アプリで作成
2020年2月29日

近場のラメーン

周りたい
1
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【麺処 えぐち】(大阪・中津) 『麺屋 えぐち』の2号店で、清湯/白湯の2種のスープ、自家製麺で新たな道を踏み出した店。つけそば大盛(¥850)は、甘・辛・酸の配合が絶妙なつけダレと、モチモチでしなやかな自家製麺の食感が癖になる一品。pic.twitter.com/kEyKSJ9zIj

2020-02-25 08:06:19
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【人類みな麺類】(大阪・南方) 醤油の旨味・苦味・酸味と全ての要素を許容したらーめんmicro(¥800)は、醤油がしっかり染みた自家製麺との相性が決め手。microの名の由来は、常に店内に流れるMr.Childrenのアルバムから。pic.twitter.com/Wt4AhpYe4b

2020-02-24 17:06:13
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【彩色ラーメンきんせい】(大阪・高槻市) 高槻を中心に展開する『きんせい』グループの本店であり、こだわりの塩(¥750)は、この店を構成付ける要素と言っても過言ではない魚介・鶏が絶妙に配合されたWスープと自家製麺が合わさる代表の一杯。pic.twitter.com/vTkTGHviNe

2020-02-22 08:06:08
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【らぁめん 真】(大阪・茨木) 高槻栄町『きんせい 総本家』での実績を元に、スタンダードな鶏と魚介のWスープに滑らかな舌触りの自家製麺を合わせる醤油(¥750)は、具を含めた各要素にブレない方向性と安定したクオリティを確立する一杯。pic.twitter.com/hAwCeZk6uF

2020-02-17 23:06:06
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

首都圏版→@capital_noodle 関西地区、特に大阪府を中心としたラーメン店を画像・解説付きで紹介するbotです。縮小更新中。 ※スパム対策プラグインを導入しており、フォロー数一定以下&出来たばかりのアカウントがリプライを飛ばすと自動でブロックしてしまうのでご注意を。

twilog.org/kansai_noodle

関西ラーメンbot @kansai_noodle

【煮干しらーめん 玉五郎】(大阪・天満/北新地など) 大阪を中心に煮干しラーメンで名を馳せる店。看板メニューの煮干しらーめん(¥700)は煮干を主役にした魚介豚骨味で、節系を主役とした濃厚な香りと味を多加水の麺と共に楽しむための一杯。pic.twitter.com/OptNOpBWmQ

2020-02-27 23:06:16
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【中華そば うえまち】(大阪・谷町六丁目) 盛り付けから『美味い』と言わせる醤油中華そば(¥780)は鶏の旨味が濃厚なWスープを、醤油が互いを寄り添うように纏め上げ、そこに細くとも芯と重みのある自家製平打ち麺が如何なく持ち上げる。pic.twitter.com/kDjUtSmzNd

2020-02-26 14:06:28
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【麺一盃】(大阪・塚本) 魚介を用いない、鶏ガラ豚骨スープのこってり豚骨醤油味(¥700)は、粘度が控えめでサラッとした口当たりながらもキレのある醤油と相まって濃厚な動物系の旨みが広がり、そこに平打ちの自家製麺が絶妙な絡みを見せる。pic.twitter.com/R0NFlZ3mGD

2020-03-26 08:06:50
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【麺屋 一慶】(大阪・茨木市) 塩ラーメン(¥750)は、上品ながら鶏を軸に魚介と塩ダレの旨味をしっかり纏め上げるスープが特徴。肉の旨みを噛み締められるチャーシューを始め、全てのトッピングがラーメン全体を引き立てる要素として機能する。pic.twitter.com/Lza5tWpyVs

2020-03-21 08:06:48
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【手打ち麺 やす田】(大阪・新大阪) 機械を使わず、切るに至るまで全て手作業で作られた麺とイリコのダシを効かせた塩(¥700)が定番。手打ちならではの歪な麺はここでしか味わえない食感を演出し、そこに魚香るスープが引き立てる。pic.twitter.com/xaAw6ocsa3

2020-03-19 14:06:40
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【大阪 麺哲】(大阪・東梅田) 麺哲グループの梅田店。鶏と鰹・昆布の出汁を合わせ、濃口醤油を用いずに薄口醤油ベースのタレを用いたスープにワンタンをトッピングする醤油雲呑(¥1000)は、豊中本店より淡白ながら芯のある出汁の広がりが特徴。pic.twitter.com/urfrmNYlqI

2020-03-18 20:07:02
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【河内の中華そば 醤】(大阪・東花園) 中華そば(¥700)は、デフォルトでも通常より多い麺量や厚切りのチャーシューを始めとした具材の豪快な分量と、薄口醤油をベースとした淡く優しい味わいと言った繊細さが矛盾なく器の中に納まった一杯。pic.twitter.com/P8WPlL9LVw

2020-03-16 08:06:41
拡大
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【世界が麺で満ちる時】(大阪・淡路) 淡口醤油ベースのさっぱりした後味のスープに、オレンジの風味を効かせた香味油を浮かべ、麺を啜る度にオレンジの香りが広がるORANGE PHANTOM(¥750)は、ユニークさと堅実さが同居する一杯。pic.twitter.com/qsdSkPrVLE

2020-03-12 11:06:25
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【ラーメン Jackson's】(大阪・福島) 魚介豚骨ラーメンであるJACKSONとんこつ(¥700)がメイン。一般的な魚介豚骨と違い、魚介の味を強めに押し出したスープのため、見た目よりこってりせず食べやすい一杯に仕上がっている。pic.twitter.com/OXCer5rAST

2020-03-11 20:06:33
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【山系無双 三屋 烈火】(大阪・庄内) 鶏ガラと牛骨の動物系のみのシンプルな構成の中華そば(¥700)は、牛骨ダシが加わることによって清湯ながら重厚さを感じられる醤油スープと、手揉み風の多加水縮れ麺の踊るような食感が相性抜群の一杯。pic.twitter.com/AEbqMPmoD7

2020-03-11 17:06:23
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【がふうあん】(兵庫・伊丹) 鶏魚介スープを繊細な味わいの塩ダレで纏め上げる鶏のこく塩ラーメン(¥750)は、しつこさを感じさせないあっさり味のスープのじんわりとした旨味の広がりと、しっとり食感の鶏チャーシューとの融合が格別な一杯。pic.twitter.com/XRAvB7lzcP

2020-03-11 14:06:43
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【中華そば ひのき屋】(大阪・野江内代) 極み塩中華そば(¥700)は、鶏・豚・魚貝の3種を合わせた少し濁りのある塩ベースのスープが互いに過度に主張せずにコクのある滋味深い味を醸し出す一杯であり、平打ち麺とも好相性。pic.twitter.com/qx6OP7puyP

2020-03-09 11:06:20
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【西梅田らんぷ】(大阪・福島) 醤油ラーメンポーク(¥800)は、麺が見えなくなるほど敷き詰められた薄切りチャーシューを、動物系の旨味と醤油のキレとコクが広がるスープ、しなやかで小麦の香る自家製麺と味わう無駄のない構成が特徴の一杯。pic.twitter.com/12Nf7Skcxf

2020-03-08 11:06:32
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【中村商店 高槻本店】(大阪・高槻) 金の塩(¥800)は、鶏魚介のWスープに紫蘇の香味油を浮かべ数種類のネギとレアチャーシューをトッピングした一杯。あえて細麺ではなく平打ち麺を用いることで、啜る度に紫蘇の爽やかな香りが絶えず広がる。pic.twitter.com/DXa6bBGnkz

2020-03-07 23:06:32
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【麺・ヒキュウ】(兵庫・六甲道) これまでの鶏清湯魚介から、魚介のみで構成されるようになった魚介らーめん(¥750)は煮干や鯖・鯵の節系の味わいと薄口醤油ベースのタレがバランスよく融合した一杯で、ツルッとした喉越しの中太麺で頂く。pic.twitter.com/1FZGjvhO4w

2020-03-07 08:06:26
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【らーめん 極】(大阪・天王寺) 細麺、太麺のいずれかを選択できる白とんこつ(¥690)は、派手さこそないものの隙のない豚骨スープの濃厚な味わいに対し、口休めとして程よく機能する木耳の食感などが合わさることで安定して食べられる一杯。pic.twitter.com/SjmL0AqgEw

2020-03-06 20:06:34
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【ロックンビリーS1】(兵庫・塚口) Sのロック(¥900)は比内地鶏、塩ダレと鶏油の3要素と徹底的に引き算された方向性の一杯に変貌されながらもスープの深み・広がり・繊細さ・力強さがシンプルさによりこれまで以上に強調された一杯。pic.twitter.com/uzfaPZv1Ti

2020-03-05 11:06:22
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【麺屋 えぐち】(大阪・江坂) カドヤ食堂の一番弟子が独立開業した店であり、その中華そば(¥700)はじんわりと鼻に抜けていく魚介と鶏の風味が秀逸な実力派の一杯。そこに絡む縮れ麺は、昔ながらの中華そばの雰囲気を引き立ててくれる。pic.twitter.com/huRgjhL49j

2020-03-04 11:06:24
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【麺屋 丈六】(大阪・日本橋) 代表メニューの中華そば(¥650)は、高井田系を意識した黒醤油スープだが見た目と裏腹に醤油辛さは皆無で酸味のある飲みやすい味に仕立てられ、動物系から丁寧に抽出したスープが染みた麺を余さず楽しめる一杯。pic.twitter.com/rrm7UiVRT8

2020-03-03 20:06:51
拡大
拡大
関西ラーメンbot @kansai_noodle

【とんぴととりの 光龍益】(大阪・桜ノ宮) 鶏と豚皮を用いた濃厚でコラーゲン豊富なスープが特徴であるラーメン(¥800、大盛+¥100)は、独特のまろやかで後を引く味わいが人気の一杯。客の目の前に丼を置く調理スタイルも特徴。pic.twitter.com/n5OHyuD6gz

2020-03-03 08:06:22
拡大
残りを読む(9)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?