文前昇里の毎日ポケモン剣盾豆知識まとめ

勝手にフォロワーに毎日脈絡なく押し付ける遊びしてる
ポケモン剣盾 ポケモン
6
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 1、ポケモン剣盾において、まるくなるところがるを自力(レベル技)だけで両方とも習得できるポケモンは いない。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 2.わざ『ねごと』を使った時、ダイマックスほうを覚えていても対象に選ばれない。しかし、きょじゅうだん・きょじゅうざんは選ばれる。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 3.にほんばれなどで『ひざしがつよい』状態にフィールドがなっている間はこおり状態にならない。しかし、元々こおり状態になっているポケモンの状態異常が治るわけではない。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 4.持ち物『おうじゃのしるし』『するどいキバ』はを持たせたポケモンは、使う技の追加効果として10%ひるみを追加されるが、特性『てんのめぐみ』のポケモンの場合、20%ひるみになる。ただし、元々ひるみの効果が付いている技(エアスラッシュ等)は、元々の技の効果が優先され、持ち物が無効となる。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki ちなみにみずのちかいとほのおのちかいを使った時のフィールド状態『にじ』でも倍率は2倍になるぞ。(言われると思うから先に言っとくけど、てんのめぐみと重複はしないぞ)
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 5.フィールド『あられ』『すなあらし』状態の時に技『かみなり』及び『ぼうふう』の命中が下がることはない。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 6.技『Gのちから』は、フィールドが『じゅうりょく』状態の時に撃つと、威力が1.5倍になる。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 7.持ち物『ばんのうがさ』を持つポケモンの撃つ『かみなり』は、『晴れ』状態の時命中が70、『雨』状態の時必中。『ばんのうがさ』を持つポケモンの撃たれる『かみなり』は『晴れ』の時命中50、『雨』の時命中70になる。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 8.ランクマッチにて技『ゆびをふる』を使って『フェアリーロック』を出すと、通信が切断されるバグがある(シーズン2現在)
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 9.オーロラベールとリフレクターとひかりのかべは、効果は重複しないが、同時に存在は出来る。例えば、オーロラベールとひかりのねんど込みリフレクターを同時に張ると、オーロラベールが5ターン続き、その後にリフレクターが3ターン続くような状況になる。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 10.技『ボディプレス』はこだわりハチマキで威力が上がり、やけどで威力が半減する。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 11.技『ボディプレス』は、フィールドが『ワンダールーム』状態になって防御と特防が入れ替わっても、本来の防御の値でダメージ計算が行われる。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 12.アイテム『ムーンボール』は、つきのいしで進化するポケモンの捕獲率を上げるアイテムであって、ピクシーなどの既につきのいしを使い終わって進化したポケモンには、捕獲率上昇効果は無く、またピィのようなそのポケモンの進化前のポケモンにも効果は無い。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 13.アイテム『のどスプレー』は音技であれば、ちょうおんぱ等の変化技だとしても効果が発動してとくこうが上がるが、もし相手がマジックコートやマジックミラー等で反射された場合、のどスプレーは発動しない。なお、マジックコートした側がのどスプレーを持っている時はそれが発動する。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 14.技『デコレーション』『じこあんじ』は『まもる』で防ぐことが出来ないが、『ダイウォール』で防ぐことは出来る。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki (訂正のお知らせ) デコレーションはダイウォールで防ぐことが出来ると以前周知しましたが、誤りであることが確認されました。以下に正しい情報を記載致します。 pic.twitter.com/OXxSRpGw1g
拡大
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 15.ポケモンソード・シールドにおいて、ニンテンドースイッチ本体とソフトを変えても、ニンテンドーアカウントとソフトのバージョンが一致していれば、ランクマッチのランクや順位は引き継がれる。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 16.特性『はがねのせいしん』は、複数匹同特性のポケモンが場にいる時、倍率は重ね掛けされるが、『フェアリーオーラ』『ダークオーラ』は(少なくとも7世代では)複数匹いても重ね掛けされないので、マックスレイドバトルでは今後解禁されるであろうゼルネアス・イベルタルは使わないでよい。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 17.技『バトンタッチ』はやどりぎのたね状態を引き継いでしまうことは有名だが、こんらん状態や、技『いえき』『コアパニッシャー』で特性が消された状態や、『ほろびのうた』をされた状態も引き継ぐことは案外知られていない。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 18.技『フェイント』は相手の「まもっている」状態を解除しながら攻撃をする技だが、これを『ダイウォール』を使った相手に撃つと、ダメージは与えられるが、『ダイウォール』状態を解除することは出来ない。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 19.特性『めんえき』はどく・もうどく状態にならないだけでなく、どく・もうどく状態を治すという効果も有り、例えば特性『かたやぶり』のポケモンによる『どくどく』などでもうどく状態になったとしても、状態異常になった直後に回復する。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 20.特性『りんぷん』はあらゆる攻撃の追加効果を無効化するが、技『キョダイコワク』『キョダイカンデン』の追加効果は何故か受けてしまう。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 21.技『がむしゃら』のダメージは、 『相手の残りHP − 自分の残りHP』 で計算されており、この残りHPはダイマックスしてない状態のHPで計算される。そのため、通常HP100、ダイマックスで残りHP200相手に対して、自分のHPが1の状態でがむしゃらを撃っても、99ダメージの計算となる。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki 22.技『あくび』を受けた後の2ターン目の眠りと、特性『うるおいボディ』の状態異常回復の判定は、『うるおいボディ』側が先に発動する。そのため、同時に条件を満たした時、『あくび』による眠りは即時回復されることはない。
文前昇里(ふみさきのぼり) @nobonobonobon
@fimutsuki うるおいボディは雨が降ってる時にターンの終了時に状態異常を回復するという特性だから、雨が降り続いてる前提ならだけど、次のターンの最後に起きるよ。つまるところは1ターンは確実に動けないです。
残りを読む(24)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする