10周年のSPコンテンツ!
32
地下猫 @tikani_nemuru_M
レイプビデオは論争にならず、カウンター暴力は論争になるわけか。 RT @francesco3: レイプ犯を銃殺するリアーナのミュージック・ビデオをめぐり、全米が論争に - サイゾーウーマン http://htn.to/qxgqkW
Rihanna - Man Down

地下猫 @tikani_nemuru_M
ま、レイプ犯殺害ビデオは問題だけどな。なんといっても、レイプビデオに比べて数が少なすぎるのが問題。
地下猫 @tikani_nemuru_M
フィクションだからまったく問題ないよね。 RT @Cristoforou: フィクションで女性に暴力をふるう男を殺して何が悪いんですかね? / レイプ犯を銃殺するリアーナのミュージック・ビデオをめぐり、全米が論争に - サイゾーウーマン http://htn.to/qvHp2R
f the minion🌹 @francesco3
@tikani_nemuru_M フィクションでレイプ犯を銃殺することすら許されないんですかね。女がレイプされる漫画やAVは世に溢れているのに。
saebou @Cristoforou
…というか、リアーナの今までの経過を見ると当然かという気も…QT @tikani_nemuru_M フィクションだからまったく問題ないよね。
  • リアーナは2009年に当時の恋人クリス・ブラウンからDVの被害を受けている。
地下猫 @tikani_nemuru_M
@francesco3 このあたりへの反応で、「表現の自由」がただの特権の主張でしかなかった連中と、少なくとも表現の自由には相互性があるものだと捉えていた人たちの違いがわかるでしょうね。まあ、ここのところは最低限おさえるべきラインでしかないですけど、それさえおさえていない屑多し。
f the minion🌹 @francesco3
@tikani_nemuru_M 女性をレイプするPVとレイプ犯を銃殺するPVには相互性すらないですけどね。
ナツ @NATSU2007
性犯罪者への復讐をモチーフにした映像やゲームや漫画が増加することは「フィクションは現実に全く影響を及ぼさない」と主張する論者に対する有効なカウンターになるのだろうか。RT @tikani_nemuru_m: レイプビデオは論争にならず、カウンター暴力は論争になるわけか。
地下猫 @tikani_nemuru_M
ないですね。質・量、ともにありません。 RT @francesco3: @tikani_nemuru_M 女性をレイプするPVとレイプ犯を銃殺するPVには相互性すらないですけどね。
@tamanoirorg
「リップスティック」という映画もあったけど。“@tikani_nemuru_M: レイプビデオは論争にならず、カウンター暴力は論争になるわけか。 RT @francesco3: レイプ犯を銃殺するリアーナのミュージック・ビデオをめぐり// http://t.co/BOLN91S
地下猫 @tikani_nemuru_M
これはムツカシイ。問題は現実の範囲かもしれない。 RT @NATSU2007: 性犯罪者への復讐をモチーフにした映像やゲームや漫画が増加することは「フィクションは現実に全く影響を及ぼさない」と主張する論者に対する有効なカウンターになるのだろうか。
地下猫 @tikani_nemuru_M
@NATSU2007 例えば、レイプ犯惨殺ビデオなんかを見て、現実に不快になる♂がいたとして、彼の感じた不快感を「現実」と見做すかどうか。どちらで解釈してもいいんだけど、♀がレイプされる映像にも同じ判断を適用しなければならない、というあたりは最低限おさえるべきライン。
地下猫 @tikani_nemuru_M
知りませんでした。もちろん、映画になって不思議はないテーマですが。 RT @tamanoirorg: 「リップスティック」という映画もあったけど。“@tikani_nemuru_M: レイプビデオは論争にならず、カウンター暴力は論争になるわけか。
地下猫 @tikani_nemuru_M
それは爽快ですね♪ RT @Cristoforou: リアーナのビデオでどうこう言ってる人は『フォクシー・ブラウン』とか見ないんですかね?あの映画ではパム・グリアーが人種差別主義者のレイプ犯を小屋ごと火をつけて焼き殺すんだけど。
hina @hina_shella
@tikani_nemuru_M @tamanoirorg マーゴ・ヘミングウェイのデビュー作ですよね。バンクロフトも出ててなかなか芸達者が揃っていた…ほどでもないか。評価は割れたみたいですが。
地下猫 @tikani_nemuru_M
これも爽快だなあ♪ RT @francesco3: 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」で主人公のリスベットが自分を脅迫しレイプした保護観察士?に呼び出され、再度レイプを受けそうになって逆にその男を縛り上げバイブでレイプ仕返すが、あのシーンは本当に胸がすっとした。
ナツ @NATSU2007
というか、レイプ犯に対する悪意や殺意が(フィクションで)表現される事が当事者(になりうる性)にとって悪意や抑圧として機能するとしたら、今まで「レイプポルノ」の事しか想定してなかったフィクション無問題論者はどう思うのだろうと気になったのです。RT @tikani_nemuru_m
ナツ @NATSU2007
レイプ犯銃殺ビデオ論争を見て、桐野夏生の小説「OUT」に男性が怒り心頭だった、というエピソードを思い出した。「OUT」はパートで働く平凡な主婦が夫の暴力に耐えかねて夫を殺し、同じくパート仲間の平凡な女性三人と共謀して死体をバラバラにして遺棄する、という内容。以下インタビュー引用。
ナツ @NATSU2007
桐野夏生インタビュー>「男の人たちはものスッゴク怒ったんですよ『OUT』って小説に」「妻が夫を殺す話ってすっごくイヤみたい。怒りが伝わってきましたもの。(続く
ナツ @NATSU2007
引用続き)>ラジオに出た時に、男のアナウンサーが私を避けるんですよ。怒っている感じで、全然口きかないし。それで彼が大マジメに『あなた、人殺しを良いと思っているんですか?』と聞いてくるんですよ。『思っていません』って答えましたけど」<ここまで
ナツ @NATSU2007
「OUT」は数十万部を突破したが文壇のオッサンは叩きまくり>選考委員の井上ひさし「反社会的だ」、黒岩重吾(故人)「天国と地獄などと少女趣味なことを書いている」と言って『OUT』を直木賞から落とし、半村良(故人)「読者に媚びている」と吉川英治賞新人賞から『OUT』を外した<
ナツ @NATSU2007
反社会的な小説なんて幾らでもあるのにどんだけ怯えてるんだよと。「DVに耐えかねて平凡な主婦が夫を殺す」「平凡な女性がレイプされ、復讐に燃えて犯人を射殺」等は、ある種の男性にとってDVやレイプよりも「反社会的」なんだな。「弱者が強者の抑圧に叛旗を翻し復讐=秩序を乱す下克上」だから。
残りを読む(58)

コメント

妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月11日
何というか話の流れが藁人形に過ぎる。ここで意見を述べて居られる方々が最も忌避する作品群を愛好する奴らですらこれは多分問題にしない。(被害者自身が復讐するタイプは確かにそこまで多くはないとと思うが)そういった作品群の中で被害者が加害者をサックリやる奴はあるけどポルノとしてではなくシナリオ自体が高く評価されてたわけで。そもそも論争になったと記事にされてるのはアメリカの話ではなくて?
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月11日
とりあえずtwitterでリアーナを検索してもこのPVに否定的ない県は全く見当たらないし。これを持って日本で表現の自由を言ってる奴らは云々いうのはあまりにも飛躍してる。どうやらこれで論争にするのが女性への抑圧の現れであるというのが正しいのであれば、誰かが「性的モラルはアメリカの方が高い、それはポルノがきちんと規制されているからだ」などという意見を言っていたのに反し、
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月11日
アメリカの紳士淑女の方々よりも非実在タグでウダウダやってるやつらのほうがよほど見識があるという結論になりかねませんなぁ
wagu @wagu108 2011年6月12日
男性が女性から復讐され殺害されるお話が書きたいのなら、書きたいだけ書くべきだし、くだらない理由から規制されたりしない限り、優れた作品は、いずれは評価されると信じたい。
ナツ @NATSU2007 2011年6月12日
むしろ、レイプビデオ・ゲームについて「レイプしろというメッセージを送っている」と論争になれば飛びつきそうなクラスタの人が「無関係」と一蹴してるのがふしぎ。米国の論争だから、だけでは説明がつかないと思う。この話題を知ってスルーする人の事ね。http://bit.ly/kYBdHS
ナツ @NATSU2007 2011年6月12日
「ポルノだけの問題ではない。表現の自由全体の問題である」と主張しているからにはPVだって重要だし。コンテンツの輸出先としても、欧米での日本ゲーム叩きが規制問題のきっかけになった経緯を考えても、米国人の「フィクションに対する認識」は重視されていいはずだよなー。
ナツ @NATSU2007 2011年6月12日
「レイプ犯射殺ビデオには犯人に復讐しろというメッセージを感じるからやめろ」も、「レイプビデオ・ゲームには女をレイプしろというメッセージを感じるからやめろ」も、「表現の自由を脅かす言説」としては全く等価であると考えるわけだが。
御神楽@被展開体 @rena_mikagura 2011年6月12日
まずは日本国内からフィクションのレイプポルノはOKだがこのPVはNGだと主張している奴を教えてくれ。でないと「藁人形」と言われても仕方ないでしょ。
御神楽@被展開体 @rena_mikagura 2011年6月12日
私はこのPVに関しては、従来という事はあまり変わらない。「あいつらのフィクションに対する不気味な潔癖症はどうかしてる!」「空想と現実の区別がつかないのか!」と叫ぶしかない。この程度のPVが問題視されるのは明らかに異常だ。
御神楽@被展開体 @rena_mikagura 2011年6月12日
そもそもアメリカは現に厳しい規制を敷いている国、社会じゃないか。その国で巻き起こった論争(というより多対一の言い掛かり)について、何で常々そういった規制に反対している人たちが非難されるんだ?
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月12日
日本語で議論になってるんなら喜んで参加するけど日本語圏で全く議論になってないんですもん。「問題ないよねえ?」「そうだねえ」なんで。英語がアレでして('A`)。まあ、確かにここで言われてる通り「~というメッセージを発している」ってのは非常に嫌いなロジックですけどね。在特会あたりが「チョウセンジンを叩きだせー」とか言ってるのとはわけが違う。フィクション上のお話なんだから。
ゆうひまわり @YuugaoHimawari 2011年6月12日
そもそも上の人達が言っているレイプポルノ自体、僕の知っている二次元創作で(三次元のレイプは観たことないので)レイプ犯が悲惨な結果に なる結末は数えきれないけどね。それも含めて創作を楽しむというのがこういうことではないのか? だから現実と空想を混同していると言われるんだよ。
ゆうひまわり @YuugaoHimawari 2011年6月12日
何故かアメリカによくある創作に対して潔癖症を持つの規制派の人々の主張を創作自由を訴えている規制反対派の人とくっつけて同一視しているのが全く理解出来ない。そもそもこの二者の間に男という共通点さえないのに
紙魚 @silver_fishes 2011年6月12日
“レイプビデオは論争にならず、カウンター暴力は論争になるわけか”このしょっぱなから胡散臭すぎるなあ。「レイプビデオの論争」は(レイプビデオが「悪いもの」であるかどうかで論争はしてないだろうから)「悪いものは存在してよいか」。一方「カウンター暴力の論争」は元記事にあるように“レイプ犯を殺すことは正義として許されるのか”。
紙魚 @silver_fishes 2011年6月12日
「殺人事件は論争にならず、殺人者の死刑は論争になるわけか」とかいうのかな。そして「レイプの復讐として殺しを選択するのはやりすぎで悪いことである」でどこまで論争が起こるのか。同レベルでないものを同レベルであるみたいに見せるインチキが、ここにはあると思うねえ。
紙魚 @silver_fishes 2011年6月12日
“「いじめられっ子がいじめっ子に復讐する」物語はよくあるし、それを「反社会的」と断罪するのはよほど保守的なPTA位だと思うんだけど。「レイプ被害者が犯人に復讐」も全く同じ構造のフィクションなのになぜ「やりすぎだ」とまで言われるのか”元記事見れば誰でもわかると思うけど、「暴力を加えて復讐、で止まらずにぶち殺してるから」に決まってるじゃん(笑)。「殺すか殺さないか」の差って無いとでもいうのかしら。
紙魚 @silver_fishes 2011年6月12日
なんか本当は「こっちが被害を受けてるんだから、お前らをぶち殺すのは正当ってことにしろよ」っていいたいだけなんじゃないかなあ。こういう好戦的で攻撃的な人が、不平等で非対称とやらの状況が変わったときにどういう行動をするか、はちょっと興味がある。
モスクワ @wawawama 2011年6月12日
レイプ犯が無残に殺される創作物ってそんなに数少なかったけ?沢山あると思ってたんだけど。普通にレイプ犯が生き残るポルノも多いけど、ぶち殺されるポルノも沢山あるきがするんだがなん。あと男主人公がレイプされた上に捕食されたりぬっ殺されたりするよーなのもあるよね
モスクワ @wawawama 2011年6月12日
「男が妻や娘を強姦されて相手に復讐する話しなら賞賛されたりするんですよね」ってのは、自分の受けた苦痛に対する復讐より、殺された誰かとか、苦しんだ誰かのための復讐する姿のが美徳だっていう糞みたいな価値観が根底にある気がする。
蜜蜂いづる @mindgater 2011年6月12日
PVを観て単純に「いくらなんでも銃殺することは良くない」と思ったんだけれど、じゃあどう合法的に解決するかというともっと困難な手続きやらセカンドレイプやらが待ってるわけで、そういう背景を知っておくのと知らないのとで受け取り方は変わってくるんじゃないかと漠然と考えたりもしてしまった。
wagu @wagu108 2011年6月12日
表現規制に反対するにあたって「内容が非道徳的であるという批判が正当であることを認めるが、しかしそれを根拠に規制してはならない」というのが一般的なスタンス(法と道徳の分離)なので、「このPVが非道徳だと批判された」という事実は、規制反対派にはわりとどうでもいい。だけど、非道徳的だから規制せよ、と主張している人にとっては、非道徳的だと批判されることは、大問題。そういう食い違いがあるのかな。
紙魚 @silver_fishes 2011年6月13日
“じゃあどう合法的に解決するかというともっと困難な手続きやらセカンドレイプやらが待ってるわけで、そういう背景を知っておくのと知らないのとで受け取り方は変わってくるんじゃないかと漠然と考えたりもしてしまった”そこで「手続き等の適正化が必要」でなく「私刑で銃殺も一理あり」を選んじゃったら、「○○は人権意識が低い」とか恥ずかしくていえないと思う。恥ずかしいと思えるだけの分別があれば。
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月13日
んー、TL見てなんとなく @NATSU2007 氏のコメントの意図がある程度わかった気がする。①、他の国で表現への非難があった場合普段は「彼らはこんな物まで問題にしてるぞ!!」と怒りまくるのに今回はそうならなかったのはなぜか、又は②、「彼らの感覚だとこれまで問題になるのか、おっかねえ」となるのに今回そうならないのはどうしてか、ということかな。まあ、それでも答えは「アメリカだから」にしかならない気がするけど。
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月13日
まず①、別の国で別の国の論理で規制や修正することは多分今までそれほど問題にされてない。実際俺も他国に自分の価値観を持ち込んでどうこう言う方がどうかと思うし、正直英語ができない時点で介入もできないし。今回はアメリカで作られてアメリカで論争になってるだけなんでどうにも絡み辛い。
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月13日
そして②、実のところこの論争とやらの実態がわからないのだけど。この話を聞いた時の第一印象は「ああ、アメリカだなあ」だった。コミックスコードでヒーローが悪役を罰する時にすらかなり縛りを入れた国らしい論争だなと。アメリカは60年前からこの感性が変わってないんだなと。復讐どころではなく正義のヒーローが戦う勧善懲悪の作品ですら、ヒーローは武器を使って敵を倒すことを禁じられていた過去がある。だから俺にとっては1950年から続いてる話でしかなく、現在慌てふためくような話じゃない。むしろアメリカからすればここでの反応が
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2011年6月13日
「え?今更何をビックリしてるの?」としか思えないんじゃないかとすら思う。んで上のまとめで出てた映画は全部みたことないんだけど、調べてみたら予想通り全てrating R 17歳以下は保護者の同伴無しでは鑑賞できない作品ばかりだった。実にアメリカな話。(アメリカでの映画のレーティングの厳しさは結構有名だと思う)だからどうしてそんなに騒いだりしないの?アメリカだからという話にしかならない。
wagu @wagu108 2011年6月13日
ここで問題視されているのは、「表現が暴力を肯定するメッセージになる」ということに「反対」している「規制反対派」はこのPVが同じ理由で批判されていることについて何もしないのか、しないとしたらそれはなぜか、実は自分が脅かされる表現は規制したいのではないか、ということなんだろう。
wagu @wagu108 2011年6月13日
ぼくの知る範囲では、規制反対の主張は>「表現が暴力を肯定するメッセージになる」としても、それが「悪影響」を現実にもたらすという科学的な根拠がない。犯罪者がそれを見ていたとしても「メッセージ」を受けた彼の主体性の問題で、それは規制の根拠にすべきではない。
wagu @wagu108 2011年6月13日
つまり、規制反対派が反対しているのは、「メッセージ性」ではなくて、「メッセージ性を根拠にした規制」である。だから、メッセージがどうだの言っているだけなら、どうでもいい。というより、それは言論の自由として守られなければならない。そのせいで自分が不快になったとしても、そうだ。
wagu @wagu108 2011年6月13日
ただ、現状、規制に反対する人の中には、自分たちが脅かされるような表現は規制されるべきだと思う人も、いるのかもしれない。規制推進派の中にも、そう思う人は当然いるのだろうが。
wagu @wagu108 2011年6月13日
ところで、「暴力を肯定するメッセージになる」と表現を規制しようとする人たちが、自分たちが守りたいと思った表現が「暴力的だ」と批判されたときに、どう向き合うのか。これは結局そういう話だったのではないか。
@yutaro1981 2011年6月13日
まぁ、好き嫌いはあるだろうし、様々な批判をするのも、ま、表現の自由だ。私は原理主義者だから当然にこれを擁護するけどね。議論する価値もない。「内在制約説だ、議論は終わった」以上の話じゃないんだ、こんなもんは。
ナツ @NATSU2007 2011年6月14日
いつ誰が「男はレイプ犯への復讐譚に怒り怯える」と言ったんだろう。「レイプ犯への復讐譚に怒り怯える男性達がいるけど、”非実在青少年への暴力は現実の差別や抑圧ではない”って言ってる人達はどう思う?」と聞いてるだけなのに。すごいな。この曲解と過剰反応。それこそ何に怯えているんだろう
ナツ @NATSU2007 2011年6月14日
もともとは「男性の」地下猫さんのツイートから始まった話だし、男性すべてがレイプ犯復讐ビデオに腹を立ててるなんて思ってもいない。「ある種の男性」が反応するんだな、と書いてるんだが。http://bit.ly/mt4mSf
ナツ @NATSU2007 2011年6月14日
規制問題における「フィクションの暴力」とは、今までは女性への性犯罪が主だった。だけど今回の件では「レイプへのカウンター」表現を見て心理的攻撃として受け取った人がいる。そういうカウンター暴力フィクションの問題は初めてだから意見を聞くサンプルになると思ったんだけども。
SIVA @sivaprod 2011年6月14日
こういう話題になるといつも勝手に”オトコ”代表を自任して激怒したり冷笑したりする人物がワラワラ集まってくるのはいったいどういう。いやあんたのこと言ってるのと違うし。
和泉 @IZUMI162i6 2011年6月16日
まぁ、日本では元のレイプ犯が報いを受ける系の話自体が仏教的な因果応報の話として受け入れられちゃって、男連中が恐れて論争みたいにはそもそもならなそうな気がするんだが。
keyray @Keyray7 2011年6月17日
二次元エンドは偉大って結論でいいかな?
ueda sinshu @kikakuno 2011年6月17日
これも一番最初の問題提起者の頭が悪い、としか言いようがない。  「レイプビデオは論争にならず、カウンター暴力は論争になるわけか」とおっしゃるが、ティーンが見るようなミュージックPVでガッチリレイプしてるトラックと言うのを教えて欲しい。
ueda sinshu @kikakuno 2011年6月17日
逆に現状レイプビデオが許されているようなレギュレーション、つまり大人向け悪趣味作品やポルノの領域であれば、性暴力を受けた女性が腕力や銃で逆襲する作品はとっくにある。
saebou @Cristoforou 2011年6月17日
うちはむしろ、私生活の次元で男性に半殺しにされるような暴力を受けて生還した女性アーティスト(しかも、その後復縁を願うような曲を相手のクリス・ブラウンが出した)が相手に対して実際の暴力ではなく芸術の次元で対抗したのに批判を受けたという点が非常にひっかかります。
saebou @Cristoforou 2011年6月17日
16世紀のイタリアでこれとそっくりなことがあったんですよ。画家のアルテミジア・ジェンティレスキが師匠から結婚詐欺とセクシャルハラスメントを受け、その後の裁判でひどいセカンドレイプにさらされたんですが、その後ジェンティレスキは聖書のユーディットがホルフェルネスを惨殺するものすごく残虐な絵を描いたの。
saebou @Cristoforou 2011年6月17日
それで、リアーナの件についてはアメリカの保守PTA団体みたいな人たちが「クリス・ブラウンが女性を射殺するビデオを作ったら批判される、だからリアーナも批判するべきだ」的なことを言っていて、バカかと…
ワタカズ @wwttkkzz 2011年6月17日
表現規制反対の場所であまり取り上げられないのは外国の例ってこともあるけど、PVを規制をするようなところまでいっていないってことがあるのかも。漫画にしてもゲームにしても批判ならどんどんされたほうがいい、という人もいますし。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2014年7月17日
むしろエロ本にもレイプ犯側が酷い目にあう的なストーリーのものも、それなりにはあるような...(いまさらコメ