「仕様起因の手戻りを減らして開発効率アップを目指すチャレンジ」の反響

DeNATechCon 2020でのセッション「仕様起因の手戻りを減らして開発効率アップを目指すチャレンジ」の反響です。 セッション情報: https://techcon.dena.com/2020/session/10
denatechcon DeNA 形式手法 形式仕様記述 Alloy
18
鈴木穂高 / Hodaka Suzuki @hoddy3190
「仕様起因の手戻りを減らして開発効率アップを目指すチャレンジ」というタイトルで @orga_chem と発表します。 14:00頃からです。 youtube.com/watch?v=eKU5HO… #denatechcon
拡大
tMishima Mushoku @tihimsm
お, このセッション楽しみしてたやつ. #denatechcon
hmatsu47(まつ) @hmatsu47
(昼の部は最初のセッションだけこっそり参加中) #denatechcon
tarappo @tarappo
「仕様起因の手戻りを減らして開発効率アップを目指すチャレンジ」  わいわい youtube.com/watch?v=eKU5HO… #denatechcon
拡大
yoShi@深層強化学習.🅒 @_Y_HACK
[ライブ配信] DeNA TechCon 2020 Day2 -夜の部-に参加を申し込みました! dena.connpass.com/event/169272/?… #denatechcon
TOYAMA Sumio @sumio_tym
#denatechcon 仕様変更が難しいってのは辛いよなー
チェシャ猫 @y_taka_23
DeNA TechCon の形式仕様記述のセッション聞いてる。#denatechcon youtu.be/eKU5HOAtJsw
拡大
hmatsu47(まつ) @hmatsu47
高頻度でリリースすると、仕様書を更新するのも難しいはずだし、追記・更新先がバラバラになってたり冗長な表現・多重に記述してたりしても不思議ではない。 #denatechcon
Fumikazu Fujiwara @freddiefujiwara
#denatechcon 無用な機能追加だったかどうかって事前にわからないのではないだろうか A/Bテストとかしないと
伊藤 瑛 @Akito0107
「仕様の分析のしやすさ」をサポートする #denatechcon
Ryosuke @ryosukeeeee_
仕様マイスター、まさに必要としている人 #denatechcon
Ryosuke @ryosukeeeee_
スライドは後日公開していただけるそうです #denatechcon
残りを読む(35)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする