ミッドサマーを見て感じたことをひたすら綴るまとめ

ミッドサマーを見て感じたことや考えたことをひたすらに綴るまとめです。 ※見出しつけたけど、話があちこちに飛躍していて読みにくいです。。
ミッドサマー 映画 アリ・アスター ダニー ペレ ログ 実況 クリスチャン
86
根性つつじ @merongree
#ミッドサマー 見てきた。。。ネタバレ含むと思うので感想をツリーで出します

よくわからんが凄いという印象

根性つつじ @merongree
私映画をあまり見ないのだけど…それでも圧倒的な巧さというものは知識なくても分かるもんなんだな…と思った。映像に接しているだけで筋書きに貫かれる感じがある 赤ん坊になって抱き上げられて檻に入ってる動物をずっと見せられてるような感じ
根性つつじ @merongree
まずダニ―とクリスチャンの関係について、「今」の遣り取りだけを示しただけで過去の感じも表現できるのが凄いなと…この辺りの巧さから「余計な説明はしないっていう映画なんだな…」と感じられた

「にほんむかしばなし」に出て来る竜宮城っぽさ

根性つつじ @merongree
割と修羅場は早く来るというか、村の入り口でいきなり大麻?だかドラッグをやらされる辺り、日本昔話とかでごちそうを食わされると二度と現世に戻れない、みたいな感じがした…
根性つつじ @merongree
それからダニーが幻覚が見えて…6時間ぐらい眠っていて起こされる、というくだりがあるけれど、この時点で「これから起こることは全部ダニーの夢」っていうフラグもあったと思う。最後の女王爆誕の笑みでも「ああ…夢かな…」という感じもした
根性つつじ @merongree
あと「朝も夜もない」という辺りが竜宮城感もあるんだよね。。。異世界みはずっとある。ダニ―の夢では???という感じもすごくした。まあどっちでもいいんだけど

序盤で説明をいっぱいしてくれる

根性つつじ @merongree
あと入ってすぐ修羅場のシーンが来るのも、ハナシが早くていいなとは思った。どうせ修羅場っていうのは分かるから、先に「構造」が見えた方が見ててラクだなと(ジョシュ的な思考
根性つつじ @merongree
こういうのは「何が起きているのか分からない」というより「村のルール」を踏まえた上で、現実の事件に「何なのよこれ!」となるのが展開上分かりやすいと思うので、パーティに論文書く奴が入ってるのはもう視聴者向けインフラって感じがした
根性つつじ @merongree
んで彼らが色々聞いてくれて村人も「あーでねこうでね」と我々向け基本的な説明をしてくれて、「72歳以上は?」とかキーなところをダニーが聞くってのも面白かった。ダニーはヤバい箱を全部自分で開けにいってて、ゾンビゲーのヒロインみたいだった 主人公の主体性があった
根性つつじ @merongree
しかも村人って別にだますって感じないよね。ちゃんと説明してる。「72歳以上は?」の時も「カッ」て首を切る真似とかをしてる。「ああ不要とされる年齢ってのがあると自ら死を選ぶんだな…」ってのは、個人的に姥捨て山のイメージでこの時に思い浮かんだ。
根性つつじ @merongree
姥捨て山というか、イヌイットの老人だったかは、確かある年齢以上になると自ら流氷にのってホッキョクグマに食われることを選ぶ、って話を何かで見た覚えがあって。「そういうのかな?」と思った。どうしても閉鎖的で、豊饒な土地ではないとそれが美徳とされるだろうなとは…。
根性つつじ @merongree
本当に最初から最後まで「説明」が豊かで、あんまり考えを巡らせなくても「こういうことなんだな」というのが豊富に情報として送り込まれてきたなという印象はある。老人と老女のシーンとか、この村での人生の終え方を冒頭に持ってくるのって作り手の親切さでは、とか。
根性つつじ @merongree
んで、食事が終わった後の老人と老女が椅子ごと担がれて崖の上に連れていかれる時に、「姥捨てかな?」って思った。日本では昔、おばあさんを棺桶に詰めて山頂から投げ捨ててたという姥捨て伝説がある。あの椅子ごと担がれる時にそれを思い出した。
根性つつじ @merongree
山頂まで行くのに椅子ごと連れてったのって、強制力なのか、そこまで自力で歩けないということなのか。「椅子ごと投げ落とす」方が姥捨てっぽく見えたけど、自らの脚で落ちるシーンになっていたのは、その死が自ら選んだものであることを強調したんだろうな、と思った。

村人(作り手)がヤバさに自覚的な世界

根性つつじ @merongree
それから二人同時でなく、一人ずつだったのも実に丁寧な筋書きだな…と思った。一人目の時に「フツーの神経」の人が「おかしいだろ!!」って騒いで、二人目の時に即死できなかった場合を見せる。偶然じゃなくてこれはこういう掟なんだというのを見せた上に、あのリーダー的女性の解説まで入る。
根性つつじ @merongree
これでリーダー女性が、「何あなたこの人たちに説明してなかったの?ごめんなさいねでもこれはこういう慣習なの…皆自分の意志なのよ」とか説明するくだりで「おおっ」て思った。これは「混乱している狂人」の話でなく「自覚的な他人」の話なんだなって説明された感じ。
根性つつじ @merongree
このミッドサマーの儀式はヤバいけど、村の人が「他人がいきなり見たらヤバい光景」って理解しつつ、理屈つきで遂行しているもの、という辺り、なんか「無自覚な素人の創作」よりはヤバくないんだなって思った。。「え??これの何がヤバいの?」とは言わないんだよなあの村の人……
根性つつじ @merongree
あとおじいさんが墜落しても即死できなかった辺り、あの崖の高さって経験上そういう高さを狙ってるのかなって気もした。確実に死ねるみたいな手配をすること自体はよくないことなのかな…運命論とかも信じてそうだしな…とか。(ちょいちょい占いが出て来るし)
根性つつじ @merongree
老人と老女の顔がぐしゃってなってたけど、あれは人為的にやられたのかな?「顔を失う」というのがちょいちょい出てきたと思うけど、顔を失うのは個人の人格のはく奪→その命が村の共有財産になったあかし、って印象を受けた。
根性つつじ @merongree
私はグロテスクなものが苦手でちょいちょい目を覆ったけど、あの顔の造形の崩れ方がなんか不自然だったのは、「死体としてのリアリティー」を追求するんじゃなく「崩れたことの記号化」って感じがしたから、作り手の狙いをそうだと信じてかろうじて見られた。花が目に刺さるのもそんな感じだったし
根性つつじ @merongree
老人と老女の遺体が焼かれていたけど、あれは土に還る前の段階なのかな。他の生贄も燃やしていたけど、そもそも北欧のあの辺りって火葬は一般的なのか?そうでないならやはり「土に還す」という一個の思想の現れなのかなあと。
残りを読む(100)

コメント

まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年3月16日
映画視聴した自分からみて思いもしなかった感想。1.「村は竜宮城みたい」言われてみたらその通りだ。一日中白夜が続く非日常感はテーマパークっぽくも有る。2.「女性への暴力は意図的に描写されてない」英国から来た留学生のカップルも生贄にされたから気がつかなかったけど確かにそうだ。老女の死も一応自死だし。3.「村の絵と全く違うペレの絵の技能は彼が外部からの子の可能性を示している」一番驚いた指摘。感心した。やはりネットで感想を探るのはやめられない。
35 @rejoicerejoic 2020年3月18日
どうでしょう。ペレがインガを「同じ誕生日なんだ」って紹介したのは僕たちみんなホルガ生まれホルガ育ちの強調のようだし(出産イベントの管理)やはり内部民では? 絵については今思いついたけど、ウルフが「守る者」のようにペレは「記す者」なのかも。なんとなくルビンと長老のいいとこ取りのような気もするし。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする