『日本の鬼の系譜』をまとめた図がとても興味深かった「鬼は平安以降に誕生したと?」「期待される妖怪たち、の字面の面白さよ」

鬼といえばぬ~べ~かな
516
とも@好事家 @keyanohana

赤鬼は熔鉄、青鬼は原鉄の象徴という説 pic.twitter.com/kDEE2DchYx

2020-03-29 13:07:26
拡大
とも@好事家 @keyanohana

武勇伝の為使われた鬼の無念を感じる酒吞童子最後の言葉も知ってほしい。 twitter.com/keyanohana/sta… pic.twitter.com/5ypmBgqe9I

2020-03-30 09:19:46
拡大
とも@好事家 @keyanohana

鬼のビジュアルは伝承ではなく、鬼門(丑寅)の方向から勝手にイメージされたもの pic.twitter.com/zA568bJdk9

2020-03-30 09:22:24
拡大
明治大学王室研究会 @Meijiuniroyal

「鬼島津」や「鬼佐竹」みたいに人の形容にまで使われるほど日本と鬼の関係は切っても切れないものなのかと。 twitter.com/keyanohana/sta…

2020-03-29 19:44:09
とも@好事家 @keyanohana

鬼〇〇は武士の英雄譚として鬼退治からの派生で、強さの代名詞となった感があります。 twitter.com/meijiuniroyal/…

2020-03-29 20:43:42
あおけい 🔥🏭✈️ @aokei1003

吉備真備が討伐したとされる温羅も鬼の一種なのだけど、虐殺を働いた百済の王族とその部下たちだとされているから入ってないのは仕方ない事か。 しかし面白い系譜。 twitter.com/keyanohana/sta…

2020-03-30 09:40:32
とも@好事家 @keyanohana

大江山の鬼と吉備の鬼はどちらも崇神天皇期に討伐されていることから中央政権に「まつろわぬもの」としてみなされた存在であったこと。そして勝てば官軍よろしく正統性を悪者にすることによってそれを担保するというやり方であったと考えられますね。 twitter.com/aokei1003/stat…

2020-03-30 10:13:56

※参考リンク

リンク www.city.fukuchiyama.lg.jp 日本の鬼の交流博物館 日本・世界の鬼のことがわかる「日本の鬼の交流博物館」 1
日本で鬼が誕生したのは平安時代…?
Blond eater @R_Tachibana

鬼は平安以降に誕生したと?

2020-03-30 10:41:22
みなつきゆきひと👹丑寅年は鬼年 @minatsukiyukito

ガタッ! と言うか、やはり日本の(今の姿の)鬼が生まれたの平安前後かー twitter.com/keyanohana/sta…

2020-03-30 09:21:27
gizmon @gzlabs

鬼に角が生えてくるのもっと古い時代だと思うんだけど広まったのがその時期って言うことなのかな。 twitter.com/keyanohana/sta…

2020-03-30 10:39:03
ぐるぐる @FatAndRound

奈良時代だったら西方の白人もガンガン日本に入ってきてたし鬼=白人説は当たってそう twitter.com/keyanohana/sta…

2020-03-30 11:30:00
げっちゅ(σ・∀・)σ1/10閃華欠席 @geccyuonice

やっぱ平安時代は日本文化を真の意味で確立させた黎明期であり過渡期であり全盛期であったのだなぁ。 400年も続いた時代は伊達ではない。 twitter.com/keyanohana/sta…

2020-03-30 09:17:21
外国の『鬼』の認識もまた興味深い。
𝕟 𝕒 𝕟 𝕒 𝕠 . 🥊🎅🏻🔥 @nanao_tautology

@keyanohana インドの鬼とは羅刹(ラークシャサ) 興味深いですね🤔💭

2020-03-30 02:52:02
蒼天騎神のラゼルさん @blueskyARrazel

中国でいう鬼は「死人」のことで 鬼の角と虎柄のパンツは「丑寅(鬼門)」から来てる ってのがうろ覚えの知識_φ( ̄ー ̄ ) twitter.com/keyanohana/sta…

2020-03-30 10:20:54
マルミ @jeztracy

中国人の同僚に節分の鬼みたいなのはいる?って聞いたら いない。鬼はキョンシーのことだよ! って言ってたのなるほど。 twitter.com/keyanohana/sta…

2020-03-30 10:20:01
いっぽん @ipponn_juice

鬼といえば、 なぜ角が生えているのか なぜ桃太郎は犬猿雉を仲間にするようになったのか って言う答えが興味深い あれ、十二支なんですよね。 北東に丑の角と寅のパンツ その逆の西に申・酉・戌 民俗学というか対抗馬というか、物語の作り方としても納得がいく twitter.com/keyanohana/sta…

2020-03-30 10:45:45
近代の『鬼』についての認識の変化がまた面白い。
aho @aho151

昭和後期と平成における大統合…水木しげる御大の影響が少なからずありそうななんというか… twitter.com/keyanohana/sta…

2020-03-30 10:02:50
残りを読む(5)

コメント

とらくろ @trakron 2020年3月30日
京都かー。今は行かれないけどいずれじっくり見て回りたくなった
1
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年3月30日
悪霊としての意味合いで入ってきた「鬼」の字に「隠(おぬ)」の読みがつく→遣唐使の廃止で独自に発展→人(朝廷)に従わず武力で反抗した勢力に使われる→地獄の獄吏として人を苛む情け容赦ないイメージに使われる→一般には真似のできない畏怖を伴う武勇や非道に使われる 「ヒトでなし」の拡大解釈と個性の獲得の歴史なんだね
18
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年3月30日
同じように個性を獲得して身近になっていく存在に「○○の精」→「○○(貴人)の怨霊」→「恨みを飲んだ○○の怨霊」→「死んだじいさんが枕元に!」のような「霊」がある 妖怪なんかもそうだけど、設計に時代の波が見てとれるのスゴく面白いよね
7
ひふみよいつ @hihumi_yoitu 2020年3月30日
上にもあるけど『鬼』=悪霊、疫病。という存在で決まった面相や姿形はなかった。追儺という鬼を祓う儀式が行われるようになると現在の鬼のイメージに近い『方相氏』という神様が登場する。やがて方相氏が鬼を祓うという内容から方相氏自体を祓う内容に変化していき、方相氏の姿形が鬼のイメージとして伝わった。
1
出無精マスク @annoupoteto 2020年3月30日
平成になってからだと角の生えた脳筋ガサツな女の子ばかりですね…凄く好きです
12
ねや @AriaSub 2020年3月30日
日本の赤鬼のイメージは 船乗りの赤ら顔の白人(大男)や、多々良製鉄などの日焼けで真っ赤になった肉体労働者たちの、 イメージがかなり盛り込まれてるから初期は全然違っても不思議はない
5
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年3月30日
[c7555491] 「泣いた赤鬼」('33)とか「鬼のパンツ」('75)とかあるしなー
12
persona_1 @X1Persona 2020年3月30日
たたらばで働いていた人が肌が溶鉱炉で焼けて赤く、焼けた鉄などを見続けた結果片目が見えなくなったりしたのが原型という本を昔読んだな
2
black.king @northern_shower 2020年3月30日
福知山の博物館かー。本来なら明智大河で大盛り上がりだったはずの場所なので、コロナが落ち着いたら行ってみたいな。
0
barubaru @berururururu 2020年3月30日
あれ?日本書紀に鬼でてきたよな?
3
亜留間次郎 @aruma_zirou 2020年3月30日
平安時代、つまり鬼舞辻無惨が始祖なのね。
1
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2020年3月30日
しかし鬼の系譜の一番下にある「期待される妖怪たち=鬼・天狗河童」って一体なんじゃいw
1
sihi @sihi70585332 2020年3月30日
「鬼」の字が初めて使われた日本の文献は『出雲国風土記』で「昔或人、此処に山田を佃りて守りき。その時目一つの鬼来りて佃る人の男を食ひき」とあるように。一つ目で人食いという属性だった。古代出雲ということで製鉄業者だから一つ目という推測がまずできる。
4
はいぱ@玉ねぎ畑の小作人 @haipa2000 2020年3月30日
やっぱり日本鬼子が生まれる国だけはあるな
1
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年3月30日
「鬼に横道なきものを」が鬼の言い分 遡って紀朝雄が藤原千方の従える鬼を退散させるために唱えたとされるのが 「草も木も我が大君の国なれば、いづくか鬼のすみかなるべき」 この大地は全て皇のもので鬼が住んでいい場所などない、という歌 当時の朝廷のえげつなさがうかがえる話
2
ovandeyas @ovandeyas 2020年3月30日
中国での鬼というのは、幽霊とか亡者の意味で、 日本では、いつの頃からか地獄の獄卒のことを「鬼」と呼ぶようになったけれど、 元は獄卒に責められている亡者の方が「鬼」と呼ばれるものだった。 逆転したのはいつ頃なんだろう?
6
暮れ色みかん @nana339 2020年3月30日
平安時代、陰陽師を中心とする中国から学んだ知識人が、日本の怪異を「鬼」とし、明治時代、井上円了が各地で伝承されていた怪異を「妖怪」とし学問を作る。もっと言えば、江戸時代の鳥山石燕と現代の水木先生が妖怪画で繋がるような所に、時代のロマンを感じる
1
ゆゆ @yuyu_news 2020年3月30日
「仕事の鬼」とか、どの辺から派生してきたんだろう。
1
いつき @ituki_s 2020年3月30日
金属を加工する技術を持った渡来人を「オニ」と呼んでいた・・・って話をどこかで昔読んだ記憶があるんだよなあ。たたらの神様は洋の東西を問わず隻眼であるのは火で目をやられるからとか。西洋人の赤ら顔と鼻の高い姿は天狗のモチーフという話もあったかな。
3
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年3月30日
ovandeyas 中国の地獄の獄卒に角はないらしいよ 現在の鬼の大元のモデルになったというのが「追儺」という節分の元になった儀式に出てくる「方相氏」らしく、四つ目の赤い仮面に一本角が生えている(元々白面で角もなかったらしいけど) しかしこの方相氏自体が鬼(中国式の方)を追い払う存在というややこしさで、なんやかんや「角」がかなり重要なキーアイテムなんではないかとおじさんは考えてます
1
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2020年3月30日
なまはげ武帝起源説を採るとすると平安どころではないんだよなあ
3
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2020年3月30日
「とても」とか「凄い」とか「滅茶苦茶」とかの接頭辞で使われる鬼って最近だよね?
1
みすぽ @b3qdyhKLnhnJBBX 2020年3月30日
[c7555491] 実は江戸時代中期くらいから鬼娘ヒロインはおるのだな、これが
1
ありよし/コアロン @TnrSoft 2020年3月30日
ここまで鈴鹿御前なし。征夷大将軍との間に子供まで作るんやぞ
3
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2020年3月30日
これめちゃめちゃ興味深いな…そうなんだよな、鬼とか妖怪ってのは、「歴史」でもあるんだよな…
0
社長(仮) @smichie1221 2020年3月30日
お隠れになった伊邪那美の躰に憑りついていた雷神や伊弉諾尊を追っていた雷神、姥が鬼のイメージに近そうな。
0
catspeeder @catspeeder 2020年3月30日
こうしてまとめられてみると「鬼」という単語の持つ長い歴史と、そこに内包されたイメージの膨大さには驚くべきものがあるな。「鬼籍に入る」とかは相当古い時期にできた言葉なんやね。
1
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2020年3月30日
西洋における妖精や精霊も自然霊だったり神話の巨人の末裔とか言われてるのいたりするし、根っこは似た様なものかもしれない。
0
島村鰐 @wani_shima 2020年3月30日
星野之宣が宗像教授伝奇考で「平安時代、強大になって行く武士に対する憧憬と恐れがそれぞれヒーローとしての武士とその敵手としての鬼をどんどん強大にしていった」みたいな話をしていたな これもある意味「期待される妖怪」の意味かも知れん
1
猫神こまにゃ @comanya 2020年3月30日
trakron はじめまして!本籍地が酒呑童子の大江山ふもとの、鬼の末裔の者です。大江は今でこそ「京都府」「福知山市」ですが、京とは言葉も文化も異なる土地柄。飛鳥時代の少し前までは丹後丹波の二丹の独立国の一部でした。 そんな大江山は京から遠いですし、バスも本数ないですが、天橋立と共に是非是非!
0
猫神こまにゃ @comanya 2020年3月30日
大江の鬼の末裔から補足。丑寅の化身の鬼の姿や性質のイメージが出来たのは平安以降かもですが、そもそも飛鳥奈良平安の頃までは鬼は「モノ」と呼ばれていまして。モノは元々は「常人と異なる強い力を持つもの」の意味でした。元服前の童子もモノだし、老人もモノだし、製鉄金属加工技術者もモノだし。武士はモノノベ、モノノフでそもそも鬼の集団でした。陰陽師は童子(鬼)に近い装いで、鬼となって鬼を祓う立場でした。
1
猫神こまにゃ @comanya 2020年3月30日
大江山の鬼が朝廷から虐殺されたのは実は三回ありまして。一回目が崇神天皇の弟によ る土蜘蛛退治、二回目が厩戸皇子の異母弟による悪鬼退治、三回目が源なにがしによる酒呑童子の退治。おかげで、死体がゆらゆらしていたから由良川とか、血まみれの原っぱなので千原とか、酷い由来の地名多いですし、今でも節分では鬼は外とは言いません。
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年3月31日
なんかスゴい方が来ている…… 京都周辺の「○○野」って地名は死体の廃棄場だったと聞いた 赤青黒鬼の「貪欲・嫉妬・愚痴」って仏教の三毒、「貪・瞋・癡」じゃねえかなあ
2
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年3月31日
今思い付いたんだけど ・製鉄 ・朝廷との確執 ・災禍 スサノオ(牛頭天王)関係あんじゃね?
0
3dozen @tyusanda 2020年3月31日
AriaSub やはり天狗はキリストだったんだ!
0
天音@よれよれ復帰中 @amane396 2020年3月31日
どこかと思ったら昔行ったところだ!また行きたいんだよなあここは
0
らない @lanai_spr2 2020年3月31日
八岐大蛇退治も一種の鬼狩りだろうに、古事記の頃は平安時代でも鬼って言葉を使わなかったのかな。 よく見る解釈では冶金集団が反逆者として次々に梟首された話、と説明されるけど、隠住者・鉄・服わぬ民と鬼要素てんこ盛りなのに、鬼という概念が出てきてない。 古事記時点ではまだ中華系の鬼(お化け)と大和系のおに(隠れ住むもの)ともの(怪異・人外)の習合が進んでなかったのか、単にこの辺は既に物語化したものを忠実に書き起こしたからなのか。
1
てす子 @momimomitest 2020年3月31日
鬼退治で有名なメンツの多い征夷大将軍なんかは戦相手の蝦夷の人間が鬼扱いされてたんではみたいな話もあったような
0
昆布出汁 @kobu_dasi 2020年3月31日
一途で虎柄ビキニで電撃使う鬼が昭和後期天下を取ってたなあ
0