2020年3月30日

不吉を避ける「物忌み」や「方違え」…平安時代の風習は感染症対策だったのかも「忌引や四十九日も同じ」「これが差別の理由にならないよう注意したい」

平安時代の京の市中は死体だらけだったことを考えると…
617
天地創造デザイン部㊗️アニメ化@蛇蔵 @nyorozo

漫画家、漫画原作者。東京工業大学元非常勤講師 「日本人の知らない日本語」など。「決してマネしないでください」NHK総合でドラマ化。「天地創造デザイン部」(原作担当)2021年アニメ化。作品一覧→ amzn.to/3orv3FU

天地創造デザイン部㊗️アニメ化@蛇蔵 @nyorozo

平安時代の風習「物忌み」。不吉なことがあると、一定期間外に出るな、人に会うな。決まりを破り会話をしてしまった男は死の呪いをかけられて死んだ。  みたいな話さっぱり理解不能だったんだが、いま、理解した。

2020-03-30 11:08:13
天地創造デザイン部㊗️アニメ化@蛇蔵 @nyorozo

「方違え」不吉な方向には行くな。どうしても行きたい時は迂回して行け。 も謎すぎたんだが、「行かない方がいい方向」については理解したぞ。迂回して時間をおけば方向の不吉度が下がることがあり得るということも。形骸化して意味不明なことも、元々は意味があったから定着したんだな…

2020-03-30 11:13:48
天地創造デザイン部㊗️アニメ化@蛇蔵 @nyorozo

物忌みを必要とすることに、「不吉な夢」とかまで入ってるもんですから、つい否定的な目線で見てしまっていたのです。過去の文化を見る時は、年月によるノイズの蓄積を考慮すべきでした。どうせ迷信ではと思考停止してたのを反省。

2020-03-30 11:23:52
天地創造デザイン部㊗️アニメ化@蛇蔵 @nyorozo

平安人、おまえ、超スーパー最悪な公衆衛生の中で生き延びたサバイバーだったんだな…確かに意味不明な物忌みも沢山あるけど、比較調査できない中でできることは「ぜんぶやる」だったんだ。馬鹿にしててすまなかった 我々は、少なくとも彼らよりは効率よく戦えるのだから頑張ろう

2020-03-30 12:15:59
tetsujin2017 @tetsujin2017

@nyorozo @YS_GPCR 平安なら畳一枚距離空けてお目通しし、しかも御簾があった。

2020-03-30 13:06:48
銀河51号 ステージ4 @ginga25198491

@nyorozo 道長だけが生き残ったのは、そういう事だったのかも。 御堂関白記なんか、物忌みのオンパレードで、最高権力者がそこまで気にするの?と思っていましたが、或いは彼が若いときから物忌みを非常に気にする人で、それでかどうか生き残ったので、後生もずっと続けたのかもしれないなあ、なんて思いました

2020-03-30 12:46:54
四知(ししる) @ito__3

@nyorozo 行き触れもそうですね 外出中死体にあったら(人間だけでなく獣も) 帰宅して、手水に禊して潔斎しろも、 感染症かもしれない死体に近づいたのだから、手洗いうがいお風呂に入れですからね…

2020-03-30 13:09:51
忌引や四十九日も同じ発想では
佐藤信顕@「遺体と火葬の本当の話」増刷御礼 @satonobuaki

創業89年の佐藤葬祭代表、葬儀葬式ch運営Youtuberです。1級葬祭ディレクター。オトナンサー連載中(ヤフーニュース掲載)。二見書房「遺体と火葬の本当の話」増刷御礼。取材、執筆依頼、撮影協力などは御気軽にご連絡下さい。 メールは info@sato1976.com 電話0334680949

youtube.com/channel/UCuLJb…

佐藤信顕@「遺体と火葬の本当の話」増刷御礼 @satonobuaki

外出禁止とか、濃厚接触を避けるとか、いままで迷信扱いされていた忌という行為や期間というのが完全に疫病対策その物で昔の人のスゴさを実感している。同じく食事をするなとか、おしゃべりするなとか、人が大騒ぎしている祝い事はダメとか、本当に感染症対策そのものです。

2020-03-29 21:57:03
佐藤信顕@「遺体と火葬の本当の話」増刷御礼 @satonobuaki

祝い事の前に身を慎むことも斎戒なんて言って物忌みと同義なんだけと、神事仏事に関わる人が病気に成らんようにしなさいって神仏限らずかんせんしょたいさくがされているってのは今回実感を伴ってよくわかりました。

2020-03-29 22:01:02
佐藤信顕@「遺体と火葬の本当の話」増刷御礼 @satonobuaki

忌っていわゆる縁起が悪いと言われるのでよく使われるから嫌なこと避けたいことって意味に使われてしまうけど、元々の字の成り立ちで見ると糸車に心で秩序を持って心を扱うことって位の意味なんだ。

2020-03-29 22:03:11
佐藤信顕@「遺体と火葬の本当の話」増刷御礼 @satonobuaki

三本の線の下に心をとどめる。なんだか嫌われものになってしまっている忌ですが、外部との接触を絶ち静かに安全に過ごすってなんだか高潔な言葉だった、こう言うことを掘り下げるのが僕の役割なんだろう。

2020-03-29 22:05:41
佐藤信顕@「遺体と火葬の本当の話」増刷御礼 @satonobuaki

忌み事って言うので嫌うのは死そのものじゃなくて、死を起こす病魔であり、その病魔がいるにしろいないにしろ可能性としているものとして扱うってスタンダードプレコーションと一緒と思うと、限られた環境で科学的根拠もない中で気付いて連面と続けて来たんだらスゴいしか言葉がでない。

2020-03-29 22:09:21
佐藤信顕@「遺体と火葬の本当の話」増刷御礼 @satonobuaki

嫌ったのは死ではなくて、死をつれてくる病魔。検査方法がないから一律一定期間隔離、理に叶いすぎていてスゲーってなっています。迷信でも何でもない高度な感染防御をうちの国はずっとやってきたってことです。

2020-03-29 22:11:45
いのしし @inossincc

@satonobuaki @murrhauser 父が亡くなって14年ですがその頃、家の地方はに納棺前に休ませていた布団は焼けと言われていました。数時間しか休ませていない新品の布団も焼くのか?と御住職に伺うと昔の疫病対策の名残ですと言われ納得しました。 焼却と言う徹底対策をしていたのは凄いですね。

2020-03-30 07:25:17
ようこ|エア記帳®︎税理士・金爆命 @aoyama_yoko_gb

@satonobuaki 実は私も最近そう感じていました。親の四十九日前で色々慎んで過ごしている中で、なんだかコロナ対策とシンクロしてるな〜って思ってました。忌中、喪中など昔の人はよく言ったものですね。

2020-03-29 23:54:58
鬼村 笑 @emi_pipisu

外出する道すがらで死体に遭遇したら「物忌」といってしばらく自宅謹慎する、って…「なんだその文化?」と思ってたけど、そういうことだったのか! たしかに物忌は感染症対策…🌝 twitter.com/satonobuaki/st…

2020-03-30 13:13:04
カカオ @cacao910percent

なるほど。この発想はなかった。忌引ってそういうためにあったのか。 twitter.com/satonobuaki/st…

2020-03-30 12:47:36
おでん @oden_

穢れや物忌みなど、古来からの風習は現代でも通じる twitter.com/satonobuaki/st…

2020-03-30 12:37:52
日本だけでなく世界でも似た風習があります
kenchan3 @kenchan3

検疫の語源になったquarantine(40日の船上隔離)も四十九日に近いなあ。 / “佐藤信顕@遺体と火葬のほんとうの話 on Twitter: "外出禁止とか、濃厚接触を避けるとか、いままで迷信扱いされていた忌という行為や期間というのが完全に疫病対策その物で昔の人のスゴさを実感し…” htn.to/3PPqzhvhGH

2020-03-30 13:04:24
ルッカ Yoco @Lucca196

イタリア語で「検疫期間」はQuarantina(※クアランティーナ:直訳だと40日間の意。14世紀のペスト流行時にヴェネツィアで行われていた船舶の入港待機期間に由来)というんだけど、日本の「四十九日」って同じくらいの期間だよなぁ……ってなってる🤔 twitter.com/satonobuaki/st…

2020-03-30 12:56:08
残りを読む(14)

コメント

さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年3月30日
ペスト菌も毛布の中では約半年は感染力を維持しますので、寝具は焼却処分されていたようです。このあたりは医学的知識がなくても経験的に知っていたのでしょうけど
62
takatakattata @takatakattata1 2020年3月30日
差別に転じるのがまさに風習の形骸化
62
ろんどん @lawtomol 2020年3月30日
ゼンメルヴァイスの業績から、さらに独自の消毒法を開発したジョゼフ・リスターは準男爵に叙され、国王エドワード7世の手術を任されるなど栄誉に浴しました。ほぼ同時代人(リスターが9歳下)なのにこの差は…と遣る瀬無さを感じる
66
nekosencho @Neko_Sencho 2020年3月30日
現代風に解釈するのはいいとして、実際の歴史上そういうことなのかどうかはちゃんとした研究をもとにして語ろうな
109
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年3月30日
Neko_Sencho ほんこれ過ぎる ピースがはまる快感は理解できるが断言はいかん
77
神無月 @sanpai2929sii 2020年3月30日
平安時代。羅生門でも表現されていたように死体をその辺にポイポイ捨てるから、Gが出たみたいな感覚で野良犬やカラスが死体の一部を持ってきて落としていく事があるんだよな。で、それでまた穢れを祓わなくてはいけなくなるわけで。現代人から見ると埋葬くらいしろよと思うのだが、当時は思った以上に人と人の間が疎遠だったのだろうか。
2
べにかわむき @lVXrA2f37kbVBzi 2020年3月30日
でも道長は糖尿で死んだんだっけ? 喪もそんなようなものかなー?
0
たけ @Eo554IijYfHOQqw 2020年3月30日
「瘴気」の概念なんかは細菌の存在を知らないなりに空気感染等のプロセスを解き明かそうとしてて感心する。
85
霧😷💭 @doppel1004 2020年3月30日
ゼンメルヴァイスおじさんかわいそうすぎる。アマビエさん並に祭り上げてあげたい。
70
agegomoku @leoandboar 2020年3月30日
蛇蔵氏、ご自分の本で「当時(安倍晴明の時代)の陰陽道は最先端科学だったのです」って書いてますやん
3
ざんせつ @zantenmori 2020年3月30日
イスラームの豚肉食の禁止なんかもそうだよな。
48
jpnemp @jpnemp 2020年3月30日
zantenmori 絶対食中毒やらかしてできた戒律ですよねあれ
103
林 伯文 @borshch77 2020年3月30日
Neko_Sencho 古代中国だと親の死後は三年喪に服すことになっていますが、論語では、子が親の懐を離れるのに三年はかかるのだから、そのくらい喪に服すべきだ、ってありましたね。
3
TOIさん(17)☆🌥️ @1983Y 2020年3月30日
「どうして手を洗わねえんだよおおおおおおおおおお」でどうしてもジョジョを連想してしまった。
17
武装難民 @oratnuhss 2020年3月30日
追放まで行っちゃうあたり、ゼンメルヴァイスさんからは某岩田氏に通じる不器用さを感じる。  学者ではなく宗教が必要用件を伝導してきたのは考えさせるな。 土民は正しいことを信じるのではなく信じたいことを信じるのだ。 正しいことを伝えられるのは実直な誠実さではなく嘘八百並べ立てて丸め込む宗教指導者的な資質なのだな。
54
SAKURA87@多摩丁督 @Sakura87_net 2020年3月30日
ある程度可能性としてはあるよね。
3
Alpha Leo @alpha_leo 2020年3月30日
経験則に基づく一定の合理性があったことは理解できるが、女の生理のような別に避ける必要のないものまでケガレ扱いされていたので、あんまりあてにはならない。
2
須嬰児 @5way2e 2020年3月30日
こういうの割と馬鹿にできないよね。塩や銀が古来から魔除けに使われていたのも細菌を悪霊として何となく意識していたのかもしれない。
15
伍長 @gotyou_H 2020年3月30日
「見えないが人を殺す何か」と言えば、メジェド神ですね。
0
あろ @aro_wt 2020年3月30日
alpha_leo 「ほとんどの場合パンツの中で完結するし気にせず動ける」のって衛生用品の発達と水回りの環境の良さあってこそで、出た端から生理用品に包み込んでスムーズに取り除ける状態でない経血は雑菌の繁殖しやすい「避けた方がよいもの」になるのでは?数日間にわたって出血をコントロールできない状態は「出歩いたりしない方がよい状態」でしょうし。
121
よーぐる @Seto_yasu1987 2020年3月30日
現代から見たら非合理にしか見えないことでも、過去の人も当然自分たちの知恵と経験をフル動員して物事に当たってたよねって視点は持っていたいもの。昔の人がものを知らないからと言って、それは頭が悪いことではないのだ
42
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年3月30日
zantenmori 豚肉禁止は食中毒に対する警戒よりも「人間と穀物を取り合わない」為だと思う。羊・山羊・ラクダといずれも人間が栄養化できない生の植物や枯れ草で成長できるのに対して、森の中にどんぐりが無ければ穀物を与えるしかない豚は生育コストが高い。酒の禁止も穀物を大量に消費するからでは無いかとの説がある。
39
Lyijykyyneleet🇲🇾 @Lyijykyyneleet 2020年3月30日
jpnemp マレーシア人のムスリムに豚肉は生で食べると食中毒になるので焼かないと食べられないという話をしたら、向こうはそれを全く知らないという出来事があったので、元々はちゃんと理由があるルールでも、理由を受け継がずに長年経つと本来の意味も目的も失われてただの慣習になってしまうんだなぁと…。
54
@wanwanbawbaw 2020年3月30日
和食ファミレスで精進もせずすき焼きたべちゃうお斎とか、もうね。喪服の集団がすき焼きて、と思いますよ
1
蓮華ちゃん @hasuhanachang56 2020年3月30日
ゼンメルヴァイスさんのエピソード、ひたすら辛い。かわいそうに…。
6
Toshiaki Takagi @toshiaki_takagi 2020年3月30日
aro_wt そういえば生理は神聖なものとして扱ってた時代?地域?も合って、そこでも結局神聖なので別室で隔離みたいなことをしてたみたいな話を聞いたことあるので、やっぱり出血する期間は避けるべきもので出歩かない方がいいものなんでしょうね
48
旧屋草一 @togetter_yo_aco 2020年3月30日
alpha_leo そもそも血(を流すこと)自体がケガレ扱いだったんでフォーカスして女性差別扱いに持ってくのがまず違う
51
ひふみよいつ @hihumi_yoitu 2020年3月30日
コロナが収まったあと『コロナにはブッディズム、アミニズムが効く』ってことになって世界の宗教勢力が入れ替わったら笑う。
1
Alpha Leo @alpha_leo 2020年3月30日
aro_wt 生理中の女を家の中に閉じ込めるなら休暇にもなるかもしれないが、村外れの隔離小屋に閉じ込めてたんだよね。それじゃ体に悪いだろ。
19
Ando @ando_nandhi 2020年3月30日
おそらく、昔でも病人の近くにいた人が同じ病気を発症する事自体はよく起こっただろうから、医学的にウイルスなど真の原因を突きとめられなくとも病人と近くにいることと発病との因果関係を経験的に認識はされていたと思う。それが物忌みの根拠になった事は十分考えられる。
31
Ando @ando_nandhi 2020年3月30日
生理の忌に関しては「下半身からの流血を伴う」時点で(生理用品のない時代なら猶更)何も汚さないとは言えないし、また生理中の仕事場を離れてのお籠りの風習に関してもフェミニストは「女自身をケガレとして排除しようとした風習」などと批判するが、現代でも女性は生理休暇をとって職場を休む事があるのだからそれと本質的に変わらない。「古代の超技術」的なものは怪しいが、そうやってあまり昔の人々の知性を過小評価するべきでもないと思う。
58
たけ @Eo554IijYfHOQqw 2020年3月30日
村はずれの隔離小屋ってどこの村の話してんだ・・・?
7
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年3月30日
血液(経血)は成分が豊富な分、極めて腐敗も早く、月経は自力では止められないので穢れ思想云々であれば衛生面での経験則もあるのかもな。人類史から見れば高機能な生理用品が普及したのはつい昨日の事だろうし。大昔は紙も布も高級品だったわけで。
49
mikaka @michando1 2020年3月30日
村はずれの隔離小屋は地域にもよるが生理中の女性で集まって畑仕事じゃなくて座ってできる仕事(縄ないとか)をしていたので本来は生活の知恵だと思う。ただ形骸化の途中で身内でも手を触れてもいけないとか(食べ物が投げるように与えられる)なりだして「良く知らんけど良くないもの」と認知されていったのだろう
71
田中幹生 @maniaxpace_mt 2020年3月30日
doppel1004 北里柴三郎やロベルト・コッホも神社に祀られているしゼンメルヴァイスも石鹸作ってる会社で祀って欲しいですわ
21
さーたん@もふもふ @tripleodd 2020年3月30日
Eo554IijYfHOQqw ネパールやで。出産後も新生児と一緒に隔離される。なお、小屋が粗末なので、低体温症で死ぬらしい。 https://forbesjapan.com/amp/32004
8
mikaka @michando1 2020年3月30日
tripleodd それは「寒いからだ」ってわからないものかね。
1
さーたん@もふもふ @tripleodd 2020年3月30日
https://www.dewirungu-jp.com/about-us/pondering/about-moon/ 生理を汚れ扱いして隔離する理由の一つに野生動物避けってのがあるとか。
11
さーたん@もふもふ @tripleodd 2020年3月30日
michando1 それが女性は暖を取っていたらしい。なお、ネパールでは生理時の隔離は犯罪です(ネパールは児童婚対策でフェミがうろついてて、フェミはそこらへんも問題視していたので、フェミが入ってから違法になったと思われる)
1
さーたん@もふもふ @tripleodd 2020年3月30日
michando1 そういう扱いをしたからフェミに噛みつかれて一部の国では禁止されたのかもしれない
1
霧😷💭 @doppel1004 2020年3月30日
血の穢れの話題は盛り上がるなぁ。昔は生理用品が発達してないから隔離は仕方ない部分もあり、農作業休めるメリットなんかもあったと思う。 でも粗末な手当てで雑菌が入ったり、ろくに禊もできない小屋暮らしで、冷えや不衛生で体を壊したりすることも昔の女性はよくあったと思うから大変だったろうな。
60
柵檻 @SAKUOLI 2020年3月30日
寿司に入ってるワサビが、魚の寄生虫のアニサキスをマヒさせる効果があるのと似た話ですね
14
花咲正直(鬼退寺桃太郎) @hanasakimasanao 2020年3月30日
eK0SV72lWxlYb8L イスラム教は交易商人のルールも混じってそう(旅先で酒呑むのも身の危険があるのからきてるとか
14
たかみん/りんと🐏 @r_takamine 2020年3月30日
こういうのって理屈の分からないおきもち族を納得させる一種の有益な詐欺テクニックだったのではないかと思っている
41
mikaka @michando1 2020年3月30日
tripleodd 噛みつかれてというか、命にかかわることだしむしろフェミニズムが正しく仕事してる件であるなと
57
柵檻 @SAKUOLI 2020年3月30日
出生率の問題でもアーミッシュとかの宗教共同体が高い出生率を維持しているように、宗教の習慣は自然淘汰の結果として種の存続に不可欠なものが残るんでしょうね。科学的に説明出来ないからルールにオカルト的な理由付けしか出来ないですけど
10
フルバ @furubakou1 2020年3月30日
SAKUOLI マジで!?単に生臭さをとるためのものだと思ってた!
1
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2020年3月30日
この手の物は強制力と生存者バイアスの合わせ技なんだろうなと思うわ。宗教的なものは大概はルールの強制をするし、そのルールが結果としてよいものだったのなら集団が生き残っていたのかもしれん。隣国では妙な宗教団体が集団感染起こしていた例もあるからまあ・・・これも自然淘汰のようなものなのか?
1
しもべ @14Silicon 2020年3月30日
ミヤイリガイでもあっただろ 朝露に触れたら死ぬ 蛍を追ったら死ぬ
41
柵檻 @SAKUOLI 2020年3月30日
furubakou1 YouTuberで実際に水に溶かしたワサビの中にアニサキスを沈めてる人がいましたが、数時間の放置でアニサキスは活動不能になりその後食塩水に戻しても蘇生しないという結果でしたね
19
ねや @AriaSub 2020年3月30日
生存性バイアスと、ある種の統計学と、物語性を伴うことで人々の記憶に残す民俗学の統合防疫か 原因解析までできなかったものの対策だけはわかるっていう対処 現代にも、まだまだあるからなぁ 完全には解明されてないが有効であることはわかっているっていう薬品とか技法とか
5
一華 @anemone2522 2020年3月30日
もしこの説が正しいのなら、その道のプロの研究家がとっくに気づいて世に出していると思うから『神々の指紋 』くらいの面白ネタとして消化するのが健全だとは思う。素人の思いつきに「そうにちがいない」はさすがに危うい。
28
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年3月30日
出血のを穢れの話だと、比較的最近まであった伊吹島の出部屋(出産前後の女性だけが集まる家)が印象に残ってる。(https://yousakana.jp/debeya-ibuki-island/) 穢れの隔離が発祥っぽいけど、妊産婦が日常の家事に慌ただしい環境から解放される、ゆっくりお産に専念して産後は養生するための場所として長く使われていたとか。こうして聞くとやっぱり生活の知恵から出来た物なんだなぁと。
18
やりすぎキング @yarisugiking 2020年3月30日
最後の漫画、蛇蔵さんやんか。「日本人の知らない日本語」と絵柄が違うから分からんかった。
0
ひなぎく(じきに老人) @jikiniroujin 2020年3月30日
現代人は伝染病の原因が細菌やウイルスが原因と知ってるが、仮にタイムスリップして古代人にあおの知恵を教えたところで「それは穢れや呪いと何が違うのか?」と言われるのがオチだろうな。 穢れには禊という対抗策が用意されているし、それ以上は自然治癒以外に対応策がない病気なんて呪いと何も違わん。その「呪い」に誰がかかっているのか分からなければ社会的に疎遠対立している人間から排除していくのも現代と同じだ。
19
柵檻 @SAKUOLI 2020年3月30日
進化人類学を布教してる方が、赤道に近い民俗ほど排他的な習慣を持つ傾向がある事を科学的に証明した研究を紹介されてましたが、我々が知らないだけで文化人類学ではこういう研究は普通にあるんじゃないですかね。
21
千と千尋の幻のラストは徳間アニメ絵本だと思う @Trtg8XBd7IN573d 2020年3月30日
zantenmori 降水量の多い東南アジアで豚が好んで飼われているのを考えると非常に納得がいく
0
みすぽ @b3qdyhKLnhnJBBX 2020年3月31日
方違えってざっくりいえば占星術関連の技術だから、そこに古代の感染症対策を紐づけるのは難しい気はするな わざわざ儀礼的にあちこち練り歩くくらいなら一直線に家に帰った方が単純に考えてリスク少ないでしょ
1
ばんのすけ @vanchan_san 2020年3月31日
自然災害を神が怒ってるとか理由付けたように、病を悪魔、菌やウイルスを穢れや瘴気としたんだろうとは思う。精神疾患とかもね。四十九日などは確かにそうかも?と感じる面もあるけど、今の日本のお葬式って食事をするよね。その辺は全然感染症対策っぽさ無いけど、もしかして割と最近の習慣なのかな?
5
しの @_sieraden_ 2020年3月31日
生理、月経というと生々しいので、対外的には物忌みと言っている……
0
Licorice @Licorice_90 2020年3月31日
支配者層である貴族階級がこれをやってるからなあ。都の野ざらしの死体は放置のまま
0
不破雷蔵@ガベージニュース💉 @Fuwarin 2020年3月31日
oratnuhss 某岩田氏は不器用ではなく単なる承認欲求の権化。
7
現場猫のおっさん(37) @OssanBlackRX 2020年3月31日
血のケガレを忌む、というのは感染症対策としては成功したと思うんですが、これが行き過ぎて出産も赤不浄のケガレ扱いとなり、庶民の出産は汚い隔離小屋で行われその結果産婦の死亡率マシマシになっちゃったと聞いたことがあります
18
ソフトヒッター99@ナードな4つ目 @softhitter99 2020年3月31日
細菌やウィルスという概念はなくとも「何となくやばい」という経験則が、こういうものを作らせているのだろうし、逆に、そういう科学的知識がなくとも、発酵のように利活用もしてきている。だが、一方で、入浴なんて〜ものが習慣化するのは、湯屋が広まった江戸時代になってやっとだったりするからなあ。
5
XX_ouga @XX_ouga 2020年3月31日
出産の際に衛生に気を使うのは大量のお湯と布が必要という経験則とかでなーんとなく理解はされてたのかなって。こういう迷信があった時代って傷口に消毒液かけたり水で洗ったりって概念すらなかった頃だってのは理解したほうがいいね。
8
xi @accountLINKonly 2020年3月31日
現代人ですら他人の血がどれだけ危険なものかわかってないんだから言外の理論があっても大衆には忌みとでもいっとかなきゃそれこそ医療崩壊してたろうしね
15
Ukat.U @t_UJ 2020年3月31日
大昔の人は言ってしまえば現代人とは違う論理、世界観で生きてるので、安易に合理的解釈を当てはめるのはどうかなと思います。
2
ぽんぽん @apocalypse1706 2020年3月31日
「エウレカ!」って目覚めてる人が多くてげんなりする。「たまたま合致する部分があった」ってことであって、原因をきちんと把握した上での対策ではないというのに。
3
坂崎太郎 @sakaxtaro 2020年3月31日
古い習慣は感染症対策!夜伽見舞いヨシ!
0
ざんせつ @zantenmori 2020年3月31日
eK0SV72lWxlYb8L 日本では昔は豚の餌と言えば牛糞だったらしいですけど、西洋は違うんですかね?
1
ちこたん @chiko_tam 2020年3月31日
日本では穢れを拒否するものですからね。死は穢れそのものですし。
1
松竹梅 @shou_chiku_bai 2020年3月31日
平安時代の生活の知恵にグウの音も出ない。 現代人は隙間を埋めたに過ぎなかった。
1
Cook⚡夏アイコン頂きました/アイコン画像物販情報はピン留めを @CookDrake 2020年4月1日
最後に載ってた19世紀に手洗い推進したらハブられて狂死に追い込まれた医者の話であああ!ってなった。切なもどかしい。
1
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2020年4月2日
スケールが違うだけでビッグデータは大昔からあったんだろうな。
0
殻付牡蠣 @rareboiled 2020年4月2日
apocalypse1706現代の価値観で昔を判断するってダサい
0
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年4月2日
zantenmori 自分が知っているのは中世ドイツでは広大な森に自生しているドングリの木の実、フランスやイギリスでは小麦粉を精製する際に出るクズを集めたふすま(糠・ぬかとも言う)を喰わせていたという事だけですね。日本では牛糞を喰わせていたとは初めて知りました。19世紀アメリカでは牛にトウモロコシを喰わせ、そのコーン粒がたっぷり含まれている牛糞を豚が喰っていたとは読んだ事あります。
0
ざんせつ @zantenmori 2020年4月2日
eK0SV72lWxlYb8L 国よって結構違うものなんですね。 とすれば、イスラム圏で豚食していた時期があるなら麦の糠使ってそうですねぇ。 自分が聞いた話では、牛舎(豚舎)の2階に牛、1階で豚を飼って2階の牛舎で出た牛糞をそのまま豚舎に落としてそれを食わせてたとの事でした。 多分、米国に習ったのかな?
0
出無精マスク @annoupoteto 2020年4月2日
なお21世紀の今は信仰や習慣のせいでコロナになる模様
1
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2020年4月2日
「あることをしたらひどい目にあったからそれを避ける」といった学習能力は人間以外の生物にはそこそこあって、淘汰をまぬがれるのに貢献したと考えられる。でも因果関係を確かめる方法がないためぜんぜん的外れな対策が長く経験則として受け継がれたものも山ほどある。近代以降の科学はそこに「確かめることができたことだけが正しい」というルールを付け加えたのが画期的で、それによって長く信じられてたことが否定されたり、けっこう有効な対策だったことがわかったりした
5
黒ヌタウナギ @blackeel1 2020年4月3日
Neko_Sencho 本当にそれ。時代遅れの風習を持ち上げてやらかす人が出ないか心配。
1
秒刊思考記録帳 @KVaP4L72O4i5Uiq 2020年4月4日
anemone2522 「とっくに気付いている」というより、「そりゃまぁ現代から見ればそうだよね」で済まされていることでは。日本中世史研究してる学芸員の方に教わったことありますが、当時の視点でわからないことについて研究は特にされません。あくまで「当時どう考えていたか、どうしていたか」という分野であって、それを現代で解釈するのは歴史学とは別物なので。
4
秒刊思考記録帳 @KVaP4L72O4i5Uiq 2020年4月4日
実際に物忌み破って死ぬ事例は、そりゃそう書いてあるんだからあったのでしょう。前提と言ってもいいほどです。歴史学においては、「その理由が現代の科学技術で説明できる」ということは、必ずしもそれほど重要なことではないので。 どちらかというと、「当時の状況を解き明かし、後世で色々考えることができる状況を整えて伝える」ことが、歴史学の本懐である、というようにその学芸員の先生は話しておられました。
3
秒刊思考記録帳 @KVaP4L72O4i5Uiq 2020年4月4日
ちなみに「物忌み対象者の当時の遺骨からウイルスや細菌の痕跡が採取できた」とかになれば、考古学分野として確かに実証できます。……でも、流石に無理でしょう。千年前のウイルスや細菌を採取して、さらにその身元が文献からわかるというのは。なので「もしそうならとっくに専門家によって実証されている」は、現実的にはほとんど不可能ですね。
1
冶金 @yakeen4510 2020年4月5日
物忌み、でいいね。ピリオドとか変なカタカナ流行させんなよ全く……。
1
hellcatcart@リンガ泊地 @hellcatcart 2020年4月5日
jikiniroujin 避けれればばい菌のせいでもタタリのせいでもあんま変わらんぞ
1
Ando @ando_nandhi 2020年4月15日
民俗学では昔の習俗として血を不浄とする「血忌み」や「血不浄」などが言及されるが、「血統」や「血のつながり」など理念的に「血は尊いもの」として重視される当時の世界で、イデオロギーを根拠として「血不浄」の発想が生まれてくるとも考えにくいので、「ケガレの思想」みたいな後付けのイデオロギーよりは「体液としての血」に覚える嫌悪感と感染症への経験則などよく知られている事実がこれら血忌みや血不浄の習俗の発生源になっていると考える方が自然だろうなとは個人的に思いますね。
1