2020年3月11日

新型コロナウイルス (COVID-19, nCoV, SARS-CoV-2) 治療薬・ワクチン開発に向けた動き

企業の活動を中心にツイートをまとめました
14

新型コロナウイルスに対する創薬活動全般

s_matashiro @glasscatfish

新型コロナウイルスに関する取り組み 創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS) binds.jp/SARS-CoV-2

2020-03-15 17:57:58
前田雄樹|AnswersNews編集長 @answers_news

【新着記事】 新型コロナウイルス感染症に対する治療薬・ワクチンの開発動向をアップデートしました。 #AnswersNews buff.ly/2IfrFd3

2020-03-19 16:18:32

ヒト細胞表面のセリンプロテアーゼ阻害剤

biotoday @BioTodaySuppl

東京大学の山本瑞生(YAMAMOTO Mizuki)氏らの2016年の報告のin vitro実験でセリンプロテアーゼ阻害剤NafamostatのMERS-CoV感染阻止作用が確認されており、同剤はMERS-CoVと同様にTMPRSS2を頼りに細胞侵入する新型コロナウイルスSARS-CoV-2の感染阻止作用があるかもしれません。 aac.asm.org/content/60/11/…

2020-03-10 13:50:05
biotoday @BioTodaySuppl

This compound or related ones ... could thus be considered for off-label treatment of SARS-CoV-2-infected patients. SARS-CoV-2の細胞侵入にはセリンプロテアーゼTMPRSS2が必要であり、その阻害剤カモスタットや類縁薬ナファモスタット等はCOVID-19治療薬となりうる。 biotoday.com/view.cfm?n=901… pic.twitter.com/OelSmH9SW7

2020-03-10 13:42:50
拡大
Michael Duerr @michael_duerr

Maybe a potential target to treat #COVID19? #TMPRSS2 & #ACE2 can be blocked by an already approved protease inhibitor #Camostat. Any opinion?#Cell #COVID2019 #SARSCoV2 sciencedirect.com/science/articl… pic.twitter.com/KnskoxGcH4

2020-03-10 03:55:03
拡大
Mmの憂鬱 @miyatamitsuru

ドイツ霊長類センターが、SARS-CoV-2が肺胞に感染阻止する薬剤を発見。カモスタットメシル酸塩だった。1985年に我が国で発売された経口慢性膵炎の治療薬。もうジェネリック薬になっています。治験すべきです。 Preventing spread of SARS coronavirus-2 in humans medicalxpress.com/news/2020-03-s…

2020-03-08 21:04:34
禁煙ポンスケ @janeway_tlr2

可能性ある薬剤(それほどリスクないものは)は、同意の上、躊躇せずに試すべき。 [2020-03-08更新] 新型コロナウイルスの感染は、ヒト細胞のACE2とTMPRSS2に依存し、慢性膵炎治療薬で阻害される : crisp_bio crisp-bio.blog.jp/archives/22172…

2020-03-09 00:17:14
Joy-yuchi@bio投資アカ @JoyPharman

コロナに関する興味深い論文(nature) ●SARS-CoV-2がヒトの細胞に入るためにはプロテアーゼTMPRSS2が必要 ●カモスタット塩酸塩はTMPRSS2を阻害する効果が期待 ●カモスタット塩酸塩はフオイパンという製品名で日本でも販売中(小野薬品) 本当ならコロナ治療が加速するが臨床試験しないと分からんね twitter.com/DelthiaRicks/s…

2020-03-10 10:27:17
yappaikinobiyo @neverkillednuke

@influenzer3 フォイパンIFでは 雄ラットに14C-カモスタットメシル酸塩を経口投与した時、放射能濃度は投与1時間後、血液、 脾臓を除く全ての臓器で最高となり、特に肝臓、腎臓、膀胱に多く分布し、それぞれ血中濃度 の約7倍、約10倍、約20倍であった とあります。肺移行性知りたいところですね。

2020-03-08 20:43:03
yappaikinobiyo @neverkillednuke

@influenzer3 ざっとcamoの効果に注目してみると sars-cov-2のpseudotype entry  EC50がcamostatで約1microM、カモスタット インタビューフォームから有効血中濃度不明もCmax約50-140ng/ml、他剤調べてみると Sars-cov-2 infected Vero細胞のEC50(microM)がFavipiravir=61, chloroquine=1.13, remdesivir=0.

2020-03-08 18:08:20
s_matashiro @glasscatfish

2016年の東大医科研プレスリリース 「ドラッグリプロファイリングによる中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス感染を阻害する薬物の同定」 ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/resea… 論文 ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/P…

2020-03-18 01:25:02
日本経済新聞 電子版 @nikkei

日本国内では5つ目の新型コロナウイルス治療薬候補。膵炎(すいえん)などの治療薬「ナファモスタット」を東京大学医科学研究所が患者に試験投与し、効果を調べます。 #新型コロナウイルス #新型肺炎 #COVID19 trib.al/4vba7vh

2020-03-17 07:20:53

ウイルスの持つシスティンプロテアーゼ(Mpro/3CLpro)阻害剤

AIによるデザイン

リンク The AI TImes 香港AI創薬 Insilico Medicine – 新型コロナウイルス治療薬候補の分子化合物を無料公開 | The Medical AI Times 香港拠点のAI創薬スタートアップ Insilico Medicine(過去記事参照)は、新型コロナウイルスを治療ターゲットとして動作する可能性のある分子化合物を無料公開している。薬学者からのフィードバックを求め、パートナー機関との合成テストを目指すという。 アジアのスタートアップ関連メディアTech in Asiaでは、Insilico 149
リンク Synced AI-Based Drug Discovery Pipeline Generates Novel Drug Compounds against Coronavirus A new study leverages an established AI-based drug discovery pipeline to produce molecular structures as part of the widening fight against the 2019-nCoV outbreak. 312
Alex Zhavoronkov @biogerontology

Please share it with your friends in medicinal chemistry. We are looking for medicinal chemist feedback - Potential 2019-nCoV 3C-like Protease Inhibitors Designed Using Generative Deep Learning Approaches. doi.org/10.26434/chemr… via @figshare #2019-ncov #ncov #coronavirus

2020-02-12 07:33:54
リンク figshare Potential 2019-nCoV 3C-like Protease Inhibitors Designed Using Generative Deep Learning Approaches The emergence of the 2019 novel coronavirus (2019-nCoV), for which there is no vaccine or any known effective treatment created a sense of urgency for novel drug discovery approaches. One of the most important 2019-nCoV protein targets is the 3C-like prot 127
s_matashiro @glasscatfish

in silico 評価に関する開発ガイドライン2019(手引き) 平成 31年 3月 経済産業省/国立研究開発法人日本医療研究開発機構 meti.go.jp/policy/mono_in…

2020-03-15 17:58:53

SARSウイルス阻害剤からのデザイン

s_matashiro @glasscatfish

新型コロナウイルスの増殖に必須なプロテアーゼの結晶構造に関する論文。ペプチド性の阻害剤との構造の論文かと思ったら、マウスでのADMEもやっていて、肺への吸入薬も可能という論文でびっくりした。 細胞実験で細胞種類によって効力が違う点が気になるけど。 science.sciencemag.org/content/early/… pic.twitter.com/hZM59dWNT9

2020-03-22 02:22:22
拡大
Pratik Shah Ph.D. @PratikShahPhD

Crystal structure of SARS-CoV-2 main protease enzyme is solved! The crystal structure can be useful for developing targeted inhibitors. @ScienceMagazine science.sciencemag.org/content/early/… pic.twitter.com/fcnmQ4TUro

2020-03-21 19:50:55
拡大
残りを読む(60)

コメント

F1ABS @F1_ABS 2020年3月15日
専門性がとても高い内容ですが、着々と研究は進んでいるようです。
1
s_matashiro @glasscatfish 2020年3月15日
まとめを更新しました。 @HattoriM さん、@yurumazu さんの新型コロナウイルス中和ヒト型モノクローナル抗体開発に関するツイートを追加しました。
1
Stray @K9FCR 2020年3月15日
吸入ステロイドであるシクレソニドが抗ウイルス活性を持つのはなぜか?どういうメカニズムなのか?を考えるための背景としたい。
0
s_matashiro @glasscatfish 2020年3月18日
まとめを更新しました。膵炎治療薬Nafamostatの臨床試験開始に関するツイートを追加しました。
0
ephemera @ephemerawww 2020年3月18日
別のまとめで自分は感染症対策は時間こそ味方といった。時間が経てば、このように対抗手段が見つかってくる。有用な薬や対症療法の効率化、合理化が進んでいく。何も状況が良くなっていないようにみえて、現場でもアカデミックな場に置いても着実に状況は改善されていく。このことを希望に、今しばらくこの状況を耐え忍んでいくべきだと思う
1
s_matashiro @glasscatfish 2020年3月22日
まとめを更新しました。 SARS-CoV-2 M-protease の結晶構造に関するScience 論文のツイートを追加しました https://science.sciencemag.org/content/early/2020/03/19/science.abb3405
0
s_matashiro @glasscatfish 2020年3月22日
ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシンの効果の論文とその試験の質に関するPubPeerのコメントを追加しました。 https://pubpeer.com/publications/3B1F9EAD4982C64445A60F5E83CCFE
1
散歩ミカン @sanpo_mikan 2020年3月22日
『クロロキンとアジスロマイシンの同時投与に関する注意・警告』とありますが、まとめを読む限り『ヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンの同時投与に関する注意・警告』のほうが正確な表記ではないでしょうか。クロロキン≠ヒドロキシクロロキンです。
1
禁煙ポンスケ @janeway_tlr2 2020年3月22日
プラケニル錠200mgは、通常、ヒドロキシクロロキン硫酸塩として200mg又は400mgを1日1回食後に経口投与する。ジスロマック(250mg)2錠 1日1回 3日間 の投与量で良いのかな?投与量に関しては、記載がありますか? プラケニル錠は、抗マラリア薬ですが、日本では、2015年承認で、SLEに適応を取得。SLEの疾患、治療に慣れている膠原病内科のドクター、小児科のドクターの意見を是非ともお聞きしたいところです。他のドクターは不慣れかと。
1
s_matashiro @glasscatfish 2020年3月22日
まとめを更新しました。 まとめ中の項目のサブタイトルを「ヒドロキシクロロキンとアジスロマイシン」に訂正しました。ご指摘ありがとうございました。
1
禁煙ポンスケ @janeway_tlr2 2020年3月22日
比較的感染炎症の上流で、その炎症を抑える薬剤(TLR7以下の炎症シグナルの阻害薬)であるヒドロキシクロロキン と 比較的末梢炎症にかかわる一つの炎症サイトカインに過ぎない、その阻害薬であるアクテムラ(IL-6阻害薬)、 いずれが効果あるのか、いずれも効果ありなのか、期待感でいっぱい、結果に注視しているところ。
0
にゃあ @kirikami 2020年3月30日
Sasayama's Watch & Analyze » 現在、新型コロナウイルス対策として世界で試行の有力な治療法一覧 http://www.sasayama.or.jp/blog/?p=1791
1