NHKスペシャル 新型コロナウイルス瀬戸際の攻防〜感染拡大阻止最前線からの報告

●2020年4月11日(土) 午後9:00~午後10:04(64分) ●再放送2020年4月16日(木) 午前0:50~午前1:55(65分) 番組内容 日本の新型コロナウイルスの感染拡大阻止を担う対策チームにカメラが入った。最前線の現場への密着を通して、新型コロナウイルスとの果てなき闘いを見つめる。 詳細 続きを読む
2
NHKスペシャル公式 @nhk_n_sp

#NHKスペシャル #新型コロナウイルス #瀬戸際の攻防 ~感染拡大阻止 最前線からの報告~ 放送が始まりました。 スマホやPCからは #NHKプラス ですぐ見られます 放送時間は11(土)今夜9時〜[総合] plus.nhk.jp/watch/ch/g1

2020-04-11 21:05:21
Shoko Ogushi @vostokintheair

クラスター分析班、マスクしてないけど、いいのかな。

2020-04-11 21:05:08
Shoko Ogushi @vostokintheair

押谷さん、WHOとのテレビ会議。 「ウイルスの生存戦略としては正しい。見えないように、重篤化しないように。よくできたウイルス」

2020-04-11 21:07:23
Shoko Ogushi @vostokintheair

SARSではほとんどが重症化。隔離すればOK。 新型コロナウイルスは重篤化せず、無症状のまま感染させる。見えないまま感染を広げるウイルスとどう闘うか。 中国では都市を丸ごと封鎖。日本には法律上の仕組みがない。 もう一つはPCR検査。シンガポールなどはSARSの経験から検査体制を整えている。

2020-04-11 21:11:08
Shoko Ogushi @vostokintheair

中国のようにもシンガポールのようにもできない。 その上、人工呼吸器の数があまりない日本。 この事態を避けるため、早急に手を打たねばならない。

2020-04-11 21:12:17
Shoko Ogushi @vostokintheair

西浦博さん登場。数理モデルで予測。1人が何人に感染させるかという「基本再生産数」

2020-04-11 21:13:11
Shoko Ogushi @vostokintheair

再生産数<1 で収束に向かう。 アメリカやイタリアでは2以上。 どうやって1以下にするか。

2020-04-11 21:14:05
Shoko Ogushi @vostokintheair

第一波、国内の108人の最初の感染者をみると、8割は誰にも伝染させていない。 だが、3人がそれぞれ4人、12人、9人に感染させていた。 このクラスターは飲食店やスポーツジム、密閉された閉鎖空間が問題だと目をつけた。 狭い空間で大声で話すことで飛沫が飛ぶ。18.7倍の感染率。

2020-04-11 21:17:02
Shoko Ogushi @vostokintheair

「3蜜」を避ければ、再生産数が1以下にできるのでは?と考えた。

2020-04-11 21:17:53
Shoko Ogushi @vostokintheair

西浦氏「日本人に対する信頼があった。長期間持続可能な方法を取れば大規模な感染拡大にならない、という考え」

2020-04-11 21:18:34
Shoko Ogushi @vostokintheair

クラスターを追跡し、感染連鎖を断つ。 全国の保健所と厚生労働省「新型コロナウイルス対策班」での戦略。 第一波の感染拡大は抑えられた。

2020-04-11 21:19:45
Shoko Ogushi @vostokintheair

3月14日警戒していた事態が起きた。東京でじわじわ感染者が増えた。 孤発例。感染経路不明の感染者。これがあちこちに増えるとクラスター対策ができない。危険な状況になる。 クラスター対策班は花見の三連休を恐れた。 3月19日、専門家会議で強い警鐘。 それでも東京の感染者急増は止まらない。

2020-04-11 21:23:19
Shoko Ogushi @vostokintheair

対策班はさらに強い助言をし、3月26日、小池百合子東京都知事が感染拡大について記者会見。

2020-04-11 21:24:01
Shoko Ogushi @vostokintheair

孤発例が頻発しているのが、夜間の飲食店。感染者の属性を見ると、これらへの関係が推測された。 しかし、保健所の聞き取りを拒否する店があった。客も社会的地位やお金持ちであり、情報が集まらず、絞られない。

2020-04-11 21:25:45
Shoko Ogushi @vostokintheair

押谷さん「夜の街のクラスターを潰すのにどうすればいいのか。緊急事態宣言がいいのか、お願いベースか、時間をかける時間がない。医療崩壊になるとパニックになるし」

2020-04-11 21:26:56
Shoko Ogushi @vostokintheair

西浦さんは夜の街のクラスターを抑えるために、東京都に直接お願いした。データを伝え、さらに強い警鐘を鳴らしてほしいと依頼した。

2020-04-11 21:27:43
Shoko Ogushi @vostokintheair

東京都はカラオケ、ライブハウス、バー、ナイトクラブへの自粛要請を決定。都知事とともに、西浦さんも会見に同席。 「それらの店は保健所の聞き取り調査にも応じないので、見えない伝染が広がっている可能性がある」

2020-04-11 21:29:24
Shoko Ogushi @vostokintheair

緊急事態宣言で次のフェーズに入った。経済・社会への影響を最小限にしつつ、どうするか。ワクチンがないため、公衆衛生上の対策しかない。 ロックダウンは効果も大きいが、社会への影響も大きい。 ワクチンや特効薬はまだ時間がかかる。

2020-04-11 21:31:18
Shoko Ogushi @vostokintheair

押谷さん「クラスター対策は初期ならいいが、ある一定のレベルに達するとクラスターを見つけることが困難になる。そうなると人と人の接触を減らすため、外出自粛を組み合わせねばならない。北海道のときより今の方が状況が悪い。人との接触を減らすぐらいではできない。そこでの緊急事態宣言」

2020-04-11 21:33:16
Shoko Ogushi @vostokintheair

押谷「緊急事態宣言で、人との接触を抑え、行動変容ができれば、状況が落ち着き、ある程度制御できる。」 押谷「2月末の時点で韓国のようなPCR検査をしても手遅れだと思われた。それよりクラスターを見つけ、その周辺の孤発例を見つけることで、対策の強弱を判断する。保健所、自治体、対策班が判断」

2020-04-11 21:36:43
Shoko Ogushi @vostokintheair

押谷「検査が必要なのに検査がされていないこともあったことは承知している。しかし、ほとんどは軽症例、あるいは無症状であることが新型コロナウイルスの特徴である。だが、今のように、感染者数が増えているのに、PCR検査がされないのは良くない。いくつかの自治体ではそれらが好転する可能性」

2020-04-11 21:38:50
Shoko Ogushi @vostokintheair

いまは、欧米からの第二波による感染拡大のフェーズ。 第一波:武漢からの感染者は11人、 第二波:欧米からの感染者200人以上、 第二波の対策は強くしないと難しい。 羽田空港での検査が追いつかない状況。結果が出るまで待機させる。 「待機待ちが900人!!!」

2020-04-11 21:41:06
Shoko Ogushi @vostokintheair

第二波に対して、さらなる追い討ち。集団感染。医療崩壊がはじまる。飛沫対策しても防げない。

2020-04-11 21:42:27
Shoko Ogushi @vostokintheair

志村けん以前は、感染者の顔が見えなかった。 それ以降、危機が地方都市にも連鎖していく。 仙台のブリティッシュパブに300人。 全国規模へと拡大。これは医療崩壊を意味する。 押谷「こういうのが見えると一気に来る」

2020-04-11 21:44:49
Shoko Ogushi @vostokintheair

仙台の飲食店のクラスターが、その後バスなどで別の地域へ移動。福井県、岐阜県でも発生。北九州市の医療現場でも発生。 西浦さん「制御できるかどうかが勝負」

2020-04-11 21:46:28
残りを読む(15)

コメント

にゃあ @kirikami 2020年4月12日
まとめを更新しました。
0
マルンボーリ @tandaji 2020年4月12日
行動自粛は効果が出るまでに時間は掛かる、後押しするには政府が国民に安心感を与えるよう広報や支 援策や補償が効果的なのだが肝心の省庁間で纏まりが無い・・・
1