アプリで作成

水着サービス回かと思ったら表紙の華やかさとは裏腹に作中でも最高レベルの鬱で危険な展開に!?主人公文楽の衝撃的な真相が明らかに!Funny creative 幾谷正先生によるアーマードール・アライブⅣの個人的ネタバレストーリー考察レビュー!

おまたへしました。 ※ネタバレストーリー要約公開ですが、作者である幾谷正先生に直接確認して許可を頂いています。過去のまとめもリンクで追加しました。 2020/04/09現在での最新刊であるⅤも同様な形式で公開して良いと許可を頂いておりましたが、本来はお金を支払って読むべきであり、こちら側から自粛を申し上げました。
7
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

Funny Creative 幾谷正先生のアーマードール・アライブ Ⅳ 〜いつか終わりゆく安息の日々〜 のストーリーダイジェストネタバレ個人レビュー! amazon.co.jp/dp/B076V6L65L/… pic.twitter.com/croaMApJlb

2020-03-19 02:03:59
拡大

やたら炎上してるラノベ作家Funny creative 幾谷正先生による作品アーマードール・アライブⅤ時点までの個人的な総合レビュー 創作におけるキャラとハーレム https://togetter.com/li/1516970

やたらTwitterで炎上しているFunny creative 幾谷正先生によるAmazonレビュー酷評低評価&レビュー自体少数のアーマードール・アライブトライアル版1を読み終えたからレビューしてみる https://togetter.com/li/1467702

2まで読まないと良さに気付けない道の険しさ!「深い愛情と信頼に他の相性が一致しない苦しみ」Funny creative 幾谷正先生のアーマードール・アライブ2トライアル版個人レビュー! https://togetter.com/li/1470890

オタクを作中人物に褒めさせる幾谷先生!敵の襲撃で急展開を迎えるFunny creative 幾谷正先生のアーマードール・アライブⅢの個人レビューまとめ https://togetter.com/li/1478056

2020/02/17時点 3巻以外の全ての公開されているアーマードール・アライブを読んだザックリとしたレビューと幾谷正先生との直接のやり取りとか ほんわかギャグ編 https://togetter.com/li/1469661

おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

Ⅳの評価なんですが、星5中4★★★★です。 荒らし被害が鎮静化してる印象ですが、依然としてフェアなレビューが少ないのでAmazonには星5を送信しておきます。 表紙だけ見るとただの平和なサービス巻っぽいんですが、今回作中トップレベルの衝撃の事実が明かされます。

2020-03-19 02:56:11
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

新たなライバルも登場し、キャラもある程度揃ったので、ここからストーリーが一気に加速していきます。 幾谷先生は比較して日常パートよりバトルや緊迫したシーンを描く方がお得意なのかなと思います。

2020-03-19 02:58:55
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

序盤 第1章 Stay With Me 新たなキャラが登場。若き操縦士花守吟詞と機甲人形ベルフェゴル。侵攻の為に本隊が基地を留守にした隙をついて無人兵器に襲撃された対応をしているらしいが守備隊が壊滅し、機体も満足に動かず窮地に陥っている。(恐らく主人公文楽達とは接点のない別の基地なのだろう

2020-03-19 03:04:20
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

花守は言うことを聞かないベルフェゴルを“欠陥機”と罵る。そして何故か半年前に死亡したとされている英雄アスクレピオスの事を恨んでいた。実は主人公文楽の愛機リヴァイアサンには花守が乗る予定だったのだが、レヴィアが主人公文楽を気に入ってしまったお陰で乗れなくなり、大恥もかかされていたのだ

2020-03-19 03:08:16
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

花守の父は南部方面軍司令官で主人公文楽を危険な任務に追いやり殉死させるつもりだったのだけど、思惑は外れ主人公文楽とレヴィアは大いに活躍し英雄になってしまった。それからというもの、後方での退屈で不満しかない任務にばかり就いていた。

2020-03-19 03:11:27
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

花守 「こんな...こんな棺桶みたいな機体で死ぬなんて、僕は絶対に嫌だ!」 ??? 「ーまったく、煩いのう」 それまで一度も会話もしたこともなく、姿(アバター)も見たことがなかった花守。 AIはぺオルというらしい。アバターの見た目は少女なのだが年経た老婆の様な態度。

2020-03-19 03:15:47
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

AI達は生成されてから演算装置の仮想空間で1年間10年分の歳を取らされるらしい。 しかし、ぺオルは10年も学習期間を与えられていた(実質100年分) そんなぺオルは戦闘に飽きてしまい、ある意味で熟成させるつもりが腐ってしまっていた。

2020-03-19 03:20:12
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

会話中も敵による包囲は進んでいる。 他の人形と操縦士達は逃げ支度を始めている。 花守 「僕だって国防軍の操縦士だ!やっと人類の為に戦える日が来たんだ!なのに、動けないままなんて僕は嫌だ!」 泣く花守。 ぺオル 「妾が動かぬのは面倒だからというだけ...しかしお主が動かぬのはなぜじゃ?」

2020-03-19 03:24:46
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

花守を糸に繋がれた人形と評するぺオル。 花守 「僕が人形だって?」 ぶちぎれたのか視界が拓ける花守。 花守 「ぺオル、この機体貸してもらえるか」 ぺオル 「それが人にものを頼む態度か、小童?」

2020-03-19 03:29:07
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

花守 「...この無力な人間の僕に、力をお貸し下さいぺオル様」(なんじゃこの展開 許可される花守。電脳手綱と呼ばれる特殊な入力装置を使う。 ベルフェゴルが起動する。 ぺオルの言葉で吹っ切れた花守ですが、ぺオルはきっかけで花守自身が背中を押して貰うだけで進む状態まで努力してたって事かな

2020-03-19 21:39:28
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

ぺオルはぺオルで的確に相手の問題を見抜いてはいたのですが、きっかけを与えられたら飛躍出来るまでの状態であったからこそであって、花守も優秀だし才気あるものの、上手に発揮出来ていなかったタイプなんでしょうね。

2020-03-19 21:41:25
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

第2章 蒼い春 主人公文楽達訓練生は修学旅行で大荷物を背負い歩き続けている。 元の基地から百キロ離れた宿泊地へ向けて徒歩移動しているらしい。 フェレスたちは移動要塞に機体を乗せ共に先に目的地へ到着し待っている模様。 (前巻で相当移動要塞を破壊したのにもう移動出来るのか)

2020-03-19 21:45:27
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

1日に30キロも進む計画の2日目で体力の限界に達する生徒も出てきている。 変態優等生女子桂城は最後尾でヘトヘト。共にいる剣菱はまだ余裕がある。 行列の戦闘には主人公文楽と悪縁の同級生。 野営が開始される。

2020-03-19 21:49:50
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

食材調達開始。 糧食を食べる主人公文楽。不味く感じるとの事。どうやらフェレスの美味しい料理に慣れてしまい違いが顕著になっているのだろう。 会話の中で移動要塞について触れる。 移動要塞の支援火器は凄いらしく、あの要塞だけでゲーティアを拡散する電波塔を制圧出来るかもとの話に。

2020-03-19 21:56:02
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

第3章 Shanghai-La 水着で戯れるフェレスとルーシィとサラとレヴィア達。 コレが表紙のド派手露出のシーン。 場面が切り替わり南部(京都)の基地に。 主人公文楽を基地へ訓練性として送り込んだ同じギニョル隊だったカルマとその部下がぺオルと花守を見ていた。

2020-03-19 22:00:13
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

花守が棺桶を引き摺り、ぺオル(人間型の身体状態の)がその棺桶に乗っている(台車で良いのでわ) どうやら花守は御庭番(ガーディナー)という名の英雄扱いされているらしい。 電子感染病は十数年前の出来事で、当時から軍人だった人々は早々に殉職しており、カルマの様な生き残りは珍しいらしい。

2020-03-19 22:04:41
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

不穏な会話をするカルマと部下。 アスクレピオス(主人公文楽)を抹殺する様に命じてきた張本人がこの基地にいるのだとか。 どうやら基地での活躍が目立ってしまい嗅ぎ付けられたっぽい。 (1では軍の意向で訓練生として身分を偽ってやり直すとの事だったけど違ったみたい)

2020-03-19 22:07:52
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

場面が切り替わりフェレスたちに戻る。 ルーシィとサラが水泳で競い始める。 ナンパされるフェレス。相手はフェレスがAI人形だと知っていても性的興味があるらしい。 レヴィアがスイカをナンパ男にぶつけて撃退する。 レヴィアの存在を知っているらしく畏怖し逃げるナンパ男。

2020-03-19 22:11:19
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

個人的には修学旅行の様子にしろこの海でのナンパにしろ、ちょっと違和感があります。 前巻で基地が襲撃され多くの人命が奪われたワケですが、誰も気にしてないし、温度差があり過ぎるくらい平和で日常的です。 作品の全体的なトーンが乱れてる気もします(こんな状況で戦闘AIナンパするとかアホすぎ

2020-03-19 22:13:48
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

場面が切り替わり、南部方面総司令官執務室に花守吟詞(息子)と花守詠詞(彼の父)がいた。 彼は十数年前の戦前から軍人であった(補給に携わる官僚的軍人) 機体を乗り換える様に提案する花守父。しかし反対する花守。 花守父はアスクレピオスの抹殺を命じたが達成されず彼が生きていると気づいていた。

2020-03-19 23:43:07
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

生死問わずでアスクレピオスを連れてきる様に指示を出す花守父。 まだアスクレピオスが生きてるか確信は持てていないのと、彼が本当は人間ではない“グレゴリー”であるかもしれないと告げる。

2020-03-19 23:45:10
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

場面が切り替わる。訓練生達も海に到達した。 主人公文楽はフェレスとレヴィアに合流する。 サラが主人公文楽に抱きつく。ルーシィとの勝負を勝手に途中で投げ出した模様。

2020-03-19 23:49:23
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan

場面が切り替わりまた花守。 執務室から出てきて花守とぺオルが合流。 花守は父に機体の乗換えを提案されたが断ったと素直に報告する。ぺオルも満更でもないらしく、一緒にいると告げる。 絆が生まれつつある2人。

2020-03-19 23:52:48
残りを読む(102)

コメント

ヘルヴォルト @hervort 2020年4月6日
読者がいたのに驚くレベルだけど いくらで雇われたの?
11
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan 2020年4月6日
[c7580041] 実はこれ幾谷正先生に直接確認して許可頂いてます!ちゃんと「ネタバレ」と表記したら公開して暫く経った作品に関しては良いと仰って頂けています。問題があるなら即削除します。
0
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan 2020年4月6日
hervort 報酬は一切頂いてませんし、最初なんて私はアーマードール・アライブを酷評したし、幾谷先生にブロックされるぐらいの関係性でしたよ。直接確認して作者である先生からネタバレと明記して公開から暫くした作品であればあらすじとネタバレ公開は問題ないとお返事頂いてます。
0
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan 2020年4月6日
申し訳ございません。非常に不本意で残念ですがコメントを2つ削除させて頂きました。 私はこのネタバレあらすじレビューは直接作者である幾谷正先生から許可を頂いておりますし、条件もネタバレ含むと明記し公開から暫く経過した作品に限る内容となっています。 先生の発言や作品に批判もしております。(お互いフォローはし合ってもいないし政治思想は正反対な事も多いしリアルで接触も関係もありません 営業妨害かは先生が判断なさるでしょうし、自己満であろうが自らツイートをまとめるのは自由です。
0
まんまるまるまいん @manmarumarumain 2020年4月8日
反論するのになぜ元のコメントを削除するのでしょう? 後から見た人に誤解を与えたい?
2
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan 2020年4月8日
manmarumarumain 大変申し上げるのが心苦しいのですが、無料公開されている作品やそれに関するレビューを読む気も事の経緯を調べる気もない最低限の努力とルールを守れない方には最低限の配慮しか出来ません。当然のことながらネタバレありでストーリーもあらすじは載せると過去のまとめからお伝えしてありますし、直接作者の幾谷正先生から許可を頂いております。「営業妨害感ある」とのご意見はそちらに不利かと...また、批判をする際にファンでもないのに、勝手にファンの気持ちを代弁し攻撃するのは卑怯だと思います。
0
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan 2020年4月8日
まんまるまいんさんの「営業妨害感ある」とのご意見は法的な領域にまで踏み込みかねない危険な要素を含むものであり、私としましては誰も傷付かずに穏便に事を済ませたいので残念ですがコメントを削除させて頂きました。皆様の良識に判断をお任せ致します。多くの皆様が疑問に思われる部分に関するご意見でもありましたので、あえて回答のみ残す形にしてありました。幾谷正先生の政治的・問題発言と作品への評価はまた別に行うべきだと考え、よりスムーズに作品理解が進みますよう私なりの活動をしております。
0
おーねすとらいあーさんHonestLiarSan @HonestLiarSan 2020年4月8日
過度な誹謗中傷や危険な発言ではない限りはコメント削除は致しませんし、する場合は可能な限り告知致します。そもそも今回も告知せず黙って消していれば良かっただけの話です。あえてその判断はしませんでした。 それが私なりの誠意であり公平さです。 作品を調べもせず読む気もなく、ただひたすら悪意をぶつけ貶める事が正しいのでしょうか? 幾谷正先生に問題がないとは言えません。けれどそれには作品を巻き込まずにその問題に関して述べれば良いだけです。 宇崎ちゃんもアーマードール・アライブもちゃんと読んで評価すべきです
0