうのる @kuunoru

滋賀県交通戦略課課長>プラス・サイクルとともに、「健康しが」の取組としても自転車通勤の取組を進めている。滋賀県は平均寿命・健康寿命(客観的指標)とも全国上位。楽しみながら健康的に過ごせるように。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:38:07
くうのる @kuunoru

滋賀県交通戦略課課長>自転車通勤モデル事業は、2事業者にスポーツバイクまたは電動アシストスポーツバイクを貸し出して実践いただいた。講習、健康測定等を実施。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:39:19
くうのる @kuunoru

滋賀県交通戦略課課長>参加者のメンタル調査では、自転車通勤実施時はその他の通勤手段に比べて、落ち着きやリラックス度がアップ、イライラやだらけ度がダウンというめざましい結果。身体面は下半身の筋力アップが見られた。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:40:30
くうのる @kuunoru

滋賀県交通戦略課課長>令和2年度は引き続き行う予定で、県議会で予算が承認されたら、春と秋に実施する方向で検討中。来年度事業の参加意向を今日はお伺いもしたい。こちらの担当者まで。了 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:42:11
くうのる @kuunoru

司会>守山市役所の体験者の声をビデオでご紹介する。 (ビデオ上映)「自転車の性能が良かった」「頭が冴えた」「思ったよりよかった」「行きは込むので車と時間が変わらない」「気軽に寄り道しやすい」「満足して買い食いがなくなった」 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:45:33
くうのる @kuunoru

(ビデオ上映)「通勤以外も近所に自転車で出かけるようになった」「仕事で琵琶湖岸や野洲川まで」「現場まわりはチャリの方が行きやすかった」「ランチにもパッと出かけやすかった」「声をかけられることが増えた」「自転車について話題が発展した」 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:49:07
くうのる @kuunoru

(ビデオ上映)「暑い寒いに敏感になった」「道の状況に気づくことが多かった」「今後も続けます。毎日はしんどいから季節のいいときに」「荷物の少ないときはやります」「今の自転車より使い勝手が良かったから続けたいです」了。現物の自転車は前に展示中。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:52:08
くうのる @kuunoru

最初の講演は成城大学経済学部教授の海老島均さん「自転車通勤と健康・環境」。「RUDGE」イギリスの1930年代のポスター。しかし、日本ではなぜか健康と自転車を結びつける視点が弱い。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:54:11
くうのる @kuunoru

海老島氏>自転車は3E、エコロジー、エコノミー、エクササイズ。びわこ成蹊スポーツ大学勤務の時、片道27kmを自転車通勤。1年で1万2000キロ走った。毎日がアドベンチャー。クルマだったら3トンの二酸化炭素、14万円を削減。会社で取り組む際も大きな意義になるはず。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:56:33
くうのる @kuunoru

海老島氏>肥満だったが5kg落ちて体脂肪率も24%から17%へ。自転車通勤が健康によいというデータは、なかなか取りづらい。イギリスのグラスゴー大学の権威ある論文で、通勤者をグループ分けし、5年間の追跡調査。自転車通勤者は死亡率が低いことがわかった。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:58:33
くうのる @kuunoru

海老島氏>心臓疾患にかかる確率が52%低く、死亡率も40%低い。ガンも同様。徒歩+自転車通勤者も低め。距離が増えるほど効果も増えた。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 13:59:46
くうのる @kuunoru

海老島氏>「アクティブ・トランスポート」を増やす。日常生活での運動を増やすこと。オランダやラトビアなどは率が高く、肥満率は低い。アメリカはその逆。自転車の効用。デンマークの調査ではアルコールを摂る量が減っている。大量に運べないからという副次的効果も #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:01:33
くうのる @kuunoru

海老島氏>アクティブ・トランスポートが高いオランダの世論調査では、日常生活での身体活動は、多い順に「仕事や学校での活動」「家事や家庭での仕事」「余暇や通勤におけるサイクリングまたはウォーキング(アクティブ・トランスポート)」、「スポーツ」わずか9% #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:03:10
くうのる @kuunoru

海老島氏>オランダの自転車通勤者の傾向を比較。オランダ:通勤時間で多いのは15〜30分。日本:30〜60分(こちら母集団が自転車愛好家なので比較はどうかと思うが)。日本は趣味の人が乗っている? #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:05:13
くうのる @kuunoru

海老島氏>趣味のサイクリングイベントに参加したことがある人は、日本は圧倒的に多いが、オランダはわずか。つまり日常使いの人が多いということ。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:05:55
くうのる @kuunoru

海老島氏>イギリスでの自転車通勤。1999年に始まった自転車通勤者に対する税の優遇措置。自転車ウェアを買うと還付金。官民一体となった優遇策で自転車通勤者が9万人増加した。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:07:42
くうのる @kuunoru

海老島氏>イギリスは道路事情がよくないので事故も増えた。しかし、自転車は本当に危ないのか? ファクトは、イギリスでは毎年100人前後が自転車事故で死亡、同期間に約8万5000人が運動不足で死亡と見られる。座り続ける方が危ない? #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:09:07
くうのる @kuunoru

海老島氏>ロンドンでのハードコア通勤者、白人で中流層以上が多い。自転車の交通分担量はまだたった5%。Love London Go Dutch署名活動は、オランダのように走行環境の分離を求める。国民全体に自転車に乗る人を増やそうとしている。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:10:57
くうのる @kuunoru

海老島氏>アメリカのwework.comより。自転車通勤による16の「副作用」。公衆衛生の観点から。自転車通勤をすれば生活費の節約、痩せられる、駐車スペースを探す手間が要らない、など。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:12:45
くうのる @kuunoru

海老島氏>新しい草の根ネットワークが日本の自転車環境を変えていくだろう。自転車乗りが増えれば環境は改善する。交通事故も減るようになる。好循環をつくり出せる。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:13:53
くうのる @kuunoru

続いて、守山市環境政策課より実践報告。2カ月間5名の職員に取り組みいただいた結果。 守山市は自転車への取り組みを積極的に行っている。観光振興も地域における利用も。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:15:46
くうのる @kuunoru

守山市>地域振興・交通戦略課が自転車の取り組みを行うが、今回は環境政策課が本事業に参加。第2次環境基本計画の中で、チャレンジプロジェクトとして、低炭素型移動プロジェクト。事業者に広める前に自分たちで実践することになった。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:17:25
くうのる @kuunoru

守山市>滋賀グリーン活動ネットワークのエコ交通研究会に参加したら、ちょうど県のモデル事業を知る。急いで庁内で合意形成、取り組むことに。得られた成果を今後の市内に広める事業に活用するのが目的。 #自転車通勤シンポジウム2019年度

2020-02-14 14:18:45
残りを読む(64)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?