Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年2月16日

XC-2 飛行試験機の胴体交換話

まとめました。
20
リンク Wikipedia C-2 (航空機・日本) C-2は、日本の航空自衛隊が保有する輸送機。C-1の後継機として防衛省技術研究本部と川崎重工業がC-Xの計画名で開発し、川崎重工業が製造する。配属先の美保基地では Blue Whale (青い鯨)の愛称が付与されている。C-2は、C-1の後継として2000年(平成12年)に「第二次C-X」として計画され、防衛省技術研究本部と川崎重工業によって開発が進められた、ターボファンエンジン双発の大型戦術輸送機である。2010年(平成22年)1月26日に初飛行した。初飛行に際して、試作機に対しXC-2の型式名称が与え 114

2016年

ちゃろ @masayumi5

川重の中にXC2の最初の201がブルーシートに包まれて置いてあるんだけど、もう各種テストも済んでるだろうし細かく刻んでキーホルダーとかにしたら多少高くてもみんな買うんでないかい、川重さん検討して!(自分が欲しいだけ(笑))

2016-09-14 08:04:30
ちゃろ @masayumi5

XC2と言えばGoogleearthにも写ってるこの物体、実は最初のXC2・201の胴体です、本当の初号機は機体の強度不足から裂けやヒビ割れが酷く胴体丸ごと交換してるんです、長い間この状態で置いてありましたが先日見た時は無くなっていたので解体されたようです。 pic.twitter.com/fIzH2qvPX4

2016-10-05 07:46:23
拡大
ししもも@疫病退散 @sisimomo2011

@masayumi5 急いでやらなきゃいけない強度試験用の胴体が壊れちゃったから、機体から胴体外して 試験に使ったんじゃなかったでしたっけ?

2016-10-05 07:58:03
ちゃろ @masayumi5

@sisimomo2011 そうだったんですか? 観閲式で飛んでた頃から既にツギハギだらけでみっともない機体になっちゃいました(笑)って聞いてたんですがその機体を強度試験に使ったんですかね?(笑)

2016-10-05 08:03:04
ちゃろ @masayumi5

@sisimomo2011 多分ですが短い飛行時間で機体に損傷が出ていた上に強度試験用の機体も壊れ実際に飛んでた機体を試験に回して各損傷部分の解析や更なる強度試験に使ったって所ですかね、あのままじゃとても量産には移れなかったでしょうから(笑)

2016-10-05 08:16:19
ししもも@疫病退散 @sisimomo2011

@masayumi5 空気抵抗の少ない 高高度を飛んで 距離と燃費を稼ぐコンセプトなので 与圧を掛けれる貨物室強度が必須なんですよ

2016-10-05 08:24:35
ちゃろ @masayumi5

@sisimomo2011 そう聞いてます、実機を作る前に綿密な実験や試験を繰り返した上でも実際はその通りにならない、MRJの強度不足もありましたけど飛行機を作るってのは大変な作業ですね、テストパイロットもある意味命懸けですね。

2016-10-05 08:28:51
ししもも@疫病退散 @sisimomo2011

@masayumi5 はい、同じ 川重のP-1は 特に問題なく飛んでますから C-1をただデカくしただけなら もっと早く作れたのでしょう MRJも ライバルと違い 複合素材の使用と軽量化で差異を付けてますから 手こずる訳ですわ(^ω^)

2016-10-05 08:52:35
ちゃろ @masayumi5

@sisimomo2011 先進技術はお手本も少ないだけに時間も手間もかかりますね(*^^*) でも例のどんがらの解体したカケラ……1個欲しかったな(笑)

2016-10-05 08:55:05

2020年

サキノハカ @sakino_haka

えーXC-2(C-2試験機)もう残ってないの!にゃーん!!私も紅白クジラちゃんの切り身欲しかったよ!!!!

2020-02-15 16:58:10
サキノハカ @sakino_haka

ふむ…なるほど…C-2について「褒めるほうが難しい」みたいなこと目にするのは、そういう経緯もあってのことなのか。

2020-02-15 17:04:00
サキノハカ @sakino_haka

しかし紅白クジラちゃん観閲式での飛行時にはもうぼろぼろボディだったのね。おいたわしや…

2020-02-15 17:18:50
サキノハカ @sakino_haka

それにしても川崎さんもそんな根本的に疲労強度ぼろくそな機体とか作っちゃうんですね。ドコゾヤ重工のなんたら2000ヘリコプターの開発時に、金属素材の選定ミスからどうしようもない疲労強度になってたの知って「なんで超々ジュラなんか使ってるんですか」って呆れてた話の印象が強かったんだけど

2020-02-15 17:27:06
サキノハカ @sakino_haka

C-2ちゃんはもちもちでかわいいね…黒ごまクリーム大福かな…XC-2ちゃんももちもちだね…いちご大福かな…

2020-02-15 17:38:12
渡邊光太郎 @aviatsiya1

@sakino_haka 今は超超ジュラなんて言い方誰もしないですよ。

2020-02-15 17:45:36
YAS1011 @YASL1011

褒めるほうが難しい、か否かはともかく… 開発中に顕在化した強度不足、凄いものでしたよ。 参考までに、#202 後胴部の画像。 表面に出ているのは すべて「補強材」です。 (2015年 岐阜基地航空祭にて 撮影) #201 は… 見せることが出来ないレベル、と聞きました。 推して知るべき でしょう。 twitter.com/sakino_haka/st… pic.twitter.com/5oUQV3fahu

2020-02-16 01:31:21
拡大
拡大
YAS1011 @YASL1011

@sakino_haka XP-1 も XC-2 も、カワサキが開発! …という「一般的な認識」について、 一度 再検証してみて下さい。 勿論、公式にはそうなっていますよ。 しかし、実態はどうだったのか… いろいろな情報を突き合わせることで、 見えて来るものがあるハズ。 民間機ではありませんので、これ以上は控えます。

2020-02-16 01:39:52
mikulin @mikulinam5

びっくりした記憶(;¬_¬ T尾翼根胴枠の補強(胴枠と外板の結合部分にストレス?)は重要そうなのは置いておいて、それより後方の胴枠位置にも同じ補強ペタペタしてて… お尻蓋して尾翼左右荷重入ったときの荷重を尾翼より後方の胴枠でも受け持ってる?だから必要… とベントラルフィン基部もかぁ… twitter.com/YASL1011/statu…

2020-02-16 01:53:53
サキノハカ @sakino_haka

@YASL1011 いやスミマセン、旅客機の787から入ったもんで国内の自衛隊機開発の勝手には疎くて。 なるほどWikipediaあたりにも両機とも設計は他社出向者合わせた設計チームだし各社分担生産である旨普通に書いてありますね。とっかかりにして調べられそうです。

2020-02-16 08:53:06
サキノハカ @sakino_haka

C-2ちゃんは大福餅みたいでかわいいですよね!!!!

2020-02-16 09:02:19
残りを読む(44)

コメント

御蔵 @okura_mikura 2020年2月17日
まとめを更新しました。試験2号機も胴体変更していた話を追加し、タイトルも変更。
0